« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

台北に4時間ショートトリップ(参)

豚インフルエンザ、えらいことになってきましたね。

ダンさんの会社でも、マスクなど防護グッズが届き、

各自、家に2週間分の食料を備蓄するよう指導されました。

6年前にSARSが発生した際に、すでに台湾在住だった方は、

あの頃のことを思い出し、不安や心配も切実なのでは。

ワタシはと言いますと、正直まだピンと来ていないというのが

本音なのですが、メキシコやアメリカに知人がいることや、

SARSの時とは違って、現在海外暮らしであること、

まだ小さな子供がいることなどもあり、

なんだか毎日ざわざわした気分です。

とりあえず、明日の労働節からの3連休、

買出し・備蓄に励みたいと思います。


さて、そんな不安がまだなかったころの節、

清明節の食べ歩きの話にいきたいと思います。

4時間でどこまで食べられるでしょう!

第3弾は、MRT雙連駅前の「正宗福州胡椒餅」。

45_013

もともとは第1弾の予定だったのですが、

開店は7時からだけど、胡椒餅は12時から開始とのことで、

「阿桐阿寶四神湯」屋台の魯肉飯に続く、第3弾に。

3軒目ともあって、すでに、ダンテかスタバで冷たいコーヒーでも

飲みたい気分になりつつあったのですが。暑かったし。

でも、ここまで(どこまで?)きたら、初志貫徹ということで、

暑い中、あつあつの胡椒餅を、気合で食うぞー!

45_053

と思ったら、12時。

まだ、釜の調整中でした。

「胡椒餅は12時から」というのは、

「12時から焼き始める」ということだったのですね。

店主の言葉に偽りなし。。。

仕方がないので、店主が胡椒餅を焼く様子を眺めつつ、

さらに待つことに。あちー。

45_052

胡椒餅に使用する、大量のネギが、無造作に道路わきに。

こちらで使用するネギは、高級な宜蘭の三星ネギらしいのに、

誰かがぶつかってこぼしちゃったらどうするんだろう!?

と、ネギわきに立って、待っている間中、

その誰かになったらどうしようと緊張してドキドキ。

45_055

焼いている15分ほどの間、

できの悪いものをこまめに取り除いたり、

ドラム缶のようなオーブンの下にある空気穴を開いたり閉じたり、

店主の表情は真剣そのもの。大忙し。

愛想がいいわけじゃありませんが、

信念をもってやっているというのが伝わってきて好印象。

さて、待つこと15分。

ようやく焼きあがった「胡椒餅(40元)」。

45_056

焼きあがる直前にやって来たどこかのオヤジが、

焼きあがったばかりの1個目を、店主が袋に入れた瞬間、

邪魔にならないよう少し離れた所に立っていたワタシを差し置き、

手を伸ばして受け取ろうとした時は、

おいおいおいおいおいおいおいおい!!!!!!!!

と、真顔でつっこみたくなりましたが、

店主が、やんわりとオヤジを制して、

ちゃんとワタシに1個目をくれたときは、

そうそうそうそうそうそうそうそう!!!!!!!!!

と、笑顔でうなずいてしまいましたヨhappy02

45_062

焼きあがったばかりの胡椒餅は、まんまるとしていて、

焼き目もこんがりと均一です。

前にどこかで食べた胡椒餅は、こげている部分や、

そうでもない部分があったのに比べると、

形も焼き目も、すごくキレイな胡椒餅です。

ガブリとかぶりつくと、歯にささりそうなほどパリパリの皮と、

あふれる肉汁の洗礼。おいしーいheart04

胡椒がキツすぎないので、お肉とネギのうまみを、

純粋に味わうことができます。

ネギが甘くておいしくて、胡椒餅において、

このネギが主役の1つであることがよく分かります。

60年ほど前に、中国福州から移り住んだ、

今の店主のお父さんが開いたというこのお店。

厳選した材料、丁寧で伝統的な作り方、

そしてぶっきらぼうだけど信念を持っている店主。

待つかいのある、おいしい胡椒餅でした。

(続く)

にほんブログ村 海外生活ブログへ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!
にほんブログ村

「正宗福州胡椒餅」

住所:台北市民生西路55号(MRT雙連1番出口よりすぐ)

電話番号:JP +81 225218413 Call

| | コメント (9) | トラックバック (1)

台北に4時間ショートトリップ(弐)

さて、唐突に本題。

4時間でどこまで食べられるか!?の続きです。

「阿桐阿寶四神湯」からMRT雙連まで戻る途中、

もしかして12時くらいから営業してるんじゃないの?

と、しつこく「雙連街魯肉飯」「満庭香魯肉飯」まで行ってみたものの、

やはり2軒とも開いておらず。

休みなら休みで「清明節のため、本日休み」とでも

書いておいてくれれば諦めもつくのに、

もしかして、テキトー大らかなせいでまだ開いてないだけなのかも?

などと思うと、お店の前を立ち去りがたし・・・。

と、「雙連街魯肉飯」の脇に、なにやらうまそげな屋台が。

地元の人で、テラス席(?)は満席状態です。

そういえば、行きに通った時も、まだ早い時間なのに、

お客さんがたくさんいたような記憶が~。

これはもしかしておいしいんじゃないの?

メニュー(看板)を見ると、おあつらえ向きに魯肉飯もあるし

自分A:もう行くしかない?

自分B:いっとけいとっとけ!

で、いっときました。

45_042

店の名前は分かりません。

「雙連街魯肉飯」の路地向かい、

雙連街から民生西路に出る直前あたりにある屋台(店?)です。

45_043

いただいたのは、もちろん魯肉飯。

そして、いっとけいっとけ!というBの声にしたがって「鶏捲」も。

45_048

魯肉飯は、クセのない味付けのそぼろ状のお肉で、

あまり脂の多くない部位を使っているようであっさり。

すごく食べやすくて、おいしいのですが、

個人的にはもう少しクセがあってもいいかな、という感じ。

香菜をちらすか、醤油を少したらすか、七味をパラリするかで、

味がしまりそうなんだけどなぁ。

あっ、今思いついた、吉●家の牛丼の味付けに似てます!

45_044

続いて「鶏捲」。

ゆばで、豚肉や玉葱などを練ったものを捲いて、

カラリと揚げた、お酒のつまみ。←うそ。

捲いているのは豚肉なのに鶏捲。これいかに?

これについては、最近読んだ本で回答を得ました。

45_047_2

鶏捲のルーツは、福建省石碼村がルーツで、

17世紀、福建省の開拓移民が台湾に移り住んだ時に、

一緒にわたってきたもので、その当時は、

ゆばで鶏肉を捲いた「石碼捲」と呼ばれるものだったそう。

その後、食うにも困る時代がおとずれ、鶏肉が手に入らなくなり、

鶏肉の代用として、あまりものの豚の切れ端を使って

作るようになったのが、現在の鶏捲。

今も、鶏捲と呼ぶのは、鶏を使っていた時の名残なのか、

台湾語の「あまりものの(余剰)」という単語と「鶏」の発音が、

似ているからだとかなんだとか。

とまあ、うんちくは置いといて「鶏捲」。

45_050

カラっとあがったゆばのパリっという食感と、

豚肉のうまみ、玉葱やクワイ(多分)の歯ごたえがいいバランス。

パリッ、じゅわっ、サクッで、音の三重奏。

豚肉が大きめなのもいい感じ。

これは、ビールによく合います。飲まなかったけど。

付け合せの、大根でつくった酸っぱい漬物が、いい箸休めに。

いっとけいっとけの勢いで入ったお店でしたが、満足満足。


腹ごなしに、少し遠回りして、また市場の中を通りながら、

MRT雙連の駅前に戻ります。

さ、胡椒餅は焼けたかな?

現在、12時少し前。

にほんブログ村 海外生活ブログへ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!
にほんブログ村

「店名不明」

住所:台北市雙連街3号か7号(「雙連街魯肉飯」のすぐわき)

電話番号:不明

| | コメント (3) | トラックバック (0)

台北に4時間ショートトリップ(壱)

もう数週間前のことですが、

ダンさんが「日曜日、ゴルフに行ってもいい?」と聞くので、

腹いせに「じゃあ土曜日台北に行ってもいい?」と聞き返したら、

しぶしぶながら(気持ちよく?)OKが出たので、

子供をまかせて、台北にばびゅーんと遊びに行ってきましたbullettrain

こんなん初めてのことなので、もうすごくウキウキで。

友達に連絡して出てきてもらおうかなー

リーサル・ウエホン微風広場に買い物に行こうかなー

誰かのブログで見たあのカフェに行ってみようかなー

などと、いろいろ悩んだのだけど、

週末の、しかも清明節だったので、お墓参りもあるだろうし、

家族団欒を邪魔するのもなぁなどと迷っているうちタイムアップ。

何がどうしてこうなったのか、

「女1人、4時間で何軒まで食べ歩けるのか!?」

みたいなことをしてしまいました。

今思えば、貴重なフリータイムに、

なんでこんな(バカな)ことやったんだろ?って感じなんですが~。

1人なら1人なりに、美容院に行くとか、ショッピングするとかねぇ。

でも、店をリストアップし、何度も地図をながめ、

効率のいい移動方法など考えているうちに、ワクワクドキドキ。

実は、ワタシ、スケジュールたてたりするのが大好きなんです~heart04

そんなワケで、完璧な(?)スケジュール表片手に、

9:06左営站発の高鐡(台湾新幹線)で、

いざ、食べ歩きの旅に出発でーす!

新幹線では、なんと、贅沢にも商務車(グリーン車)に乗車。

清明節で混んでいるだろうし、たまには贅沢しなさいと、

夫ダンさんがネット予約してくれたのです。

おかげで、駅でチケットを購入する際も、

商務車用のがらすきのカウンター利用でラクチン。

車内も、途中までは1車輌貸切状態で、

サービスされるコーヒーやお菓子を食べつつ鼻歌ラララ~♪

10:42台北着、MRTで2駅の雙連駅に移動です。

まずは駅前の「正宗福州胡椒餅」で胡椒餅をいただきます!

45_013

と思ったら、お店は7時開店だけど、胡椒餅は12時からとのこと。

出鼻をくじかれた感じではありましたが、

1時間もうろうろ待っているのはなんなので、

胡椒餅は後回しにすることにして、

市場をひやかしつつ、次の店に向かいます。

今回は、台北にいられる時間が約4時間、

移動などを差し引くと、正味3時間ほどだったので、

お店の営業時間や休日など、あらかじめ、

かなり詳しく調べてきたつもりだったのですが。

うーん。イヤな予感が~。

45_015

と思ったら、悲しいことに大当たり。

次に予定していた「雙連街魯肉飯」、

その次に予定していた「満庭香魯肉飯」ともにお店が開いていない!

営業時間がいい加減な大らかな台湾のお店とはいえ、

9時開店が11時に開いていないってのはさすがにヘン?

しかも2軒連続で。死神降臨か?

45_017

天気予報で寒いと言っていたから長袖で来たのに暑いしっ!

と、天気に八つ当たりしながら、4軒目の「阿桐阿寶四神湯」に。

まさかここも空いてないんじゃないでしょうね?

と思ったら開いてました。でもまだ準備中とのこと。

おいおいおいおい。11時からじゃないのかよっ!

と、普段ならそんな誤差範囲のこと、

わはは台湾だねぇと笑えるのに、

4軒目にして未だ何も食べられない苛立ちからannoy

45_018

と思ったら勘違いで、数メートル先の本店舗の方は、

すでに開店していました。

あらためて紹介、「阿桐阿寶四神湯」です。

45_020

次があるので、肉粽か肉包のどちらかだけと思っていたのですが、

何軒もふられて、もう辛抱たまらん!

と、両方オーダー。魚丸湯もね。

45_026

まずは肉粽(40元)。

45_023

伝統的な北部風らしいこちらの肉粽、

箸で割ると、大きな豚肉、焼き栗、椎茸、卵の黄身がゴロリ。

おこわの部分は、濃すぎず、油っぽすぎず、

ほんのり醤油のやさしい味わいで、もっちりもちもち。

豚肉は、脂身の多い豚バラ肉ではなく赤身のお肉で、

やわらかいけど、歯ごたえも十分にあるタイプ。

あっさりとしているけど味があって、

このお店の粽、かなり好きです。

45_034

続いて「福州魚丸(40元)」。

45_024

「福州」魚丸なので、中に肉餡の入ったこのタイプ。

ふわふわハンペン状のつみれだんごの中に、

甘辛い味付けの豚ミンチ。大好きっ!

十分においしかったけど、ふわふわだんごの部分に、

汁が吸い込みすぎたのか、もっちり感が失われているのが残念。

スープは、台湾によくある、これお湯?という薄味のものではなく、

塩気とうまみが十分で、とてもおいしかったです。

でも、今思えば、看板メニューの「四神湯」にしとけば

よかったかもとプチ後悔。

最近読んだガイドブックに、このお店の「四神湯」が、

台北一おいしいと、紹介されてたんですよね~。

「福州」の文字を見ると、「魚丸湯」を反射的に注文してしまう~。

リベンジ決定!

45_041

そして「肉包(15元)」。

45_027

かなり大ぶりの肉マン。でも15元。安い。

ふわふわなのに、かむともっちりとしていて、うまい!

中の肉餡も、かなりしっかりとしたお肉で、

肉汁もたっぷりだけど、肉を食べているという満足感があります。

味付けは、そんなに濃くなく、漢方っぽくもないので、

子供でも食べやすそう。

これは、近所ならしょっちゅう食べてますね。おいしいです。

45_039

そんなワケで、4軒目にして、やっと台北小吃にありつけたワタシ。

で、ふと思い当たりました。

(何度も書いたけど)、今日って、清明節?

お店がやってなかったのは、死神降臨でも、

台湾が大らかだからでもなんでもなく、お墓参りか~。

なるほどなるへそ。

今日の格言、台湾の「節」には気をつけろっ!

4年も住んでて、何をいまさらの格言ですね・・・。

にほんブログ村 海外生活ブログへ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!
にほんブログ村

「阿桐阿寶四神湯」

住所:台北市民生西路153号

電話番号:02-2557-2367

| | コメント (7) | トラックバック (0)

ブランチなら許される?牛牛牛バーガー

「この週末は」

という書き出しで書こうと思ってたんですが、

なんかあっという間に木曜日で。

もう次の週末が見えているのに、

この週末ってのもどうかなーと思うのですが、

でもまあ、気にせずに。

この週末は、朝マック、昼モス、

そして翌日ブランチはバーガーキング(漢堡王)と、

なんだかファストフードざんまいで。

しかも、ブランチならいいよね!?ということで、

4月11日に新発売、「犇来了!」のCMが印象的な、

バーキンのトリプルバーガー「飛犇」をいただきました♪

420_016

チーズ風味のマヨネーズ、ベーコン、チーズ、

そして、ビーフパテが1枚なら「牛犇」、

2枚なら「快犇」、3枚なら「飛犇」という名のこの新バーガー。

1度は食べとかないといかんでしょ!ということで、

迷わず「飛犇」、しかもポテト・コーラのセットでいってみました♪

420_025

バンズ、マヨネーズ、ベーコン、

チーズ、パテ、チーズ、パテ、チーズ、パテ、

で、バンズ。

ヘルシーさのかけらもないバーガーですが、

その名に恥じぬ肉肉しさ。

いや肉肉肉しさ。

バーガーとしての完成度からすると、

ワッパーの方がいいかなーとは思うのですが、

この迫力、ボリューム感、すごいわ~。

420_028

日本のバーキンには、ダブルワッパーはあっても、

トリプルパテのバーガーはないようです。

と言っても、日本には、食材の増減ができるので、

4オンスビーフパティ(170円)を追加すれば、

トリプルワッパーにもできるのですね。

アゴがはずれそうだ~。

本家アメリカのバーキンには、このトリプルワッパー、

ごく当たり前に定番商品のようです。さすがです。

とまあ、日本やアメリカのことはおいといて、

台湾の「飛犇」セット、179元で、おなかいっぱいです。

メタボラブなあなた、迷わずいっとけ~。

にほんブログ村 海外生活ブログへ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!
にほんブログ村

外付けさんに、トラックバーーーーックtaurustaurustaurus

| | コメント (6) | トラックバック (1)

アンケートに答えてCoCo壱カレー

唐突ですが、謙遜(?)でもなんでもなく、

ワタシはそんなに運のいいほうではありません。

すごく不運ってほどではないんですが、

あーついてないねーってことがけっこう多いです。


たとえば旅行。

旅先でしょっちゅう雨にあたるなんてのは序の口、

台風が来ないといわれている地域で台風に直撃したり、

雪が降る時期じゃないのに大雪が降って

チェーンを買わなきゃいけなくなったり。

試験やクイズでも、2択は確実にはずします。

竹下恵子さんが3択の女王なら、さしづめワタシは2択の女王?

おかげで、あと1点足りず、同じ試験に4回落ちたことがあります。

あーあそこで(分からないながらも)なんでBじゃなく

Aにしておかなかったんだろう・・・と思っても後の祭り。

もちろん実力不足が主たる理由なんですが。


さて、話は変わって、CoCo壱番屋

ご存知、愛知が誇る、カレーの一大チェーン。

昭和57年の創業で、国内1171店、国外26店、

台湾には、台北3店、高雄2店で、合計5店舗あります。

台北駅近く、漢口街にある1号店の店舗が、

前はハウス食品系列のカレーショップだった関係で(か)、

台湾CoCo壱は、今でも、ハウス食品と提携しているようです。

台湾のお店は、日本のファーストフード的な雰囲気とは違い、

男一人カウンターでガツガツ、ではなくて、

家族や恋人とデザートやドリンクまでのんびり楽しむ

レストラン+αといった感じのお店。

当然、10%のサービス料も発生します。

118_079

テーブルにおいてあるアンケートは、昭和62年に開始。

日本と同様、台湾の店舗にもあり、

中国語でも日本語でも答えられるようになっています。

日本の店舗とは違い、オーダーしてから少し待つので、

その時間を利用して、名前だの、年齢だの(ほっとけ!)、

サービス何点だのを書き込みます。

日本語だと書きにくい苦言も、

ヘタクソな中国語でなら書き込めるから不思議。

白飯をもっとあたたかくしてほしい、だの

何度店員を呼んでも気づかなかった、だの

愛情を込めて、いろいろ書き込んだ結果、

話戻りますが、

118_081

なんと、あたりました!

CoCo壱番屋の礼券500分!

レシートくじ(統一発票)の200元ですら、ずっとあたってないのに、

運気変わった?風がふいてる?アタリ年?

とにかく、10年前に、O脚矯正ベルトがあたって以来の快挙です!

やっほーい♪

320_045

と、さっそく、礼券を使って、漢神巨蛋のCoCo壱に行ってきました。

ミックスフライカレーご飯200gと、

323_010

カツカレーチーズトッピングと、

323_011

サービス料10%で、はかったみたいに495元。たまたまなんですが。

つりはいらねーぜ(というか、でない)と礼券を差し出し、

味をしめて、またアンケート箱に投入して帰ってきました。

またあたらないかなー。

はらたいらさんに3千点~。 

にほんブログ村 海外生活ブログへ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!
にほんブログ村

| | コメント (8) | トラックバック (0)

COSTCOで牛肉捲と蛤蜊濃湯

今日は朝からもあ~っといい天気。

日本同様、なかなか春(夏)らしくなりきらなかった台湾ですが、

ようやく春(夏)到来かな?

暑いの苦手なんで、全然嬉しくはないはずなんですが、

あーやっときたか。むふ。などと思ってしまう不思議。

さて、そんな暑い中、お向かいさんからお誘いを受けて、

COSTCOに買い物に行ってきました。

COSTCOは、ご存知、会員制のスーパーマーケットで、

日本ではコストコの名で知られていますネ。

余談ですが、このコストコという呼び名については、

日本通の台湾人から指摘されて、

悔しいというか恥ずかしい思いをするものの一つで・・・。

ま、そんなことは置いといて。

このCOSTCO、あたりまえですが、会員制というからには

会員でないとお店に入ることすらできません。

万事、差不多な台湾においてもこれ然り。

ただし、会員が2名までの友達を連れて行くことは可能なので、

今回はそのお友達枠で連れて行ってもらった次第です。

ちなみに、年会費は台湾1,200元、日本4,200円で、

どちらも配偶者カード1枚が含まれています。

メンバーカードは世界中のCOSTCOで使用可能なので、

今のレートからすると台湾で申し込んだ方が若干お得?

精算は会員のみ可で、台湾では、現金、中國信託聯名VISAカード、

AMEXカードでの支払いが可能です。その他のカードは不可です。

2名までの友達に、18歳未満は人数に含みません。

店舗のことを「倉庫」と呼ぶだけあって、華美な装飾はなく、

天井高くまで積み上げられた商品は、まるで荷物のよう。

1個単位、100g単位の価格は確かに安いのですが、

とにかく1パックの量が多いので、

本当に使いきれるかどうか考えてから買わないとエライことに。

今回は、スパゲッティ500g×6、ベーグル12個、

ホットケーキミックス10LB(4.53kg)など買いましたが、

これらがなくなるまで何ヶ月かかることやら。

413_094

↑は、連れて行ってもらった上に、

ごちそうになってしまった、COSTCOのホットミール。

「牛肉捲(niu2 rou4 juan3)」と「蛤蜊濃湯(ha2 li2 nong2 tang1)」。

413_095 

「牛肉捲」はそのものズバリ、牛肉を小麦粉の生地で捲いたもの。

生地はブリトーっぽい感じで、牛肉、チーズがたーっぷり。

おいしいですが、ものすごいボリュームです。

女性なら、2人で1本くらいがちょうどいいかも。

ビールを飲むつもりでも、1/2本くらいでいいかも。

413_102

「蛤蜊濃湯」はクラムチャウダーのこと。

こちらも具沢山でボリュームたっぷり。しかも濃厚です。

あさりやベーコン、じゃがいももゴロゴロ。生クリーム~。

これはボストン風なのかな?

とてもおいしいです♪

クラムチャウダーとは2枚貝をつかったスープの総称のようなので、

はまぐり→蛤蜊(ha2・ge2 li2) はまー

あさり→海瓜子(hai3 gua1 zi3)、玄蛤(xuan2 ge2)

しじみ→硯仔(yan4 zi3) らあー

かき→蚵仔(he2 zi3) おーあー

(※最後のひらがなは台湾語の発音)

どれを使ってもクラムチャウダーなのかな?

会員になるかは検討中。

パンパースが1枚6元か~。迷うなぁ。

にほんブログ村 海外生活ブログへ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!
にほんブログ村

| | コメント (6) | トラックバック (0)

エビ捲もいいけどカキ捲もGood!

毎日暑いです!

し、湿気も多いです!

エアコン除湿、かつ、除湿機フル回転~。

あっという間に水が満杯にたまります。

友人が「この水何かに利用できないかしら?」と言っていたのを

たまった水を毎回捨てるたびに思い出すけんこうです。

太陽光発電、風力発電に続き、

湿気発電みたいなの発明できないかなぁ。エコ~。


さて、少し前ですが、台南まで車で行ってきました。

今回が3回目です。

いつものように行き当たりばったりで、

あの有名店で擔仔麵を食べておけばよかった、

肉圓に初挑戦すればよかった、久々に南部粽も食べたかった、

町外れにあるという人気の豆花を食べに行けばよかった、

などと思うのも今回が3回目。

周氏蝦捲に行かなかったのは、並ぶのがイヤだったからだけど。

車で行ってるから、ビール飲めないし魅力半減だからだけど。

ま、次があるさ。


で、今回は、安平の古市街(老街)をぶらついて、

エビせんべいや蜜餞(ドライフルーツの漢方漬け)を買って、

往路なんとなく気になっていたお店で、

復路エビワンタンとカキ捲きを買い食いしました。

329_25 

余談ですが、安平の古市街は、台湾一古い商店街なんだそう。

日曜日だったからもあるだろうけど、すごくにぎわっていて、

人気のあるお店には人がむらがっていました。

日本人はあまり見かけず、「多少銭?」と聞いただけなのに、

「なんで中国語が話せるの!?」とビックリしてもらいました。

329_32

これ↑がカキ捲きを買ったお店。

古市街の中心くらいにあるお店で、台南名物の「蝦捲」や「蚵捲」、

揚げパンの中にシチューを入れた「棺材板」などが食べれます。

それなりに人気店のようで、店内はほぼ満席で、

オヤジもフル回転で揚げまくっていました。

329_45

「カキ捲(蚵捲)50元」は、新鮮なカキをメインに、

黄ニラ、ネギ、セロリ、魚のすり身、豚肉などと一緒に、

豚の網脂で包んで、サツマイモの粉をつけて揚げた物(らしい)。

周りはサクっ、中はカキのエキスがじゅわっとジューシー。

初めて食べましたが、これはうまーい!!!

むしろ蝦捲よりもおいしいかも=ビールに合うかも~。

329_52 

こちらは「炸蝦仁ワンタン」。

7個だったか9個だったかで50元。

なんで奇数?

ちなみに1個多く食べたのはダンさんです。

329_38

小ぶりのワンタンは、皮はカリカリに、中はふんわり揚がっており、

こちらも美味=ビールに合いそう。

一口タイプなので、竹串でさしてパクリとできるのがいいです。

片手にビール片手にワンタン。

あらステキ♪

329_48

さて、安平名物のこの〔虫+可〕捲、

安平路から古堡街に入るところに「陳家〔虫+可〕捲」という

行列ができる老舗があります。

すぐ近くの安平港にあがるカキを商いしてきた

陳家が始めたこのお店は、周氏蝦捲と並ぶ、安平の人気店。

お店のすぐ脇のスペースでは、近隣のおばちゃんたちが、

せっせせっせとカキ殻をむき、

トラックいっぱいにつまれた殻がどこかに運ばれていったり。

こちらのお店では、カキ捲だけでなく、

〔虫+可〕仔沙西米(カキ刺身)や〔虫+可〕仔酥(カキ唐揚げ)

などもいただけるようです。

いつか、行列が短い時に食べてみたいと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログへ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!
にほんブログ村

「瑞珍」

住所:台南市延平路120号

電話番号:06-2219597

| | コメント (7) | トラックバック (0)

店名は忘れちゃったのだけど・・・

もう2日も前のことですが、エイプリルフールでしたねぇ。

台湾では、多分、愚人節(yu2 ren2 jie2)と言いますが、

みなさま、どんな嘘をつきましたか?

ワタシは、「昨日の夜ねー ○○(娘)が逆立ちしたんですよ~」

ってのを姑と夫に。

二人とも「うそっ!?」って。

嘘に決まってますやん。1歳ですよ。体操選手じゃあるまいし。

素直でステキな家系です☆


さて、台北から高雄に来て、もう何ヶ月?

思い出すこと・人・店はたくさんあるのだけど、

その1つが、自分でも意外なこのお店。

名前は思い出せないのだけど、

光復北路と民生東路の交差点から少し南下した右手、

85℃の対面くらいにある、夜食・朝食店の「蒸餃(zheng1 zhao3)」。

確か、「四海」だったか、「永和」だったか、

そんなようなよくある名前の朝食店のその蒸餃。

でも同じ名前でも、メニューがちょっとづつ違うのよのその蒸餃。

1022_036

この1個たったの6元の、ボリュームたっぷりの餃子が、

今、

食べたい!

食べたい!!

食べたーい!!!

1022_037

中身は、豚ミンチのほか、キャベツとなんと人参。

蒸餃といいつつ焼いてあります。うまいの~。

野菜がたっぷりだから、きっとヘルシーだよね?

だからいっぱい食べても大丈夫だよね?

ビールももう1杯飲んでも大丈夫だよね?

の蒸餃。

1022_040

光復北路と民生東路の交差点付近に行ったらぜひどうぞ!

ただし、朝食・夜食(宵食)店らしく、夕方開店して、

昼前には閉店してしまいますのでご用心。

ビールにめっぽうよく合いますよ~。

あ、もちろん、豆乳とか、包子とか、

いわゆる朝食店らしいメニューもそろってますよ~。

正直、蒸餃以外は特筆すべきものはないのですが・・・。 

にほんブログ村 海外生活ブログへ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!
にほんブログ村

住所:不明(光復北路と民生東路の交差点から100mほど南下右手)

電話番号;不明

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »