« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

たまにはシースーでも 香月でランチ

いくら台湾の小吃が好きでも、台湾暮らしが長くなってくると、

やっぱり食べたくなるのが和・洋食。

でもね、ワタシだけかもしれませんが、

意外に、寿司とか刺身とかは食べたくならないんですよ~。

寿司って、別に、日本に住んでいた時だって、

そんなに頻繁に食べるもんじゃなかったし。


なので、もっぱら恋しくなるのはおいしいラーメンや蕎麦、

新鮮な卵かけごはんや白菜の漬け物、沢庵、

マックのてりやきバーガー、グラコロ、月見バーガー、

新発売のカップ麺やスナック菓子、

コンビニのシュークリーム、焼きそばパン、中華まん、

そんな何てことないものたち。

日本のコンビニ、超ラブheart04


とか言っておきながらなんですが、

やっぱり時々は恋しくなるんですよ、お寿司。

どっちやねーん!って。ねぇ。

そんなわけで、時々は、お寿司も食べます。

お得なランチばかりですが。


「香月 寿司 割烹」

サラダ、先付け、寿司の盛り合わせ、デザートで380元。

サービス料はありません。

120_037

お寿司はだいたい7~8貫、巻物がつくことも。

多くのネタは、日本から輸入しているそうです。

120_041

小さめのシャリで、いかにもつまみ向きな寿司なんですが、

昼だし、一緒に行ったメンバー構成的に、まだ飲んだことなし・・・。

近いうちに、1人でカウンターに座って、

飲みながら食べようとひそかに画策中。

724_032

テイクアウトも可能です。

価格と相談ですが、ある程度わがままはきくようです。

2Fに個室があるので(何人からOKなのか分からないけど)、

子連れにも嬉しいです。

1113_031

今日、「漢神巨蛋(百貨店)」の日本物産店で、

ちょっと贅沢して、海苔の佃煮、ホタテの明太子和え、

鶏の手羽先を買ってしまいました。

あとは、白菜と豚団子のお鍋を作って、

今晩は久々に(?)しこたま飲みまーす!

それではみなさん、ごきげんよう♪

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ←参加しています。応援ヨロシク!
にほんブログ村

「香月 寿司 割烹」

住所:高雄市復興二路300-1號

電話番号:07-2255858

| | コメント (3) | トラックバック (0)

料理交換Part2

最近、高田亜季さんの「台湾風」という本を読みました。

ちょっと辛口なところもあるのですが、

「そうそう!わかるわかる!」とニヤつきながら読破できます。

さて、その中に、とある団体が行った調査で、

台湾における消費者の外食比率が紹介されています。

その結果は?

