« 龍袍湯包で小籠湯包 | トップページ | 嘉義 北回帰線と初・火鶏肉飯 »

鍋貼王で鍋貼などなど

日本では餃子といえば焼き餃子だけど、

台湾では餃子といえば水餃。ゆでた餃子が主流です。

もともと中国大陸では、あまった水餃を無駄にしないために、

翌日焼いて食べたのが、焼き餃子の初めなんだとか。

ようするにあまりもんだったワケです。

でもねー、それでも焼き餃子が好きなのよー。

ビールには、焼き餃子の方が絶対に合うしー。

台湾では、日本式に進化した(あえて進化と言おう!)

焼き餃子は食べられませんが、「鍋貼」ならあるし~。

ということで、「鍋貼」です。

ちとムリヤリ?


高雄に数店舗ある「鍋中傳奇 鍋貼王 北方麺館」。

本店は瑞隆路、支店が辛亥路、大昌二路、

加盟店がよくいくカルフール近くの光華二路に。

今回は、光華加盟店でのお買い上げです。

417_017

確か、中国の北方出身の店主が、退役後に開いた店なんだとか。

看板商品は店名の通り「鍋貼(焼き餃子)」。

紅油抄手、水餃、牛肉麺や麻醬麺など各種麺、

酸辣湯や雪菜湯など各種スープなどなど。

特に麺の種類は豊富で、15種類ほど。

普通のスープ麺のほか、汁のない乾拌麺、

猫耳朶というスイトンみたいな麺、

スープ麺なら、麺のかわりに、

泡餅という北京ダックを包む皮のようなもの、

水餃にすることもできます。


こちらが「鍋貼(5元/個・外帯6個以上」。

417_014

ちょっと焼き色が足りないですね。

贅沢な言い方をすれば、普通においしいです。

噂によると、瑞隆路にある本店は、

行列ができるほどおいしいらしいです。

が、加盟店だからか、まあまあふーふー。

具は肉中心ですがあっさりめで、皮も薄め。

あまりボリュームがないのが、ビールによく合います。


「葱油餅(40元)」

417_005

葱油餅、だーいすき!

胡椒塩をかけて食べるのがたまんなくおいしいです。

こちらのは、またかよと言われそうですが、

まあまあふーふーなんですがcoldsweats01


「紅油抄手(50元)」

417_011

あれ、紅油抄手って四川料理じゃなかったっけ?

と、毎回思うのですが。

たくさんあるメニューの中で、これだけちょっと違和感。

おいしいので、よく食べていますが。

50元にしては、すごいボリュームです。

いくつ入ってる?10個ぐらい?

薄い皮なので、ペロリと入りますが~。

同じようにラー油がかかったメニューで「紅油水餃」もあります。


こちらは「〔酉+窄〕醤乾拌麺(45元)」。

417_008

豆干混じりの肉醤、キュウリにザーサイ。

トッピングの具としてはありきたりですが、

こちらの麺、なかなかうまいです。

手打ちっぽいコシのある麺と、甘辛い肉醬がよく絡みます。

いつも思うんですが、キュウリがポイントですね。

たまに人参が入っていたり、

ゆでたモヤシが入っていたりするけど、個人的にはNG。

人参の硬さは麺になじまないし、モヤシだと水っぽくなります。

キュウリのみがベスト。


珍しいところで「麻醤乾拌麺(45元)」。

718_072

実は、今のところ、この店で一番はまったのがこの麺。

ジャンクにも、麺に麻婆豆腐がかかっています。

ありえなーいと思うでしょ?

でもうまいのよ。

45元というお値段もステキです。


「鍋貼が好き!」というテーマで書き始めたのになんなんですが、

この店、実は、粉ものよりも麺のがオススメです。

すっげぇうまい鍋貼というのになかなか出会えないでいます。

次回は、本店で、うまいと噂の鍋貼を食べてみなくては。

にほんブログ村 海外生活ブログへ→参加しています。ワンクリックお願いいたします!
にほんブログ村

「鍋中傳奇 鍋貼王 北方麺館(光華加盟店)」

住所:高雄市光華二路221号

電話番号:07-3360653

(瑞隆創始店):高雄市瑞隆路368號 07-7610189

(左營店):高雄市辛亥路184號 :07-5590138

(大昌店):高雄市:大昌二路490之1號 :07-3981058

    

|

« 龍袍湯包で小籠湯包 | トップページ | 嘉義 北回帰線と初・火鶏肉飯 »

②高雄(食)」カテゴリの記事

コメント

美味しそうな麺ですね!
これを一人で全部は食べませんよね?
でも、ビールは一缶しか写ってないな……
マーボー麺に魅かれます!
ありえなーいなんて思いませんよ!
とても美味しそうです。
慶龍にもあったような……
でも、汁ありだったような。
汁なしの方が美味しそうです!

で、本店。
大丈夫ですかね?
ちょっと違いますが、アンディラウは日本のラーメンが大好きだそうですよ。
ラーメンも日本で進化したように、餃子も日本で進化したと思います。
白飯やビールと合うように、皮は薄くなり焼き目は香ばしくなったのです。
その焼き餃子と鍋貼を比べるのは、ちと酷では?と思います。
まあまあふーふーっぽいなぁ。

ところでまあまあふーふーってのは、どういう意味ですか?
もしかして娘さんが話し始めた言葉?

>外付け胃袋様
一応2人分です。
ビールは、構図の関係上、どこかに隠されてます。

マーボー麺、はまってしまいまして、昨夜は家で作って食べました。丸●見屋ですけどネ。マーボと言ったら丸●屋♪
鍋貼王のも、自作のも、乾麺で。
個人的には、乾麺のがおいしいんじゃないかなーと。
おいしいのに、超ジャンクな感じがまたいいんです。

>で、本店。
>大丈夫ですかね?
やっぱそう思います?
じゃ、今後も加盟店のでいーや。
日本のは日本の、台湾のは台湾のとして楽しみましょう。
どうしても食べたくなったら手作りです。

ちなみに「まーまーふーふー」は「馬馬虎虎」と書きまして、日本語でいうところの「まあまあ」の意味です。
娘はいっこうに話しません・・・。
「ラリラリ~」と言いながら歩いています。なぜ?

投稿: 外付け胃袋 | 2009年9月23日 (水) 01:33

お久しぶりです。ご無沙汰してます。
すっかり無精者になってしまって・・・coldsweats01
あぁ、もうメインからサイドメニュー、デザートに至るまで
おいしいものだらけですね!!!
今年はまだ訪台してないので、すごく恋しいですbearing

>あじさいさま
こちらこそご無沙汰してしまって・・・。
気づくと、えっ!もうこんなに経ってたの?なんてことばかりです。

>今年はまだ訪台してないので、すごく恋しいですbearing
あれ?そうでしたっけ?←また言ってる・・・
そっか、前回は香港・マカオでしたねー。
台湾にもぜひ遊びにいらしてくださいね~。

投稿: あじさい | 2009年9月23日 (水) 18:14

わ~い、鍋貼。ここのお店、新オープン時に見かけました。しかし、その日はご推薦のタウナギ麺を食べるためパスしたのですよ。(タウナギ麺、美味しかったです。辛いパウダー振ると甘みと辛味が絶品でした。量も多い~)

で、このお店。辛亥路のお店に行きました。こちらに来た初期は入ってからビールが無いのに気付いて愕然としたので、2度目からはお持ち帰りでビール!です。
しかし! マーボーのかかった麺、これ食べてませんよ。食べなくちゃです。すごく私のツボっぽいです。

私も焼餃子大好きなので、いろいろリサーチしてみてますが… 最近行ったところだと高雄駅の裏手方面の「佳佳香」(三民區泰安街103號)鍋貼専門店で、皮もパリッでした。店頭でじゃんじゃん焼いてます。台北にも店があって、そちらは日本人向けガイドブックにも出てるようですが…私は知りませんでした。もしかして有名ですか? ここのも、かなり美味しかったですよ~ 贅沢を言えばハネを付けてもらって、タレがさっぱりならもっと美味しいかな。
しかし、高雄は美味しいものありますね~
来月から高雄はホテル半額とか船半額とかやるらしいし、日本人もっと来ればいいのに~なんて思います。

>ねこまたぎさま
ビールないですよねー。
なんで!?って思うんですが、やっぱりないんですよ~。
台北では、ビールを置いてない店は、持ち込んでもいい店だって教えられたんですが、高雄ではどうなんでしょう?時々「酒禁止!」と壁に貼ってあるのを見かけるので、怖くて確認したことがありません。
でも、タウナギ麺にも、鍋貼にも、マーボー麺にも、やっぱりビールがあうと思うんだけどなぁ。お茶とかじゃやってらんねーよ(笑)

「佳佳香」、検索したら、永和楽華夜市でヒットしました。
確かに台北にも店舗があるようです。
写真をみた感じ、具も多そうだし、皮のやけ目もいい感じで、おいしそう!三民区のお店に行ってみなくては~。
羽根突きの餃子、台湾では、台北の「明月湯包」でしか見たことがありません。機会があったらぜひ!

>来月から高雄はホテル半額とか船半額とかやるらしいし、
へー、そうなんですか?
閑散期なんでしょうか。
来月開催の映画祭で上映される『愛的十個条件』に反発して、大陸からのツアーが中止にされたと聞いたのですが、その影響?

投稿: ねこまたぎ | 2009年9月24日 (木) 16:59

鍋貼に紅油抄手。
あたしの中ではビールの友黄金のツートップです。

それに乾麺までついちゃって、あーた、
どれだけおいしいんだか。
高雄のおいしそうな店、かなり開拓されてきたねー!!
訪問が楽しみ。

投稿: こち | 2009年9月24日 (木) 18:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174057/46243040

この記事へのトラックバック一覧です: 鍋貼王で鍋貼などなど:

« 龍袍湯包で小籠湯包 | トップページ | 嘉義 北回帰線と初・火鶏肉飯 »