③牛肉麺

劉家チャンピョン牛肉麺

おひさしぶりです。けんこう@実家です。

急に秋らしい気候になって、非常に過ごしやすいです。

どこに行っても中国語のアナウンスや表記が多いのにビックリ。

もう少しマジメに中国語を勉強して、

帰国後は秋葉原で雇ってもらおうかしら。

台湾よりも、許されないことが多そうで、

出かけるたびに、怒られそうでビクビクしてしまいます。

おばさん一人ラーメンは日本ではアウト?セーフ?

さて、台湾のTheラーメン、牛肉麺。

台北牛肉麺フェスで、何やら賞をとったらしい牛肉麺が、

「夢時代」のフードコートにオープンしたので、食べてきました。

オープンしたのは半年以上前ですが。

こちら↓オープン当時の看板の写真。ニトリはもう撤退しました。

210_2

夢時代のフードコートは広い割にコレといったものがなくて、

いや、あるのかもしれないけど、お店が多すぎて、

逆に、選択肢がないというか。なんというか。

広々と、席間も広くて、キレイなフードコートなんですけどねぇ。

916_002

こちらがそのお店。「劉家冠軍牛肉麺」。

「冠軍」とは優勝を意味する単語です。

三民市場近くにも、お店があるようです。

916_003

いただいたのは、うろおぼえですが、確か、「冠軍紅焼牛肉麺」。

お値段は130元。これはしっかり覚えているので間違いなし!

麺は、普通の麺か、刀削麺のどちらかから選べます。

このときは、刀削麺にしました。

916_006

いくらフードコートとはいえ、

高雄で牛肉麺130元は、かなりのお大臣価格。

相当おいしくないと、いくらチャンピョンでも許せないというか。

しかも、フードコートに入っているお店って、

まずくはないけどまあまあ止まりというイメージがあります。

なので、最初っから、かなり高いハードルが、

無意識のうちに設定されてしまったっていうか。

そんなわけで、ちょっと辛口です。

916_009

麺は、マカロニを開いたような食感の麺。

刀削麺といいつつ、しっかり機械うちです。

麺の中央に凹凸がプレスしてあって、

スープが絡むように工夫されていますが、

その工夫もなんというか、そんなことしなくても、

手打ちなら、自然のデコボコにスープが絡むのになぁといった感じ。

916_011

スープは、十分にうまみはあるのに、クセがなく、

紅焼だけど、比較的誰でもおいしくいただけると思います。

最初から、唐辛子のきいた酸菜がのっているので、

ほどよくピリ辛で悪くないです。

牛肉は、筋のある部分がほどよくやわらかく煮込まれていて、

まあまあの食感。でも、130元も払って3枚だけって~。

せっかくスープはおいしいのに、

プラスティックみたいなヘンな食感の麺がなぁ。

本物の刀削麺で食べてみたいお店です。

普通の麺でもう1度食べてみようかなぁ。      

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ←参加しています。応援ヨロシク!
にほんブログ村

「劉家冠軍牛肉麵」

住所:高雄市中華五路789號(夢時代B1美食街)

電話番号:07-9703989

http://www.urmap.com/

| | コメント (4) | トラックバック (0)

強烈!でも、うまい!湘記牛肉麺で拌麺

昨日午後から夜にかけて、台風10号の影響で、

激しい雨が降っていた高雄ですが、今朝はなんとか晴れ。

たかと思ったら、さっき、急な夕立(まだ3時だけど)。

やっぱり雨がちの、今年の高雄。

ヘンなお天気だなあ。

さて、牛肉麺。

「なんでそんなに牛肉麺が好きなの!?」とよく聞かれます。

そんなしょっちゅう食べているイメージなんでしょうか。

実はそんなに頻繁に食べているわけでもないのですが、

牛肉麺って、1人で行動する時のお昼に、

すごくちょうどいいんですよ。

100元前後で、そこそこボリュームがあって、一品でOK!

