« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

邪道かもしれないけど・・・高雄で外帯 周氏蝦捲

3月も明日で終わり。台湾はいよいよ夏本番?

店頭にも、マンゴーやスイカが並ぶようになってきました。

今、食べられるのは、「土芒果(tu3 mang2 guo3)」という、

台湾原種(に近い)、小ぶりで青リンゴのような色合いのものや、

「金煌(jin1 huang2)芒果」という、黄色く、

ペリカンマンゴーを超巨大にしたようなもので、

日本人が好きな、アップルマンゴーこと「愛文(ai4 wen2)芒果」が

出回るには、まだ少しかかりそうです。

「土芒果」は、出回る時期が短く、まさに今が旬。

繊維が多く、上品にカットして食べるのには向かないため

皮をむいたら、流しで腰をかがめ、かぶりつくのがベター。

果肉は固めで、香りが強く、甘酸っぱいです。

「金煌芒果」は、大きくて食べ出があり、

味も香りもキツくないので、食べやすいマンゴーです。

それぞれに特徴があるので、フレッシュで食べる時はもちろん、

ドライマンゴーを購入する時も、食べ比べてみるのも楽しいかも。


さて、話は変わって、久々に、

周氏蝦捲(zhou1 zhi4  xia1 juan3)」を食べました。

323_052

外帯してきて、自宅で、withビールで。

もちろん、台南からテイクアウトしてきたわけでなく、

高雄のデパート「大立精品」の地下の美食街で買ったもの。

蝦捲で有名な台南の「周氏蝦捲」は、

馬英九氏が国賓を歓待したことでも知られ、

食事時や休みの日ともなれば、

店の前は車を停めようとする人でごったがえし、

旧正月の時などは、そのせいで渋滞まで起き、

警察が交通整理までするという人気ぶり。

もともとは、擔仔麵のお店だったことから、

蝦捲だけでなく擔仔麵も人気で、

また、馬氏が国賓を歓待した時にちなんで、

前日までに予約すれば、10名、3500元からで、

「國宴風味餐」というコース料理もいただけるそう。

323_061

長い前置きになりましたが、その「周氏蝦捲」、

台南の安平路に2店舗、中山路に1店舗あるほか、

高雄にも、デパートの大遠百貨、大楽、大立精品にも3店舗。

台南安平路の2店舗は、ひっきりなしに混んでいるけど、

邪道かもしれないけど、高雄のお店のアイドルタイムなら、

そんなに混んでいないので、並ばずに、フードコートで食べたり、

テイクアウトすることができます。

323_050

麺もいいけど、ビールと一緒にということであれば、

蝦捲(xia1 juan3)、黄金海鮮派(huang2 jin1 hai3 xian1 pai4)、

花枝丸(hua1 zhi1 wan2)の3品。

323_067

蝦捲は、エビのミンチに、豚肉、ねぎ、魚のすり身などを加え、

豚の横隔膜(背網?)で包んで揚げたもの。

黄金海鮮派は、エビ、イカ、タラのすり身をコロッケ風にしたもの。

花枝丸は、イカを荒くミンチにしたものを素揚げにしたもの。

3品って、どれも揚げ物じゃん!!!

と、つっこみたくなりますが、健康に留意したい方は、

ゆで野菜でもたのんでいただとくとして。

どれもこれも、ビールに非常にあうわけです♪

323_045

蝦捲と黄金海鮮派は、通販で購入することもできます。

調理前のものを、店頭で購入することも。

323_062

暑くなって、ビールの勢力が強くなってきました。

食べ物のチョイスも、それにあうかどうかが重要になってきそう。

困った季節です・・・。

にほんブログ村 海外生活ブログへ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!
にほんブログ村

「周氏蝦捲(大立店)」

住所:高雄市五福三路57号B2F

電話番号:07-2418369

| | コメント (11) | トラックバック (1)

