« 牛肉麺7 Part5 劉易紀 | トップページ | 牛肉麺7 Final 老唐尚品麺館 »

牛肉麺7 Part6 小王牛肉麺館

日本の夏といえば、野菜が一番豊富な季節ですが、

台湾の夏は暑すぎるのと、台風がガンガンくるのとで、

ホウレンソウなど出回らなくなるし、

その他の青菜類も、台風後など値があがったりして。

なので、ホウレンソウが店頭に戻ってきて、

青菜の値段が安定してくると、秋が来たなぁと。

そして、もう1つ、秋を感じるのが牛乳。

乳牛の代表選手「ホルスタイン」は、高温多湿に弱く、

夏場は食欲が落ちて、乳量も減ってしまうため、

市場やスーパーでも品薄状態。

ダンさんが牛乳と間違ってヨーグルトを買って来ちゃったのも

そのせいってのもある。

かぁ?

そんなわけで、最近、まだ暑いなぁの高雄でも、

小さい秋(ホウレンソウ&牛乳)見つけられています。はい。

ささやかな秋ですが。

さて、本題です。我ながらよく続いてます。

G7のPart6は「高雄 小王牛肉麺館」です。

726_117

店名からもわかるように、小柄な王さんがやっている、

六合一路と復興一路の交差点付近にあるお店です。

創業は1973年とプチ老店で、

2006年と2007年の「台北国際牛肉麺節」に参加し、

何かの部門でトップ10入りしたり、

何かと何かの部門でW受賞したりした、

高雄を代表する(?)人気店です。

726_119

しかしながら、そのような人気店ゆえの宿命か、

牛肉麺好き台湾人のブログなどを拝見していると、

酷評されていることも少なくありません。

「台北国際牛肉麺節」で賞を取っているし、

良い材料を使っているということで、若干値段が高めなので、

「ならば、'よっぽど'おいしいに違いないだろう!」

と、人々が心積もりしてしまうのかな?

鼎泰豊みたいなもん?

726_125

ワタシが食べたのは「牛肉乾拌麺(90元)」ですが、

実際に食べた感想としては、とてもおいしかったです。

平打ち麺の上、テイクアウトし時間が少し経っていたので、

これで麺の評価をするのはフェアではないと思いますが、

乾麺には珍しいタイプの麺が、コクのあるタレとベストマッチ。

これまた珍しい角切りの牛肉もほどよくやわらかで。

これはぜひ、お店で出来たてを食べてみたいです。

スープありの湯麺もぜひ!

726_136

ダンさんは「半筋牛肉乾麺(120元)」を。

筋の部分もやわらかくコラーゲン状になっており、

翌朝には肌がピカピカになったとのことです(嘘)

20食限定、要予約の「牛顎 胸部 牛腩牛肉麺(200元)も、

めんどくさくないなと思えたときに、ぜひ食べてみたいと思います。

それではまた明日!

明天見!

にほんブログ村 海外生活ブログへ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!
にほんブログ村

「高雄 小王牛肉麵館」

住所:高雄市六合一路94-1号

電話番号:07-2360075、2355873

|

« 牛肉麺7 Part5 劉易紀 | トップページ | 牛肉麺7 Final 老唐尚品麺館 »

③牛肉麺」カテゴリの記事

コメント

初めましてーー
台北に駐在5年目のおちゃと申します。
まだしばらく居る予定なんですがそろそろ好物の牛肉麺も片っ端から食べあるかにゃ!と思ってこちらにたどり着きました。
美味しそうな写真にヨダレが。。(笑)

それにしても!!!ほうれん草は出回らない時期が多いなーと思っていたんですが牛乳も品薄なのは牛が夏に弱いせいだったんですね。
見当たらないお店もあって、疑問に思っていたのですごくスッキリしました!

>おちゃさま
はじめまして!コメントありがとうございます!
おちゃさんは在台5年目なんですねー。
ワタシも今5年目なので、同じころ、台北に住み始めたのかも?
なんだか(勝手に)ご縁を感じています(笑)

>牛乳も品薄なのは牛が夏に弱いせいだったんですね。
そうなんです!
って、実は、最近知ったのですが~。
中国語の老師に「あなただって食べないと乳でないでしょ?」って言われ、はっと(爆)
日本でも涼しい地域でしか酪農をしないのはそういうワケだったんですね。納得です。

ワタシも当分は台湾暮らしの予定ですが、思いがけず、台北から高雄へ引っ越すことになって、台北に食べ残した感が強いです。
お互い心残りのないよう、おいしい牛肉麺ほか、たくさん食べましょうね!
これからもよろしくお願いいたします♪

投稿: おちゃ | 2009年11月12日 (木) 10:31

あ~、この店何度入ろうとしたことか!
この近所って何気に美味しいお店がいっぱいあって、ついつい入りそびれていました。
そっか、賞獲ってる上に美味しかったですか、これは行かねばです。

写真で見る限りこのペラペラっぽいフェトチーネ風な平打ち麺はけっこう好みっぽい感じです。
これにコクウマなタレ、旨そ~~~ 
限定メニューもあるですか! 
牛腩はいいとして、胸部はオッパイですかね? 
で、顎は…ん~、どこ?顎下?どんなだろ?

ところで、ウチのダンナさんも普通に牛乳とヨーグルト間違えて買おうとします。
あと、最近わかりましたが、豆奶と豆漿はそれぞれ違うものだと思っていたようで、私が「豆乳買って来て~」と頼むたびに、豆奶と豆漿はどっちが豆乳なのか迷っていたようです。そんな悩まなくてもいいのに。悩んだあげく米漿買ってきたこともあります。
それはゼッタイに違うのにね。ま、美味しいけど。

>ねこまたぎさま
>あげく米漿買ってきたこともあります。
>それはゼッタイに違うのにね。ま、美味しいけど。
すごい!ご主人それはおもしろい!
悩んだ挙句、絶対違う(だろう)米漿を買ってしまうなんて、すごくツボです。それは許せます!むしろほめるかも!?

本題ですが、
しかし、ねこまたぎさんが入りそびれている店があったなんて、かなり驚きです。←ワタシ、ねこまたぎさんをどんな人だと思っているんでしょう・・・?
賞を取っているからおいしいわけではないかもしれませんが(特に牛肉麺フェスはあえて参加しない店も多いので)、フェットチーネっぽい麺と、コクうまのタレの絡みは、やっぱりおいしいなぁと思いました。
顎はたぶん顎下?
ルゥ肉飯なんかは、(豚肉だけど)バラ肉ではなく顎下肉にこだわるお店もよく聞きます。日本にも出店したことがある「ヒゲ張」や、「鼎泰豊」の小籠包も、(豚だけど)顎下を使っているそうです。
とすると、けっこうジューシーなんでしょうか?
書いているうちに、限定メニューを食べたくなってしまいました。
(面倒だけど)予約して行って見るか。

投稿: ねこまたぎ | 2009年11月12日 (木) 18:19

>そのせいってのもある
いや、ない。
それは覚えましょうよ、そろそろ。
>翌朝には肌がピカピカになったとのことです(嘘)
肌がツルツルビカビカのご主人さま、見てみたいです!
で、うっとりしつつ、ちっって思っているけんこうさんも見てみたいです!

では、本題。
賞をもらっちゃうと酷評されたりもするんですねぇ。
値段が高いってほどでもないような気もしますが。
うーむ。
平麺の牛肉麺は面白そうです。
この麺でタレとからむんだーって感じで。
でも、ベストマッチなんですよね?
興味あります。
次回は是非、予約ものとスープ有りを!

あ、牛乳の解説ありがとうございます!
父の話だと、日本でも夏の牛乳はちょっと薄くなるんだそうですよ。

>外付け胃袋様
>それは覚えましょうよ、そろそろ。
さすがに、ねぇ?
長男って、大事にされて育ったからか、さがしものがヘタだなーと思います。
って、外付けさんも、もしや長男?
あ、うっとりはしませんから。
テカってるなーと。さわりたくないなーと。

>父の話だと、日本でも夏の牛乳はちょっと薄くなるんだそうですよ。
やっぱりそうなんですかー。
酪農が北海道や高原など涼しいエリア中心で行われるのもそのせいなんですね。あたりまえといえばあたりまえのことに、いまさらなるほどと納得できました。

で、牛肉麺です。
高雄にしては高いかなーと言った感じです。
牛肉麺なら70元が平均かな。
100元になると「高いっ!」と思ってしまいます。
台北では100元はスタートラインでしたが。
次回はぜひ予約して食べてみたいです。
(が、牛肉麺を予約かぁ・・・)

投稿: 外付け胃袋 | 2009年11月14日 (土) 00:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174057/46713139

この記事へのトラックバック一覧です: 牛肉麺7 Part6 小王牛肉麺館:

« 牛肉麺7 Part5 劉易紀 | トップページ | 牛肉麺7 Final 老唐尚品麺館 »