« 雄太でカツオ丼 台北だけどネ | トップページ | 夜は海天下で澎湖料理 »

紅陶上海湯包

久々の更新になってしまいました。

本日2月14日は西洋のバレンタインデーですねー。

わざわざ「西洋の」とつけたのは、台湾では、もともと、

旧暦の7月7日が「情人節=バレンタインデー」だったから。

デパートやマスコミの努力のかいあってか、最近では、

西洋のバレンタインデー「も」お祝い(?)しちゃおうということで、

台湾の男性は、1年に2回も、バレンタインデーのプレゼントとして、

花束や宝石などを用意しなくてはならなくなったというとほほな話。

うちは一応日本式(女→男)で、チョコレートなぞ送ってみました。

お返しが楽しみです。はい。楽しみなんです。


さて、先週、父母が初来台。

ダンさんの方の両親は何度か遊びに来てくれているのですが、

外国なんてコワイ!メンドウクサイ!という母は、

何度誘っても「うふふ。今度ね」と先送りにするばかり。

が、孫可愛さか、父のマイルの期限が切れそうだったからか、

ついに重い腰をあげて、遊びにきてくれました。

Welcome!Takao!

213_043

ということで、子連れで無理のない程度に、

観光をしたり、買い物にでかけたり、おいしいものを食べたり。

まだ高雄のことがよくわからないので、定番ばかりでしたが、

「何でもいいのよ~」という欲のない(というか張り合いのない)

人たちなので、それなりに楽しんでくれたようです。


一応スケジュールを備忘録代わりにメモメモpencil

初日・・・JAL657便 高雄21:15着

2日目・・・紅陶上海湯包でランチ→85ビル→左営蓮池潭公園へ。


写真↑は、定番中の定番、龍虎塔。

龍の口から入って、虎の尾から出ることで、

現世での悪行が浄化されるんだとか。

ベビーカーだと段差があって厳しかったので、

ワタシ(と子供)だけ入口付近でお留守番。

悪行が帳消しになっていない為、よりよい人生が送れないようです・・・。


こちら↓以降は、漢來大飯店10Fにある「紅陶上海湯包」のお料理。

まずは「小籠包湯」

213_031

高雄に来て以来ご無沙汰だった、皮が薄くて、

スープがたっぷりの、鼎泰豊系の小籠湯包。

ひだが集まった先っちょの部分を箸でそーっと持って、レンゲにのせ、

醤油をちょんちょんとつけて、スープをちゅうちゅう吸いつつ、

やけどをしないようにして口の中に。やっぱりおいしいなぁ♪


こちらは「蟹黄小籠湯包」

213_032

蟹味噌の餡はコクがあって、これまたおいしい!

父はこちらの方が気に入っていたようです。

台北では、街中いたるところで食べられるこのタイプの小籠湯包、

ワタシが知らないだけかもしれませんが、

高雄ではあまり見かけないような気がします。

肉まんのような皮の厚い、食べ応えのある小籠包を売る店は、

ちょこちょこ見かけるのですが。

「紅陶上海湯包」はおいしくて、

ロケーションの割に値段もそう高くないと思うのですが、

もっと気さくな雰囲気のお店も見つけたいなぁ。


「炒空心菜」

213_027

「炒飯」

213_025

「排骨」

213_028

「ワンタンスープ」

213_029

どれもおいしくいただきました。

特に排骨は、衣に卵を使っているのか、

普段よく食べるものよりも衣が厚めでふっくらしていて、

ちょっと違った食感が楽しめました。


こちらのお店、子供用の食事椅子もありました。

予約していかなかったので、景観のよい席ではなかったのですが、

窓際の席なら、お料理とともに、景色も楽しめるようです。

お隣は、日本食の「弁慶」。

ランチは700元~となっていました。

にほんブログ村 海外生活ブログへ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!
にほんブログ村

「紅陶上海湯包」

住所:高雄市成功一路266号 漢來大飯店10F

電話番号:07-216-1766

|

« 雄太でカツオ丼 台北だけどネ | トップページ | 夜は海天下で澎湖料理 »

②高雄(食)」カテゴリの記事

コメント

けんこうさん、こんばんは!!

我が家もハート尽くしの夕食で
お返しが楽しみです。
最低限が3倍が、手作りにいくらつけるのかいと
プレッシャーをかけたいと思います(笑)

ご両親もお孫ちゃんに会えて
喜ばれたでしょうね~
これをきっかけに「台湾なら行ける」と
なってくれると楽しいですね~

左営蓮池潭公園の龍虎塔、
綺麗になったんですね~
池の水を抜いたと聞いていたのですが、
もう大丈夫になったんですね。

私が行った時はこんな状態↓↓
http://blog.goo.ne.jp/hibisaisai/e/3c1b1ce7ce3e2d252510d6a30ece1268

やっぱ現世での悪行が浄化されることは
なく大変です(笑)

小籠湯包も素敵~
最強のオーダーでよ、よだれが出そうです!!

>treeさま
浄化されずに大変ですか(笑)
ワタシも大変です☆

左営蓮池潭公園の龍虎塔、もうキレイになってますよ~。
新幹線も好調、MRTも開通しました。
高雄が、treeさんにリベンジしましょうって言っていますよ!
お待ちしています♪

ハートづくしのディナーはUpされないんですか?
お互いお返しが楽しみですね!
5倍は期待できる?

父母はこれで義理は果たしたと思っているようで、次回はあるのか分りません。夫の父母はまた来ると思うのですが・・・笑

投稿: tree | 2009年2月14日 (土) 20:47

まだ空しんさいがあるんですね!やはり気温が高い台湾だから。こちらはもうありませんよ。食べたいです!!

>minさま
台湾では年中あるので、旬がいつなのか気にしていませんでしたが、日本ではもうないんですね!当たり前なのかもしれないけど、驚いてしまいました。
空心菜っておいしいですよね~。
台湾で外食する際の定番です。

投稿: min | 2009年2月14日 (土) 22:43

こんばんは!
おお~、ご両親みえられてたのですね!ww
お孫ちゃまとの久々のご対面、ずい分と成長されて
驚かれたのでは???w

漢来の10Fのお店なんですね~。
ガイドブックにあったかな。
皮の薄い小籠包、あんまり見かけない?
美味しそうですよ~w小籠包ww
え!もう子供用椅子に???
なんと成長の早い…。
アテンドのレポ、続きを楽しみにしております!
そしてそして
来月、お会い出来るのを
今から楽しみにしております!(勝手に…)

>nikoさま
お返事遅くなってゴメンナサイ!
台湾に住むようになってもうすぐ4年になるんですが、やっと重い腰をあげて、父母が来台してくれました。
観光・グルメはどうでもよく、孫に会うのが目的だったようで、大して出かけませんでしたが、それなりに楽しんでくれたようです。

このお店、漢来の10Fにある、台北☆ビによると「高雄で小籠包といえばこのお店」という小籠包の名店だそうです。シェフは鼎泰豊で修業した人なんだそうです。
台北では、メニューに「小籠包」「小籠湯包」と書かれていれば、それはワタシたちが想像するおなじみの鼎泰豊系の小籠包であることが多いですが、高雄では「小籠包」といえば、肉饅頭(に近いもの)のことで、街角にあるような小さいお店や屋台では、圧倒的にこちらの方が多いように感じます。

のんびりペースですが、アテンドレポの続きもやりますので、ぜひご参考に!
来月お会いしましょう♪

投稿: niko | 2009年2月14日 (土) 23:33

高雄では確かに仰られる小籠包は少ないと思います。私も小籠包を食べるとしたら足が向くのは一店しかありませんでした。選択肢なし(笑)。何故でしょうかね。
でも小さい肉まんのような小籠包も美味しいですよ。慣れるとこちらの方が美味しく感じられます(^_^;)。

>Qingzuiさま
前に、Qingzuiさんが、高雄での「小籠湯包」と「小籠包」の違いなどについて書かれていた時に、なるほど~と思って読んでいたのですが、実際に住んでみると、台北ではどこかしらにあった鼎泰豊系の小籠包に出会うことが少ないのに驚かされました。
小さい肉まんのような小籠包も実は好きです!
食べ応えがあって、こちらもおいしいですよねー。
Qingzuiさんが選択肢なしで行かれていたお店、Upされていますか?
なければ、何かヒント(?)を!笑

投稿: Qing Zui | 2009年2月14日 (土) 23:47

お料理も美味しそうですね。
そして観光も楽しそう。

いまや日本も「逆チョコ」が流行って、
男子⇒女子の構図も出来てます。
ホワイトデーはどうなる!?

>senchanさま
ハズレなくおいしかったです。
日本人が行ってがっかりしないお店だと思います。
高雄で観光ってあまり思いつかないのですが、左営(新幹線の駅のあるあたり)の蓮花潭の周りには、この龍虎塔をはじめいくつか、写真うつりのいい観光スポットがあります。

逆チョコですか!
ホワイトデーは通常通りで、男性W出費か!?

投稿: senchan | 2009年2月15日 (日) 01:38

龍虎塔の池、水が入ったんだね!?
去年、私が行った時は工事が行われていて、水が全部抜かれてしまっていたの。

ご両親、やっとのことで来てくれたんだね~。
やっぱり大きくなった子供より、可愛い孫の方が勝るのか?!笑
でも親孝行がひとつできて良かったね!

↓の櫻の件、不確かな情報発してしまってゴメンネ!
高雄の和食屋さん、ランチ700元~・・・なかなか期待できそう!?
もっとリーズナブルに、子連れでいけるところが見つかるといいねっ。
まっ、私もB級派だから^^;

>nonさま
龍虎塔、もうすっかり修復が終わって、池の水も入っていたよ~。
池の水を全部ぬくなんてイメージがわかないけど、人口池だから意外に簡単なのかな?
次高雄に来るときには、見られるといいね!

>やっぱり大きくなった子供より、可愛い孫の方が勝るのか?!笑
そうなのよ~。
どちらの両親も、私の祖母も、私たちを差し置いて孫孫孫。
ワタシあっての孫だって忘れてるんじゃないの!?笑
ま、口応えもしなければ、分け隔てなく笑顔を振りまいてくれる赤ちゃんのがかわいいのは当然だけどねー。

櫻のこと、教えてくれて感謝だよ~。
こちらこそ、古い情報をUpしてしまってゴメンナサイ!
移転していただけでよかったです。
ラブ・B級!!!

投稿: non | 2009年2月15日 (日) 23:38

ご両親楽しんで帰られましたか?
高雄は小籠包あんまりないんですか~?どうしてなんでしょ~!!!
私は老公に逆チョコもらいましたよ~♪
けんこうさんはホワイトデー楽しみですね(´▽`*)♪

>せんさま
お返事遅くなりました~。
両親、それなりに楽しんでくれたようです。
小籠包はあるんですが、皮が薄くてスープたぽたぽタイプのが、あまりないみたいです。食べ応えがないからかな?肉マンみたいなのはあるので、好みの差なのかな?スープの味付けなども微妙に違うように感じます。

せんさんちは逆チョコ派(台湾ではフツウ?)だったんですねー。
うちは伝統的な日本バレンタインデーで!
お返しが楽しみです~。

投稿: せん | 2009年2月16日 (月) 11:02

鹽埕にとても気さくな雰囲気の「永和小籠湯包」というお店がありますが、そこは皮の薄いスープ系の小籠湯包を食べさせてくれますよ。
小籠湯包10個で55元、酸辣湯は25元。安い!
ただ、まぁ、なんというか、ものすごく気さくすぎる雰囲気です。
日本人には有名なお店のようで看板も日本語&イラストで目立ってます。
やる気のあるときに行き合わせるとそれなりに美味しいと思います。(熱々だと美味しいけど、ぬるいの出てくるとう~んとなりますよね)
「紅陶上海湯包」に並べて紹介するようなお店ではないですが、「気さくな」というキーワードでコメしてみました。
高雄市鹽埕區鹽埕街33號です。
ウチはバレンタインはすっかり忘れていました。
何もあげなかったら、お返しもないですよね…

>ねこまたぎさま
ステキな情報ありがとうございます!
「紅陶上海湯包」はもちろんおいしいですが、気軽にちょくちょく行くようなお店ではないので、教えていただいたようなお店の方がずっと大好き!
気さく過ぎる?それはすばらしい!笑
55元の小籠湯包と25元の酸辣湯、絶対に食べに行きます。
Upをお楽しみに~☆

>やる気のあるときに行き合わせるとそれなりに美味しいと思います。
これ、わかります。
台湾では、一度うーん・・・でも、次回またうーん・・・とは限らず、その反対に、一度目おいしくても、次回もおいしいとは限らず。
ムラがある?作り手が違う?タイミングの問題?
よく分らないんですが、あまりカリカリしないのがコツなのかも?
(ちょくちょくカリカリしちゃうんですが・・・)

>何もあげなかったら、お返しもないですよね…
うーん。ダンナさまの優しさに期待しましょう!!!

投稿: ねこまたぎ | 2009年2月22日 (日) 16:09

龍虎塔!懐かしいです!かつてコメントしたとき18年前に台湾に行ったことをお知らせしたんですが、そのときは阿里山と高雄にも行ったんです!
高雄に引越しされると聞いて、高雄の圓山大飯店とその隣の公園くらいしか思い出せなかったのですが、ココも行きましたねぇ。高雄では有名な観光スポットなんですね。熱々の小龍包も美味しそうですね。食べたいです・・・

>えみりんさま
お久しぶりです!
お返事遅くなってゴメンナサイ!

18年前、高雄と阿里山にも行かれてたんですねー。
台湾に住んで丸4年になりますが、阿里山には行ったことがないんです~。
高雄にはあまり観光スポットがないと言われますが、ここ龍虎塔は、定番の観光コース。私たちが行った時も、日本人のツアー客がたくさんいました。写真を撮って絵になるし、池の周りにいくつかポイントがあってまとめてまわれるので便利です。
アツアツの小籠包おいしかったです!
18年ぶりにいかがでしょう?

投稿: えみりん | 2009年2月27日 (金) 11:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174057/44056160

この記事へのトラックバック一覧です: 紅陶上海湯包:

« 雄太でカツオ丼 台北だけどネ | トップページ | 夜は海天下で澎湖料理 »