朝食81%、昼食84%、(台湾北部では)夕食65%という恐ろしい結果。

外食する人が多いから外食産業が発展するのか、

外食産業が発展しているから外食する人が多いのか、

卵が先かヒヨコが先かみたいですが、

焼きたての焼餅に卵を追加し、豆乳と一緒の朝食が35元、

たっぷりご飯に大きな排骨、おかずを3種類選べる弁当が50元、

魯肉飯にスープ、ゆで野菜に小菜一皿で夕食100元、

それに、ドリンクスタンドで買ったパールミルクティ、

あわせて200元ちょっと。日本円で600円。

おかずや小吃を選ぶ時に、野菜のものを選んだりすれば、

栄養バランス的にもそう悪くないな、という感じ。

ちょっと油っこいけど。

もう作る気なくなっちゃいますよネ。

そんなわけで、伝統市場がおばちゃんたちで賑わう反面、

料理のできない(しない)人たちが、どんどん増えているようです。

伝統市場も、若い人たちは敬遠しがちなんだそう。

そんな話を聞くとちょっとさみしいですが、

私自身、伝統的な日本の料理をどれだけ作れるかっていうと、

魚もさばけないし、お節も作れないし、

三杯酢の合わせ方、だしの取り方、どれもこれも自信なし・・・。

切り身の魚しか買わないし、だしの素やルーを多用し、

そもそも洋食に逃げて、手間のかかる煮物系を敬遠しがち。

うーん。ちょっと(だけ)反省。

もうちょっと(だけ)頑張ってみようかなー。

なーんて。今年最後(?)の反省と来年の抱負です。

さて、料理交換2回目は、サワラのとろみスープ。

「[魚+土][魚+モ]魚羹」です。

なんと、たまたまですが、一番好きな台湾料理だった♪

ガン、大好き~。

「[魚+土][魚+モ]魚羹」

材料:鰆の切り身、醤油、砂糖、卵、地瓜粉、

魚(サバヒー)のアラ、ニンニク、白菜orキャベツ、扁魚乾、

醤油、塩、砂糖、かつおぶし、片栗粉、黄麺

お好みで黒酢、白胡椒粉、香油、香菜

魚の骨でだしをとります。今回はサバヒーのアラ。

サバヒー台湾語で、漢字では「虱目魚」と書きます。

台湾、特に南部では、かなり一般的な魚です。

アラは、市場で買うと、袋にいっぱいで20元ぐらい。

ない場合は、かつおぶしのだしでも、中華スープの素でも。

120_002

サワラは、一口大に切って、

醤油と砂糖に30分ほどつけ、下味をつけておきます。

ワタシ(日本人)なら、塩も少々加えた方が味がしまっていいかも。

120_004

軽く水分を切って、卵液、地瓜粉をつけて油であげます。

地瓜粉とはサツマイモのでんぷんのこと。

台湾の揚げ物にはよく使われます。

ほのかな甘みがあって、サクサクにあがります。

120_010

できあがりはこんな風。

このサワラのから揚げが既に絶品!

揚げたてつまみぐい♪

ビ、ビール~。

120_011

続いてスープづくり。けっこう簡単。

鍋に油をひき、みじん切りにしたニンニクを入れ炒めます。

香りがたったら、キャベツのざく切りをたっぷり。

120_012

「本当はこんなに入れなくていいんだけど家庭料理だから~」と。

野菜をたっぷり食べられるのが、家庭料理のいい所ですもんネ。

120_005

キャベツに油がまわったら、

サバヒーでとったスープを注ぎ、沸騰させます。

120_013

扁魚乾(たぶんヒラメの乾物・市場に売っています)、

醤油、塩、砂糖などで味を整え、かつおぶしを加えます。

扁魚乾はなくてもOK!

120_006

片栗粉でとろみをつけて、

先に揚げておいたサワラの唐揚げを入れ、

さっと煮たらできあがり。

サクサクが好きな人は、煮ずにトッピングでもOK!

120_029

別にゆでておいた「黄麺」という麺に、スープをかけ、

お好みで黒酢、白胡椒粉、香油、香菜を加えていただきます♪

120_036

黄麺は、市場などで購入できます。

ガン(羹)と言えば、ラー麺でも、鶏蛋麺でもなく、黄麺なんだそう。

この黄麺、日本のラーメンの麺によく似ています。

旧正月前で、サワラの値段が急騰していて、

なんと一切れ250元(市場価格)もしたそうで、

家庭料理が、とんだ高級料理になってしまいましたが、

こんなに大きなサワラの唐揚げは、屋台のガンではありえないし、

揚げたてアツアツを、はふはふと頬張るおいしさは格別。

旧正月あけには、価格が落ち着くと思うので、

サワラの唐揚げだけでも、ぜひお試しあれ!

ビール好きの人にオススメです。

ちなみに、台湾でのサワラの旬は旧正月前後です。

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ←参加しています。応援ヨロシク!
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

料理交換Part1

秋に始めた語学交換は、その後も、細々と続けられています。

中国語が上達したかといわれると、

う~んゴメンナサイ!という感じだけど、

台湾のこと、高雄のこと、台湾人のことを知る機会は、

意外に、台湾に住んでいればあるっていうわけじゃないので、

いい機会をもらっているなーと。

あわせて行っている日台料理交換も、現在2回ずつ。

ワタシの方は、初回は肉じゃが&鶏ときのこの炊き込みご飯、

2回目はブリの代わりに鰆を使ったお雑煮でしたが、

彼女からは、初回はカボチャのビーフン、

2回目はサワラのとろみスープを教えてもらいました。

作っている最中、写真を撮らせてもらったのでご紹介!

「南瓜米粉(カボチャのビーフン)」

材料:米粉1包、南瓜半分、アサリ200g、カマボコ、ネギ、

紅葱頭、蝦米(金鉤蝦)、醤油、みりん、塩、白胡椒粉

まずは、たっぷりの油で、

ネギの白い部分、紅葱頭、蝦米(乾燥エビ)を炒めます。

紅葱頭は赤いニンニクみたいに見えるけどエシャロット。

市場で購入できます。

1225_106

香りがたってきたら、 カボチャの細切りを入れ、更に炒めます。

1225_112

カボチャに油がまわったら、アサリで取っただしスープを入れ、

沸騰するまで、蓋をして煮込みます。

アサリスープには、醤油・味醂・塩で味付けしてあります。

1225_113

沸騰したらビーフンを入れます。

ビーフンはあらかじめ、ぬるま湯でもどしておきます。

(市場などで売っている生ビーフンの場合、戻す必要はなし)

1225_107

ビーフンを入れたら、ひたすら、とにかくひたすら混ぜます。

炒めるというよりは、力づくで混ぜると言った感じ。

1225_118

スープの水分はすぐにビーフンが吸ってしまうので、

様子を見て、水やスープを足しながら、

とにかく混ぜる。力づくで混ぜる。

1225_120

麺や春雨の場合は、ちゃちゃっと炒める方がおいしいけど、

ビーフンの場合は、炒めれば炒めるほどコシがでるそうです。

炒ビーフン作りは体力勝負!?

仕上げに、色取りでカマボコと葱の青い部分を入れ、

さらに炒めて、できあがり。

1225_121

豚肉など使用する場合は、細切りにして、

紅葱頭を油で炒め香りがでた後、一緒に炒めます。

蝦米ではなく、桜エビを使用する場合は、

先に炒める必要はなく、最後の仕上げに加えます。

スープを取った際のアサリの身を飾り、

お好みで白胡椒粉をかけていただきます!

1225_131

あれだけ山盛りあったカボチャは、もう原型なし。

溶けてビーフンと一体化しています。

カボチャの甘味、アサリのうまみがしみこんだ、

コシのあるビーフンは最高!

腕力に自信のある方、ぜひお試しください♪

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ←参加しています。応援ヨロシク!
にほんブログ村

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ありがとう×いっぱい!

週末、なぜか肉まん祭りだった我が家。

朝ごはんも昼ごはんもおやつも肉まんで、

高雄の名店と言われるお店4軒制覇しました。

おいしかった~。

その4軒についてはそのうち紹介するとして。

さて、今年(旧正月的に)も1年、

たくさんの方に、励ましていただいたり、

元気をいただいたりしながら、

心身ともに元気に過ごすことができました。

さらに、お土産&救援物資を送ってくれた朋友們、

本当に本当にありがとう!!!

ここで、一気に紹介させてください。

いつもお世話になっている日々彩彩のtreeさん

おいしいお菓子をいっぱいありがとうございました!

つまみにおやつに大活躍♪

Tree

今年は再開を果たせるかな~。

ご主人にもヨロシク!

台北のきゃおさんからも。

Photo

昨年台北にオープンした辻利の玄米茶や、

サダハル・アオキのコンフィチュールなど。

台北はやっぱりいいなぁ~。

今年こそ、ぜひ邂逅を果たしたく。

いつも何かと気を使ってくださる外付け胃袋さんからも!

2_2

じゃがりこの新製品をいつもありがとうございます。

おかげで我が家はじゃがりこ長者!

3_2

なかなか感謝のキムチを表せきれておらずスミマセン~。

何かリクエストはありませんか??

4_2

台北の好朋友、kaoruさんから日本土産!

日本好きの台湾の方って、

日本人よりも日本のことをよく知っているので、

「へぇ、今こんなのが日本ではやっているのか~」

なーんて。

Part1_2

名古屋開府400年記念グッズもいただきました。

夫が名古屋人なのに、全然知らなかった(恥)

Part1

台湾でも流行っている団体購入(日本では何て言うんだっけ?)で

購入したという、過年のおともも!

Part2_6

真ん中のは、台湾の廟のおみくじを模していて面白い!

ありがたくいただきまーす♪

Part2

最後に、かわいい妹分いけこさんから。

いつも京の雅をありがとう~。 

2

今回はなんと、どどんと5本組み!うひゃ~。

飲んだくれ必至ですネhappy02

3

この缶詰がすっごく気になってます。

でも、過年までガマンガマン~。

4

皆様、本当にどうもありがとうございました!

来年もどうぞヨロシク!

いや、そういう意味ではなくて!

今年も仲良くしてください!

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ←参加しています。応援ヨロシク!
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

寒いっ!だから、アツアツ包子5連発

おさ、さぶっ。

「寒くなる寒くなるって台湾の天気予報大げさだよねー」

とか言ってゴメンナサイ。

もしかして、朝よりどんどん寒くなってきてる??

というわけで、そんな日はアツアツの肉まんです!←むりやり

友人からのおすそ分け。

バスを乗り継いではるばる金獅子湖近くまで買いにいくらしい。

店名は「饅頭達人(住所:高雄縣仁武鄕八德南路550號)」。

Photo_5

生地がふっわふわで餡もほろっほろ。

お肉と野菜のバランスがいいです。肉汁たっぷり。

小ぶりなのもあって、ペロリです。

甘めの味付けなので、子供さんも好きそう~。

「橋頭糖廠(製糖工場)」のまあまあ近く。

省道1号沿いにある「橋頭肉包(高雄縣橋頭鄕成功路164號)」。

Photo

1個18元ってまあまあいい値段だなと思ったら、

けっこう大ぶりで食べ応え十分。

生地はもっちもちで弾力たっぷりで、

中の餡はぎっちり肉肉しくジューシーです。

一心路と民権路の交差点付近にある「天津鮮肉包」。

Photo_3

日曜日が休みって~。

でも、買五送一で、200元以上で外送可なのが嬉しい。

味はまあまあ平凡です。肉まん1個15元。

ハワイチーズマン、キャベツ春雨マン、

客家料理の梅干し角煮マン(梅干扣肉包)など珍しいメニューも有。

ダンさんの会社のスタッフオススメ「蔡家包子」。

日本人学校近く、六合路と和平路の交差点から緑地帯の方へ。

Photo_4

もっちり系の生地としっかりめの餡が食べ応えあり。

「永和四海豆漿」と提携しているので、

豆乳や鍋貼などを一緒に帰るのが便利。

行ったときは、運悪く蒸しが足りず、皮が硬かったのが残念。

ご近所の台湾人太太オススメの「中正包子」。

中正路と民族路の交差点からもう1本西、

開封街を南に数十メートル入った左手。

Photo_2

小ぶりだけど、しっかりめの生地と、隙間なくつまった餡。

シンプルだけどクセのない味で食べやすいです。

冷凍ものや温めなおしは、炊飯器がオススメです。

水を少し入れ、お皿に包子や饅頭をのせて普通にスイッチオン。

時間はかかるけど、電子レンジと違ってふかふかです。   

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ←参加しています。応援ヨロシク!
にほんブログ村

| | コメント (3) | トラックバック (0)

遅ればせながら五花馬

もうすぐ旧正月です。

西暦の12月から、クリスマス、正月、正月と続くので、

激しくバタバタする上に、

2回も新年の誓いや、1年の反省をしたりするので、

心身ともにとても忙しいです。

あぁ、また1年を振り返らないといけないのか。。。


さて、遅ればせながら、五花馬デビューしました。

五花馬」は、ここ2~3年、

どんどん店舗を増やしている餃子のチェーン店。

現在、台湾全土に40店舗あります。

たぶん、台南が本拠地で、

だからか、台北など北部よりも、南部に店舗数が多いです。

高雄には、現在11店舗。

17_056

おいしいという噂は聞いていたのですが、

「チェーンの餃子屋なら四海や八方雲集があるしなぁ」

と、あえて行く必要もないかなと思っていたけど、

友達が買ってきてくれて食べてみたら、おいしかった!

伝統的な中国の製法と品質にこだわって作っているということで、

特別なうまさというのではないけれど、

安心して食べられる普通のおいしさ。


四海や八方にはない、麺料理のメニューも豊富で、

葱油餅や牛肉・豚肉捲餅など粉ものメニューもあって、

餃子も、看板商品の水餃子が8種類、

焼き餃子(鍋貼)、蒸餃子もあります。

なんと、小籠包も!

台湾の小吃の老店(老舗)は、餃子なら餃子、

麺なら麺しか売ってないことが多いので、

両方テイクアウトしたいときはハシゴしたりしてましたが、

この水準で、このメニュー数はうれしい!

17_058

店名の「五花馬」は、李白の「将進酒」の、

「五花馬,千金裘,呼兒將出換美酒,與爾同銷萬古愁」

によるもので、五花馬とは青白い毛並みの名馬のこと。

冷凍小麦生地で財をなした創業者が、

特別な馬である五花馬を大切にするように、

伝統的な麺食文化を大切にしたいという思いから、

この名前がつけたそうです。

ワタシにとっては、李白の将進酒と言えば酒、

「將進酒杯莫停(まさに酒を進めんとす 杯停どむることなかれ)」

しか頭にありませんでしたが~。

まあまあ飲んで飲んで もっともっとぐぐーっとね♪

17_060

小菜の種類の多かったです。

このキュウリのはニンニクが強烈でした。

オススメは水餃子、牛肉捲餅です。

鍋貼もおいしかったです。

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ←参加しています。応援ヨロシク!
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

あつあつの豆乳でぽかぽか

また寒いです。

毎年こんなに寒かったかなぁ?

今年初めて、電気ヒーターを使ってしまいました。

台湾は「南国」のイメージが強いですが、

冬は台北なら7~8度、高雄なら12~13度まで下がり、

ほとんどの家に、暖房器具が一切なく、

床は、夏快適に過ごせるようにタイル張りなので、

足もとからひんやり冷え冷え。

凍死者もけっこうでます。

個人的にはビールの消費量がほんの少し減っています。

(と言っても他の酒にスイッチしただけだけど)

さて、こんな寒い日には、あつあつの豆乳がおいしいです。

先日も行った四維路の朝食屋さんで、今朝もいただきました。

113_078

舌がやけどするほど熱い鹹豆漿(しょっぱい豆乳)と、

焼きたてサクサクパリパリの焼餅加蛋で35元。

体が温まると元気がでてきますね。

そんなわけで、寒いけど元気です。

皆様、風邪などひかれませんよう、ご自愛くださいネ。

今日はこの辺で。

コメントバックもまた明日。

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ←参加しています。応援ヨロシク!
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

マンマミーアでワイン会

年明けから、あっという間に1週間。

もう、365分の7も過ぎちゃったんですねぇ。

ぼやぼやしていられませんね~。

気合い入れていきましょう!うりゃっ!


さて、年末のこと。

台湾山奥便りのtwnさんにお誘いいただいて、

「MAMAMIA 瑪瑪米亞」のワイン会に参加してきました。

1217_043

「MAMAMIA 瑪瑪米亞」は、

「SMOKEY JOE'S」、「上海弄堂」、「MUDDY WARTERS」など、

高雄を中心に何軒も飲食店を展開しているAmy'sグループの1つで、

場所は、MRT凹子底から徒歩5~10分ほどのところにあります。


知る人ぞ知るマンマミーアのワイン会は、

あまり大々的に公表されずに、

不定期に開催されているということで、

高雄のワイン好きの方がこっそりと(?)集まって、

(名前は忘れたけど)台湾の田崎真也なる人から、

ワインのウンチク話を聞き、彼オススメのワインを味わい、

それぞれのワインに合わせてた用意した、

マンマミーアの特別料理をも堪能するという、

そんな、なんだかセレブな集まりです。

(参加費用は、1200元だったか、1500元だったか、その位)

1217_048

ワタシは飲むのは好きですが、さっぱり詳しくないので、

どんなワインとお料理を楽しんだかは、

皆様、写真でご判断願います。


1杯目、白。

1217_049

ホタテのソテーに酸味のきいたソースがおいしかった~。

1217_054


2杯目、赤。

1217_050

トマトをくりぬいた器の中にライスサラダ。

チーズで蓋をしてグラタン風に~。

1217_057


3杯目、赤。

1217_051

松坂豚のロースト。

かなりの厚みがあるのに柔らかくて。

たぶん一度煮込んでから、さらにローストしている?

ハーブのきいたソースもとてもおいしかったです。

1217_061


4杯目、赤。

1217_052

ミートソースのパイ包。お肉はたぶん牛。

さくさくのパイ生地に濃厚な味わいのミートソースとチーズ。

ワインにとてもよく合います。

1217_063

今回は、20:30スタートだったので、軽めの食事でしたが、

18:30スタートの場合は、もっと重めの食事になるそうです。

お話は全て中国語なので、ワインの説明などは、

まーったく理解できませんでしたが、

今飲みごろのワインを、適切なサーブで、

それぞれのワインにあったお料理と一緒にいただけて、

ワインもお料理も、本当に堪能できました。

気に入ったワインは、その場で購入することもでき、

持ち帰るか、お店にストックして置くかは自由です。

1217_053

料金に含まれるワインは基本4杯ですが、

グラスをあけるとまた注がれるので、

結局それぞれ2杯ずつは飲んだでしょうか。

さらに、常連の方でワインをお店にストックされている人や、

この日10本買ったという方などから、

ふるまい酒(?)をいただき、さらに2杯。

結局、グラス10杯以上は飲んで、ほろ酔いで帰路に。

会の終了は23時過ぎ。

時間が遅いのと、開催が不定期なのが難点ですが、

ワイン好きの方は、参加されてみてはいかがでしょうか。

台湾とは思えない(失礼!)、アハ~な外国気分を味わえます。

(アハ~じゃ、わからないか?)

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ←参加しています。応援ヨロシク!
にほんブログ村

「MAMAMIA 瑪瑪米亞」

住所:高雄市龍德路417號

電話番号:07-5227300

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年 がしょ~

あけましておめでとうございます。

皆さま、いかがお過ごしでしょうか。

台湾に住む我が家はとにかく普通。

ダンさんはギリギリ31日まで働き、明日にはもう出勤。

普通の週末です。

2011年初外食は、港園の牛肉麺でした。

ウサギ年だけど、Happy taurus Year!

この調子で、今年もおいしい1年を過ごしたいと思います。

年越し蕎麦。

12_072

お金がなかったので、たぬきそば。つゆも手作り。

実家の味を再現。お雑煮。

12_093   

ゴボウ、人参、焼き豆腐、蒟蒻、カマボコ(巻き)、鰤に、

餅は角餅、汁は魚だし・すまし仕立て というのが、

本来の作り方なのだけど、

焼き豆腐がなかったので木綿、

巻きカマボコがなかったので板かま、

鰤がなかったので鰆で代用。

焼かずにお湯で煮てやわらかくしたおもちに、

具だくさんの汁をかけていただきまーす!

語学交換の際に、我が家の味を友人に伝授。

口にあったようで喜んでもらえてよかった!

次回は、たこ焼きと、電子レンジで作るホワイトソースの予定。

料理上手な友人がおすそ分けしてくれた

丹波の黒大豆で作ったふっくら黒豆。おいしかった!

12_087

触発されて、家にあった材料でお節らしいものを何品か。

筑前煮。

12_080

冷凍庫に眠っていた手羽元で代用。

味はおいしいけど食べ肉い難い。

そのせいか全然減らな~い!

具を細かく切って、炊き込みご飯にアレンジ予定。

さんまの梅煮。

12_090

こちらも冷凍庫に眠っていたサンマ。

たっぷりの生姜と梅干(こちらもずっと冷蔵庫に入っていた)で、

30分ほど煮るだけで、小骨も食べられるように。

あとは、大分前にいただいた真空パックの昆布巻きと、

出し巻き卵で、なんだか貧乏くさいけど、在庫処分のお節完了。

娘の今年第一食はホットケーキ。

12_074

絵本「しろくまちゃんのホットケーキ」にはまって以来、

ホットケーキをもりもり食べてくれるようになって良かった。

とりあえずそんなお正月。

皆さま今年もどうぞよろしく。

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ←参加しています。応援ヨロシク!
にほんブログ村

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »