« 新年快楽!ゴンシーゴンシー | トップページ | 文化中心 Bella Napoli Hand Pizza »

コタキナバルでもひきこもり

Happy Valentine Day!

春が来たなぁと思っていたら、また少し寒くなりました。

でも、前ほど寒くないかも。

これを繰り返して本当の春が来るんだろうなぁ。

なんて、しみじみ語ってたら、

「何言ってんの!高雄に春はない!いきなり夏よ!」

と怒られました。確かに。

昨年の日焼けが薄れる前に、短い冬が終わり、また夏。

6年間の台湾生活で蓄積されたのは、体重だけではない。

昔は色白だったと言っても、誰にも信じてもらえない黒さです。

さて、春節。

前回も書いた通り、コタキナバルに行ってきました。

コタキナバルってどこって?

マレーシアです。

クアラルンプールなどがある「半島マレーシア」ではなく、

「東マレーシア」と呼ばれるボルネオ島の北部にある

サバ州第一の都市、それがコタキナバルです。

日本からも、成田・関空・羽田から直行便がありますが、

あまり日本人にはなじみのない街かも?

今回、旅行するにあたって、ネットで情報収集したのですが、

あまり情報が多くなく(そもそもそんなに観光スポットがない?)

おいしいお店などの情報がほとんど得られない状態での現地入り。

まあ、結局ホテルにばかりいたので、まあ支障なかったんですが^^;

ちなみに、ボルネオ島南部はインドネシア領、

北部のマレーシア領の中にぽつんと一部だけボルネオ領です。

さて、宿泊先は、「シャングリ・ラ・タンジュン・アル・リゾート」。

21_013

コタキナバルで日本人が泊まる王道シャングリラ。

空港から近いタンジュン・アルと、

オランウータンの生息地に近いラサリア(空港から約1時間)。

コタキナバル内に2軒のシャングリラホテルがありますが、

子連れだったので、空港から近い方のタンジュン・アルを選択。

でも、今思えば、なぜ改装中のタンジュン・アルの方にしたのか???

おかげで、プールもねぇ、サンセットの見えるバーもねぇ、

キッズクラブやプライベートビーチも縮小、

ホテル内で移動する時は常に大回り、

SPAに行く時は、ビーチの砂浜を突っ切っていかなきゃいけない。

と、ないないづくしの吉幾三状態でした。オラ、こんな村いやだ~♪

21_015

改装中は、もう1軒のラサリアまで無料のシャトルバスが出ていて、

プールなどの施設は宿泊客と同じように使えるということでしたが、

実際には、プールに入るためだけに往復2時間は非現実的。

シャトルバスも2時間に1本ほどしかなく、しかも予約制。

ラサリアに泊っている人は、

プールに入った後に自分の部屋に戻ればいいだけだから、

あたりまえっちゃああたりまえですが、

更衣室もなければ、シャワー室もなく、着換えはトイレ。

やっぱりプールは宿泊しているホテルで入りたいですね。

でも、ラサリアのプール、とてもステキでした。

23_17

30cm、85cm、110cm・・・といろいろな深さのプールがあって、

子供用の30cmプールには日よけの屋根がついています。

滑り台も小さい子用(30cmプールに降りてくる)と、

もう少し大きい子用(85cmプールに降りてくる)があって、

監視員もかなりきちんと監視してくれています。

23_50

プール内にあるフードブースも充実していました。

もちろんビールはあるし、

ナシゴレンやミーゴレンのようなマレーシアフードも。

23_56

ラサリアは、オランウータンの保護区がホテル内にあるような

辺鄙な場所にあるので、街に出るのはかなり不便。

その代り、ホテル内になんでもあります。

レストランの数も多いし、

プライベートビーチも砂浜が大きくて広い。

夕方にはキレイなサンセットを見ながらのんびり乾杯!なんてことも。

23_106

ホテルの敷地内にゴルフコースもあり、キッズプログラムも充実。

オランウータンの保護区への見学ツアーなどもあります。

これぞリゾートホテル。ホテル内ですべて完結。

のんびりビーチリゾートをという方にはラサリアがオススメです。

23_57

さて、ワタシたちが泊まった方の、タンジュン・アルの方は、

もちろんリゾートホテルではありますが、

街からも近いし、敷地がそう大きくないので、

ラサリアほど、Theリゾートホテルという感じではありません。

特に今回は改装中だったので、やはりいろいろ不便。

でも、その分、御迷惑かけてスミマセンってことか、

いろいろとサービスしてもらいました。

たとえば、このシャンペン。

21_021

そして、部屋のアップグレード。

なんと、スイートルームに泊ることができました。

部屋からビーチまで歩いていけるなんてステキ!

21_025

ビーチはそう広くなくこじんまりとしていましたが、

改装が終わって、サンセットバーがオープンしたら、

もっとステキになりそうな気配(?)でした。

それに、ホテルのスタッフの感じがとてもよくて、

ワタシたちは、次回もきっとこちら(タンジュン・アル)です。

21_030

もう1つ、タンジュンアルのウリと言えるのが「気SPA」。

ホテルの離れにあるので、喧騒からのがれて、とても静か~。

さらに、それぞれの個室が、別棟になっているのが、

「スペシャル感」というか、乙女心(?)をくすぐります。

22_063

コテージの門をくぐると、正面に露天のお風呂。

左手が着替えをしたり、トイレ・シャワーがあるプライベートルーム。

右手がマッサージルーム。

価格は決して安いとは言えませんが(2.5hで600MYR)、

きめ細やかなサービスを受け、至福のひと時を~。

リバーストーン(熱した石を使う)マッサージも初めて受けました。

気持ちよかったです!

22_064 

また、今回は、改装中でスミマセンということで、

ホテルのレストラン、ルームサービス、SPAで使用できる、

150MYR(約4000円)/日(繰越不可)のクーポンもいただきました。

おかげで、

23_112

なまけもの&欲深いワタシたちは、ホテルにばかりいることに~。

朝食は遅めのブッフェ、昼は軽くつまんで、

夕方ラウンジでただ酒飲んで、夜はクーポンでルームサービス。

ルームサービスは4泊しかしてないのに3回も・・・。

22_005

あとは、広東料理の店で麺と点心だったり、

1Fのラウンジ(20時以降はビールは買一送一だった)で

ビール&サテを楽しんだり。

こちらのサテ、ピーナッツソースが濃厚でおいしかったです。

しかし、マレーシア名物のサテを食べたのは、これ1回のみ。

全然マレーシアを満喫できなかったのは、

150MYRクーポンしばりのせいだ!

なーんて、人のせいにしてみたりして。

Iphone_053

クラブラウンジも何回か利用しました。

17時~18時は、イブニングドリンクタイムで、

ワインやビールなどが飲み放題(この表現は正しくないか?)。

この時間帯、いつも娘が昼寝中だったので、

前半30分ダンさん、後半30分ワタシ、

かけつけ三杯、30分一本勝負で頑張りました。

22_072

もちろんネットは無線LAN完備、

イブニングタイム以外でも、ソフトドリンクや軽食は楽しめます。

1回まではクリーニングサービスも有り。

ベランダ席もあって、6Fなので景観もいいです。

22_068

6:30~10:30は朝食タイム。

朝食ブッフェで食べまくるのもいいですが、

オーダーして持ってきてもらう朝食も、

スペシャル感があっていいです。

24_118

ワッフル、パンケーキ、イングリッシュブレックファスト、

中華風おかゆ、和定食などから選べます。

どれも盛り付けも美しくおいしかったです。

御飯が長米なのだけがちょっと・・・でしたが、

焼き魚もお味噌汁もおいしかった~。

Iphone_057

こんな風にホテル内にばかりいたワタシたちですが、

唯一、到着した初日に、わけあって街にでました。

タクシーで15分、15MYR(400円)ほど。

コタキナバルにはいくつもショッピングセンターがありますが、

その代表格「センター・ポイント」へ。

21_033

地下のフードコートで、この旅唯一のローカル食を。

すごーくおいしかった「ムルタバ・アヤム」。

21_042

小麦粉で作ったロティという皮のなかに、

炒めた野菜や鶏肉が入りのオムレツが包まれているインド系フード。

台湾の朝食店の定番メニュー「蛋餅」にも似ていますが、

皮がもっとパイっぽいのと、野菜などもたくさん入っていて

ボリュームたくさんなのが、ムルタバのいいところ。

マレーシアといえばこれ「ミーゴレン」。

21_043

そして「ナシゴレン」。

21_049

ナシゴレン、ミーゴレン、サテはマレーシアの定番です。

どれも、日本人の口に合いつつも、

マレーシアらしさも感じられる、ステキなローカルフード。

チキンライス(海南鶏飯)が食べられなかったのが残念!

後で気づいたのですが、フードコートの奥の方に、

地元の人で賑わう、なんと2.8MYR(約80円)という安さの、

チキンライスのお店がありました。

こちらも食べたかったなぁ。次回の宿題です。

唯一の観光(?)は動物園へ。

2009年にオープンしたばかりの「LOK KAWI WILD PARK」。

マレーシアや東南アジアの動物や植物ばかりを集めた

動植物園です。

22_033

マレーぞう、マレーばく、マレー虎、マレークマなど(正式名称不明)。

入場料は外国人は1人20MYR(マレーシア人の2倍)ですが、

タクシー代がけっこうかかります。

場所が遠いのと、帰りのタクシーがつかまらないと困るので、

行きのタクシーに近くで待機していてもらって、往復100MYR。

(両替のできるところと7-11にもよってもらったので+20MYR)

台湾で「外国人だから」という扱いを受けることがないので、

いろいろと考えるところもありました。

最後に、ちょうど春節をまたぐ日程だったので、

ホテルでも、いろいろと春節らしい装いがありました。

ロビーにも、

21_012

お部屋にも。

23_111

元日の朝には、正月料理(?)のふるまいや、

Iphone_054

獅子舞(と言っていいのか?)の賑やかな舞いも。

Iphone_058

マレーシアはマレー系の住民が多くを占めていますが、

中華系やインド系など、いろいろな文化や習慣が

入り混じっているのが、とても興味深いです。

次回はもっとアクティブに、マレーシアらしさを味わいたいです。

長くなりましたが、これにてコテキナバルひきこもり旅行記、

終了です!

備忘録:

・タクシーでも街でも英語が通じる

・ホテル内なら中国語も可(街でも一部は可)

・日本車がほとんど走っていない(マレーシアの国産車ばかり)

・タクシーはメーターでは走ってくれない(たぶん旅行客には)

・ケンタッキーとバーガーキングがやたら多い

・7-11もあるはあるが多くなく、品ぞろえもどう豊富でない

・バイクが少ない

・ホテルでもご飯は長米のみ

・キナバル山(自然世界遺産)登山も面白そう

・北ボルネオ鉄道(蒸気機関車)は現在休止中

・テングザルを見るガラマ川リバークルーズも楽しそう

・ナイトマーケットにも行きたかった

・パスダ川のラフティングは子供でも可

・タンジュン・アル・ホテル内のハーバーから、アイランドホッピング可。無念!

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ←参加しています。応援ヨロシク!
にほんブログ村

|

« 新年快楽!ゴンシーゴンシー | トップページ | 文化中心 Bella Napoli Hand Pizza »

⑭海外旅行」カテゴリの記事

コメント

関東は(日本は?)雪降りまくりです。
ロマンティックなホワイトバレンタインでーす。
って、のん気に言っている人はどれくらいいるのかな?
私は、明日の雪かきを考えて既にげんなりします。
あ、銀座の名店のはけんこうさんのですからね。
流用しないで下さいねー。

で、コタキナバル。
長いですねー。
気合入ってますねー。
ザ・リゾートですねー。
こういうホテルにどっぷりっていう旅行はした事が無いです。
だいたいどこに行ってもふらふら~っと外出してつまみ食いしてます。
”おれんとこだけに金を落としてけっ!”ってホテルも良いですねー。
ぼんやりしたいものです。
水着が着れるうちに行きたいなぁ。

あ、リベンジ期待します。
ホテルのリベンジではなくて、チキンライスのリベンジプリーズ。
本場のがどんなに美味しいのか確かめていただきたく。
実はどこが本場なのかもわかってないかも。
シンガポールで良いんですかね?

>外付け胃袋様
またまた遅レスでスミマセン。
雪、どうなりました?
って、もう3月なんですが。
3月の関東で雪ってないか?
高雄はもう常夏でございます。
長袖だと汗ばむ陽気です。

チキンライスは海南島がルーツだと思います。
中国最南端の島。
そこから、東南アジアの国々に広がっていったようです。
でも、なんとなくシンガポールかマレーシア料理って感じですよねー。

初・ザ・リゾートでしたが、なかなかよかったです。
年をとったんですかねぇ。
そうでなくても海外(アジア)暮らしなので、旅行に行ったときぐらい、ゆったりしたいってのもあるかもしれません。
でも、チキンライスのリベンジはがんばりまーす!

投稿: 外付け胃袋 | 2011年2月14日 (月) 23:53

こんにちはー!
昨日の東京は真っ白な世界…いやぁ積もりましたねぇ。
今はすでに溶け始めてます。足元悪っ

コタキナバルお仕舞!?
今回スペシャルでしたねー!おつかれさまでした!
生オランウータン見てみたい。テングザルも!
リゾート、止められませんね~。
ホテルもステキ。中で全部済ませられちゃう。
ひきこもりも全然OKですね。
美味しいビールも飲めて最高ですし☆
ルームサービスでの食事もゆっくり気兼ねなしでいいな。
そしてこんなリゾートホテルのSPA受けたいです。
気持ち良さに爆睡しそうだけど~。
家族揃ってステキなお正月休暇でしたねw
けんこうさんご一家の旅レポ、次回も楽しみにしてますww

>nikoさま
スペシャル、がんばりすぎて、息切れ?
2月は4回しか更新できませんでした~。
3月はがんばりまーす!

SPA、ご想像通り、爆睡しました。
まあ、爆睡しに行くようなもんですよね?SPAって?
こういうリゾート地に旅行したのって、思えば初めてだったんですが、こういう旅もいいなぁと思うようになって、ある意味大人に(年老いた?)なったんでしょうか。
なんだかクセになりそうで怖いです!

最後になりましたが、先日はありがとうございました!
楽しかった~。
またヨロシクお願いしまーす!

投稿: niko | 2011年2月15日 (火) 12:20

いいですね~ 
そこで、ひきこもりたい!
贅沢ですね~ なんでもあるホテル。
オラウータンまで付いてるとは~

で、私、ものすごく気になってるのが、
真ん中辺の「揚げ物」なんですが、
あれ、フィッシュですか?ポテトフライと?
あ~、ビールが旨そ~ グラス、冷えてそ~

ものすごくビーチ行きたい気分が高まっているので、
次はタイとか言ってたのですが、
こちらのせいでかなりコタキナバルに
ソソられてます。
ホテル検索してしまいましたよ。

>ねこまたぎさま
フィッシュです!
ビールにねぇ、あいましたよ。もちろん。
なんのマレーシア名物でもないんですが、ビールにあえば、問題なしっしょ?

コタキナバルもゆるーくいいですよ~。
うまくやれば、もっと安く楽しめるんでしょうが、今回はけっこうかかっちゃいました。
こういうザ・リゾートの旅って初めてで、ちょっとくすぐったいような照れくさいような感じなんですが、何気によかったです。
年とったんですかねぇ。

投稿: ねこまたぎ | 2011年2月24日 (木) 15:48

マレーシアだったんですね。コタキナバルって初めて聞きました。

昔、バリ島に行ったけど似てますね~。隣の国?同じといえば同じですね(笑)

ビールの写真がめちゃくちゃおいしそう(笑)
リゾート地でビールを飲んでゆっくり・・なんて素敵です!

>花茶さま
コタキナバル、やっぱりなじみがないですよねー。
成田からも関空からも直行便があるそうですが、誰が乗ってるんだろ?

そうそう。バリと似てますねー。
マレーシアとインドネシアは国境を接しているし、どちらもリゾート地だし。
食べ物も似てます。

ビール、めちゃおいしかったです!
家で飲む手酌ビールとはやはり比べ物になりません(笑)

投稿: 花茶 | 2011年2月25日 (金) 21:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174057/50850950

この記事へのトラックバック一覧です: コタキナバルでもひきこもり:

« 新年快楽!ゴンシーゴンシー | トップページ | 文化中心 Bella Napoli Hand Pizza »