« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

橋下饅頭店でいろいろ包子

もう3つ寝ると和尚がツーですね。

毎年なんとなく、切り餅だけは買っていたんですが、

かならず余って、賞味期限を切らせてしまうので、今年はパス。

なんか、正月らしい雰囲気がちっともないなぁ、

クリスマスイブもケンタだったし(自分の責任だけど)・・・。

なーんて、実は、今年は、

いけこさんから、佐々木酒造のお酒やお手製の梅酒、

1229_4

外付けさんから、Heftiのチョコや期間限定の日本のお菓子が、

1229_2

ナイスなタイミングで届き、我が家で出待ち中でございます。

いけこさんには二日酔いの心配まで(桑葉茶)していただいて~。

1229_5

外付けさんには新しいリラックマグまでいただいて~。

1229_3

クリスマスと正月がいっぺんに来たみたいです。うひひ。

マカオから帰ってきたら、ありがたーく、いただきます♪

そうだ!もう一人。最近イライラしていたワタシに、

クリスマス花束を買って来てくれたダンさんの気遣いにも感謝!

1229

お花は、まだ元気いっぱいなので、お正月のお花にもできるかな?

さて、民族路を車で走り、民族大橋をわたるたびに、

前から気になっていた饅頭・包子のお店。

大橋の下にあるから?その名も「橋下饅頭店」。

府知事と同じ「橋下」です。

1220_048

気になっていたのは、そのネーミングと、

「鮑魚肉包」、すなわち「アワビ肉マン」という幟が見えたから。

ちょっとキワモノっぽい気もするけど、なーんか気になる~。

と、言い続けること数ヶ月。ようやく行ってみました。

1220_047

普通の肉包や菜包、饅頭類もたくさん種類がありますが、

看板商品はこの6種類。

オーストラリア産アワビ肉マン(100元)、ピリ辛貝柱肉マン(30元)、

アワビ肉マン(35元)、黒胡椒ネギ肉マン(25元)、

桜海老と貝柱の肉マン(35元)、黄金チーズ肉マン(35元)。

お店には、いくつもの大きな蒸篭が並んでいます。

アワビの殻もたくさんディスプレイされていました。

1220_049

「100元の 値段にビビリ それ以外(byけんこう・俳句風)」

それが目当てできたのに、

100元も出して、おいしくなかったらヤだよね?

と、それ(豪州産アワビ肉マン)以外の5種類をいただきました。

ヘタレ?小市民?ですみません。

そのうち食べますからお許しを~

さて、肉マンは、1つづつ袋に入れ、

何かわからなくならないよう、このようにシールを貼ってくれます。

1220_051

まずは、ピリ辛貝柱肉マン(30元)。

Photo_3

ワタシの一押しです。5種類の中では。

辛すぎない程度のピリ辛味の肉マンで、帆立の貝柱がたっぷり。

お肉も、挽肉というよりは、

肉食べてるなーという食べ応えがうれしい♪

ジューシーなお肉に帆立のうまみが合わさって、

なんとも美味です。ピリ辛味も食欲をそそります。

続いて、アワビ肉マン(35元)。

Photo

アワビ肉マンと言っても、アワビは一切れだけです。

しかも、その一切れはダンさんい食べられてしまったので、

ワタシにとっては、ただの肉マン。うずらの卵入り。

やっぱりお肉が荒挽きジューシーで、

ほどよくスパイシーな味付けがGood!

続いて、黒胡椒ネギ肉マン(25元)。

Photo_5

名前からもわかるように、

胡椒餅の肉まんバージョンと言った感じ。

黒胡椒がピリリときいていますが、食べにくいという程でもなく。

お約束ですが、これは、絶対にビールに合います。

中身だけで2本飲めます。〆は外見で。

車の中で食べたのが悔やまれます。

そして、桜海老と貝柱の肉マン(35元)。

Photo_2

桜海老と干貝柱のうまみのきいた肉マンで、

むきエビも1つ、中にゴロリと入っています。

確か、うずらの卵も入っていたような記憶が~。

うずらは、黄金チーズ肉マン以外の4種類に入っていたと思います。

肉マンに卵というと、塩漬け黄身を想像すると思うのですが、

燻製のウズラ卵?ぜんぜんクセがありません。

昔、給食の八宝菜に入ってたうずら、人気だったなぁ。

最後に、そのうずらの入っていない、黄金チーズ肉マン(35元)。

Photo_4

チーズ好きのダンさんは、これが気に入っていたようです。

「黄金」で「チーズ」。ひかれますよねぇ。

とろーり、というより、もちもちしたチーズです。

お肉とチーズ、合いますねー。

これも、やっぱり、ビールにあうこと間違いなしっ!

1220_050

このお姉さんも感じがよかったです。

次から次へとお客さんが来て買っていきました。

右側の、一般的な饅頭などは、セルフサービスのようでした。

もしかしたら、これが今年最後のUpになるでしょうか~。

日々、何にも属さず、意味をなさない生活をしていることに、

むなしさを感じることも少なくないのですが、

ブログを書かなきゃ!という自身の勝手な思い込みや、

いつも拙ブログを見て、コメントをくださり、

地震や台風の時など、親からも連絡が来ないのに、

大丈夫ですか?と心配してくださる方がいることに励まされ、

毎日、心強く、ありがたく、楽しく、うれしく、

そして、おいしく過ごすことができています。

今年も1年、ありがとうございました。

来年も、どうぞよろしく!         

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!
にほんブログ村

橋下饅頭店

住所:高雄市民族二路283号

電話番号:07-238-2354、07-238-4913

| | コメント (11) | トラックバック (0)

7-ELEVEN企画で初COLD STONE

いよいよ、本当に本当に、年末ですね。

ということは、これが最後のUpになるかもしれないってワケで。

なのに、このネタはどうかなーと思いつつも。

ま、そういうのもありかなと思ったりもして。

で、何かというと、7-ELEVEN新企画new

「新」といっても、11月5日から始まってます。

しかも1月5日まで。

やばい!もうすぐ終わっちゃう~。

1224_004

30元で1ポイント、30ポイント集めたら、

なんかいーものあげますよという企画で、

いーものというのは、7-ELEVENの商品(菓子やジュース等)や

7-ELEVENのキャラクター「OPEN小将」の玩具。

また、統一グループの「スタバ」や「ミスド」、

たぶんグループじゃない「三商巧福」などの、

買一送一(1個買ったらもう1個無料)や割引などの

優待が受けられるという内容です。

1223_006

この企画、毎回始まった時は、

「今回はどうでもいーや」と思うのですが、

30元に1枚ポイントがもらえるので、

ちょっとした買い物でも、ちまちまとポイントがたまってしまい、

いつも終わりのころには、「ここまで来たら!」

「あと何枚?」と思ってしまっている~。はまってますね。

実は、今回はもうすでに3シートたまってまして、

残り2枚(60元の買い物)で、もう1シートたまる予定です。

1220_045

で、たまった1シート目は、「COLD STONE」の買一送一に。

実はワタシ、初・COLD STONEでした~。

なんだか注文方法が難解そうで、ずっと避けてました。

実はSUBWAYもちょっと避けています。

そんな消極的な姿勢でいるうちに、

なんと、「COLD STONE」って、台湾に20軒もあるらしいっすよ!

台北、桃園、新竹、台中、台南、高雄、ぜーんぶ西側です。

高雄には、夢時代、漢神巨蛋など、4軒あります。

1220_041

今回いただいたのは、2番目に安いもので、

アイスの味を選べば、自動的にトッピングが決まるタイプ。

ワタシたちは、ストロベリーとヨーグルト味を。

初めて食べましたが、甘さ控えめ、

さっぱりとしていておいしいですねー。

1220_043

買一送一なので、高いのを買ったほうが得だけど、

得するためには、自己負担も増えるという。

この買一送一というシステム、なかなかよくできてますねー。

さて、残り3枚、何に交換しようかな~。

ワタシの希望は、モスの焼肉ライスバーガー、

三商のジャージャー麺セット、もう1回COLD STONEなんですが。

ダンさんと協議して決めたいと思います。 

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!
にほんブログ村

| | コメント (8) | トラックバック (0)

小王子の三明治と和心の惣菜

やっと(?)暖かくなったなぁと思ったら、

また今日から寒くなるんだそうです。

今、すごくいいお天気なんですが、ホントに?

しかしまあ、台湾もやっぱり冬なんですねぇ~。

それでも高雄は、最低気温が15度とかなので、

日本に比べるとでもないはずなんですが、

なんでしょう。気温よりも寒く感じます。

暖かい生活に慣れてしまったというのもあるだろうけど、

夏涼しいように(?)、床が(人口)大理石やタイルで、

壁なんかも、まったく断熱仕様などではないので、

冬は、涼しい箱の中にいるみたいな感じなのです。

特に足元がひえる~。

娘に靴下をはかせたら、慣れてないからか(人生5回目位?)、

コントみたいに見事にすってんころりん。後頭部を強打。

子育てには日本の畳が一番ですネ。

さて、先日、なかなか品揃えのいい菓子材料店、

「德興烘焙原料坊」」に行った後、

和平路の「小王子文化星球」で一人ランチしました。

1220_018

「小王子 Le Petit Prince」は、高雄では有名な、

パンやケーキのお店で、大統百貨、大立百貨、漢神巨蛋など、

デパートにも出店しています。

我が家でも時々、惣菜パンなどを買いますが、

ダンさんはこの店のカレーパンがお気に入りです。

挽肉がたっぷりでキーマカレーっぽいカレーパンです。

ワタシは「Flavor Field」の方がスパイシーで好きなんですが。

さて、和平一路にある文化店は、

1Fがケーキやパンの販売スペース、2Fが喫茶スペース。

お店に入ってすぐのレジカウンターで注文&支払いを済ませ、

2Fに上がり、好きな席に座って、運んできてくれるのを待ちます。

1220_027

メニューは、モーニングセットが単品30元(セット59元)、

下午茶は150元と180元の2種類、

サンドイッチは単品70元~で+39元でドリンク付になります。

今回は、サンドイッチのセットにすることに。

ビーフ、スモークチキン、サーモン&チーズ、テリヤキポーク、

トマトツナ、フルーツ&ベジの6種類。

パンはフォカッチャ、イタリアンハーブバーガーパン、

ソフトフランスパンの3種類から選べます。

ワタシが行った日は、ビーフサンドがお得な日で、

セットで129元が109元になっていたので、迷わずビーフに。

1220_031

ローストビーフのサンドイッチかなと思ったら、

ビーフハンバーグのサンドイッチでした。

ハンバーガ2つ分くらいのボリュームがあります。

レタスなど野菜もたっぷりで、

ハンバーグもやわらかくジューシーで、

パンとのバランスもよく、とてもおいしかったです。

これが109元なら、悪くない、いや、かなりいいなぁ~。

ドリンクはアイス・カフェラテを。

1220_022

アイスでノンシュガーにできるドリンクが確か3種類のみ。

カフェラテ、カプチーノ、アメリカンの3種類だったと思いますが、

ちょっと不確かなので、オーダーする時に確認してください。

台湾では、お店によりますが、

アイスコーヒーやアイスティはまず加糖と考えて行動すべき。

無糖派は、必ず「不要加糖(ブヤオジャータン)」と伝えてください。

全部「加糖」と言われたら、ホットか果汁にしときましょう~。

時々、ホットでも砂糖入っていることがありますが。。。

こちらのお店のは、とてもおいしいカフェラテでした。

腹ごなしをした後は、林泉街の「和心超市」へ。

なんだか、よくわからないんですが、

もしかして、非常にベタな日本人の行動パターン?

書いてて、ちょっと気恥ずかしいですhappy02

1220_035

初めてこのお店を見かけたのは、河堤路の方の店舗で、

失礼ながら、「『和心』だって、あやし~」なんて思ってました。

が、最近、数人の知人から、続けざまに「なかなかいいよー」と。

よくよく見てみると、小さい店舗ながら日本食材の品揃えもいいし、

パック売りのお惣菜も、お値段が安くて、おいしそう。

今まで、台湾では、日式のお惣菜といえば、

コロッケぐらいしか買ったことありませんでしたが、

ビビビと来たので(古い!)、数種類買ってみました。

焼うどん、ホウレンソウのお浸し、キンピラゴボウ、

タコヤキ、鶏の唐揚×2、あわせて215元。

この値段なら、さほどおいしくなくても文句なし!

と思ってましたが、うれしい意外。

どれもなかなかおいしかったです。

特に唐揚は、日本の唐揚でした。って上から目線でスミマセン。

キンピラはちょっと醤油っ辛かったです。18元ですが。

15元の強力粉、109元のハンバーグサンドセット、

215元のお惣菜と、安上がりに買い物&食事ができて満足でした。

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!
にほんブログ村

「小王子文化星球」

住所:高雄市和平一路98号

電話番号:07-7130772

「和心超市」・・・林泉店・河堤店ともに閉店したようです。

住所:不明(和平一路から林泉街に入り50mほど入った左手)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

なかなか品揃えのいい菓子食材店

明日はクリスマス・イブですね。

みなさん、ケーキなど、手作りされますか?

ワタシは?

もちろん、作りません!!!

って、そんな前フリしといてなんなんですが、

先日、お菓子作りの材料や道具が売っている店、

「徳興〔火+共〕焙原料坊」に行って来ました。

1220_004

ずっと前から、チョコペンと食紅が欲しいと思っているのですが、

高雄では、デパートやスーパーにも、

西洋菓子の材料や道具などはあまり売っておらず。

なので、以前、田舎の母が荷物を送ってくれるという時に、

「チョコペンも送って」と頼んだのですが、送られてきたのは、

ペコちゃんのペンシル型チョコ×大量だったというオチで。

しかも大量すぎたぜ、母よ。

1220_006

そんな話をご近所の奥さん(台湾人)にしたら、

「光華路と三多路の交差点近くにいいお店があるわよ」と。

かなり微妙な中国語での会話だったので、

お店に行くまでは半信半疑だったのですが、確かにすごい品揃え。

間口は狭いですが、細長い店内は3F建てで、

1・2Fは食材や料理本、3Fは道具やラッピング用品など。

2Fには、日本のほんだしや調味料なども少し売っています。

1220_007

いろいろなものがあって、見ているだけで楽しいし、

なんといっても値段が安いのがいい!

ワタシがお店に行ったとき、1Fのレジ横で、お店の方たちが、

ラッピング用品など、小分けに包装されていたので、

おどろくほど安い小麦粉や砂糖なども、

たくさん仕入れて、こちらで小分けしているのかも?

1220_008

こちらは冷凍・冷蔵コーナー。

もう焼くだけに仕上げた、クッキー生地などもありました。

いつか買ってみようかな。

1220_010

ポルトガル式エッグタルトも、10個で60元。やすーい!

台式エッグタルトってのもあったんだけど、どう違うんだろ?

1220_012

デュラムセモリナ粉は、ちゃんと冷蔵庫に入っていました。

自分で買った事ないんですが、40元って、そんなに安いの?

本物?

1220_013

道具のほうもこんな感じ。

使い捨ての、焼き菓子のカップなどもたくさんありましたよ~。

1220_015

蒸篭もありました。

我が家にはないので、欲しくなっちゃったなぁ。

1220_016

ラッピング用の箱や包装紙、紙袋などもたくさん。

DAISOなどの39元ショップにも売っていますが、

物によってはこちらのほうが安いです。

1220_017

結局買ったのは、アメリカ産の高筋麺粉=強力粉と食紅のみ。

強力粉は、なんと、600gで15元という安さ!

おいしいかどうかはまだわかりませんが、

近々、これを使ってパンを焼いてみたいと思います。

パン焼き器で、ですが。

1220_036

結局、チョコペンがなかったのは残念ですが、

三和市場からも近いので、また市場ともあわせて、

ぶらぶら買いものに行きたいです。 

それでは、よいクリスマスを!         

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!
にほんブログ村

「德興烘焙原料坊」

住所:高雄市三多二路319号

電話番号:07-7616225

営業時間:9:00~17:00

| | コメント (6) | トラックバック (0)

番外編 台北で食べる異国料理 Wendel's

クリスマスが近づくと、大人になっても、

やっぱり、ちょっとワクワクしますね♪

25日が金曜日だから、クリスマスディナーは25日かなーとか、

ちょっといいステーキ肉買おうかなーとか、

そういえば、娘のは準備したけど、

ダンさんへのプレゼントはすっかり忘れてたなーとか。やべっ


日本では、きっと、そこいら中で、

クリスマスソングが流れているんでしょうねxmas

今でも、「雨は夜更け過ぎに雪へと変わるだろ~」とか、

「恋人はサンタクロース~」とか、

「I don't want a lot for Chiristmas~」とか流れてます?

台湾は年中暑いように思われがちですが、

一応、冬らしきものもあります。

先週、山の方では雪も降りました。

1週間遅れたら、(山の上だけでも)ホワイトクリスマスだったのに、

ちょっと残念ですネ。


さて、台湾で異国料理シリーズ(?)のラストは、

先日、台北に行ったときに、友人と行った「Wendel's」。

MRT芝山駅から徒歩10分ほど、

新しくできた天母SOGO近くにあるドイツ料理のお店です。

台北に住んでいた頃から、ずっと行きたいと思っていたのですが、

天母は、市内在住者には敷居が高くて、なかなか~。なんて。

(天母も台北市内なんですがネhappy02

Dsc00761

うわさに聞いていたとおりステキなお店で。

広々としたテラス席と、落ち着いた雰囲気の室内席。

お店の門を入ってすぐのところには、

季節柄、大きなクリスマスツリーが飾ってありました。

(上の写真の、もうちょっと左ら辺。写してなかった・・・)

Dsc00767

このドイツ料理レストラン、お店に向かって右側は、

ドイツパンやケーキ、チーズ、ハムなどの販売スペース。

こんなかわいいお菓子の家も飾ってあり、

全般的に西洋のかおり~。胸がトキメク~。

高雄の松青では300元の、ドイツから輸入したヨーグルトも、

このお店だと200元ちょっと。

高雄は物価が安い安いと言われるけど、

こういうものは大台北の方がやっぱり安い!需要と供給だ~。

Dsc00780

このお店は、今から10年ほど前に、

ドイツ人のMichaelさん(この季節にぴったりの名前!)が

開いたお店で、本格的なドイツ料理が食べられるということで、

台北に住む、ドイツ人など西洋人がよく集う場所なんだとか。

近くにある、アメリカンスクールや日本人学校に通う子供たちの、

誕生日パーティなんかも、よく行われているそうです。

ワタシたちが行った時も、昼過ぎにパーティがあるということで、

テラス席では、準備に大忙しの様子でした。

Dsc00772

さて、いただいたのは、モーニングセット。

お店に着いたのは11時過ぎだったのですが、

11時半までオーダー可能ということで、5種類ほどある中から、

ワタシは「Wendel's Breakfast(240元)」、

友人は「Wendel's Breakfast Pan(245元)」を。

Dsc00775

「Wendel's Breakfast↑」には、スクランブルエッグ、

朝食用の軽めのソーセージ、ジャーマンポテト、

パン2種類、焼き菓子、リンゴジュース、そして紅茶かコーヒーが、

そして、「Wendel's Breakfast Pan↓」には、かりかりベーコン、

ジャーマンポテト、両・目玉焼き、パン2種類、

そして紅茶かコーヒーがつきます。

ほかに、フルーツサラダをメインにしたセットや、

ハム&チーズをメインにしたセットもありました。

Dsc00777

こんな朝食を毎日いただきたい!

いや、こんな朝食をいただけるお店が、家の近くにほしい!

特に、ウインナーがおいしかったです。

朝食用ということで、油っぽくもスパイシーもなくやさしい味で、

きっと子供も好きなんじゃないかなぁ。

子供椅子も十分に用意されているようでした。

でも、今思えば、1つ大きなミステイクが~。

朝食だからと、せっかくドイツ料理を食べたのに、

当たり前みたいに、ドイツビールを飲まなかったのです!!!

おいしかっただけに、非常に残念です。

本場ドイツでビール飲むぞー!という方、急げ!←初志貫徹で・・・

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!
にほんブログ村

「Wendel's German Bakery&Bistro」

住所:台北市天母徳行西路5号

電話番号:02-2831-4592

| | コメント (3) | トラックバック (0)

高雄で食べる異国料理4 阿三印度料理

一時、いつもお世話になっている外付け胃袋さんが、

おいしそうなインドカレーを頻繁にUpされてまして。

で、その頃のワタシは、ちょっと、

インドカレーを食べに出かけられる環境ではなくてですね。

食いてぇ思いはつのりにつのり。

つのったままに高雄に引っ越してきて。

検索しました。「高雄 印度料理」で。

で、ヒットしたのがこのお店、「阿三 印度料理」。

ネット上で、何人もの方が、

「高雄で一番おいしい」と評価されていたので、期待大~。

その上、友人も、「おいしいよ~。今度一緒に行こう!」

と言うもんだから、「今度」が待てずに、行っちゃいました。

漢神ドームに行ったついでに、明誠店でテイクアウト。

823_040

注文が入ってからナンを焼くので、20分ほど時間がかかります。

テイクアウトの場合、先に注文した方がいいかも。

20種類ほどあるメニューの中から、チョイスしたのは、

「チキンカレー(辛口)」と「エビココナツカレー」。

913_15

いただいた場所は、車の中。

オーダーした時は、家で食べるつもりだったのですが、

できあがったタイミングで、娘が寝付いてしまいまして、

起こすのかわいそうだよね?ってことで~。

高雄に来て、車で移動するようになって、

牛肉麺とか排骨弁当とか、いろいろ車の中で食べましたが、

まさか、インドカレーを車の中で食べることになろうとは。

インド人もびっくり。

913_20

ナンは、確か5種類くらいありました。

オリジナル、チーズ、ガーリック、じゃがいも、

もう1個なんだったっけ?忘れちゃいました。スミマセン。

今回は、オリジナルとガーリックの2種類をチョイス。

913_24

チキンカレーはスパイシーで、けっこう辛いのですが、

後引くおいしさ。チキンもやわらかく煮込まれていてホロホロ。

エビカレーは、ココナッツがマイルドで、

激辛のチキンカレーとちょうどいいバランスでした。

ぷりぷりのエビがごろごろといくつも入っていたのが感激!

エビ、大好き~♪

913_21

ナンは、ふわふわすぎず、かといって固すぎず、

ちょうどいいモチモチ感でした。

ガーリックの方は、ニンニクのみじん切りがのっていますが、

そうニンニクくさいという感じでもありませんでした。

って、最近、麻痺しちゃってるからかなぁ?

そして「今度一緒に行こう!」の今度。

今度は、漢神百貨近くの成功店に行きました。

913_11

やっぱりオーダーしてしまった「チキンカレー」。

実は、このまた次に食べたときも、やっぱり食べたのですが。

辛いものが好きな方にはオススメのおいしさです。

ただし、ルーの中にひそんでいる丸ごと唐辛子を、

食べないように気をつけて!火、吹きますimpact

103_016

もう1種類は、ホウレンソウとチーズのカレー。

じゃがいもみたいに見えるのがチーズで、

お料理が来た時に混ぜるべきだったと気づいたのは後のこと。

チーズなしのまま食べ続けてしまいましたが、

ちゃんとマイルドで、野菜カレーなのにコクがあるんだよなぁ。

こちらもとてもおいしかったです。

103_020

ナンは、オリジナルとチーズを。

そんなにチーズチーズしてなかったかも?

でも、おいしかったことだけは間違いなしっ!

大満足でした。

103_022

お肉や海鮮のカレーは200元前後。野菜のカレーは150元ほど。

カレー2種類、ナン2種類で400~500元ぐらいです。

お酒はビールのほか、ウイスキーなどもありました。

持ち込み可能です(要・持ち込み料)。

蛇足ですが、数日前、日本から持ってきた、

ハウス食品のナンミックス粉を使って、

フライパンでナンを焼きました。

カレーは無印良品で買ったレトルトだったのですが、

これが、どちらもなかなかおいしかったです。

ナンは、パン屋のDONQなんかでも売っているので、

インドや、インド料理屋に行けない時は、

そんな感じでもいいかなーなんて思いました。

いや、本場で食べたい!という方、急げ!←しつこいのが信条~      

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!
にほんブログ村

「阿三」

(明誠店)

住所:高雄市明誠二路508号

電話番号:07-5585709

(成功店)・・・こちらの店舗はクローズしたようです

住所:高雄市成功一路260号

電話番号:07-2813036

| | コメント (2) | トラックバック (0)

高雄で食べる異国料理3 HI THAI

夕飯時に、中山路を車で走っていると目に付く、

いつもお客さんでいっぱいのタイ料理店。

久々にパッタイが食べたいねぇっていうんで、

会社帰りのダンさんにテイクアウトしてきてもらいました。

テイクアウトでもすっごく時間がかかったらしい。人気だなぁ。

オープンして13年、雲泰越=雲南、タイ、ベトナム料理を

ベースにアレンジした料理が食べられるお店で、

常に新しい味を模索している、とHPに書いてありました。

910_15

テイクアウトだと、写真栄えしないのが申し訳ないけど、

味は、どれもおいしかったです。さすが人気店。

子連れだと、特に夜は外食するのがおっくうで~。

台湾は、日本と違って、けっこうな高級店でも、

子連れぜーんぜんOK!のことが多く、

ほとんどのお店に子供椅子や食器があったりするんですが、

やっぱり申し訳ないし、なんか落ち着かないんですよ~。

家で、娘には「おかあさんといっしょ」のDVDでも見せつつ、

自分は、ノーメイク&よれTシャツ&ゴムパンで缶ビール♪

の方がリラックスできるというか。安上がりだし。

あぁ、台湾が、テイクアウト文化(?)でホント良かった!

そして、仕事帰りにご飯をテイクアウトしてくることを嫌がらない

やさしい夫でホント良かった!←コレ、言っとかないとネ~

910_18

で、いただいたのが定番メニュー。

写真上から(たぶん)、「泰式〔口+加〕哩鶏(タイ式チキンカレー)」、

「月亮蝦餅(エビのすり身揚げ)」、「泰式炒河粉(パッタイ)」、

そして「辣炒高麗菜(キャベツのピリ辛炒め)」です。

パッタイは、味はおいしかったけど、個人的には、

麺(といっていいのか?)がもうちょっと細いほうが好みだなぁ。

カレーはチキンがやわらかくて美味。

台湾の鶏肉はいつもハズレなくおいしい。迷った時は鶏だな。

910_20

エビのすり身揚げは、エビエビしてました。エビ率高し。

ホールケーキをカットするみたいに切るのが台湾式?

どのお店で食べてもまずこの形で、名前も「月亮蝦餅」。

切る前の形が満月っぽいからなのか、

切った後の形が三日月っぽいからなのかは不明。

おいしいんですよね~。ビールにめっぽうあうんですよね~。

910_22   

何気においしかったキャベツ炒め。

干蝦を一緒に炒めているからか、甘みがあっておいしいです。


ちょっと脱線ですが、一緒にいただいたのは「サッポロ黒ラベル」。

最近、カルフールで6本158元(約450円)で売られていることが多く、

我が家の食卓によく登場しています。

時々、128元(約350円)になります。

たぶん底値なので、その時は買いですよ~。

ということで、タイに行きたくなった方、急げ!←いつまでやろっか?

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!
にほんブログ村

HI THAI 〔口+海〕泰

住所:高雄市中山二路240号

電話番号:07-330638

| | コメント (2) | トラックバック (0)

高雄で食べる異国料理2 蔡家海南鶏飯

なんか年末ってあせりますよね~。

今日までずっとしなくて大丈夫だったことなんて、

これからもずっとしなくてもきっと大丈夫なんだろうけど、

「年の瀬」とか「師走」とか言われると、

なんとか年内に片付けなきゃ!!!って気に。

ま、台湾暮らしなんだから、本番は旧正月っしょ~?

なーんて、逃げてみたりしてhappy02

1ヶ月半後には、今度は、

台湾に住んでいようと日本人、もう年も越したことだし、

ゆっくりと今年(来年)中に、やればいいよね?

とか言ってそうで怖いです。。。

さて、今年のネタは(できるだけ)今年のうーちーに。

ってことで、サクサク行きます。


先日、シンガポールから友人が遊びに来てくれました。

もともとは台北で知り合った友人で、その後彼女は日本へ帰国。

そして今度はシンガポールへ赴任。

mixiやメールなんかではやりとりがあったけど、

何年も会ってなかったのが、ようやく高雄で再会できました。

彼女とはなんとなく「いつか」会える気がしていたというか、

これっきりにはならないような気がしていましたが、

本当に「いつか」が来て、本当にうれしかった。

うまくいえないけど、続く関係ってのは、

無理しなくても、なんとなく続くもんだなぁと。

次はまた何年か後かもしれないけど、

きっとまた「いつか」があるような気がしています。勝手に。


で、むしょうにシンガポールのチキンライスが食べたくなりました。

ケチャップライスじゃないですよ~。

蒸し鶏がどどーんとのった海南ライス。

台湾では「海南鶏飯」と言います。

「高雄 海南鶏飯」で検索するとたくさんヒットする2軒。

そのうちの1軒、六合一路にある「蔡家海南鶏飯」。

友人がテイクアウトしてきてくれました。

あ、もちろん、高雄の友人ですよ~。

3

このお店のチキンライスは2種類。

蒸し鶏がのった「招牌海南鶏飯(60元)」、

そして、こんがり焼いた鶏がのった「海南焼鶏飯(60元)」。

この日は、焼いたほうが売り切れだったということで、

2人とも蒸鶏がのった「招牌海南鶏飯」をいただきました。

2

ご飯は、チキンスープで炊いたライスと、

黄色いサフランライスの2種類から選べます。

両方選んで、友人と半分こずつ。

友人に「ずいぶんとキレイに盛るんだねぇ」と

ヘンなところで感心されてしまいましたが、

ブログにのせる写真を撮るからで、

性格の問題ではありません。あしからず。 

これがその写真。

Photo

チキンはプリプリとやわらかく、

お米はチキンのうまみを吸い込んでいて、

派手なおいしさじゃないけど、主張しすぎないやさしい味。

骨ごとぶつ切りにされているので、

ちょっと食べにくいのが難点ですが、おいしいです。

特にライスがいいですねー。

このご飯でカレー食べたいなぁ~。


一緒にいただいたのが「肉骨茶(80元)」。

福建語でバクテーって言うんでしたっけ?

初めていただきました。

湾岸労働者のパワーの源、スタミナ朝食なんだそう。

漢方で煮込んでいるので、好き好きがあると思いますが、

いかにも体によさそうな味で、意外にあっさり。

お店によって味がずいぶんと違うそうなので、

ほかのお店のも飲んでみたいです。

そして「いつか」本場シンガポールでもいただきたい!


その「いつか」を今年の年末にしようかなーっていう方、

チケットの予約を急げ!←だから、いないって?

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!
にほんブログ村

「蔡家海南鶏飯」

住所:高雄市六合一路61号

電話番号:07-2360487

| | コメント (2) | トラックバック (0)

高雄で食べる異国料理1 首爾でビビンバ

日本も寒いようですが、台湾も今日から一気に冷えました。

玉山や合歓山のあたりでは雪も降ったそうで、

年に何度とない雪を見るチャンスということで、

たくさんの人が、車にチェーンをつけ、かけつけたようです。

本日の予報では、高雄の気温は19-14度。

朝、さすがに寒くて、久しぶりに家の中で、

短パンではなく、ロングパンツをはいて過ごしています。

この寒さ、来週火曜日ごろまで続き、

明日は今日より冷え込むようなので、暖かくして過ごしましょうネ!


さて、いよいよ年末も押し迫ってまいりました。

台湾では、西暦のお正月よりも、

旧暦(農暦)のお正月=春節のほうが重要なので、

毎年そんなに盛り上がらないのですが、

今年は元日が金曜日で、多くの企業が3連休。

ダンさんの会社は、休日数の調整のため、

めずらしく4連休となりました。

ということで、台湾に住むようになってから初めてだなぁ。

年末年始に旅行に出かけます。行き先はマカオです。

中華圏に住んでいるのに、

また中華圏に行くのもどうかなーなんですが、

台湾とは別の、ポルトガルの影響を受けた中華の雰囲気・味を、

味わえたらいいな~と楽しみです。

スケジュールたてなくっちゃ!


日本にお住まいの皆さんは、もしかして9連休?

どこかお出かけになりますか?

近いところで韓国?

もしかしてシンガポール?

あるいはタイとか?

インドでカレー三昧?

いきなりドイツとか?

そんなワケで、こじつけっぽいですが、

台湾で食べた異国料理を連続Up~~~。


ということで、まずは、韓国料理のお店。

高雄文化中心の近く、林泉街にある「首爾」。

近くに日本人の子供が多く通う幼稚園があることから、

そのママさんたち御用達のお店なんだそう。

116_087

お得なセットメニュー(小皿料理付)は15種類以上もあって、

牛・豚肉の焼肉、海鮮キムチ鍋、冷麺、スンドゥプチゲ、

サムゲタン、クッパ、韓国式ジャージャー麺などが、

すべて100元台でいただくことができます。

ほとんどのメニューが単品でもオーダーでき、

ほかに、チジミ、トッポギ、ダカルビなどもあるようでした。

いただいたのは、「石頭鍋拌飯(140元)」。

石焼ビビンバのことです。

116_090

人参、モヤシ、ホウレンソウなど野菜のナムルが数種類と、

甘辛い味付けの焼肉(たぶん豚だった?)、キムチ、

そして禁断の生卵がのっています。

石鍋がアツアツのうちに、まぜまぜしていっただきまーす♪

アチッ。でもうまーい!

オコゲの部分も香ばしくておいしい~。

140元でこんなおいしいビビンバが食べられるなんてうれしーい!

台湾のデパートのほとんどのフードコートには、

ビビンバなど簡単な韓国料理が食べられるお店があるのですが、

大概が、豆干などの滷味がのっていたりして、

なんとなく、いや、あからさまに台湾式ビビンバ。

それでも100元ちょっとしたりするから、

このお店のように、2種類の小菜・スープ付で140元というのは、

味からしても、かなり良心的だと思います。ありがたや~。


隣の席のお客さんから薦められてオーダーしたトッポギ、

「韓式辣年〔米+羔〕・小(90)元」。

116_092   

こちらもとてもおいしかったです。

食べ切れませんでしたが~。

今度は、韓国式焼肉やチジミなどもいただいてみたいです。

これを見て韓国に行きたくなった人、急げ!←そんな人いない?

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!
にほんブログ村

「韓国食堂 首爾」

住所:高雄市林泉街27号

電話番号:07-7162179

※林泉街は、和平路側からだと一方通行です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

台北 正老牌魚尤魚平で炒米粉とガン

むかーしむかしのことじゃったー。

けんこうばあさんは、めずらしく早起きをして、

暑い暑い高雄から、やっぱり暑い暑い台北まで、

じいさんに子守を押し付け、ひとり、食べ歩きにでかけました。

スケジュールを立てるのが大好きなこのばあさん、

地図を片手にさんざん一人ドラフトを重ねた結果、

なんと、滞在6時間で10軒まわるというありえない計画を立て、

本人、「完っ璧なスケジュール♪」とご満悦だった割には、

結局、7軒目で、水も入らん状態になり、みごと挫折。

その4軒目がこのお店、

米粉とスルメイカのガンが有名な「正老牌〔魚+尤〕魚平」。

MRT西門町から徒歩10分ほど、淡水河の近く、

1965年創業、40年以上の老店です。

713_140

メニューは、炒米粉とスルメイカの羹と、

何か忘れちゃったけど、簡単なスープの3種類のみ。

それで、40年も愛され続けてきたんだからすごいですよね~。

米粉といえば風が強い新竹や、水がキレイな埔里が有名ですが、

このお店のは、台北市郊外の自社工場で作る自家製。

一般的なものよりも、手間隙かけて作るので、

米の風味が強く、もちもちとコシが強いのが特徴です。

713_143

もうけっこうお腹にたまり始めていましたが、

米粉か羹、どっちかだけという心境にはなれず、

当然、炒米粉と〔魚+尤〕魚羹の両方をオーダー。

先にお金を払って、適当な席に座って待ちます。

713_146

まずは「炒米粉(30元)」。

米粉は、細いのにもちもちプリプリっとした食感で、

水ではなく、豚骨と豚バラからとったスープで

炒め煮にしているということで、米粉自体に、

ほのかに、かつ、しっかりとした風味があります。

713_148

具材はモヤシとニラだけとシンプルですが、

米粉の上から、たっぷりの肉燥がかかっています。

この肉燥、豚バラ肉と豚もも肉の2種類の肉を、

味噌、醤油、米酒などで蒸し炒めにしたもので、

食欲をそそるニンニクの香りがぷんぷん。

そのままではぼそぼそとした食感の米粉に、

過不足なく油分とコクを加えています。

お肉を2種類使っているので、豚のほどよい脂と、

なおかつ、赤身の肉の食感も楽しめるのがいいです。

713_145

そして、だーい好きな「〔魚+尤〕魚羹(60元)」。

切り身のイカを使った方ではなく、すりみ団子の方。

スルメイカ、サメ、鮭などの魚を数種類加えて作った、

ほどよい噛み応えのある団子が、ごろごろと入っています。

713_150

カツオ節、桜海老、昆布などからとったスープは、

何かがでしゃばりすぎることなく、しみじみやさしい味わい。

スープがしみこんだ大根もおいしいです。

炒米粉と、とてもよく合います。

ビーフンをもごもごして、スープをごっくん。

そしてまたビーフンを。

が、ずっと続いていきます。

時々、米粉をスープにひたして食べたりして。

713_153

ワタシがお店に着いた時にはかろうじて席が空いていましたが、

帰る頃にはこのとおり。

お店の前(っていうか路上)には、

このお店を目指して走ってきて、そのまま頭をつっこんだ車が、

お店の前を覆ってしまっていました。すごい人気です。

タクシーの運転手が立ち寄るのはおいしい証拠?

713_156

この日、2軒目に食べた鶏捲、

3軒目に食べた蝦捲弁当はまたいつか。

できれば、今年のネタは今年のうちに・・・。

にほんブログ村 海外生活ブログへ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!
にほんブログ村

「正老牌〔魚+尤〕魚平」

住所:台北市康定路2号

電話番号:02-2331-3394

| | コメント (5) | トラックバック (0)

台北 おいしいガンの店

前回のUp、2件しかコメントいただいていないけど、

羹だけに、ガンガンいっちゃおうと思います。

寒くなったらアツアツのガンをはふはふしたーい!

ですよねぇ?


Part2は台北です。

最近台北でガンを食べたのかって?

いーえ、引っ越してくる前によく食べてたガンですよ~。

エコにもほどがあるっつーの。

1年以上ものでございます。

南京東路をどんどん東に四段まで。

「寧安街口」というバス亭から少し路地に入った、

小籠包がおいしい「冠京華」のすぐ近くに、

何軒か飲食店が並んだエリアがあります。

その中の1軒、「小辣椒〔魚+尤〕魚[米+庚]」というお店。

この辺、何軒か[米+庚〕が食べられるお店があるんですが、

「食べ比べたらこのお店が一番おいしかった!」

と、知人に教えてもらったお店です。

123_068

とろみスープを意味する「ガン」って、

〔米+庚〕という字を使うお店、「羹」という字を使う店、

どちらもあるんですが、こちらのお店は、

変換&表示しにくい方の〔米+庚〕。

看板商品は、同じく変換&表示しにくい「〔魚+尤〕魚」、

スルメイカを使った〔米+庚〕と、

台湾南部「美濃」名物の板條(幅広のビーフン)です。


脱線しますが、台湾で一番最初に「美濃」って字を見た時は、

日本の地名を使っていると勘違いして、

「おいおい、いくらなんでも美濃はないだろ」

と勝手につっこんでいました。

だって、マンション「村上春樹」とか、

モーテル「青森」とかある国だから、てっきり、ねぇ?

そういえば、先日、やっと本場の美濃板條を食べましたが、

おいしかったですよ~。そのうちUpします。


で、スルメイカを使ったガンが2種類。

イカの切り身がゴロゴロはいった「生〔魚+尤〕魚〔米+庚〕」、

すりみ団子状のものがはいった「粒〔魚+尤〕魚〔米+庚〕」。

そして、お魚のフライというか、スナック状のフライがのった

「魚酥〔米+庚〕」と、豚肉のお団子がのった「肉〔米+庚〕」。

写真は「肉〔米+庚〕」。たしか、45元。

1020_112

かつおぶしのだしがガンガンにきいたスープに、

具は豚肉ダンゴ、干椎茸、千切りの筍とシンプル。

とろみがゆるめなので、スープっぽさを楽しめます。

いつも最後まで飲み干してました。ぷはーって。


牛肉麺も、小籠包も、酸辣湯も大好きだし、

今や、外国の料理と思わないほど馴染んじゃってるんですが、

「今日は○○って気分じゃないんだよなぁ」

みたいな日も、やっぱりあるんです。

でも、このガンは、すっごい食べたいってのとは違うけど、

日を選ばないって言うか、気分を選ばないって言うか、

(あんま食べたことないけど)立ち食いそば的なおいしさ。

高雄ではまだなじみのガン屋(?)がありません。

本帰国する知人の知人から自転車をいただいたので、

ちょっくら、さがしにチャリってみようかな~。

にほんブログ村 海外生活ブログへ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!
にほんブログ村

「小辣椒」

住所:台北市南京東路四段133巷5之1號

電話番号:不明

| | コメント (7) | トラックバック (0)

高雄で食べる周氏蝦捲のお魚ガン

今月25日(金)~28日(月)までの4日間、

高雄の「夢時代」に、「鼎泰豊」が出張してくるそうですネ。

実演ショーもあるということで、現在予約受付中(12/20まで)。

小籠包や蝦肉蒸包など一部メニューだけの販売ですが、

もちろんテイクアウトもできます。

テイクアウトの場合も、電話予約しておいた方が無難だそうです。

B2F・8Fのサービスセンター、B1F麻布茶房横の予約ブースで、

予約を受け付けているそうです(電話:07-9733888♯9)。


で、「夢時代」といえば、以前このブログに書いた、

7Fにあった「さんぱち」というラーメン屋さんがなくなっていました。

台湾はお店の入れ替わりが激しいですが、

高雄はさらに激しい気がします。

とりあえず気づいているだけで、

メンチカツがおいしい洋食の「Joy Box」が、

中正二路の店をしめ、漢神百貨・巨蛋のフードコート店のみに。

大統新世紀にあった「舊街蚌麵餐廳」も別のお店に。

あさりの醤油漬けを食べずじまいになってしまいました・・・。

お店の入れ代わりとは関係ありませんが、

サンドイッチの「MUDDY WATERS」の日替わり半額サンドは、

キャンペーンが終わってしまったようで、

今は、日替わりサンドをオーダーした場合は、

飲み物なんでも無料でお付けしますキャンペーン中です。


さて、本題です。

前回Upのフルーツ大福の「福楽屋」は、

「府城十大伴手禮」に選ばれたことがあるそうです。

で、同じく「府城十大伴手禮」の常連といえば、

安平の本店はいっつも行列の「周氏蝦捲」。

高雄にも、「大立精品」「大楽」「大遠百貨」の3つのデパートに

出店しており、行列していることもあまりないので、

気軽においしい蝦捲が食べることができ、ありがたいです。

今回は、とろみスープ「羹(ガン)」を(も)いただきました。

寒くなってくると食べたくなるんですよね~。

1031_013

こちらのお店で食べられるのは、お魚のガン「魚羹」で、

「白北浮水魚」と「虱目魚(サバヒー)」の2種類を使うのが特徴。

「魚羹」といえば、サバヒーのみ使用するのが一般的ですが、

「周氏蝦捲」では、 高級魚である、

キメが細かく脂ものった「白北浮水魚」も使用することで、

一般のすり身団子とは、歯ごたえや食感がまったく違う、

味わい深いものとなるそうです。

実際、初めていただきましたが、本当においしくて!

すり身団子と言っていいのかな?

団子というよりも、お魚をほわっと丸めたみたいに柔らかで、

でもしっかりとした食感もあって、絶妙です。

1031_015

麺はフツウの中華麺ですが、ガンにはこの麺でいいんです!

ヘンにコシがあったりしたら、おいしいスープがからまないじゃん。

ゆですぎ直前くらいのやわ麺に、サバヒーの骨からとった

うまみのつまったとろみスープがよくからみ、

麺とスープを同時に楽しむことができるのです。

1031_017

スープもおいしいです。割合濃い目のスープですが、

薬味の千切り生姜や青葱(乾いてたけどネ)、

そしてたっぷりかけた黒酢の風味が、

バランスよいスープに仕上げてくれています。

よっ影の主役!

やっぱり冬はガンだねぇ。


そして、やっぱり「蝦捲」も。2本で50元×2セット=4本を、

夕飯のおかずのタシにしようとテイクアウト。

1031_020

のはずだったのが、ちらと袋の中をのぞくとなぜか5本入ってる!

サービス?

1本余ってた?

そういうもん?

あまりに嬉しかったので、ついその場で1本食べてしまいました。

1031_023

甘いお醤油とおそろしい色のワサビをつけていっただきまーす!

やっぱ揚げたてだねぇ~。パリッ、ホワッ、ジュワッ、プリッです。

いつ食べてもおいしいです。

このワサビだけはいただけないけどネ。

1031_026

高雄も最近、朝晩はひんやりするようになってきました。

アツアツのガンがおいしい季節です。

ってことで、もう2軒ほど・・・。 

にほんブログ村 海外生活ブログへ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!
にほんブログ村

「周氏蝦捲」

住所:高雄市五福三路57號

電話番号:07-2418369

| | コメント (4) | トラックバック (0)

台南 福楽屋のフルーツ大福

もう3ヶ月ほど前のことで、今更すぎる話なんですが、

NHKワールドで放送されていた「鶴瓶の家族に乾杯」で、

「台湾・台南編」が放送されていました。見た方います?

7月中に撮影されたとかで、まだ台風の被害を受けてない頃の、

台南市内やマンゴーの産地玉井などの様子を、

鶴瓶と、台湾では(タブン)有名な鈴木杏ちゃんの2人が、

もうそのまんま台湾!って感じの台湾を紹介していて、

まったく観光には役立たないと思うけど、

素の台湾、台湾人を知ってもらえそうな放送でした。

再放送があったので、間に合うようUpしようと思ったのですが、

結局間に合わず(っていうかもう3ヶ月も経ってるよ)・・・。

You Tubeでも見つけられず(予告編はあるんだけど)・・・。

でも、せっかく、番組の中で紹介されていた、

「福楽屋」というお店のフルーツ大福を食べたので、

それだけでも紹介いたします。


前置き長かったけど、台南の「福楽屋」。

放送翌日に台南に出張に行ったダンさんが、

さっそく、何種類かあるフルーツ大福の中から、

マンゴー、イチゴ、キウイの3種類を買って来てくれました。

823_008

「福楽屋」は、「府城十大伴手禮(台南の十大手土産)」にも

選ばれた、麻〔米+署〕を使ったお菓子などを扱う老舗です。

麻〔米+署〕とは、日本の餅のようなもの(求肥に近い?)で、

発音も「マ(モ)ーチィ」、多分発音を似せた当て字だと思います。

日本語発音で「モーチー」と言ってもけっこう通じます。


まずはマンゴーをがぶり。

823_015

ちゃんと包丁で切って撮ればよかったですね。

いつも後から思うんですが、口癖が「メンドクサッ」なもんで~。

見苦しくてすみません。

さて、お味の方ですが、このマンゴーのが、

3種類の中で一番おいしかったです。

薄い餅皮の中にマンゴーとマンゴークリーム。

完熟のジューシーなマンゴーと、

甘さ控えめのクリームがよくあっています。

期間限定、今の季節は販売されていないようなので、

マンゴーの季節になったらまた食べたいな。


続いて、イチゴのもガブリ。

823_028

イチゴのは、クリームではなく餡子。

大きなイチゴと、甘さ控えめのアンコが上品です。

個人的には、餡子がもう少し甘いほうが、

イチゴの酸味とのバランスがいいのではと思いますが、

あっさりとしていて、甘いのが苦手な人でも食べられそう。


そして、最後にキウイのもガブリ。

823_021

最初、キウイ~!?と思いましたが、

意外に悪くなかったです。さっぱり。

イチゴと同じく、もう少しクリーミを甘くしたほうが、

甘みも酸味も引き立つんじゃないかなーと思うんですが。

台湾の方は、あますぎるお菓子を好まないので、

甘さ控えめのことが多いです。

(ただし、一緒に飲むドリンクも甘いのですが・・・)


冷蔵庫に入れれば、3日ほどもつということですが、

マンゴーだけは、翌日には、ジューシーさが仇となり、

モチ部分がビシャビシャになってしまうので、

即日食べきってしまうのをオススメします。

イチゴとキウイは大丈夫!

どういう製法なのかわかりませんが、

冷蔵庫に入れても、モチ部分が硬くなりません。


のんびり台湾の木野さんも、台南に行った際に立ち寄られた様で、

お店の様子なども紹介されていました。

大福の断面が美しい~。さすが木野さんです。


しかし、鈴木杏ちゃん、大きくなったなぁ。

というか、すっかり大人になったんだなぁ。

にほんブログ村 海外生活ブログへ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!
にほんブログ村

福樂屋

住所:台南市忠義路二段113号

電話番号:06-2212727

| | コメント (13) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »