« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

港園で牛肉拌麺食べて愛河へ

風邪も治ったことだし、ペースをあげていきたいと思います。

アクセル全開~主舵いっぱい~。

で、アテンドの続きです。

子連れだと、なかなか思うようにいかないアテンド。

ミルクやってからねー。

おむつ換えてからねー。

昼寝させてからねー。

ということで、3日目、昼寝させてから、昼食。

いつもの「港園牛肉麺」。まもなく15時。

213_070

でしたが、いつも通り混んでいました。

この店の前だけ、車が2重停車。名古屋なみ。

たまたま空いたのが、歩道(?)テラスだったので、

いつもの牛肉拌麺を、外の席でいただきました。

母「お母さん、ラーメンを外で食べたの初めてよ!」

父「ラー油を入れすぎたら辛いな!」←当たり前

そんな両親です・・・。

食後に愛河沿いをブラブラ歩いて、高雄市立博物館へ。

元宵節の前日で、夜には灯籠祭が開かれるということで、

地元の小中高校生が作成した灯籠が展示されていました。

なんか、あまり良い写真がないのですが・・・

213_074

丑年ということで、牛をモチーフにしたものや、

213_075

7月16日から、高雄で、「2009年ワールドゲームズ」が

開催されるということで、それをイメージした作品が多かったです。

213_084

ちなみに、「ワールドゲームズ」とは、

オリンピックで採用されていない種目の総合競技大会で、

4年に一度、オリンピックの翌年に開催されます。

「第2のオリンピック」などと呼ばれ、あまり目立たない存在ですが、

高雄で開催される年に、高雄にいられるこの縁に感謝し、

できるだけたくさんの競技を見られたらいいなと思っています。

桜より梅、巨人より中日、中☆より台湾、

北京オリンンピックより高雄ワールドゲームズだ!!!

にほんブログ村 海外生活ブログへ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!
にほんブログ村

| | コメント (5) | トラックバック (0)

夜は海天下で澎湖料理

ぼちぼち更新がつづいておりスミマセン。

自分の中ではついこの間更新したばっかなんですが、

もう1週間もたってたんですね~。

一日一日は長く感じるのに、1週間、1か月はあっという間。

2月も半ば。無為に時間ばかりが過ぎているということのないよう

気をつけねば。我會加油~。

龍虎塔で、ワタシ以外の大人3人が、

現世での行いを浄化した後、一度家に帰って休憩して、

夜、林森二路の「海天下」へ。

213_064

「海天下」は、タクシーに乗って「海天下」と言いさえすれば、

お店に着くと言われるほど、高雄では有名な澎湖料理のお店で、

(試してみたら、本当に着いた!)

海鮮料理と言えば、この「海天下」か「海王子」か「蟳之屋」と

決まっている(?)らしい。

3店の中で、ダンさんが気に入っているのはこの「海天下」。

日本語のメニューや日本語が話せるスタッフもいるので安心です。

213_065

ワタシは今回が2回目でしたが、前回はダンさんの会社関係の

エライ人たちと一緒だったので写真はとれず残念無念。

今回は身内だけだったので、遠慮なく撮らせてもらいました。

前回行った時もおいしいと思ったけど、

遠慮なく食べれるメンバーだと、さらにうまかった!

やっぱり、「奥さんももっと食べて食べて」

「あっすみません。いただきます~」なんてやり取りの中食べると、

いま一つ味の記憶が残らないというか~。

こんなワタシでも、一応そうなんですよ。はい。

いただいたのは、伊勢海老のおつくり、イカダンゴ、

ウニのオムレツ、ヘチマの炒め物などなど。

213_066

伊勢海老のおつくりは、新鮮そのもの。

プリっとした食感がなんとも美味。

デカイエビはまずい!が信条の父も、

こちらの伊勢海老は「意外にうまいなぁ」とパクパク。

イカダンゴも、イカのすりみというよりも

イカそのものダンゴと言った感じで、

胡椒塩と一緒に食べるとビールにあうことあうこと。

ウニを卵焼きにしちゃうなんて贅沢~のウニのオムレツも、

ウニの香りがうれしい、やさしい味わいで。

213_068

ワタシの中で「意外にもうまい!」だったのがヘチマ。

ヘチマというと、なんというか消毒臭いような、カビ臭いような

香りがして、あまり好きな食材ではなかったのですが、

こちらのはなんともすっきりとしたお味で、

干しエビのいい味がやわらかな実にしみ込んでいてgood

213_069

でも一番おいしかったのは、

〆の、伊勢海老のおつくりで出た殻で炊いた雑炊。

伊勢海老って、身もおいしいけど、殻がうまいんですね~。

どのくらいおいしかったって、何かってーと、

「太るのイヤだからお母さんやめとくわ~」の母が、

おかわりしてしまうほど。わかる?

ワタシもさんざん食べた後でしたが、やっぱりおかわり。

自論:おいしいものを楽しく食べてれば太らない!

子供が泣いたら、空いているスタッフが抱っこしてあやしてくれたり、

中国語でうまく伝わらないと、日本語が話せるスタッフが

飛んできてくれたりと至れり尽くせりのサービスも嬉しい。

人数が集まったら、また個室を予約して行ってみたいです。

写真を撮り忘れたのですが、前菜にでてくる丁香魚(キビナゴ)も、

地味な見た目に反して、非常においしかったので、

有料か無料か聞くのを忘れてしまいましたが、

テーブルに並んでいたらぜひ箸をつけてみてください。

鰆の焼いたのもおいしかったです!

にほんブログ村 海外生活ブログへ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!
にほんブログ村

「海天下」

住所:高雄市林森二路188号

電話番号:07-281-0651

| | コメント (12) | トラックバック (0)

紅陶上海湯包

久々の更新になってしまいました。

本日2月14日は西洋のバレンタインデーですねー。

わざわざ「西洋の」とつけたのは、台湾では、もともと、

旧暦の7月7日が「情人節=バレンタインデー」だったから。

デパートやマスコミの努力のかいあってか、最近では、

西洋のバレンタインデー「も」お祝い(?)しちゃおうということで、

台湾の男性は、1年に2回も、バレンタインデーのプレゼントとして、

花束や宝石などを用意しなくてはならなくなったというとほほな話。

うちは一応日本式(女→男)で、チョコレートなぞ送ってみました。

お返しが楽しみです。はい。楽しみなんです。


さて、先週、父母が初来台。

ダンさんの方の両親は何度か遊びに来てくれているのですが、

外国なんてコワイ!メンドウクサイ!という母は、

何度誘っても「うふふ。今度ね」と先送りにするばかり。

が、孫可愛さか、父のマイルの期限が切れそうだったからか、

ついに重い腰をあげて、遊びにきてくれました。

Welcome!Takao!

213_043

ということで、子連れで無理のない程度に、

観光をしたり、買い物にでかけたり、おいしいものを食べたり。

まだ高雄のことがよくわからないので、定番ばかりでしたが、

「何でもいいのよ~」という欲のない(というか張り合いのない)

人たちなので、それなりに楽しんでくれたようです。


一応スケジュールを備忘録代わりにメモメモpencil

初日・・・JAL657便 高雄21:15着

2日目・・・紅陶上海湯包でランチ→85ビル→左営蓮池潭公園へ。


写真↑は、定番中の定番、龍虎塔。

龍の口から入って、虎の尾から出ることで、

現世での悪行が浄化されるんだとか。

ベビーカーだと段差があって厳しかったので、

ワタシ(と子供)だけ入口付近でお留守番。

悪行が帳消しになっていない為、よりよい人生が送れないようです・・・。


こちら↓以降は、漢來大飯店10Fにある「紅陶上海湯包」のお料理。

まずは「小籠包湯」

213_031

高雄に来て以来ご無沙汰だった、皮が薄くて、

スープがたっぷりの、鼎泰豊系の小籠湯包。

ひだが集まった先っちょの部分を箸でそーっと持って、レンゲにのせ、

醤油をちょんちょんとつけて、スープをちゅうちゅう吸いつつ、

やけどをしないようにして口の中に。やっぱりおいしいなぁ♪


こちらは「蟹黄小籠湯包」

213_032

蟹味噌の餡はコクがあって、これまたおいしい!

父はこちらの方が気に入っていたようです。

台北では、街中いたるところで食べられるこのタイプの小籠湯包、

ワタシが知らないだけかもしれませんが、

高雄ではあまり見かけないような気がします。

肉まんのような皮の厚い、食べ応えのある小籠包を売る店は、

ちょこちょこ見かけるのですが。

「紅陶上海湯包」はおいしくて、

ロケーションの割に値段もそう高くないと思うのですが、

もっと気さくな雰囲気のお店も見つけたいなぁ。


「炒空心菜」

213_027

「炒飯」

213_025

「排骨」

213_028

「ワンタンスープ」

213_029

どれもおいしくいただきました。

特に排骨は、衣に卵を使っているのか、

普段よく食べるものよりも衣が厚めでふっくらしていて、

ちょっと違った食感が楽しめました。


こちらのお店、子供用の食事椅子もありました。

予約していかなかったので、景観のよい席ではなかったのですが、

窓際の席なら、お料理とともに、景色も楽しめるようです。

お隣は、日本食の「弁慶」。

ランチは700元~となっていました。

にほんブログ村 海外生活ブログへ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!
にほんブログ村

「紅陶上海湯包」

住所:高雄市成功一路266号 漢來大飯店10F

電話番号:07-216-1766

| | コメント (9) | トラックバック (0)

雄太でカツオ丼 台北だけどネ

昨日Upした「食彩櫻」が、

もしかしたらクローズしているかもという情報を

コメントでいただいたのでお店に電話してみたらつながらず。

まだ時間も早いし、午後もう1度かけてみるけど。うーん。

以前、和食メインのお店の横にオープンした、

洋食&ケーキのお店が苦戦していてヤバイという話は

聞いていたのですが、和食店の方も・・・?

何度もランチで通ったお店なので残念です。まだわかんないけど。

蛇足になるかもしれませんが、このお店、

オーダーしてから出てくるまで少し時間がかかります。

時間のない人にはオススメできないかも。

古い情報を確認もせずUpしてゴメンナサイ!


さて、「食彩櫻」よりも少し東、民生東路四段から

裏通りに入ったところにある和食店の「雄太」。

113_065_2

こちらのお店はご主人が日本人、奥さまが台湾の方。

と言っても、奥さまも日本語が堪能で、

かなりきめ細やかな心遣いをしてくださいます。

113_062

子連れで行って迷惑かな?と思ったけど、

椅子の配置や、空調の具合など、何度も確認してくださって感謝。

113_064

メニューは定食がメイン、営業時間も夜の9時までと、

お酒を飲む雰囲気のお店ではないですが、

そこそこのお値段で、そこそこおいしい和食がいただけます。

トンカツなどは160元、ソバ・うどん150元、アジの塩焼き190元、

うな丼270元、天丼230元とそんな感じ。

ダンさんが食べた「天ぷらうどん(210元)」。

113_068

きつねと温卵がのったうどんに、えび天が3尾、

たっぷりキャベツのサラダ、きんぴらゴボウなども。   

同じ価格で、そばのセットもあります。

113_069

うどんの汁は関東風で、ちょっと醤油が勝っていている感じ。

台湾の薄塩スープに慣れた舌にはちょっと濃い目に感じました。

このお店、メインターゲットは台湾人だと思うんだけど、

この汁じゃしょっぱくないかな?などと余計な心配を・・・。

ダンは気にならない(そんなに濃いと思わない)

と言っていたので、好き好きかも。

こちらはワタシがいただいた「カツオ丼(270元)」。

113_075

サラダと3種類のおかず付き。

このおかず、ダンのとは3種類のうち2種類が違っていました。

日によって、セットによって違うのかな?

カツオは生で、久々に生のカツオをいただいて満足!

オーダーする時に、ご飯の量は多めか少なめか聞かれますが、

「普通」と答えたら、ワタシ(大食い目)にはちょっと少なめでした。

最後、カツオがあまる感じでちょっともったいない。

満腹覚悟で多めをオススメします。

途中で、奥さんが「ご飯たしましょうか?」とか、

ダンにも「ご飯はいかがですか」などと聞いてくれたり。

週末でそんなに混んでなかったからかもしれませんが、

この奥さんの気配りで、このお店の評価はかなりUpしてると思ふ。.

食後のデザートと紅茶もついています。

113_077

芋ダンゴ、タピオカに甘めに煮た小豆。

この小豆、日本のあんこのようにガツンと甘めでした。

ごちそうさまでした。

にほんブログ村 海外生活ブログへ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!
にほんブログ村

「雄太」

住所:台北市民生東路四段97巷1弄2号

電話番号:02-2546-3971

| | コメント (7) | トラックバック (0)

食彩桜のメンチカツ弁当

春節の連休も終わってしまいました。

いつもどおり、やる気が戻ってこないけんこうです。

日本では、卵かけご飯専門店が軽くブームらしいですねー。

うらやましい!

台湾ではなかなか食べられない生卵。

そんな台湾にこそあってほしいお店なのに~。

一時帰国したら毎日食べよっと。

アツアツご飯の上に、軽く溶いた生卵をかけ、

その上から生醤油をざざっとまわしかけ、ががっとかっこむ、

がワタシの流儀ですが、みなさまは?

ガランはとりますか?

さて、taurus月間は終わってしまいましたが、

メンチカツつながりで、台北代表で「食彩櫻」のメンチカツを~。

「食彩櫻」は、西華飯店の裏通りにある和食居酒屋。

オーナーの奥さん(というかオーナー?)が日本人なので、

味もサービスも日「本」式のお店です。

台北では、日本人が行く居酒屋といえば林森北路、

林森北路といえばオネエチャンのいる飲み屋という図式が

なりたっています(?)が、このお店は、そういう意味では異質。

大通りから少し入った住宅街にあり、

ついでがない場所といえばついでのない場所なのですが、

林森北路で飲むのは抵抗があるという奥さんや、

林森北路に奥さんを連れていくとヤバイかもというダンナさんに、

なかなかオススメのお店です。

ランチは250元~と、夜に比べるとお得めで、

外帯することも可能のようです。

そんなわけで、友人がテイクアウトしてきてくれたお弁当。

①メンチカツ定食

817_005

②幕の内弁当

817_007

③生姜焼き弁当

817_010

選択権をいただいたので、迷わずメンチカツをチョイス!

肉厚でとてもおいしいメンチカツでした~。

付け合わせのホウレンソウのおひたし、

キンピラゴボウ、ポテトサラダ、厚焼き卵も、

ちゃんと丁寧に作られていて嬉しいお味。

以前いただいた、お刺身、焼き魚、稲庭うどん、

天ぷらなどもおいしかったです。

次(林森)につなげなくていい方にオススメのお店です☆

またいつか行けるかな~。

にほんブログ村 海外生活ブログへ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!
にほんブログ村

「櫻」

住所:台北市復興北路313巷29号

電話番号:JP +81 225419029 Call 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »