« ありがとう×いっぱい! | トップページ | 料理交換Part2 »

料理交換Part1

秋に始めた語学交換は、その後も、細々と続けられています。

中国語が上達したかといわれると、

う~んゴメンナサイ!という感じだけど、

台湾のこと、高雄のこと、台湾人のことを知る機会は、

意外に、台湾に住んでいればあるっていうわけじゃないので、

いい機会をもらっているなーと。

あわせて行っている日台料理交換も、現在2回ずつ。

ワタシの方は、初回は肉じゃが&鶏ときのこの炊き込みご飯、

2回目はブリの代わりに鰆を使ったお雑煮でしたが、

彼女からは、初回はカボチャのビーフン、

2回目はサワラのとろみスープを教えてもらいました。

作っている最中、写真を撮らせてもらったのでご紹介!

「南瓜米粉(カボチャのビーフン)」

材料:米粉1包、南瓜半分、アサリ200g、カマボコ、ネギ、

紅葱頭、蝦米(金鉤蝦)、醤油、みりん、塩、白胡椒粉

まずは、たっぷりの油で、

ネギの白い部分、紅葱頭、蝦米(乾燥エビ)を炒めます。

紅葱頭は赤いニンニクみたいに見えるけどエシャロット。

市場で購入できます。

1225_106

香りがたってきたら、 カボチャの細切りを入れ、更に炒めます。

1225_112

カボチャに油がまわったら、アサリで取っただしスープを入れ、

沸騰するまで、蓋をして煮込みます。

アサリスープには、醤油・味醂・塩で味付けしてあります。

1225_113

沸騰したらビーフンを入れます。

ビーフンはあらかじめ、ぬるま湯でもどしておきます。

(市場などで売っている生ビーフンの場合、戻す必要はなし)

1225_107

ビーフンを入れたら、ひたすら、とにかくひたすら混ぜます。

炒めるというよりは、力づくで混ぜると言った感じ。

1225_118

スープの水分はすぐにビーフンが吸ってしまうので、

様子を見て、水やスープを足しながら、

とにかく混ぜる。力づくで混ぜる。

1225_120

麺や春雨の場合は、ちゃちゃっと炒める方がおいしいけど、

ビーフンの場合は、炒めれば炒めるほどコシがでるそうです。

炒ビーフン作りは体力勝負!?

仕上げに、色取りでカマボコと葱の青い部分を入れ、

さらに炒めて、できあがり。

1225_121

豚肉など使用する場合は、細切りにして、

紅葱頭を油で炒め香りがでた後、一緒に炒めます。

蝦米ではなく、桜エビを使用する場合は、

先に炒める必要はなく、最後の仕上げに加えます。

スープを取った際のアサリの身を飾り、

お好みで白胡椒粉をかけていただきます!

1225_131

あれだけ山盛りあったカボチャは、もう原型なし。

溶けてビーフンと一体化しています。

カボチャの甘味、アサリのうまみがしみこんだ、

コシのあるビーフンは最高!

腕力に自信のある方、ぜひお試しください♪

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ←参加しています。応援ヨロシク!
にほんブログ村

|

« ありがとう×いっぱい! | トップページ | 料理交換Part2 »

④台湾生活アレコレ」カテゴリの記事

コメント

美味しそう~!!
子供も大好きなかぼちゃとビーフンのコラボ♪
腕には自信有り(日ごろジムで鍛えて)なので
絶対作ります~~!!
また台湾料理のレシピアップを楽しみにしてますね。

>kakepikamamさま
台湾のカボチャは、煮物にするとベチャベチャになっちゃうから、よく日本人は「おいしくない!」っていうけど、この料理は絶対に日本人の口にも合うと思うよ~。
磨き上げられた腕で、ひたすら混ぜてくださーい♪

まもなく新年ですねー。
新年快楽!
来年も遊んでください^^

投稿: kakepikamam | 2011年1月27日 (木) 10:30

おぉ,これはいい事聞いた!
ビーフンが炒めれば炒めるほどこしがでるとは知らなかったなぁ。
なんかのびちゃいそうで,すごい急いで炒めてたけど,
時間かけていいのね!
・・・まぁ,言うほど作ってないけど(笑

このレシピ,うまそうなのでそのままやってみるわ。

ちなみに,台湾のビーフン1包って結構な量だよね?
日本のビーフン1包って,かなり小さいのよぉ~

また台湾飯のレシピ,載せてくれ!

投稿: こち | 2011年1月27日 (木) 10:39

こんにちは。
元気ですか?
台北は小雨を続け降っています。
台北の湿度と雨が降ってる冬に比べて、
私は日本の乾燥の冬のほうが好き。

こんこうさんの中国語はもう当に上達だと思いますよ。子供を育てながら、中国語も勉強してお疲れ様。それに、言語交換はいろんな方法があってから、楽しいと思います。

料理は美味しいそう。
台湾のビーフンは美味しいですよね。
この前私は新竹を遊びに行った時、芋の色付いてなどビーフンも見つけました。また今度送りします。

>marukoさま
この間はいろいろ送ってくれてありがとう!
東野圭吾の小説は現在4冊目。
読む本がたくさんあるって幸せ~。
ホントありがとうネ!

今週末また寒くなるみたいですねー。
今年の台湾は、すごく寒い!
高雄でも洗濯物が全然乾きません~。
気温は日本の方が低いけど、台北の寒さは日本以上に感じます。marukoさん、風邪ひかないでネ!

台湾のビーフンは本当においしいです。
日本に住んでいた時は、ビーフンってこんなにおいしいと知りませんでした。
芋の色がついてないビーフンってどんなだろ?
楽しみです♪

投稿: maruko | 2011年1月27日 (木) 12:39

かぼちゃもビーフンも好きなので気になるメニューです。
この組み合わせって意外です!!でも、おいしそう。

この前、下半身に比べて上半身の筋肉が少ないと病院でチェックをされて、腕力には自信がないのです(笑)挑戦してみたいメニューですね~。

こうやって料理交換が出来るのって楽しいですね。私も、やってみたいなぁ。

>花茶さま
確かに、カボチャとビーフンって、日本にいる時は想像したことがなかった組み合わせです。
甘い?
と思うんですが、そんなにベタベタした甘さじゃなくて、カボチャの甘味がほどよくて、アサリ汁のコクと合わさると大人の味です。
いつか食べてみていただきたいです!
台北なら、ポンフー料理のお店で食べられます
少量作るなら、腕力がなくてもきっと大丈夫です^^

日本でも、語学交換の相手を探している留学生がいると思います。機会があったら、語学&料理交換できるといいですね!

投稿: 花茶 | 2011年1月29日 (土) 20:39

ビーフン大好きですが、上手に作れません。だからビーフンは絶対にお店でしか食べません。上手に作るコツもあるのでしょうが。。。。 食べたくなりました!

>minさま
ワタシも、ビーフンは上手に作れません。
実を言うと、中華全般、イマイチ。
コツはもしかして、油の量と火力かなぁ、と。
台湾では家庭用のコンロでも、けっこう火力が強いです。煮物もうかうかしていると、あっという間に干上がります。
せっかく火力の強いコンロがあるので、精進します!

投稿: min | 2011年2月10日 (木) 16:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174057/50693300

この記事へのトラックバック一覧です: 料理交換Part1:

« ありがとう×いっぱい! | トップページ | 料理交換Part2 »