« つまみに最適!国民市場魚丸のカジキ黒輪 | トップページ | 年に1度の贅沢!東港マグロに舌鼓! »

台北 賽門甜不辣で味噌おでん

また、何人かの台湾ブロ友さんが、ブログを閉鎖されました。

台湾に住み始めて5年以上、

ブログをはじめて4年以上がたちますが、

その当時からおつきあいのあったブロ友さんで、

今も書き続けているという人は、本当にわずか。

皆さん、帰国されたり、生活の環境が変わったりで、

ブログを閉鎖されたり、休止されたり。

仕方がないことですが、やはり、少し寂しいです。


ワタシ自身も、同じ台湾内ではありますが、

台北から高雄に移って、もう1年半になります。

高雄での生活には、すぐに慣れたけど、友達もいなかったし、

なんとなく台北に後ろ髪を引かれ続けているような、

何かやり残したような感じが、しばらくの間続いて。

台北に遊びに行くと、帰ってきたと感じたりもしました。

今では、その思いも、うまく浄化されたような気がします。


明日、台北時代の、もう日本に本帰国した友達が、

はるばる高雄まで遊びに来てくれます。

終わりもあれば、始まりもあり、

そして、続いていくものもあり。

明日がとても楽しみです。


さて、うまくつなげられませんが、台北。

昨年夏に、台北に遊びに行ったときに食べた「賽門甜不辣」。

正式には「賽門鄧普拉」という店名の、「甜不辣」専門のお店。

前回の「国民市場魚丸」に続き、台湾の練り物つながりです。

713_158

「賽門甜不辣」は、創業して50年以上の老店で、

もともとは、屋台から始まったお店です。

現在のオーナーは3代目で、台北市・県内に9店舗。

初代の頃からのファンは、子供や孫を連れて来るなど、

老店らしい固定ファンの多い店です。

似たような名前のお店がほかにもありますが、

創始店はここ!ということで、

元祖「賽門甜不辣」を掲げています。

713_164

その元祖「賽門甜不辣」のHPを見ていると気になる記載が。

「甜不辣」というのは、もともとは「鄧普拉」で、

外国人俳優の名前「賽門鄧普拉(Simon Templar)」が由来とのこと。

ずっと、日本の「天麩羅」から来ていると思ってたのに~。

50年以上前からあるお店のいうことなら、こちらが正しいのかな。

真相をご存知の方がいらしたら、ぜひ、教えてください!

713_166

さて、いただいたのは「甜不辣・小(50元)」。

カツオベースだし汁でじっくりと煮込んだ、

日本のおでんのようなものに、

甘い味噌と、お好みでを辣醤をかけていただきます。

713_168

防腐剤を一切使用していないというネタは10種類ほど。

50元とは思えないほどの量で、

正直言うと、すでに5軒目?6軒目?のお腹にたまるたまる。

おなかがすいていたなら、どんなにおいしいだろう・・・

と思いながら食べていました。

かつおだしが利いたコクのあるスープはおかわり自由でしたが、

もちろん、飲むことはできませんでした。

それでも、とてもおいしかったです。

店内には、子連れにお客さんがたくさんで、

みんなニコニコ召し上がっていました。


ネタは、天ぷら2種類

713_170

揚げワンタン

713_178

大根

713_181

ちくわ

713_183

貢丸(肉団子)、魚丸、油豆腐、肉捲など。

おでんのほかに、おつまみにぴったり?

揚げゴボウ入り揚げ天ぷらや、揚げワンタンもあります。

お腹がすいている時にぜひどうぞ!

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ←参加しています。応援クリックよろしく!
にほんブログ村

賽門甜不辣

住所:台北市開封街二段46號

電話番号:02-2361-9790

|

« つまみに最適!国民市場魚丸のカジキ黒輪 | トップページ | 年に1度の贅沢!東港マグロに舌鼓! »

⑦台北(中華・台湾料理・小吃) 」カテゴリの記事

コメント

今日みたいに雨続きで気温が下がった時には
おでん、食べたくなりますよね~。美味しそうです!
先日のつみれも一緒に煮込んだりしてみたいです。

そして、お知り合いの帰国・・・寂しくなりますね。
私も以前台湾で別の町に暮らしたことがあったり、
当時の日本人友人は全て帰国して自分一人残って
いる状態ですからけんこうさんのお気持ち、分かります。
その町に行くと帰って来た気持ちになったり、友人の
帰国は言いようの無い寂しさを感じますよね。
こんな時は、やっぱり暖かいおでんで心も体も
温めるのが一番なんでしょうかね~。

>もも。さま
こんにちは~。
今日も暑いですねー。
このまま半年暑いのかと思うと、ちょっとうんざりですね。。。
でも、暑いからこそ、冷房キンキンの部屋の良さがわかる!
そして、その涼しい部屋で食べるアツアツの料理の良さも!笑
ということで、これからしばらくは、テイクアウト専門です。
おでんじゃなくても、冷気開放じゃない店や屋台で食べる気がぜーんぜんしませんもん^^;

台湾で暮らしている今のこの生活は、ある意味、非日常であり、いつか終わりの来ることで。その中で出会った人たちとも、いつか別れが来てもしかたがないことなのかもしれませんが、楽しさをつらさを共有しあった(グチをこぼしあった?)仲間との別れは、いいようのない寂しさを感じるものですね。特に残される方は・・・。
とはいえ、別れもあれば出会いもあり。
もも。さんともこうやってお知り合いになれたし♪
元気だしてやっていきまーす!

コメントありがとうございました!


投稿: もも。 | 2010年6月 4日 (金) 00:46

blogの閉鎖は寂しいですね。
でも、お互いにちょっと悩んだ時期もありますよね。
なので、仕方がないことかなぁと思います。
新しいblogもボンボンできてますし、新しい出会いもありますよ、きっと。

で、テンプラ。
>Simon Templar
この方の名前が由来なんですか?
この人が日本のおでんが好きでそれを台湾に持ち込んだんです?
それとも日本語のテンプラをこの人の名前の音に当てはめただけ?
で、いつの間にか現在の形になったと?
んん?
実は外でおでんって食べた事無いんですよね。
居酒屋に行ったらカラアゲとかホッケとかばっかりで。
おでん屋さんで白飯ってイメージも無いし。
でも、ここは白飯合いそうです。
かつおだしスープご飯したいですねぇ。
持ち込み可?

>おなかがすいていたなら、どんなにおいしいだろう
ビールがあったらどんなに美味しいだろうと思ったにちまいない!

あ、ありがとうございました!
アテンド楽しんで下さい!

>外付け胃袋様
アテンドと言っても、食べて飲んでしゃべっただけなんですが^^;
今思えばせっかくきてくれた友人に失礼なことをしてしまったかも・・・。

ブログ閉鎖は、たいがいは新しい旅立ちによるもので、喜んで見送るべきなんだろうなーとは思うのですが、自分は踏ん切りがつかずに、見送るばかりなもんですから、なんだか寂しいようなむなしいような気持ちになってしまいました。
でも、大丈夫です!
新しい出会いもあれば、続く縁もありますから。

ワタシも、おでんって、日本では外で食べたことないかも。
家で鍋いっぱいにつくって、なくなるまで毎日食べ続けるものですよね。
台湾のは、もっとスナック的です。
買い食いっていうか。

でも、おっしゃるとおり、白飯にもあいそう!
汁をかけたご飯をさらさらとかっこみたいですね!

投稿: 外付け胃袋 | 2010年6月 4日 (金) 23:38

いつも楽しく拝見してます。
お友達の帰国やブログの閉鎖、寂しいですよね・・。
私は日本で、ずーっと地元暮らしですが、学生からの親友がだんなの地元に帰らないといけないかも・・なので話を聞いた時はショックでした。
そりゃあ、最近はメールもたまにだし、半年に1回ぐらいしか会う機会もなくなってきてたけど、それでも何時でも会える距離ってのが遠くなると気持ちが違います。
しかも、隣の県なのにたぶん台湾に行くより時間がかかるような田舎だし(笑)
あーー台湾に行きたいーーー!!
まだ2回した行った事ないんですが、なぜか懐かしいと思ってしまうんですよね~。
一人旅の勇気は無いんで友人や家族を誘うこと1年以上・・誰も賛同してくれません・・。
いや、賛同はしてくれなかったクセに他の友人に強引に誘われて行ったヤツはいたな。裏切り者ーーー!!
なので、けんこうさんのブログで行った気になってます(涙)
けんこうさん、日本から応援してますんでブログは今後も続けてくださいね!
けんこうさんのレポートは他の○○ナビ等よりもずーっと参考になりますし、地元で暮らしてる感が伝わって大好きなんです!

>はなうりさま
はじめまして。コメントありがとうございます!
そして、励ましの言葉も!
こんなブログ、大して読んでいる人もいないだろうし、ワタシもやめちゃおうかな・・・?と思ったりもするのですが、このようなコメントをいただいたら、やめられませんね~。
「打倒台北○ビ!」でがんばっていきます(笑)

ワタシの地元の友人は「海外に住んでいる○○ちゃん(ワタシ)とは、離れて暮らしているからこそ、絶対に会わなきゃ!という気持ちになって、近くに住んでいる友人とよりもむしろよく会っている」と言います。
はなうりさんとご友人も、もしも離れた場所に住むことになっても、心まで離れるわけじゃないし、いやむしろ、いつでも会えないからこそ、さらに相手を大事に思う気持ちが芽生えるんじゃないかなーと思いますよ~。

台湾は一人旅でも大丈夫な国だとは思うのですが、やはり外国。なかなか勇気がでないという気持ち、よく分かります。
一緒に行くことに賛同してくれるご友人が見つかりますように!
それまでがんばってブログ続けてまーす!

投稿: はなうり | 2010年6月 5日 (土) 02:11

最初漢字の名前を見た時、「ん?サイモン・テンプラー?」と思ったんですが、やっぱりそうだったんだ!
「サイモン・テンプラー」はイギリスのTV番組の主人公で、昔の007役者、ロジャー・ムーアが主役をやっていた番組らしいです(さすがにリアルタイムでは見てない)。たぶん開店した頃人気があって、「てんぷら」とシャレでかけたんでしょう。
漢字だとなかなか英語のシャレとは気が付きませんね。

>luntaさま
おぉ!ご存知ですか!?
HPには、イギリスとまではかかれていなかったのですあ、当時人気があり、台湾でも放送された番組(ドラマだったか、映画だったか)の主人公の本名(芸名)「サイモン・テンプラー」からとったと書かれていました。
そうか!「てんぷら」はすでに単語としてあって、それを「サイモン・テンプラー」と掛けて店名を決めたのですね。
わぁ、すっきりしました~。
なかなかシャレたネーミングですよねー。
おでん屋さんと侮るなかれ!ですね(笑)

投稿: lunta | 2010年6月 5日 (土) 10:01

この記事、読まずに出かけてました・・・

今日、まさに後ろ髪を台北に強く引かれた状態で帰ってきたよ。
いや、台北というより、台湾全土!!
なんかさ、旦那がいる間は、「また来るし♪」なんて思ってたけど、今回は泣けてくるほど寂しかったよ。
去るものは、その先の忙しさを理由に、簡単にブログ辞めちゃったりするのよね・・・そう、私よ、ゴメンネ><
でも繋がっていこうね~。

ってさー、久々に会うとあっという間で、もっと高雄の美味しい物の話とかもしたかったのに~笑
台湾のテンプラも、基隆で食べて好きになったけど、なかなか食べる機会なかったよ。

やっぱりまた台湾に行くしかないかな!?笑

>nonさま
見送る時、泣きそうだったよ。
今度こそ、本当に帰っちゃうんだなーと思って。
しかも、nonちゃんが帰国したころよりも、ワタシの中でnonちゃんの存在ってどんどん大きくなってるからさー。
って、あれれ?
じゃあ、離れても大丈夫なのか?
ネットとか、メールがあって、今は便利だよね~。
mixiにも感謝だな。

またいつか、じゃなくて、近いうちに会おうね!
nonちゃんが遊びにくるのが先か、ワタシが日本に行くのが先か。想像すると、なんだかワクワク。
これからもヨロシクね!!!

投稿: non | 2010年6月 8日 (火) 23:14

>正直言うと、すでに5軒目?6軒目?
ここに注目しました。
すごいな、さすが、けんこうさん。
ブロガーの鏡のような探究心のなせるわざですね。

一昨日、涼麺のはしごを2軒しただけで、思いました。
>おなかがすいていたなら、どんなにおいしいだろう・・・
でも、そういいながら完食するんですが。

で、テンプラ。台湾は練り物は外しませんね~ 
ここのむっちりした練り物、美味しそう。
台北、近いのになかなか行けないんですが、
行くつもりメモはもういっぱいです。
やっぱり5,6軒はしごするのは当然ってことですか。

>ねこまたぎさま
ねこまたぎさんに「すごいな」と言われると、本当にすごいんだなと確信。
この時は何かにとりつかれたように食べてました。
台北にいる時にアレもコレも食べそこねた!感がすごく強くて、日帰り10軒とかの、机上の空想では完璧な計画を立てて出かけたり。
おかげで、すばらしい腹肉が形成されました。
ま、それだけが原因じゃない(毎晩のビールに決まってる!
)ですが・・・。

台湾の練り物、実はあまり食べたことがなかったのですが、おでんはいいですね。偏見なく、これからもいろいろチャレンジしていきたいです。実は7-11のもまだ食べてないので。

次に台北に行ったら、洋食か和食で決まり!
で、ケーキとパンをお土産に買って来ます!
サダハルアオキ~メゾンカイザ~

投稿: ねこまたぎ | 2010年6月12日 (土) 03:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174057/48507443

この記事へのトラックバック一覧です: 台北 賽門甜不辣で味噌おでん:

« つまみに最適!国民市場魚丸のカジキ黒輪 | トップページ | 年に1度の贅沢!東港マグロに舌鼓! »