うまい菓子なら地元OLに聞け!?欧貝拉の焼菓子

また中国語を習うことにしました。1年半ぶりなのでドキドキ。

今のワタシの生活では、中国語を話す機会はほとんどなく、

せいぜいが、ピザハットに宅配の電話するのが最高(?)で、

通りすがりに「男の子?」と娘の性別を問われ、

「いーえ女の子です!」ときっとなって答えるか、

コンビニで「温めますか?」と聞かれ「不要」と言うか、

まあそんなもんなんですが。

しかし、不要と答えても温められる率高し。

ワタシの発音の「不(ブ)」が弱いらしく。

「ブーーーーヤオ!」と頭を横に振って言わないと、チーン♪

在台もうすぐ丸4年なんですがねぇ。。。

そんなわけでというわけでもないですが、久々のレッスン。

コンビニでチン♪されないくらいにまで頑張りたいと思います。


さて、話は変わって、ダンさんの会社関係のグルメOLから、

おいしい焼き菓子をいただきました。

210

林森二路にある「歐貝拉」、1995年の創立で、

高雄店のほか、漢神百貨B3Fと台南に2軒、お店があります。

店名の「歐貝拉」はou1 bei4 la1、オペラの当て字です。

なら、ウィーン菓子のお店かな?と思ってしまうところですが、

特別どこの菓子というわけでなく、洋菓子全般。

どちらかというと日式=日本風のケーキ屋さんかもしれません。

焼菓子の他にも、生ケーキ、チョコレート、ジャム、プリンなど。

まだ、焼菓子とプリンしかいただいたことがないですが、

どちらもおいしかったです。

129_005

旧正月の前日に、お店に買い物にいったところ、

帰省や訪問のおみやげを買う人でごったがえし。

かなりの人気店のようです。

さて、ワタシ、食べるの専門で、

お菓子の名前には、日本語でも詳しくないのですが、

同封されていた説明書きにあった、

中国語の名前がおもしろかったので、いくつかご紹介します。

327_011

「達克哇滋(da2 ke4 wa1 zi1)」=ダックワース

「娜雷多(na4 lei2 duo1)」=ガレット

「諾瓦(nuo4 wa3)」=ノア

「富力昴(fu4 li4 mao3)」=フィナンシェ

このあたりは、全部当て字ですね。

中国語そのまま発音・アクセントで読むより、

ちょっと英語っぽく発音した方が聞き取りやすいそうです。

327_012

「橙味椰香(cheng2 wei4 ye1 xiang4)」=ココナッツ・オランジェ

「楓糖棒果(feng1 tang2 bang4 guo3)」=メイプル・ヘーゼル

この2つは意味から。

「橙」の発音はdeng1だと記憶してたけど、

検索してみるとcheng2と出ました。大陸発音かな?

「楓之翼(feng1 zhi1 yi4)」=発酵ミルフィーユ

これは形からイメージした名前といった感じ。

327_014   

「櫻桃塔(ying1 tao2 ta3)」=チェリー・タルト

これは、意味+発音当て字の融合系で、

「蛋〔米+羔〕銅羅焼(dan4 gao1 tong2 luo2 shao1)」

=チーズブッセ

蛋〔米+羔〕はケーキで、銅羅焼はドラ焼き。

意味+意味の融合系でしょうか。

ブッセがドラ焼?笑


後から入ってきた外来語(名詞)には、

マスコミ、店、人がそれぞれ勝手に字を当てているようで、

せっかく難しい発音を覚えても、

次に行った店では違う漢字を使ってた・・・なんてことも多々あり。

台湾と中国大陸でもまったく違うようですし。

実はけっこう気の小さいワタシなどは、

確実に発音できるものばかり食べがちですが、

なんかテキトウに英語っぽく発音しておけば通じるらしいので、

勇気をだせば、食べたいものが食べられますよ~。GOGO!

っていうか、ちゃんと勉強して、台湾人もビックリの発音で、

オーダーしてみたいものです。

「日本人ぽくないけど、話すとすぐに日本人って分かったー」

じゃなくて

「見た目は日本人みたいだけど、あなた日本人じゃないのね!」

って言われてみたい!

にほんブログ村 海外生活ブログへ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!
にほんブログ村

「欧貝拉」

住所:高雄市林森二路221号

電話番号:07-2165430

| | コメント (9) | トラックバック (0)

うまいものは地元サラリーマンに聞け!?順和排骨弁当

暑さ寒さも彼岸まで。

お彼岸が明けましたが、日本は暖かくなりましたか?

高雄は?

とっくに暑いです。

むしむしして、むしむしもでてきました。

シンクの下がかびてて、がびーん。


さて、そんな彼岸のさなか、nikoさんが高雄まで来てくれました!

本当に来てくださるとは~。感謝!ガムシャ!

なのに、娘が風邪をひいていたのもあって、

どこにもアテンドできず・・・。

その上、昼飯まで持参させてしまいました・・・。申し訳なし!!!

ランチに向かう(だろう)サラリーマンたちを尾行して

見つけたお店で買って来てくださったという排骨弁当pig

地元リーマンがランチする店ならうまかろうというnikoさんの目論見、

大当たり!!!

おいしーーーい!!!

yahoo奇摩でぐぐるといっぱいヒットする排骨の人気店でした♪

320_004

西子湾に本店のある「順和排骨」は、

安い!うまい!ボリューム満点!で

中山大学の学生に人気のお店なんだそう。

排骨は、どどーんと大きいですが、衣が薄めで油っこくなく、

下味がしっかりついていて、冷めてもおいしく食べられます。

+5元で付けられるという油豆腐も味がよーくしみ込んでいて美味。

お店の人に「油豆腐もいる?」と聞かれて、

よく分らないけど「いる」と答えちゃったらしいnikoさん、

これまた大当たり!です~。

320_005

店内では、紅茶もただ(免費)で飲めるんだそう。

そんな何軒も行ったわけじゃないけど、高雄の排骨のお店では、

冷たい紅茶が無料でつくことが多いような気がします。

暑いからかな?

nikoさんが行かれたお店は、SOGOや三越裏の支店の方。

買い物ついでにお店にもぜひ行ってみたいと思います。

nikoさん、ごちそうさまでした!

にほんブログ村 海外生活ブログへ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!
にほんブログ村

「順和排骨大王」

住所:高雄市文横二路25号(SOGOや三越の裏通り)

電話番号:07-3384172

(本店)

住所:高雄市鼔波街19-3号

電話番号:07-5211011

| | コメント (5) | トラックバック (0)

バカにしたもんじゃないぜ三商の麺

エビちゃんは彼氏の前では甘エビになっちゃうらしいですよ~。

甘党だから甘エビかぁ。ふっ

さて、先日、「三商巧福」の乾拌麺を初めて食べました。

「三商巧福」は、台湾に100軒以上もある、牛肉麺のチェーン店。

オレンジ色に白字ぬきの看板を、どこかは忘れちゃったけど、

街のどこかで見かけたことがあるなぁって人も多いんでは。

318_025

何をかくそう(?)、台北時代の我が家のすぐ近くにもありました。

が、チェーン店の牛肉麺ってどーよ?という奢り高ぶった自分が、

その門をくぐることを良しとせず、結局行かずじまい。

ダンさんは「意外にうまいよ」と言っていたのに。

そして月日は流れ、つい先日、初三商。

そしたら、うまかったの。「xo醬牛肉乾拌麵(79元)」が。

318_032

やわらかく煮た牛肉と、キュウリの千切り、ゆでキャベツ、

滷蛋が半分、そしてたっぷりのxo醬。

拌麵だからまぜまぜして。

ブロガーだから、牛肉と卵は後乗せして。

318_042

ずずっと。

け「えー、うまいじゃない!」

ダン「だから言ったじゃん。」

け「いがーい!」

ダン「だから意外にうまいって言ったじゃん」

コクのあるピリ辛XO醤が、麺にまったりとからんで。

牛肉もやわらかいし、滷蛋もほどよくしょっぱくて。

なんとビールにあうことか!!!辛エビ~beer

318_026

炸醬麵はまあフツウだったけど、xo醬牛肉乾拌麵にはハマりそう~。

バカにしたもんじゃないよね。チェーン店。

「ヒゲ張」にしても、24H飲茶にしても、

チェーンになるにはなるだけの理由(=人気)があるんだねぇ。

まいった!ゴメン!

318_039

持ち帰り用にセットした、このレンゲ・箸・ナプキンもツボ。

A型心をくすぐるなぁ。

次は「沙茶肉醬乾拌麵」を食べてみたいな~。

にほんブログ村 海外生活ブログへ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!
にほんブログ村

| | コメント (5) | トラックバック (0)

春はお別れの季節です。じゃあね!

台湾に住むようになってまもなく丸4年。

毎年この季節は、お別れの季節です。

当たり前ですが、見送るばかりで見送られることなく5回目の春。

自分がいつ見送られるかは不明。

っていうか、見送ってくれる友達いるのか!?

友達少ないからやべーなワタシ。

そんなワケで、在住ブロガーさんたちが、

別れがつらいとか、送別会ばかりとか書かれているのを拝見すると、

ちょっとだけ、うらやましい気もしてしまうのです。

別れが悲しいということは、いい出会いがあって、

いい時間を一緒に過ごしたからこそだと思うから。

ということで、毎年この時期は、

違った意味でセンチになってしまうけんこうですが、

先月、本帰国ではなく、ただの一時帰国をしてきました。

224_037

ラーメン食べたり、

224_164

寿司食べたり、

224_047

駅弁フェアで海胆飯食べたり、

39_059

また寿司食べたり、

39_061

帰りのPAでは初・峠の釜めし食べたり、

39_064

(これが、おいしかった!温めて出すとは卑怯なリ~)

39_072

〆にと、またラーメン食べたり。 

インフルエンザが流行していたり、雪が降っていたり、

親子ともども風邪をひいたりで、

あまり外出はできませんでしたが、

台湾では食べられない、生卵ご飯や、日本のパン、

普通のハムやソーセージもいっぱい食べて。

なぜか父と二人で、焼肉を食べに行って、オール特上!したり。

またしばらく台湾で頑張っていくエネルギー充電完了!!!

(体重もしっかり充電しちゃったけど・・・)

なんとかやっていけるかな?

やっていけるとも!

まずは娘のロタをやっつけるぞ!!!

にほんブログ村 海外生活ブログへ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!
にほんブログ村

| | コメント (7) | トラックバック (0)

夢時代で北海道

子供、ワタシ、子供と続いた風邪は、ダンさんで〆。

ここ1~2か月ひたすらバタバタも、昨日お迎えしたお客様で〆。

残るは、産後1年を境に急激に増加したワタシの体重問題。

かなり重大な問題です・・・。


さて、アテンド最終日は、お土産を買いに「夢時代」へ。

「夢時代」はご存じ、2007年にオープンした、

統一グループ経営の大型ショッピングモール。

アジア最大のキティ観覧車がウリ?

「ニトリ」や「DAISO」など日本のお店も出店しています。

その地下1階に、高雄のお店を数軒集めた、

お土産(お菓子中心)の名店街みたいなものがあります。

情報が不確かですが、

高雄には、観光客がここにいけばお土産が買える!

というような場所がなく不便だったため、

高雄市政府が要請しつくったと、聞いたことがあります。


パイナップルケーキやポンフー島の黒糖ケーキなど、

試食させてくれるので、食べ比べてから買うのがいいかも。

両親は面倒がって、ロクに試食もせずに、

1つのお店で十数箱大人買い。

お店の方に「本店から毎朝届くパイナップルケーキが

全部なくなってしまいました」と言われる始末。

ここでこんなに買う人いないんでしょうか?

そういえばいつも客がいないような~。

っていうか、「夢時代」自体、客が少ないというか。

大きくて、出店数が多いのはいいけど、

趣旨が一貫していないというかなんというか。

隣接の阪急もいつもガラガラで悲しい。

(ワタシにとっての)問題は、出店しているスーパーが、

肉類魚類一切扱っていない「Welcome」というのがちょっと。

7Fのラーメンの「翔太」も、なんか怪しげなセットメニューが

販売され始めてて、近寄りがたくなっちゃったしなぁ。

まあ、駐車場が無料だし、トイザラスもあるから、また行くけど。


とまあ、そんな話は置いといて、

昼食は同じく地下1Fの「北海道」でいただきました。

店名の通り、北海道(らしい)料理が食べられるお店です。

父母アテンドでなぜ!?と思われるでしょうが、

アラシックスの両親は、すでに日本食が恋しくなっており。

ここでちゅるりと日本のラーメンをいただいたというわけで。

写真を撮り忘れたので、以前に行った時のものを。

「塩ラーメン」

123_121

「味噌ラーメン」

123_124

太めのちぢれ麺で、麺も柔らかすぎず、

スープも普通に濃くて、チェーシューもやわらか。

味玉もちょうどいい半熟具合で、なかなかおいしいラーメンです。

こちらも以前に食べた「海鮮丼」

1231_065

400元くらいと安くはないですが、ウニやイクラものっていて、

卵焼きは多分冷凍で、ベショベショしていたのと、

ワサビが多すぎるのをのぞけば、おいしい海鮮丼です。

1231_068

普段、こういった海鮮などの日本料理を台湾で食べようと思うと、

居酒屋や高級料理店などに行かねばならず、

子連れにはなかなか行きづらい状況なのですが、

ここは、(基本)セルフサービスで、メニューも多いし、

生ビールもあるし、気軽に日本食が食べられていい感じ。

問題は(また問題とは文句の多い客ですね・・・)、

そんなに客が多くないからか、かなり少人数でまわしているようで、

場合によってはかなり待たされます。

冷蔵庫から出すだけの瓶ビールをもらうのに、

何十分も待たされたりとちょっとイライラ。

接客はいたって善良なのに、残念です。

まあ、また行くけど。

123_125

↑は外帯(テイクアウト)したホッケ焼き。

ほとんどのメニューが外帯できるのもこのお店のいいところ。

半分にひきちぎって(?)、パックに入れてあるのを見た時は、

ダンさんがショックを受けていましたが・・・笑

厨房に日本人のスタッフ(店長?)がいるようで、

オーダーでトラブルと、出てきて通訳してくれます。

アテンド日記、唐突に終わり。

にほんブログ村 海外生活ブログへ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!
にほんブログ村

| | コメント (5) | トラックバック (0)

舊街蚌麵餐廳であっさりあさり麺

アクセル全開とかぬかしておきながら、

2週間ぶりの更新になってしまいました。

好久不見!けんこうです。

子供がまた風邪引いてびょういんに行ったり、

子供をびよういんに連れて行ったり、ワタシがびよういんに行ったり、

また子どをもびょういんに連れて行ったりと、

びょういんびよういんの日々。

何より、なんだか毎日眠くて眠くて。寝てばかりいました。

なんだか最近また体質が変わったような~。

年ですかねぇ。ガタきてる気がします。加油ワタシ。

さて、いまさらですが、アテンドの続きです。

愛河ぞいを散歩して博物館へ行った後、一度家に帰って一休み。

夜、「大統新世紀」へ出掛けました。

特に観光というわけではなく、ミルクの分封パックを買うのが

主目的だったんですが、日本アニメ(?)のキャラクターショップも

出店していたので、父母は孫(ワタシの甥姪)へのお土産も購入。

姪へはシナモロール、甥へはアンパンマンと、

台湾に関係ない、というか日本からの輸入品やんけ!

とつっこみたくなりますが、ま、好きなものが一番ということで。

この後、瑞豊夜市で夕食をと思っていたのですが時間切れ。

1Fの「舊街蚌麵餐廳」で台湾・客家料理を食べることに。

以前、「大統新世紀」について書いた時に、

上上海上上台のQingzuiさんからいただいたコメントに、

この麺屋で、シジミではなくアサリの醤油漬けが食べられると

教えていただいたのを思い出し、行ってみました。

213_115

でも、今写真を見て思いかえしてみると、

アサリの醤油漬けオーダーしてないし・・・。リベンジ!

いただいたのは、あっさりスープのアサリ麺

213_105

プリプリ蝦と葱のからーい炒め物

213_108

牛肉の細切り肉の鉄板焼き

213_109

ポンフー名物 カボチャの炒ビーフン

213_110

台湾料理の定番 切干大根の玉子焼き

213_114

などなど。

外国のものが苦手な父母でも、抵抗なく食べられるラインナップで。

どのお料理もなかなかおいしかったです。

アサリ麺は、台湾バジル(九層塔)がたっぷりで、

麺がやわやわなので、好き好きかもしれませんが。

高級過ぎず、庶民的すぎず、そんなに混んでもおらず。

一通りの台湾料理は食べられるし、お店の人もきさくで。

子供椅子もいくつかあったので、子連れの人にいいかも。

一応、アテンド日記は続きます。アテンドって言えるかどうか~。

にほんブログ村 海外生活ブログへ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!
にほんブログ村

舊街蚌麵餐廳

住所:高雄市民族一路427号

| | コメント (5) | トラックバック (1)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »