« 台北 龍山寺の懐念愛玉 | トップページ | 鍋貼王で鍋貼などなど »

龍袍湯包で小籠湯包

なんとか、快適なネット環境が復活しました。

と言っても、中華電信はあきらめて、

ケーブルテレビの会社と新たに契約したのですが。

しかし、ADSLが使えないって、なんて不便なんでしょう。

ローカルネットワークの、おそいことおそいこと。

なかなかページが切り替わらないので、

その間に、皿を洗ったり、トイレに行ったりと用足ししていると、

ネットで買い物するのに半日がかりになっちゃったり。

昔はこんな速度でネットしてたんでしたっけ?

もう思い出せません。

快適ネット生活復活第一弾は、ひさびさに小籠湯包。

「龍袍湯包」、高雄の漢神百貨のすぐ近くにあるお店です。

323_020

「地球の☆き方」などのガイドブックには載っていませんが、

台北○ビにも、旅●台北にも紹介されている、

漢神デパートの裏通りにある、

8坪ほどしかない、こじんまりとしたお店です。

323_037

店名の「龍袍湯包」とは、「蟹黄湯包(蟹味噌の小籠包)」のこと。

「龍袍」とは、中国江南にある小さな町で、

その「龍袍」の特産品であった「蟹黄湯包」が、

町の名前から「龍袍湯包」とも呼ばれるようになったんだそう。

なぜ「蟹黄湯包」が「龍袍」の特産になったのかは、

詳しい故事が「旅●台北」で紹介されているのでご参考にどうそ。

いただいたのはもちろん、看板商品の「龍袍蟹黄湯包(180元)」。

323_034

お箸で、てっぺんの尖った部分をそーっとつまみ、レンゲの上に。

皮だけちょっとだけ噛んで、湯包に穴をあけ、

その穴から、湯包の中にたっぷり潜んでいる肉汁を、

やけどしないようにちゅーっと吸います。

うまーい!蟹味噌の風味がきいたコクのある肉汁です。

アチアチ感がほどよくなったところで、湯包を口の中へ。

もちろん一口で。はふはふと。

皮は薄いのにもっちりと、餡はほろほろとほどけて、

たっぷりの肉汁がそれをまとめて、あっという間にのどの奥に。

「あぁ、もったいない。もっとゆっくり味わいたかったのにー。」

と、うれしい悔しさを味わえちゃう。

こういう小籠包が大好きなんです~。

いくつでも食べられちゃうおいしさです。

さすがQing zuiさんオススメのお店です。

おいしいお店を紹介していただいてありがとうございます!

揚げ物ラブheart04

ついつい選んでしまう「南京排骨麺(100元)」。

323_029

からっと揚がった排骨がサイコーにうまい!

お肉につけた醤油ベースの下味が絶妙。

もしかして醤油と味醂?

しかもまったく油っぽくない。

屋台や弁当屋で買う排骨とは、一味違った上品な味付けです。

上海湯包のお店で食べる排骨、大好きです。

単品だと60元だったかな?

323_033

何気にうまかった、排骨麺の「乾麺(単品:40元)」部分。

細麺だけどゆですぎてなくて、ほどよい加減で。

もう1品は「元〔中+皿〕土鶏湯(?元)」。

323_039

多分、初(自ら)オーダーした「元〔中+皿〕」と名のついたスープ。

なんとなく、漢方くさーいスープを想像していましたが、

意外にあっさり。鶏のうまみがつまったおいしいスープでした。

しみじみうまい~。五臓六腑にしみわたる~。

鶏肉の骨をとらなきゃいけないのがちょっと面倒なんですが。

高雄では珍しい(らしい)薄皮・鼎泰豊タイプの

おいしい小籠湯包が食べられるお店です。

店舗がせまく、子連れ(ベビーカー)で行くのは

ちょっと申し訳ないかなという感じではありますが、

台湾らしく、別にだからって迷惑がられたりはしません。

値段は、高雄にしては少々高めかもしれませんが(湯包:120元)、

お味の方は、納得のおいしさです。

ほとんどのメニューが、素食(ベジタリアン)バージョンもあります。

午後休憩がないので、ランチのタイミングをはずしてしまった人にも

便利だと思いますよ~。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

「龍袍湯包」

住所:高雄市新田路311号

電話番号:07-2510562

|

« 台北 龍山寺の懐念愛玉 | トップページ | 鍋貼王で鍋貼などなど »

②高雄(食)」カテゴリの記事

コメント

私もこのお店の味が大好きですhappy01
何を食べても外さない感じですよね?
私は漢神デパートのレストラン街が混んでいると
ここに行ってみるのですが、やっぱりランチタイムは
混んでますよね・・・。

>kakepikamamさま
このお店、おいしいですよね~。ハズレなしです!
お店に行く前は、高雄にしては高めだなと思ったのですが、こういう薄皮の小籠湯包のお店は、高雄にはあまりないように思います。店構えも(ホテル内のレストランなどと違って)気さくだし、気軽に行きやすいですね~。
ランチタイムはやはり混んでいますか。。。
ワタシは行ったのは午後2時過ぎだったので、ワタシたちの他には1組か2組か。午後休憩がないので、食事時をはずして行くのがいいのかもしれませんねー。
漢神デパートのレストラン街、食事時はものすごい混んでいますよね!
子連れだとちょっと厳しいかも~~。

投稿: kakepikamam | 2009年9月18日 (金) 13:34

台湾って、こうゆう内臓に染み渡る系のスープ多いよね。
いつも酷使している内臓系、
スープ飲むとたまにいい事したような気になるんだわ。

やっぱり高雄、もう一度行きたいかも。
(何度も言ってるこのせりふ。とほほ。)

>こちさま
>台湾って、こうゆう内臓に染み渡る系のスープ多いよね。
多いよね~。
塩分弱めの、素材の味を丸ごと活かしました!ってやつ。
最初は、自己主張強い割りに味ねぇなって敬遠しがちだったんだけど、最近は、しみじみうめぇって思うように。台湾経験値があがってる?
脂肪肝気味の肝臓にも効くかしら?

>やっぱり高雄、もう一度行きたいかも。
一度といわず二度でも三度でもおいで。

投稿: こち | 2009年9月18日 (金) 19:23

先日はどうも~~~(o^-^o)

お箸が一膳しか写っていないという事は一人で完食されたのでしょうか・・・?!
ここの所ショウロウンポウとはご無沙汰だな~
週末はどこかに行くとします。

>ポケチさま
先日はありがとう~。
かなり久々だったはずだけど、あまり久々って感じしなかったなぁ。
ご主人にも、ありがとう!ってお伝えください。

>お箸が一膳しか写っていないという事は一人で完食されたのでしょうか・・・?!
いくらなんでも、んなワケないでしょ。
と言っても、2人分にはちと少なすぎました。
2時過ぎに食べたけど、夕飯までもたなかった~~。
ショウロンポウ、ワタシもしばらく食べてません。
好きなんだけど、人数が必要だからかな?
ポケチさんちの2人ぐらい大きくなると、小籠包や水餃も食べれるようになるんだろうけど。

投稿: ポケチ | 2009年9月18日 (金) 19:46

昔はネットにこんなに画像がありません
でしたからね。
ブロードバンドに合わせてコンテンツも
変わっているのです。
フラッシュなんか使ってあると重いですよね。

で、小籠湯包。
美味しそうです!
カニミソ入りなんですね?
すっごくコクがありそうですね!
普通のもあります?
薄皮もっちりの小籠包は大好きなんです!
一籠かかえて食べたいくらい!
(台湾ではいつも、ほぼそんな感じですが。)
あとスープ!
あっさり鶏スープ!
たまらんです!!!
ああ、飲みたい、食べたい、行きたい。
お昼休みが無いのも良いですね。
空いてる時間にまた行って下さいませ。
私の代わりに!

>外付け胃袋様
>昔はネットにこんなに画像がありませんでしたからね。
なんでしょうね~。
デジカメで撮った写真を圧縮して貼り付けて・・・なんて作業も最近のことですもんね。
当たり前に思っていたこのスピードに感謝しつつ。
コメントバーック!

で、小籠湯包。
ね、おいしそうでしょ?
高雄ではこの湯包タイプをだすお店は少なく、小ぶりの肉まんみたいな小籠包が蒸篭にどどどんとつまっていることが多いです。これはこれでおいしいんですが、ほかのものが食べれなくなっちゃうのが難点。
小籠湯包だったら1蒸篭はいけるんですが~。

鶏スープもうんまいんですよ~。
よくわからないけど、いろいろ効能がありそうです。
こんなん飲んでいるから、台湾の女性は、食べるわりにやせているし、お肌もピカピカなのかも。
いしょくどうげんですネ。

MLF始まりましたね。見てます?

投稿: 外付け胃袋 | 2009年9月18日 (金) 22:35

とっても美味しそうな小籠湯包ですね~

>皮は薄いのにもっちりと、餡はほろほろとほどけて、
>たっぷりの肉汁がそれをまとめて、あっという間にのどの奥に。

うー、この表現がたまりませんね。
食べたくて食べたくて、もだえ転げ回ってしまいます。
高雄、美味しいお店がたくさんありますねー。
前回初めて行った時は、キョロキョロして終わってしまった感があるので(笑)
今度は詳しくリサーチして行きたいものです。
美味しいお店、どんどん教えてくださーい!!

>はとちさま
今のところ(写真評価)では、はとちさんの豚マークをいくつかいただけそうでしょうか?

台北と高雄、新幹線でたったの1時間半の距離ですが、いろいろなところが少しずつ違います。小籠包・湯包もそう。高雄では、肉まんタイプの小籠包が主流です。高雄らしさを味わってもらうならそちらかなーとは思うのですが、高雄にもおいしい小籠湯包があるんだぞ!ということで、次回来台の際には、ぜひ候補の1つに加えていただきたく~。

まだまだ高雄初心者、ガイドブックにのっているような店にしか行けていませんが、これからもどんどんUpしますね!

投稿: はとち | 2009年9月19日 (土) 22:02

どーも、お久しぶりです!
私の方は久しく行ってません。
排骨、うまいっすよねー。私も大好き。これとキュウリの漬物でビールを飲むのがこの上ない幸せです。このお店、順番待ちが激しいし相席も多いから、そんなことやってると迷惑なんでしょうがね(^_^;)。

>Qing zuiさま
お久しぶりです!
お忙しそうですねー。
お子さん、健やかにお育ちでしょうか?

台湾にもちょくちょく出張でいらしているようですが、本当にお忙しいんですね~。お付き合いもあるだろうし、なかなかお気に入りの店に行く時間もなさそう。。。

このお店、小籠湯包もおいしいけど、排骨がとってもおいしかったです。
何枚か単品で外帯して、家でのんびりビールと一緒にいただきたいものです(笑)
高雄には、「酒は飲まないで!」と張り紙してあるお店が多いですね。置いてない店には持ち込んでもいいと以前聞いたことがありましたが、店次第といったところなんでしょうか。
確かに、うるさいし、邪魔だし迷惑だろうなぁ。

投稿: Qing Zui | 2009年9月20日 (日) 10:43

台湾から友人が来て、日本食を一緒に食べまくり。テンダイフォンのショウロンポウの話になりました! けんこうさんの記事、グッドタイミング!本場の台湾料理食べたいです!でも台湾の夏はこりごり!あまりに暑すぎて。台湾行くなら冬!そしたら温かいものもたくさんいただける!お腹がすいてきました!

>minさま
minさんは、本当に暑いのが苦手なんですね(笑)
ワタシも苦手ですが、もう慣れちゃった?
意外に、東京でOLしていた時よりも、すごしやすい気がしています。高雄は湿度が低いからかな?

今度は、涼しい冬にぜひいらしてください。
台北の冬はけっこう寒いので、温かいものがおいしくいただけると思いますよー。
ハフハフと。

投稿: min | 2009年9月20日 (日) 20:08

美味しいですよね、ココ。
170元は高雄価格に慣れてきた私には一瞬抵抗を感じる値段ですが、カニミソの魅力に負けてしまいます。
カニミソが好きなんですよ。酒の肴好きなので…
排骨もスープも美味しい! ウチのダンナさんはここの炸醤麺も気に入ってます。なんだか日本人のイメージするいわゆる炸醤麺っぽいからかな? 
前回、隣の人が食べていたスペアリブ乗せご飯みたいなのもすごく美味しそうに見えて、次は狙ってます。
あ~ 書いてたら食べたくなってきました。

>ねこまたぎさま
このお店、高いけど、おいしいですよね~。
最初、カニミソ小籠湯包が180元と知ったときは、「うわ!台北価格だ!しかもいい目の店!」と思いましたが、食べてみたら納得でした。
ビールにもめっぽう合いそうだし~。
(この時は確か飲まなかったんですよ。。。)

スペアリブのせご飯というのは、きっと排骨飯ですね。
排骨は単品のほか、飯か麺が選べるようでしたから。
排骨も2種類、南京と無錫子と2種類あるようでした。
今度は、ビール片手に食べ比べてみたいです。
ご主人お気に入りの炸醤麺もぜひ食べたい!

投稿: ねこまたぎ | 2009年9月20日 (日) 20:56

私、ここのお店好きでよく行ってました~^^
久々に写真を見て、懐かしくなりました♪

>シャオヤンさま
シャオヤンさんも高雄時代に行かれてましたか!
小さいお店だけど、人気があるようですねー。
高雄には、こういうタイプの小籠包を売るお店が少ないので、今後もちょくちょく行きそうです。
高雄にはずいぶんいらしてないんですか?

投稿: シャオヤン | 2009年9月21日 (月) 14:32

こんにちは、けんこう様

確かに、高雄では薄皮の小籠包のお店、少ないですよね~。
あんまり売れないのかしら~???
それとも外帯で皮が破れて、スープが全部出ちゃうから?
※経験有りです・・。とほ~。
友人の近所にも、小さな小さな老夫婦がされてるお店があって、皮が薄くて好きだったのですが、
ご高齢により、お店をたたんじゃって・・・。
あ~、小籠包食べたいです~。
スイスご飯はしょっからかったのですよぅ。

>いけこさま
おかえりなさーい!
ご無事でなによりです。
エーデルワイス、見られました?

>スイスご飯はしょっからかったのですよぅ。
へー、そうなんですか!山間部だから、保存もかねて、塩を多く使っているのかな?
反面、台湾は年中ものがとれるから薄味なのかな?

>友人の近所にも、小さな小さな老夫婦がされてるお店があって、皮が薄くて好きだったのですが、ご高齢により、お店をたたんじゃって・・・。
うーん、残念!
まだ営業してらっしゃるなら、今すぐにでも行きたかったのに~。
しかし、なんで高雄には薄皮タイプがないんでしょうね。
腹がふくれないから?
新幹線でたった1時間半の距離だけど、いろいろ違うのがおもしろいです。

投稿: いけこ | 2009年9月29日 (火) 15:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174057/46222092

この記事へのトラックバック一覧です: 龍袍湯包で小籠湯包:

« 台北 龍山寺の懐念愛玉 | トップページ | 鍋貼王で鍋貼などなど »