味はもちろん、お店によって当たり外れがありますが、

パスタや和食ほどハズレに当たらない。

そんなわけで、この日も、用事のついでに、

その辺にあった牛肉麺店に飛び込みました。

いい感じに、客でにぎわっていた「湘記」。

84_281

一心路と復興路の交差点から南に100mほど。

郵便局の並びにあります。

このヘン、気になるお店がけっこうあります。

お店の対面側にある、「老侯麺館」というお店の刀削牛肉湯麺、

屏東内埔で有名な客家麺(名称不明)もおいしいという情報あり。

機会があれば、ぜひ、また飛び込んでみたいです。

84_282

さて、「湘記」。

1977年創業、自由日報でも紹介されたことがあるお店で、

お店の看板通り、オススメは牛肉麺、刀削麺、水餃。

周りを見渡すと、水餃子を食べている人が多かったですが、

初志貫徹(?)で、牛肉麺を。

暑かったので、拌麺(75元)の方をいただきました。

麺は、麺條・刀削・細麺の3種類から、麺條をチョイス。

84_283

麺のゆで加減は上々。なかなかコシのある麺です。

牛肉はやわらかく煮込まれていて、ちょうどよい柔らかさで、

しかもかなりの量です。

麺も牛肉も水準以上、というか、かなりおいしい!

84_286

が!(と言っていいのかどうか分かりませんが)

味付け(タレ)がけっこう強烈です。

オイリー目で、醬油っけはキツくないのに、なんか濃い。

インパクトのある味付けです。

なにより、付いてきたスープが八角ガンガンの黒濁。

今回は拌麺でしたが、湯麺をチョイスしていたらどんなだったのか!?

次はこわいもの見たさで、湯麺いってみたいと思います。

84_289

誤解がないよう、最後にもう1回言っときますが、

おいしくないわけではなく、あくまで、おいしいけど強烈、です。

興味のある方、ぜひ!ねこまたぎさんくらいかもしれないが・・・

獅子頭麺や大滷麺もきになるところです。

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ←参加しています。応援ヨロシク!
にほんブログ村

| | コメント (6) | トラックバック (0)

糖朝でちょっとリッチに牛肉麺

高雄には、台湾の代名詞とも言える「鼎泰豊」がない。

が、香港の代名詞とも言える「糖朝」はある。

普段、「台北にはあって高雄にはない」に、

いろいろと悔しい思いをさせられている中で、唯一の希望だshine


なーんて、大げさに行っておきながらなんですが、

高雄に来て1年半、初めて「糖朝」に行ってきました。

なんと、お一人様です。

429_029

高雄の糖朝は「大立精品」という、

「大立」こと、元・伊勢丹デパートの高級バージョンデパートで、

テナントのほとんどがブランドショップなどばかりなので、

ワタシにはあまり縁のないデパートです。

せいぜい行って、地下の「周氏蝦捲」ぐらい。

トンカツの「さぼてん」にも行ってみたいんだけど。


さて、その「糖朝」、ここしばらく、

正午から午後5時までの間、

麺や粥などから一品、点心から一品ずつ選んで、

199元ぽっきりというキャンペーンをやっています。

サービス料が別に10%かかるなんて、

ちょっとだまされたなーって感じなんですが。

高雄では、サービス料をとられるお店があまり多くないので、

とられるとすごく損した気分になります。

確かラーメンの「花月」もとられたっけ。

429_030

お店に入ったときは、大好きな「エビワンタン麺」と

「揚げ春巻き」にしようと決めていたのですが、

オーダー寸前に、牛肉麺迷としての使命を思い出しまして。

結局、「原汁柱候牛〔月+南〕麺」をオーダー。

汁なしの「撈麺」にしました。

429_035

麺は、もちもちというかムチムチ、

まるでゴムのような歯ごたえがおもしろい港式麺。

カンスイを多めに入れると、こういった歯ごたえになるんだとか。

好き嫌いが分かれるとは思うのですが、

ワタシはこのムチムチゴム麺が大好き!

麺にかかっているオイスターソースベースのタレもおいしいです。

429_048

上にのっている牛肉は、

台湾牛肉麺だと筋や腱を使うことが多いですが、

こちらは牛バラ肉。味付けは上品な醤油味。

やわらかく煮込まれた牛肉がこれでもか!これでもか!!と、

10個ばかりのっています。これだけで、モーお腹いっぱいです。


点心は「〔虫+豪〕皇鮮竹捲」を。

Photo

湯葉で、エビや豚ミンチの餡を包み、

オイスターソースベースのタレをかけて蒸し揚げた点心です。

麺と、オイスターかぶりました・・・。

し、これはめずらしく口にあいませんでした。

なんというか、ヤニくさいというか、

ヘビースモーカーの人みたいな香りが~。

まあ、3本とも食べましたが。

429_059

でもまあ、麺はとてもおいしかったです。

麺単品だと180元ぐらいで、高雄の麺相場からしたら、

高いのは間違いないですが、やはりクオリティが高いなぁと。

ボリュームもすごいし!

ワタシ、すごく消化のいい方なんですが、

さすがにこれだけ肉の塊を食べたら、

夕飯までお腹がすきませんでした。


最後に1つ。

接客態度はイマイチでした。特に女性店員。

サービス料を10%取るなら、

それなりのサービスをしていただきたいものです。

もう1つ最後に、コスコカードで支払いするか、提示するかすると、

5%引きだそうです。大立カードも同様です。


あ、また「鼎泰豊」が「夢時代」に臨時出店するそうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ←参加しています。応援よろしくお願いします!
にほんブログ村

「糖朝」

住所:高雄市前金區五福三路57號

| | コメント (3) | トラックバック (0)

元フレンチ料理シェフが作るフランス風牛肉麺とは?

あっついですねぇ。

朝から冷房ガンガンかけてます。

まだ4月なのに~。端午節も過ぎてないのに~。

電気代がコワイです・・・。

さて、暑さで頭もまわってないので、即本題です。

高雄には、「鄧師傳」という名前の、

滷味をウリにしたお店があります。

12gatu10niti_008

たぶん、中正三路にあるお店が本店で、

SOGO、漢神百貨、漢神巨蛋などの百貨店や、

高雄国際空港の出発ロビーにも出店しています。

形態は、支店ではなく、たぶんチェーン店。

12gatu10niti_006

麺などはゆでおきで、チェーン店らしく、

システマチックな動きで、スピーディに料理がでてきます。

言語が不自由な外国人としては、

台湾語入り混じるロ-カルちっくなお店で、

百戦錬磨(?)の常連たちと渡り合うより、

誰に対しても、さっぱりとした応対をしてくれる、

こんなお店が恋しいときもあります。

えぇ、よくあるんです。

12gatu10niti_007

看板商品は「滷味」。

「滷」は煮込むという意味で、「魯肉飯」の「魯」とほぼ同じ。

じっくりとした醤油味の豚足や牛・豚の内臓の滷味や、

台湾の誕生日につき物の猪脚麺線などが、おいしいようです。

食べたことがないので分かりませんが・・・。

余談ですが、この誕生日に食べる猪脚麺線の麺線は、

長生きできるようにという願いをこめて、

切れないように食べるのが決まりなんだとか。

12gatu10niti_020

滷味のほかにも、じっくりとした牛肉麺や、

甘く煮た豚そぼろがのった肉燥飯など、

麺類やご飯ものも数種類あり、

ワタシがよくいただくのは、その牛肉麺。

12gatu10niti_011

オーダーしたらすぐに出てくるので、

麺は、ゆでおきを暖めなおしてだけのようですが、

その割には、そこそこコシがある麺と、

色の割には、意外にも上品でさっぱりとしたスープ、

やわらかくした牛肉もホロホロと口の中でくずれ、

チェーン店とバカにできないバランスの良いおいしさです。

オーダーがラクだしネ。

12gatu10niti_016

このお店、もともと台湾料理店を営んでいた奥さんに、

フランス料理店シェフだったご主人がアドバイスしたところ、

料理の評判がよくなったことから、

数年後にはご主人もフランス料理店のシェフをやめ、

二人三脚でがんばっているお店なんだとか。

そんなワケで、このお店の料理には、

フランス料理の技や味が隠されているそうで、

いただいた牛肉麺も、紙のメニューのほうには、

「法式牛肉麺」と記されているのですが、

残念ながら、どのあたりがフランスなのかは不明~。


小菜なども充実していて、味付けも比較的あっさりで、

日本人好みだという噂も聞いているので、

次回は、ほかの料理を食べて、フランスを探してみたいと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ←参加しています。応援よろしく!
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ひさびさに感動!蘭州現拉麺店の湯・拌麺!

ダ:胃薬を 飲んででかける 芝刈りに

け:起こされて 2度寝できずに ブログ書く

そんな朝です。

さて、昨日のこと。

昨日は朝からパスタが食べたくて食べたくて。

絶対にお昼はパスタ!と決めていました。

が、でかけにバタバタしまして。

化粧もせずに、おいしいと噂の店「達文郡」にかけつけたのに

もうお昼休みでしたとさ。ちゃんちゃん。

13時半から昼休みって早すぎだろーーーっ!!!

でもまあ、そんなこともあろうかと思って考えておいたB案。

通り1本違いの「蘭州現拉麺店」に再訪です。

って、まだ1回目もUpしてなかったんだけど。まとめてUpで。

裏路地にあるのでちょっとわかりにくいですが、

青年一路と復興二路の交差点から、

ちょっと西(民権路方面)へ行くと、青年路沿いに立看板。

128_23

庶民的な住宅街の中にある、手打ちパスタ麺のお店です。

128_21

メニューはこんな感じ。

牛筋麺(小190元・大220元)以外は、

ほとんどのメニューが小90元、大120元で、

湯麺(このお店では拉麺)、拌麺どちらもあります。

本日のタン青菜(ゆで野菜)は30元なり。

128_2

店内はこんな感じ。1F客席はテーブル3つだけ。

奥は厨房。タイミングが合うと麺打ちしている様子も見られるそう。

通されたことないですが、2Fも客席のようです。

128_3

前回食べた「牛肉拉麺90元」。

128_7

一見なんてことな牛肉麺ですが、麺うまいっ!!!

QQの名にはじないシコシコぶり~。さすが手打ちです!

スープも、上品でフルーティ。

漢方もききすぎておらず、残さず飲めちゃうおいしさです。

ひさびさに牛肉麺で感動しました。

128_9

で、こちらは今回いただいた「雪紅鶏肉拌麺」。同じく90元。

この店を教えてくれた牛肉麺マスターY先生ご推薦の一品。

327_015

これが、どえりゃあうまかったんですわ!

名古屋弁だとデラうまいっていうんでしょうか?

やっぱりモチモチしこしこQQの麺の上に、

雪菜(高菜みたいな青菜)と鶏肉を炒めたものがたっぷり。

327_018

この雪菜と鶏肉の炒め物のうまみが、

醤油と油ベースのタレになんともいえないコクを与えて、

なんじゃこりゃあなうまさを作り出しています。

雪菜しゃきしゃき、鶏肉やわらか、麺しこしこ。

ニンニクと唐辛子が利いているのも酒のアテ向き。

具をつまみに、3本はいけます。

327_022

あんまり嬉々として食べていたからでしょうか。

お店の方に、日本語で「オイシー?」と声をかけられました。

すごーーーーくおいしかったです!絶対また行きます!

よろしくお願いします!

あー、パスタ屋休憩中でよかったー。

なーんてネ。

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ←参加中です!ワンクリックお願いいたします!
にほんブログ村

「蘭州現拉麺店」

住所:高雄市青年一路176巷12号

電話番号:07-2232789

| | コメント (6) | トラックバック (1)

A Happy 虎 Year だけど、牛老二で牛肉乾麺!

三が日も過ぎてしまいましたが、

あけましておめでとうございます!

新年快楽!

いやぁ、寅年ですね。

正直、もうまわって来たのか!?って感じですけど。

今年も、生まれ年に恥じないよう、

猛々しくがんばりたいと思います。ガオーっ。


で、もう寅年なのになんですが、今年初は牛ネタで。

今年も食べますよー。牛肉麺。

漢神百貨から徒歩3分ほど、

「牛老二牛肉麺館」の青年店に行ってきました。

12gatu10niti_081

本店は興中二路に、もう1軒の支店が山東街にあります。

山東街ってどこ?と思ったら、「高雄醫學大學中和記念醫院」、

通称「高醫」のすぐ近くでした。

なかなか道が覚えられません。

12gatu10niti_084

さて、いただいたのは「牛肉乾麺・小(80元)」。

湯麺でも乾麺でも、大は90元、小は80元です。

乾拌麺の方が10元高いお店が多いのですが、

その場合は、大体、別にスープがつきます。

湯麺のスープがそのままの時と、

乾拌麺用に別のスープがある時と。

12gatu10niti_086

このお店は、乾拌麺だからスープがつくわけでなく、

お店の奥に、飲み放題の海草スープが用意されていました。

たぶん、湯麺の人も飲み放題。

12gatu10niti_099

高雄に来て1年、湯麺に比べて、

麺が柔らかすぎということも少なく、テイクアウトに向いているし、

スープがない方が、ビールにも合うしで、

はまり続けているこの牛肉乾拌麺。

だいたいどこで食べてもおいしいので(そんなことない?)、

反面、印象に残る店が、実は意外と多くないのですが、

このお店のは、ガツンと印象に残りました。

12gatu10niti_089

麺は普通の平打ち麺ですが、茹で加減がちょうどよく、

濃い目のタレによく絡みます。

醤油と油が、かなり強めに感じるタレで、

ちょっとくどいかな?と思うのですが、

ゆで小白菜と、それ自体にはあまり味のついていない、

牛肉とのバランスが、とてもいいです。

12gatu10niti_090

牛肉は、角切りではなく、スライス。

腱の部分を丸ごと煮た物を、薄く切ってあります。

とろとろになるまで煮込まず、

シャキシャキした歯ごたえを残しているのが絶妙です。

濃いタレにちょっと飽きてきたら、酸菜を加えます。

この酸菜、見た目辛そうですが、

12gatu10niti_095

食べてもやっぱり辛いです。劇辛~。しびれる~。

でも、うんまいの。

翌日のトイレのことなど気にせず、ガンガン入れましょう。

12gatu10niti_098_2

そこまで計算しているのか!?と思うけど、

しびれた舌に、先に紹介した、海草スープが和みます。

(なんてことなさそうに見えた)スープがしみじみうまい。

牛肉乾麺に海草スープなんて珍しいけど、なるほど合います。

店頭で販売している魯肉もおいしそうでした。

12gatu10niti_101

うわさによると、スープ麺の方も、強いコクで、強烈なんだそう。

近いうちにガッツーン食べてきたいと思います。


それでは、A Happy 虎 Year

今年もよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ←参加しています。ワンクリックお願い致します!
にほんブログ村

「牛老二牛肉麺館 青年店」

住所:高雄市青年煮路164号之1

電話番号:07-2018591

| | コメント (10) | トラックバック (0)

牛肉麺7 Final 老唐尚品麺館

この間、何かで読んだのですが、

虹が7色だと思っているのは、日本人だけなんだそう。

7色とは、赤、橙、黄、緑、青、藍、紫ですが、

イギリスやアメリカでは「藍」がなく、

ドイツにはさらに「橙」がなく、

アフリカにいたっては虹は2色(赤と青)だけなのだそう。

多ければいいというものじゃないでしょうが、

日本人は、木々や植物などあらゆる自然物から、

たくさんの色彩を認識し、生活に取り入れているから、

色に対する感覚が鋭敏なのかなと思うと、

ちょっと嬉しくて、ちょっと誇らしくて。

子供のころ、24色とか36色の色鉛筆を買った時の、

「うわーっ」という感動を思出だしたりもして。

ただそれだけなんですが。

オチのない話ですみません。

さて、いよいよゴールが見えてきました。

独りよがりな1week企画、なんとか遣り通せそうです。

高雄市の北のほう、台湾新幹線こと「高鐵」の「左營站」のある

左營区にある「老唐尚品麺館」。

高雄に引越してきて、けっこうすぐの頃に行ったお店です。

118_048

なのに、なぜ今頃Upなのかといいますと、

おいしいのに、なんだか相性が悪い(?)お店なんです~。

初回は、お店が混んでいたので、

テイクアウトしてその辺で食べようと思い、

車を発進させた瞬間に、

きちんとしまってなかった蓋が外れて、

スープが車のシートにとばっとこぼれてしまい、

車中、牛スープのにおいがぷんぷんに。

しかも箸をもらってきてなかったので、

お店にもらいなおしに行かねばらず、

もらいに行ったら、座席がもう空いていたので、

結局、店内でテイクアウト用を食べるというマヌケなことに~。

こちら、店内で食べたけどテイクアウト用カップ、

しかもスープが半分こぼれてしまった「清〔火+敦〕牛肉麺」。

お値段85元。

118_050

麺は細麺をチョイスしました。

牛骨、ハム、鶏脚を72時間煮込んでとったスープは、

白濁しているけども、味はさっぱりとクセがなく、

うまみのみを抽出されているといった感じ。コラーゲン~。

牛肉は、台南善化産の新鮮なものにこだわり、

醤油や化学調味料などは使わずに、

炭火を使って、じっくりたきあげたということで、

筋っぽい部分がねっちりと変化し、お肉部分もやわらかで。

麺は日本からの輸入品というのは本当か!?と思いますが、

そうでないにしても、おいしい麺でした。

こぼしたり、戻ったりして、もたもたしてなかったら、

きっともっとおいしかったんでしょうけど~。

そして、こちらは、やっぱり店内で食べたけどテイクアウト用、

スープが半分こぼれてしまい、牛肉の配置も乱れている、

「頂級牛肉麺(120元)です。」

118_053

せっかくの頂級牛肉が、ほとんど写ってませんねぇ。

一日20食限定というこの牛肉麺のお肉、

お値段が高めなだけあって、本当においしかったのですが。

「清〔火+敦〕牛肉麺」の牛肉はスライスしてありましたが、

こちらは角切りで。口に入れるとほろっとほどけます。

先ほど書き忘れましたが、牛肉を煮る時に炭火を使うのは、

季節ごとに微妙に変化する肉質に対応するためには、

火を細かく調整することが必要だからということです。

手打ち麺をチョイスしましたが、もちっとおいしい麺でした。

とにかくこだわりのあるお店のようですが、

オーナー始め店員の皆さん非常に気さくです。

さて、相性悪い2は、「今度こそ出来立てを食べよう!」と、

意気込んで行った2回目。

午後休みなしの「下午不休」が、「下午休」に変更で、撃沈。

その時は、そうそう、近くの同名牛肉麺店に行ったんでした~。

そして、その店から、鳳山市の「四川麺店」へとつながり、

ワタシの高雄麺ロードが始まったんだっけ。

そう考えれば、いっぱいおいしい目にあえたのも、

「老唐尚品麺館」との相性が悪いおかげか!?

430_098

色の数ほどあるおいしい牛肉麺店、

そして台湾ローカルフードのお店。

まだまだ知らないお店も味もいっぱいです。

これからも、舌に心に、

台湾のおいしいを、いっぱい刻みつけていきたいです。

430_103

最後の3枚は、「漢神巨蛋」の地下1Fフードコートで食べた、

「老唐尚品麺館」のもの。

種類も、本店ほど多くないし、少し高めだし、

決まったセットしか食べられないのが残念ですが、

味はおいしいままです。

430_107

ながながとお付き合いいただきありがとうございました。

アンコールには答えられません。あしからず。

もうもちネタがないのよbleah    

にほんブログ村 海外生活ブログへ←参加しています。ねぎらいのワンクリックをしてくれい!!!
にほんブログ村

「老唐尚品麵館」

住所:高雄市富國路111号

電話番号:07-5586011

| | コメント (6) | トラックバック (0)

牛肉麺7 Part6 小王牛肉麺館

日本の夏といえば、野菜が一番豊富な季節ですが、

台湾の夏は暑すぎるのと、台風がガンガンくるのとで、

ホウレンソウなど出回らなくなるし、

その他の青菜類も、台風後など値があがったりして。

なので、ホウレンソウが店頭に戻ってきて、

青菜の値段が安定してくると、秋が来たなぁと。

そして、もう1つ、秋を感じるのが牛乳。

乳牛の代表選手「ホルスタイン」は、高温多湿に弱く、

夏場は食欲が落ちて、乳量も減ってしまうため、

市場やスーパーでも品薄状態。

ダンさんが牛乳と間違ってヨーグルトを買って来ちゃったのも

そのせいってのもある。

かぁ?

そんなわけで、最近、まだ暑いなぁの高雄でも、

小さい秋(ホウレンソウ&牛乳)見つけられています。はい。

ささやかな秋ですが。

さて、本題です。我ながらよく続いてます。

G7のPart6は「高雄 小王牛肉麺館」です。

726_117

店名からもわかるように、小柄な王さんがやっている、

六合一路と復興一路の交差点付近にあるお店です。

創業は1973年とプチ老店で、

2006年と2007年の「台北国際牛肉麺節」に参加し、

何かの部門でトップ10入りしたり、

何かと何かの部門でW受賞したりした、

高雄を代表する(?)人気店です。

726_119

しかしながら、そのような人気店ゆえの宿命か、

牛肉麺好き台湾人のブログなどを拝見していると、

酷評されていることも少なくありません。

「台北国際牛肉麺節」で賞を取っているし、

良い材料を使っているということで、若干値段が高めなので、

「ならば、'よっぽど'おいしいに違いないだろう!」

と、人々が心積もりしてしまうのかな?

鼎泰豊みたいなもん?

726_125

ワタシが食べたのは「牛肉乾拌麺(90元)」ですが、

実際に食べた感想としては、とてもおいしかったです。

平打ち麺の上、テイクアウトし時間が少し経っていたので、

これで麺の評価をするのはフェアではないと思いますが、

乾麺には珍しいタイプの麺が、コクのあるタレとベストマッチ。

これまた珍しい角切りの牛肉もほどよくやわらかで。

これはぜひ、お店で出来たてを食べてみたいです。

スープありの湯麺もぜひ!

726_136

ダンさんは「半筋牛肉乾麺(120元)」を。

筋の部分もやわらかくコラーゲン状になっており、

翌朝には肌がピカピカになったとのことです(嘘)

20食限定、要予約の「牛顎 胸部 牛腩牛肉麺(200元)も、

めんどくさくないなと思えたときに、ぜひ食べてみたいと思います。

それではまた明日!

明天見!

にほんブログ村 海外生活ブログへ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!
にほんブログ村

「高雄 小王牛肉麵館」

住所:高雄市六合一路94-1号

電話番号:07-2360075、2355873

| | コメント (3) | トラックバック (0)

牛肉麺7 Part5 劉易紀

久々に頑張ってます。

この感じ、体育会系~?

さて、余裕がないので、ちゃかちゃか行きます。

それはある暑い日のことでした。

といっても、高雄は一年の大半が暑く、

11月半ばにさしかかろうという今になっても、

やっぱり冷房を使ってしまうほど暑いんですが・・・。

ま、とにかく暑い日にですね、

字面だけでも涼しげな「涼麺」でも食べようと、

わざわざタクシーに乗ってやってきたわけです。

40元の涼麺を食べるためにですっ!

97_168

が、あえなく撃沈。定休日・・・。

勘弁してくれよ~。

と、炎天下、(比喩ではなく本当に)ふらふら歩いていたところ、

裏道で見つけた一軒のお店。

裏道にある上、台湾らしかぬ地味目の看板の、

さっぱり目立たないお店、それが「劉易記 牛肉刀削麺」。

なのに、店内満席だし。

97_171

と、よみがえる記憶。

そういえば以前、まるで牛肉麺データバンクのような知人から、

「独断と偏見だけど、高雄牛肉麺ランキングに入るぜ」

と教えてもらった店だったのを思い出し、

迷わずお店に飛び込みました。

いやぁ。冷房効いてて気持ちいいわ~good

97_177

いただいたのは「牛肉麺・小(70元)」。

といっても、メニューは牛肉麺と豚肉麺と牛肉〔火+會〕飯のみ。

牛肉麺・豚肉麺は、汁あり湯麺・汁なし乾拌麺、

麺の種類が刀削麺・麺條から、選ぶことができます。

そこまであわせても、合計7種類からのチョイス。

あとは、小サイズを選ぶか、+15元で大を選ぶかそれだけ。

ちょっとこだわりっぽいお店です。

ワタシは、お店の名前にもなっていることだしと、

小サイズ、汁ありの刀削麺でいっときました。

97_180

結論、ワタシ、刀削麺が好きじゃないみたい?あれれ?

味の問題ではなくって、刀削麺って、なんだか食べにくい。

すすりにくいというか。汁がピンピン飛ぶといか。

台湾の人は麺をすすらずに食べるので、そう感じないかもしれないけど、

麺は音をたててすすって食べるもの、

なおかつ汁は丼の外には飛ばさないものと教わって育ったワタシとしては、

麺の長さや太さが一定じゃないのって、非常に食べづらい~。

おいしいのに~おいしいんだけど~~。

ふと周りを見渡すと、意外にも、

刀削麺を食べてる人少なくなくなくない?

なんとなく「刀削麺」って、麺の王者的なイメージがあって、

あれば、それを頼まなければ邪道みたいな気がしてたけど、

そんなもんでもないのかーと気づいたある暑い日。

って、今更?

さて、そんな個人的な意見はおいといて(ってのもヘンな言い方だけど)、

スープは、ほんのり甘めだけとくどい甘さではなく、

牛のうまみが嫌味なくつまっています。フルーティ!

かなりおいしいスープです。芳醇heart04

お肉もほどよい柔らかさ。

固いか柔らかいかっていったら柔らかいんだけど、

残ってて欲しい肉の食感もちゃんと残ってる。うまい!

ワタシは、次回は「麺條」でいきますが(中太麺のようでした)、

刀削麺好きの方は、まよわず「刀削麺」でどうぞ!

もっちもちですよ~。

にほんブログ村 海外生活ブログへ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!
にほんブログ村

「劉易記 牛肉刀削麺」

住所:高雄市永康街71号

電話番号:07-3337015

| | コメント (6) | トラックバック (0)

牛肉麺7 Part4 牛将軍麺食館

なんとか真ん中まで来ました。

毎日更新すれば、7回なんてあっという間なのね(爆)

最近、週に1~2回がいいとこだったので、

G7だけで、1か月分って感じです。

って、まだ終わってないけど。

そんなわけで、Part4。

前回の「金手工刀切麺」から徒歩5分ほど。

文横二路にある「牛将軍麺食館」です。

1028_033

この日ワタシは、朝から牛肉麺をはしごする気まんまんでした。

そのため、朝食もぬいて、はしごに備えていたのに、

2軒目に予定していた「川味牛肉麺」が定休日。がびーん。

ならばと向かった「台北永康牛肉麺館」もやっぱり休み。なんと!

ふらふらと新光三越方面へと、路地をジグザグ歩いていると、

気になるお店を発見。それが「牛将軍」だったのです。

1028_037

気になったのは看板にあった「岡山」の文字。

「岡山」と言っても、日本の岡山じゃありませんよ~。

高雄北部の「岡山」です。

岡山は羊肉や豆板醤で有名な町ですが、

「紅焼牛肉麺」の原型となった麺が生まれたと言われる町です。

そんなワケで「おっ!」と思ったわけです。

ふらふらと店内に入り、この日2杯目。

やっぱり「牛肉乾拌麺(50元)」を。

1028_038

まず驚いたのは、その値段の安さ。

「招牌推薦」とされた乾麺メニュー6種類、

高麗菜水餃(12個)、韮菜水餃(12個)が全部50元均一なこと。

どうやら乾麺系は、湯麺系よりも少なめのようなのですが、

それでも一杯50元はやすーい!

しかも外帯(テイクアウト)なら30元になるようなのです。

驚愕の安さです。

1028_043

しかも、お味のほうも悪くない。というか、うまい!

手打ちっぽい麺は、若干ゆですぎの感はありましたが、

まあまあコシがあり、タレはあっさり目の醤油ベース。

前半はあっさりと、後半は共用スペースに置いてある

ラー油やお酢を加えて、変化を楽しみつついただきます。

さらに驚いたのは、牛肉のやわらかさ!おいしさ!

もともとは硬かったであろうお肉が、

こんなにふわっとやわらかくなるなんて!

もともとやわらかいお肉よりもずっと価値あるおいしさです。

盛りは少なめなので、大食いの方には、

乾麺一杯では物足りないと思いますが、

牛肉(+30元)や麺(10元)は追加できるようです。

今度、はしごじゃない時に、贅沢して、

XO醤乾拌麺(70元)・加牛肉(30元)をいってみたいと思います。

1028_044    

満足して歩いていると通りかかったこのお店。

こ、これは、以前nikoさんが、地元サラリーマンを尾行して

買って来てくれたおいしい排骨弁当のお店ではないですかぁっ!

油豆腐がおいしかったんですよ~~。

思わぬ出会い・発見に大満足の一日でした。

続きはまた明日。

明日もやっぱり牛肉麺です。。。

にほんブログ村 海外生活ブログへ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!
にほんブログ村

住所:高雄市文横二路48号

電話番号:07-338-2717

| | コメント (3) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