« ヤキソバといえば! | トップページ | 台北 金仙魚丸永樂市場店で蝦捲弁当 »

台北 永樂鶏捲大王で鶏捲

ちょっとだけご無沙汰です。

なので、ちょっといまさらですが、日本負けましたねぇ。

買ったのに負けたので、今回はダンさん&ワタシも負け。

2人合わせて3000元の損・・・。

でもまあ、負けを買って負けるより、

(この場合、引き分けを買うのが勝ち)、

買って負ける方が潔し!負けて悔いなし!

日本はよく頑張ってたし、

あまり好きじゃなかったサッカーが、前より好きになったし、

惜しいところで負けたのは本当に残念だったけど、

この数週間、(勝手に)ありがとう!

これからもガンバレー!


と、話は変わって、台北の「永楽鶏捲大王」。

もう1年前ぐらいに行ったのですが、老店なので、

たぶん今もあるはず~。

迪化街の永楽市場の裏ら辺の、

713_097

さらに、こんな車も入ることができないような、

薄暗い裏路地の入っていくと、お店があります。

713_099

うーん。小汚い!

もとい

しみじみと趣のある店構えです!

さすが1907年創業、100年以上の老店です。

713_100

無愛想

もとい

職人気質なオヤジが店頭でせっせと鶏捲を揚げています。

四代目のご当主なんだそう。

713_101

店内も小汚い!

もとい

渋い!

713_103

常連しか入れないような店の雰囲気に、ちょっと気後れ。

お店で食べるのはやめて、

看板商品の「鶏捲(60元)」をテイクアウトして、

近くの公園で食べることにしました。

公園がすごく暑くて、お店で食べなかったことを即、後悔したけど・・・。

713_106

しかし、この「鶏捲」はおいしかった!

60元って安かないなぁと思ったけど、すごいボリュームで。

713_111

「鶏捲」と言っても、鶏肉は使われていません。

米麹に漬け込んだ豚のもも肉と玉葱を、

湯葉で捲いてカラリと揚げたものです。

1700年代に、福建省からの移民と共に、

台湾に渡ってきたもので、当時は鶏肉を使っていたのが、

食糧不足の折、手に入りやすい豚肉を代用したことから、

今のこの「鶏捲」の形ができあがったそうです。

713_121

この「鷄捲」、中の豚肉がとてもやわらかくてジューシー。

玉葱の甘みとあいまって、なんともいえないおいしさです。

これはご飯にもビールにも合いそうです!

1本(60元)で、ビール3本はいけます!

店構えに躊躇すること必至ですが、

ぜひそれを乗り越えて味わっていただきたい一品です。

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ←参加しています。応援よろしく~。
にほんブログ村

「永楽鶏捲大王」

住所:台北市延平北路2段50巷6号

電話番号:02-2

|

« ヤキソバといえば! | トップページ | 台北 金仙魚丸永樂市場店で蝦捲弁当 »

⑦台北(中華・台湾料理・小吃) 」カテゴリの記事

コメント

うまそうですね。
けど、紹介されなければ
こんな食い物や店が存在する事すら
絶対に気が付かないですね。
ありがとうございます。

>sonohigurashiさま
コメントありがとうございます!

本当に、ワタシも、雑誌で見たのでなければ、お店に気づくこともなく、気づいたとしても入る勇気もなく過ぎてしまっていたと思います。
在台6年目、どんな店でも躊躇しなくなりつつありますが、今回は少々躊躇しました^^
屋台などでも「鶏捲」を売っているお店があります。
気が向いたら、いつかチャレンジされてみてくださいネ!

投稿: sonohigurashi | 2010年7月 2日 (金) 22:10

もといが多い店ですね。
鶏捲といえども、鶏で無し。
だいたい、もといが多い店は旨いであろう
と思ってます、勝手に。
ボリュームたっぷりジューシーな豚捲もとい鶏捲で、
3本ビールを飲…もとい3杯飯を食べたいです。
そんなに喰うなって…

しかし、3000元は潔し!
私は賭けるつもりでいたのですが、
試合当日ご飯食べて店を出たら、もう試合30分前。
賭ける時間がありませんでした。
引き分け予測してたのに!
と今更言ってみてもダメですね。
とりあえずは日本代表がんばったな~
パラグアイもフェアで負けたけどスッキリでした。
今日はアルゼンチン・ドイツ戦。
どちらも好きなチームでココロが揺れてます。
もちろんどっちに賭けるかで… 
やっぱりマラドーナかな~~

>ねこまたぎさま
このままでは、結局、ヨーロッパ勢同士の決勝になってしまいそうですねぇ。
ドイツの大勝利にはビックリです!
しかし、先の大勝(?)に気をよくして、夫婦して3000元もかけてしまうとは~。
普段ケチケチしているのに、時々勢いがついちゃうんですよねぇ。
でもまぁ、いーか。
日本がんばったし。
負けにかけると、負けを願わなくちゃいけなくなっちゃいますしねー。こういうのはお祭りなんだから、買ってほしい方を勝わないと、もとい、勝ってほしい方を買わないと^^

この「鶏捲」、もといが多いだけあって(?)おいしいんですよー。
高雄ではこの「鶏捲」を扱っているお店を見かけなくて~。
もしも見つけたら、ビール3本飲んで、ご飯も3杯食べてくださいネ!

投稿: ねこまたぎ | 2010年7月 3日 (土) 16:44

これ初めてです!おいしそうですね。
鶏肉で作ってるお店はないんですか?

「小汚い」って私大好きです!
とっても台湾らしくって。
私の住む国も日本も洗練されて、何もかもきれいでおしゃれで、
初めて台湾に行ったときは、
その洗練されてなさに恋しちゃったぐらいです。

>maonosukeさま
またまたコメントありがとうございます^^

今まで食べたお店はすべて「鶏捲」という名前なのに、豚肉を使用していたので、たぶん、ほとんどのお店で豚肉を使っていると思います。
今となっては、鶏肉よりも豚肉の方が値が高いのに、やっぱり豚肉が使い続けられてるのが面白いですね!

台湾は、現代的と伝統的、奇麗と小汚いが同居しているところが、日本にはない面白さだと思います。
台湾の人からすると、日本はどこに行っても清潔で、そこがいいんだそうですが^^;

投稿: maonosuke | 2010年7月 3日 (土) 20:19

待望の週末に寝るんかい!
とツッコミを入れておいてと。
日本代表は負けてしまって残念ですが
>負けて悔いなし!
ですね。
これを期に世界に羽ばたく選手もいるようですし、良い大会になったと思います。
次の監督が誰になるのか、楽しみで心配です。

永楽市場って裏の方は行った事が無いんですよ。
いつも何か催しをしている辺りを歩いて、杏仁氷?を食べて帰ってくるので。
鶏捲は反対側っぽいですね。
しかもこんな路地を行くのですか?
教えて頂かなかったら一生行けなかったかも。
で。
>「鶏捲」と言っても、鶏肉は使われていません
そうなのかーーーーーー!
これ、どこのお店もそう?
私、かーーなりびっくりです。
じゃあ、豚捲って書けよ、騙された……って感じです。
ま、豚も好きなんで良いのですが。
良い色で、画像を見ただけでヨダレが大変です。
台北に行ったら店内でゆっくり食べたいと思います。
たぶん魯肉飯とともに。

で、よく寝られました?
娘さんに起こされました?

>外付け胃袋様
友人に借りた「ガラスの仮面」を夜遅くまで読破していたため、週末もやっぱり寝不足になってしまいました・・・。
だからか!なーんか疲れているのは!

台湾人の知人が、日本のサッカーは隠れて反則したりもしないし、全員がラインを割るまで一所懸命に球に向かって走っているのがいい、と言ってくれました。
負けはしたけど、懸命にがんばる姿は、見たものに力を与えてくれましたよね~。

永楽市場の裏側、実はワタシも初めて行きました。
先日写真だけUpした蝦捲も、こちらの方面です。
どうやら、なかなかの名店が隠れているエリアのようです。
前にこの店のことを書かれているブログを拝見したときに「これって鶏肉?こんなにやわらかい鶏肉は初めて」と書かれていました。ホント、紛らわしいですよね~。
今では、豚肉のが鶏肉よりも値段が高くなったのに、やっぱり豚肉を使い続けて、名前は「鶏捲」のままって。
なんだかすっきりとしませんが、お味のほうは、納得のおいしさです。ぜひご飯と一緒に!


投稿: 外付け胃袋 | 2010年7月 4日 (日) 22:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174057/47697842

この記事へのトラックバック一覧です: 台北 永樂鶏捲大王で鶏捲:

« ヤキソバといえば! | トップページ | 台北 金仙魚丸永樂市場店で蝦捲弁当 »