« もういっちょ 自強路で牛肉麺 | トップページ | お礼のお礼のお礼のお礼の・・・ »

台北 龍山寺の周記傳統芋圓冰

イチローが大リーグ2000本安打を達成し、

今期の安打数も195本と、200本まであと5本。

イチローファンじゃないけど、やはり単純に嬉しい。

「たどりついたという感じじゃなく、まだまだ通過点」

と言ってしまうあたりが相変わらずコ憎らしいところだけど、

1999本、残り1本に達した後、すぐ次の試合の第1打席で

達成してしまうあたり、さすがイチロー!

日本人が夢を感じられるのが、スポーツだけじゃ寂しいけど、

これからも、ワタシたちに(勝手に)夢を見させてくれい。


さて、話は変わって、台北の龍山寺。

7月にまた懲りずに台北食べ歩きに行った時の、

7軒のうちの1軒ですが、順番に書いていると、

シーズンを逃しそうなので、とりあえずこの店から。

MRT龍山寺の駅ビル(?)、

龍山商場1Fのフードコートにある「周記傳統芋圓冰」。

713_184

「周記傳統芋圓冰」は、もともとMRT龍山寺駅の裏側の、

大理街という細い路地にあった小さなお店。

電話がなく、土日は不定休というから、

行ってみるまでやっているのかどうかわからないという、

ばくち的なお店(?)でした。

仕方がないので、とりあえず行って見ようかなーと思っていたら

数ヶ月前に、MRT龍山寺駅のフードコートのオープンとともに、

お店が移転したとのこと。

なら、さすがに土日はやってるだろ、と安心して行ってきました。

713_196

龍山寺の駅ビル(?)はB1Fと1Fはフードコート、

2Fと3Fは玉や宝石、時計などの売買、

占いなどのスペースもあるようです。

いかにもうさんくさそうだったので立ち寄りませんでしたが・・・。

713_191

1Fフードコートの様子です。

新しいはずなのに、まったく新しく感じないのは、

老舗がたくさん入っているから?

それとも龍山寺という立地柄?

看板は新しいのにもう何十年間も前からあるような~。

ちなみに営業時間は10:30~21:30です。

713_193

このお弁当屋さん、なんかうまそうな気が~。

台北で排骨飯60元って安いし。蝦捲飯65ってのも気になる。

が、ここに来る前に、5軒はしごした後だったので、

さすがにもうムリだった。ヘタレでゴメン。

713_195

さて、お目当ての「周記傳統芋圓冰」。

「総合1椀」と言って、スツールに腰掛ける。

お金は先払いでも後払いでもどっちでもいいみたい。

713_187

これが「総合冰(35元)」。

有名な永康街のマンゴー冰みたいに、

どんぶりに山盛りって感じじゃなく、

お値段も小ぶりなら、お椀も小ぶり。

ご飯茶碗の一回りくらい大きな器に、ほどよくちんまり。

1人でしゃしゃっとかきこめる量です。

713_198

総合の中身は、大・小紅豆、緑豆、湯圓、芋圓、芋頭。

湯圓、芋圓はオーダーが入ってから茹で上げてくれます。

713_203

茹で上げ=アツアツだから、

その熱で、氷があっという間にほどよく解けます。

周りの皆さんに習って、

ざくざく氷の山をつぶしてまぜまぜして、

いっただっきまーす。

713_204

じんわりやさしい甘さの黒糖シロップ、

QQのゆでたて湯圓と芋圓、

芋頭(タロイモ)はねっとりと自然の甘さで。

713_214

おなかいっぱいだったんですが、するする入りました。

今まで、マンゴーかき氷など、食後にしては量が多すぎて、

食べるタイミングがわからないと思ってましたが、

伝統的なかき氷は、食後にすんなり胃におさまり、

むしろ、食べる前よりも胃が落ち着いている感じです。

713_210

ちょっと感動しました。開眼したというか。

皆さん、ツールに腰掛けて、さらさらっと流し込んで、

ぱぱっと立ち去っていきます。

まるで駅の立ち食いそばみたい。

龍山寺には、ほかにも「龍都」など、

行列ができる氷屋さんがありますが、

地味だけど、このお店もオススメです。

にほんブログ村 海外生活ブログへ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!
にほんブログ村

「周記傳統芋圓冰」

住所:台北市和平北路三段120號

|

« もういっちょ 自強路で牛肉麺 | トップページ | お礼のお礼のお礼のお礼の・・・ »

⑧台北(カフェ&デザート)」カテゴリの記事

コメント

んー、やっぱりまだまだ台湾は暑いからさ、
カキ氷はどうしても食べたくなっちゃうよね。
あたしも新規開拓しようと思って探してるところよ。

ここもうまそうね。
なにより、黒糖ってところがかなりポイント。
いいな~

>こちさま
ちょっとついでのない場所なんだけどねー。
アテンドで、MRTで龍山寺に行くことがあったら寄って見て~。
安いし、しぶーい雰囲気がいいから。
黒糖が疲れた胃にじんわりやさしかったよん。

投稿: こち | 2009年9月 7日 (月) 19:54

まず。
駅ビル?
あのアヤシチカガイではなくて?
台湾もかなり箱物好きですよね。
でも、こっちはいろいろ美味しそうで気になります。

で、カキ氷。
シンプルだなぁと思っていたら、中に入っているのですね。
美味しそうです。
茹でたてってのが良いですなぁ。
冷え冷えだと湯圓や芋圓ってちょっと固くありません?
私だけかな。
個人的には、モチモチなくらいで食べたいので、茹でたてってのはとっても気になります。
あと、黒糖とタロ芋の自然な甘味も。
まだ台北は暑そうですね。
食べたーーーい!

>外付け胃袋様
うーん。たぶんビル。
でもビル自体は前からあったっぽくて、
1Fのフードコートが新規開幕したのかな。
だからか、全体的になーんとなくセピア?レトロ?
こういう雰囲気が好きな人には、ちょっといいフードコート(食堂街?)ですよん。

で、カキ氷。
高雄には黒糖シロップをかけただけのかき氷があるらしいのです。むしろこっちが主流なんだか。まだ食べたことないんだけど。
で、龍山寺の黒糖かき氷は、中身もいっぱいです。
外付けさんに言われてなーるへそ!でしたが、だからオダンゴ類がほどよくQQだったのか!
確か、+5元すると、各トッピングが大盛りにできるらしいです。
タロ芋もっと食べたーい!

投稿: 外付け胃袋 | 2009年9月 8日 (火) 01:15

このお芋の入ったのは、食べたことありませんね。果物山盛りのはすごいボリュームだった。台湾の人たち、本当に良く食べているように見えますが、なぜ太らないの?

>minさま
フルーツがのったかき氷は最近の流行で、もともとの伝統的なのは、お豆や芋類がのったかき氷のようです。派手じゃないけど、やさしい味で、なんとなくminさんは、こちらのほうがお好みなんじゃないかと思います。

>台湾の人たち、本当に良く食べているように見えますが、なぜ太らないの?
本当に!
体質なの!?

投稿: min | 2009年9月 8日 (火) 16:00

きゃ~~~~~~!!!!!
美味しそう!!

龍都は行ったことあるですが、
こちらも素敵!
一人でもOKな小さめサイズもよいですね~
(一人旅が多いので、ついつい^_^;)

マンゴーの季節だとどうしてもマンゴー食べてしまいますが、八宝氷もほっとり美味なんですよね。
ああ、食べたくなってきました!!

>treeさま
でしょ!?
お一人サイズってのがまたいいですよねー。
大盛りシェアって、ちょっと面倒くさい時もあるし(爆)

そろそろマンゴーの季節も終わりだし、次回来台の際には、こんな伝統的な氷もいいかもしれませんね。
このお店、駅から近いし(っていうか駅だし)、行きやすいですよ~。

投稿: tree | 2009年9月 8日 (火) 20:49

豆、芋、湯圓や芋圓…
キケーン!!キケーーン!!!
キケンなものは魅力的w
やっぱねー、湯圓、芋圓…これは
台湾でないと食べられないんですよう~~(泣)
よく店で持ち帰り用に茹で上げるだけの
湯圓売ってるじゃないですか。
立ちすくんで悩むほど買って帰りたいんです。
でもやはり止めておきます。
龍山寺近辺も変わってから
あまり行かなくなってしまいました。
黒糖のかき氷、食べに行きたいーーー。

>nikoさま
キケン?
そんなにキケンきた?
じゃあ危険警報発令でーす!?

持ち帰りで茹でるだけの生湯圓や芋圓、悩んじゃう気持ちわかります。ワタシもいつに悩んでます。
でもきっと台湾で、店でしか食べられないからおいしいんです!
(面倒くさいっつーのもあるけど・・・)
だからまた来てください!
で、黒糖のかき氷もぜひ食べてみてください!

投稿: niko | 2009年9月 8日 (火) 22:38

龍山寺ですね。
かき氷…日本じゃ食べないのに、台湾行くと
食べたなくなるのはなぜ?!
暑いからかぁ~(^_^;)

>senchanさま
そういえば日本では食べませんね。
子供のころはけっこう食べましたが。
今では祭りくらい?
祭りでも食べないか。
暑いからなのか、時間の流れ方なのか。
台湾って、どんなに発展しても、やっぱりどこか昔っぽい。

投稿: senchan | 2009年9月 9日 (水) 00:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174057/46138405

この記事へのトラックバック一覧です: 台北 龍山寺の周記傳統芋圓冰:

« もういっちょ 自強路で牛肉麺 | トップページ | お礼のお礼のお礼のお礼の・・・ »