« 3年ぶりの海外旅行だ!マカオで年越し(3) | トップページ | 3年ぶりの海外旅行だ!マカオで年越し(5) »

3年ぶりの海外旅行だ! マカオで年越し(4)

あらら。やっぱりどどっときた?

って、思われてそうで恥ずかしいですが・・・。

今回は食べ物なしです。世界遺産めぐり。

なーんか書きあぐねてしまいました。

苦手分野?苦手意識?

じゃあ食べ物が得意分野かって言われたら、

うーんなんですが。

さて、マカオといえば、カジノ。

そして、世界遺産。

16世紀初頭の大航海時代から、1999年に中国に返還されるまで、

450年間、ポルトガル・中国双方の影響を受け続けてきたマカオ。

2005年に世界遺産に登録された、マカオ半島中心部の

歴史市街地区には、22の歴史的建築と8箇所の広場が含まれ、

ポルトガルの影響をより濃く表したものあり、

古き良き中華の雰囲気を漂わせたものあり。

そして、双方併せ持った、ポルトガル版ヌーベルキュイジーヌもあり。

その、22+8、合わせて30の世界遺産すべてが、

歩いて廻れる範囲内にまとまっている、

世界遺産の玉手箱や~な国なのです。

さて、マカオ旅2日目。

この日は気合を入れて、その33のうち、

できるだけ効率的にたくさん見よう!と朝から街に繰り出しました。

タクシーで、西湾大橋を通って、マカオ半島南部へ。

まずは「媽閣廟」へ。

11_34

明朝の初期に、福建省からやってきた漁民によって

建てられたと言われている「媽閣廟」は、

マカオという地名の由来となったと言われている廟でもあります。

1月1日だったから?参詣者がいーっぱい。

みんな熱心に拝拝していました。

11_36

この階段を上っていくと「観音廟」。

ベビーカーを押していたので、ま、いっか?でパス。

この先も「ま、いっか」が多いです・・・。

11_37

こちらが、ジャンク船(中国の木造帆船)が書かれた大きな石。

記念撮影のメッカらしく、人がいなくなるタイミングがない~。

写真左の人が終わって去るところ。

右の人がポーズ決めに行くところ。

11_38

「媽閣廟」の前には、「バラ広場」があります。これも世界遺産です。

が、見逃したようです。

とにかくたくさんあって、「世界遺産です!!!」って感じなく、

フツーに街に溶け込んでいることが多いもので、

この後も、前を通っていながら、いくつか見逃しています。

すげーな、マカオ、です。

ねこまたぎさんオススメのポルトガル料理店、

「船屋(ロルシャ)」の前をとおり、脇の坂道を上がります。

右手に「港務局大樓」という世界遺産があったようです。

が、これも見逃しました。

1874年にイタリア人の建築家によって設計・建造された、

ムーア兵の宿舎だったんだって。へー。

今でも、法務局イミグレ部門の事務所として現役なんだって。へー。

さらに坂を上って「リラウ広場」へ。もちろん世界遺産です。

11_43

ポルトガル語で、山の湧き水を意味する「リラウ」。

その名のとおり、マカオのおもな水源のひとつだった場所で、

「リラウの井戸水を飲めばマカオが忘れられぬ」と、

マカニーズの民謡に歌われるほど、愛された場所。

11_44

なーんことない広場なんですが、落ち着きます。

大きなガジュマルの木からもれる陽光が気持ちいい~。

11_46

続いて、わき道を入って「鄭家屋敷」へ。

あまりにも目立たなかったため、

通り過ぎてずんずん奥に行ってしまいました。

11_47

はい。これが世界遺産。

1881年建造、中国の著名な思想家「鄭観応」の屋敷跡。

入り口の門の部分の、そのまた上の

11_48

この↓部分が、見所のようです。

11_51

門番さんが立っているので、それを目安にどーぞ。

中には入れません。

さらに坂を上って、ひーひーいいながら進むと、

左手に見えてくるのが「聖ローレンス教会」。

1560年に創建され、一時タイパに移されるものの、

1803年にまた戻ってきたというクリーム色の教会です。

11_54

坂道を上って疲れた体に鞭打つように、さらに階段・・・。

一応上ってみましたが、これから結婚式のようだったので、

中に進むのは遠慮させていただいて、1枚パシャ。

11_55

中には、キリストの生涯を書いたステンドグラスが

飾られているそうです。次回はぜひ!

ホントか?

街並みは、基本、古くて、

でも、ただ古いんじゃなくて趣があります。

狭いながらにちゃんと歩道があって、

段差はあるものの、なんとなくバリアフリー。

車の運転も、台湾に比べるとルールが守られている感じ。

台湾よりは歩きやすいです。さすが観光立国(エリア)。

11_57

もうちょっと進むと、固まって6つの世界遺産があります。

その1つが「聖オーガスチン教会」。

じゃなかった「ドン・ペドロ5世劇場」。

なんか多すぎてワケわからなくなってきてます。

これは、早めに書かないと影響にお蔵入りだぁ~。

11_60

淡いグリーンが美しい~。

1860年にポルトガル国王ドン・ペドロ5世を記念し

マカオ在住ポルトガル人の共同出資で建てられたオペラ劇場。

この円柱、イオニア式というそうです。

やっぱり菩提樹が植えられていて、気持ちいいです。

娘も走り回りました。

11_61

その道をはさんでお向かいが「聖オーガスチン教会」。

11_62

1591年に創建され、スペイン・アウグスチノ修道会から、

ポルトガル・イエズス会に継承された教会。

現在の建物は1874年に再建されたものです。

中も1枚撮らせていただきました。

小さいですが、一番奥の祭壇は大理石で、どっしり重厚。

11_72

細い道を奥に進むと「ロバート・ホー・トン図書館」。

11_73

1840年代に香港で事業家として成功した、

ロバート・ホー・トン卿(何東)を記念した公立図書館で、

世界遺産にして、現役のマカオ最大の図書館でもあります。

11_75

残念ながら、1月1日はお休みで中には入れませんでした。

次回こそ、中にも入ってみたいと思います。

11_76

「ドン・ペドロ5世劇場」、「聖オーガスチン教会」、

「ロバート・ホー・トン図書館」に囲まれるようにしてあるのが、

「聖オーガスチン広場」。この広場も世界遺産です。

11_77

そんなに広くないのに、ひろびろとして感じる、気持ちのいい広場。

「世界遺産」なんてものに囲まれているのに、妙にリラックス~。

周りの道路は細いので、あまり車も入ってこないし、

入ってきてもスピードがだせないので、のんびりした雰囲気です。

まだまだ続く世界遺産めぐり。しばしの休憩です。

11_78

周囲の建物もいちいちオシャレ~。

そこいら中が絵になります。

11_79

長くなったので、今日はこのヘンで。

食べ物なしで終わるのは久しぶりなので、なんだか落ち着かないなぁ。

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ←参加しています。ワンクリックお願い致します!
にほんブログ村

|

« 3年ぶりの海外旅行だ!マカオで年越し(3) | トップページ | 3年ぶりの海外旅行だ!マカオで年越し(5) »

⑭海外旅行」カテゴリの記事

コメント

私ってマカオに行っても世界遺産巡りってしたことないな… 
試食を出されまくる坂道を食べ進んだら、あの一枚板みたいな教会に出くわしたぐらいか。 
なんて思ったんですが、よくよく考えれば「あ~、ここ知ってるし」「え~、ここの広場で缶ビール飲んだし」みたいに世界遺産、街に馴染みすぎ。
意外と何も考えずに歩いていても世界遺産にまみれてしまうマカオ、素晴らしいです。今度はもっとちゃんと資料見ながら歩いてみたくなりました。
で、あの「船屋」メジャーな場所にあるメジャーな店ですが、けっこう良いですよ。ポルトガル系の人々がガヤガヤしているし、最近は中国の人もワイワイやってるので、ちょっとやそっと日本人が昼間からワイン飲みすぎてても目立ちません。いつか是非。
そうそう、マカオは交通マナーが台湾より良いですよね。あっち見て、こっち見て、よし行ける。なんて感じで信号を自主的に判断して渡ろうとしたら、そんなことをしているのは、私と中国のツアーの方々だけなんてことも。いかん、日本人としてダメになってると思いました… 
誕生日ラッシュ、めでたいですね。
ウチは母と祖母が同じ日なんですよ。そして祝日と重なってる。父も祝日と重なってる。そして私も…

>ねこまたぎさま
誕生日って、なぜか家族と重なりますよねー。DNA?
祝日と重なっているというのは、いいのかな悪いのかな?休みだからうれしいような~休みだから友達におめでとう!って言ってもらえないのが残念なような~。
ワタシはフツーの平日です。王監督と同じだけど。あ、関係ない?

船屋、行きたかったんですが、地球の歩き方に「週末は1週間以上前に予約のこと」と書かれていて、予約するのも面倒だし、行って席がないのもイヤだしで、今回はパスしました。ねこまたぎさんに教えていただいたときは、ぜんぜん場所を把握してなくて、廟から移動する時に「おぉっ!こんなところに'ふねや'が!!!」と叫んで、夫を「え?世界遺産?」と驚かせてしまいました。
ところでねこまたぎさん、いつも予約していきます?

今回のように、気合を入れて観光したのは、人生初めてです。いつもは一日一観光スポット。しかも前まで行って「(暑いし)見たからいいよね?」とかで終えてしまっていました。前日の酒が残ってて、一日ツアーをキャンセル(全額負担)したことも・・・。
子連れで、制限ができたことで、逆に、やるべきことはやらなきゃ!チャンスを逃すな!的な発想になったのが不思議です。
でもまあ、次回は観光はほどほどに食べ歩きたいと思ってますが~。

運転マナー、マカオはいいですね。
中華系だから悪いのかと思ってましたが、そういうワケでもないんですねぇ。そういえば、台北も高雄に比べれば断然いいですもんね。気性?気象?

投稿: ねこまたぎ | 2010年1月23日 (土) 14:03

私はマカオ=カジノのイメージがあったのですが、
こういう街並みなんですね!!
世界遺産がそんなにあるなんて全然知りませんでした。聖オーガスチン教会のグリーンが珍しい~

>凛凛花さま
2005年に登録されたばかりなので、マカオ=世界遺産のイメージよりは、=カジノのイメージの方がずっと一般的なのかもしれませんね~。
オーガスチン教会のグリーンは、すごく珍しいですよね!
ほかの教会もなんだかかわいいものが多いです。
街も雰囲気ありますよ~。

投稿: 凛凛花 | 2010年1月24日 (日) 12:42

こんにちは、けんこう様

あらら、図書館は閉まっていたのですね。
残念です~。
むふふ、それでは次回は是非ともご一緒しましょ!
「ドン・ペドロ5世劇場」は、私が参りました時は、外壁塗り替え中で、シートに覆われて居たんですよねぇ。
パステルグリーンが良い感じですね~。
是非、また行ってみたいです!

>いけこさま
おはようございます。8時から断水なので、早起きして家事して、まだみなが寝ている中、PCに向かっています。はかどるわ~。

「ドン・ペドロ5世劇場」、外装塗り替え中でしたか~。
どおりで、ツヤツヤといい色合いだったわけだ!
パステルグリーンが、目立ちはするんですが、そう悪目立ちもせず、西洋風の風景に溶け込んでいて、ステキでした。

図書館は、さすがに1月1日、閉まっておりました。
ほかにもいくつか、行きたいと思っていたお店が閉まっていて、同じ中華圏とはいえ、ここは西洋なんだなぁと。
反面、観光客がめちゃ多かったので、次回はヘンな時期にのんびりと。できればいけこさんと共に~♪

投稿: いけこ | 2010年1月25日 (月) 12:27

船屋、予約したことありません。
同じく予約するの面倒だし、席がなければ他で食べればよいのよ、ホホホ。ぐらいの感じで直ですが、運が良いのか、待たされたことすらありません。
地球の歩き方の言うほどではないかと。イベント時は厳しいかもしれませんが、普段はオープン直後かお昼少しずらせば少人数なら意外と何とかなったりして。
他のレストランでは連続撃沈(臨時休業とか、なにそれ!)している店もあるので、相性かもしれませんが…
船屋はお子様連れの家族に、抱っこにいったり、あやしたり、店員さんがさりげな~くお母さんが食べるの補助してたのが、印象的でした。ヒマな時間だったからかもしれませんが、なんか感じ好かったんですよ。

>ねこまたぎさま
あ、やっぱり~。
「平日なら3人前までに、週末なら1週間前までに予約が必要」と書かれていたので、もしかしたら、予約必須のお店(敷居が高い?)なのかと。
お店の方の感じもよさそうだし、ジモ率も高そうだし、次回は絶対に行きたいと思います。
もしも満席なら、ほかのお店で食べればいいのよ。おほほってことで。船屋の脇の坂道を上ってって、左手のイタリアンもなーんかおいしそうでしたし。
マカオでイタリアン?って言われそうですが、正直のめればどっちゃでもいーっていうか~。

投稿: ねこまたぎ | 2010年1月27日 (水) 13:09

マカオ、イタリアンも美味しいし、スペイン料理も美味しいですしね。
フランス料理も、ロブションがありますし、って行きませんけど。でも日本で食べるよりは安いんですけどね。
私はマカオでマレーシア料理を食べてきましたよ。ま、正直ビールに合えばなんでもいいというか~。

>ねこまたぎさま
そうそう、ビールに合いさえすればいいんですよ。
できれば安くて、味が濃くて、ちみちみ食べられるもの希望!ビールがたくさん飲めますからネ。
マカオは洋物もおいしから幅が広がりますねー。

投稿: ねこまたぎ | 2010年2月 6日 (土) 12:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174057/47335167

この記事へのトラックバック一覧です: 3年ぶりの海外旅行だ! マカオで年越し(4):

« 3年ぶりの海外旅行だ!マカオで年越し(3) | トップページ | 3年ぶりの海外旅行だ!マカオで年越し(5) »