« TEN屋のお好み焼きとDAN屋のたこ焼き | トップページ | 焼肉飯も50元 »

米[米+羔]城のミーガオ

衣食住において、とにかく「食」が大事なワタシ。

「衣」は正直どうでもいいというか。

洗ってさえあれば穴があいててもいいというか。

そんなワケで、高雄への引っ越しが正式に決まった後、

まず思ったのが「高雄に行ったら何食べよう?」。

でも、高雄の食情報、うまく集めることができず・・・。

台北に比べると、ガイドブックや情報サイトも少なく、

きっとあるに違いないおいしいものが、

なんというか見えない。ぼやけている感じ。

そんな中、日本のガイドブック、台湾のガイドブック、

高雄墾丁Walkerの人気小吃特集、

そのどれもで紹介されていたお店が「米糕城」というお店。

創業50年以上の「米[米+羔]」のお店です。

1215_088

前回、友人が差し入れてくれた「米[米+羔]」を食べた時は、

魯肉飯との違いがよく分からず、

そのまま「分りません」とUpしてしまいましたが、

今回はちょっと調べてみました。

まず、「米[米+羔]」のご飯は、おもにもち米で、

干しエビ、ネギ、ニンニク、調味料など一緒に一度炒めたものを、

「筒仔」という筒に入れ、時間をかけてじっくり蒸しあげたもの。

「油飯」とも似ているようですが、油飯はご飯を炒めて作るのに対し、

「米[米+羔]」のご飯」は米を蒸しあげて作るという違いが。

チャーハンとピラフの違いみたいなものでしょうか。

炊き上げたもち米の上に、「肉燥」という甘辛い肉ダレをかけたり、

もち米と一緒に炊きあげたブタバラ肉を飾ったり、

香菜や肉でんぷをのせたりもするようです。

盛付けやトッピングなどは店によっていろいろだとは思いますが、

魯肉飯のご飯は白米なので、そこが大きな違いでしょうか。

勝手に台南名物だと思っていたら、発祥は、

台中縣清水鎮的にある「王塔米糕店」という店のようです。


さて、こちらは「米[米+羔]城」の「米[米+羔]」。

1215_080

「米[米+羔]」ダブルに滷蛋、貢丸のトッピングで75元。

ほとんどの人が、このセットメニュー(?)を買っていたそうです。

ご飯はもち米ですが、もちもちしすぎてなくて、

思っていたよりもさらっとしています。噛みしめるともちもち。

ほんのり味がついていますが、濃すぎず薄すぎず。

上にかかっている甘辛い「肉燥」の肉のうまみと、

「魚酥」という魚のでんぶの甘さが、

さっぱりめの醤油味のおこわによくあっています。

ピクルスみたいに甘酸っぱいキュウリの漬物も、

箸やすめにGood!

「貢丸」だけはそんなにおいしくなかったので、

次回からパスでいいかなーと。

1215_085

外帯して、愛河沿いのベンチで食べようと車を停めましたが、

蓋をを開けたとたんに、いい香りをかぎつけた蠅さんたちが

ブーン、ブブーンとやってきてしまったので断念。

近くのカルフールまで行き、ペットボトルのお茶を買って、

フードコートでいただきました。

「いいお天気だし外で!」なんてはりきって出かけても、

所詮アウトドアにはなりきれない軟弱夫婦です・・・。

清潔な環境万歳!空調! 

にほんブログ村 海外生活ブログへ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!

「米[米+羔]城」

住所:高雄市大仁路107号

電話番号:07-533-3168

|

« TEN屋のお好み焼きとDAN屋のたこ焼き | トップページ | 焼肉飯も50元 »

②高雄(食)」カテゴリの記事

コメント

私も何よりも「食」です!って言わなくてもわかってるかぁ。。。爆

セブンにもこのお弁当ってあるよね?!
写真付きで!
興味あったけど、食べたことなかったのよ~。
いいね、いいね♪
こういうお弁当持って、愛河眺めながら食べるの!!
って、フードコート行っちゃったのね。。。笑
まぁ台湾だから無理もないわ~。
でも愛河のあたり、いいところだよねぇ。
羨ましいです♪

今日はイヴね~。
ムスメちゃんのところには、初めてのサンタさんがやってくるかな?!

良いクリスマスを~☆彡

>nonさま
メリークリスマス!
昨日はいいお酒だった?
ワタシは、おとといトラってしまったので、昨日から禁酒に入りました。
大晦日に解禁の予定。
って早すぎ!?

nonちゃんも1番はやっぱり食なのね~。
確認したことはないけど、わかってたわ!笑

米ガオのお弁当、セブンにあるよねー。
台北にいた時は1度しか食べたことがなかったけど、南部でよく食べられる、これぞ台湾の小吃!の代表格。早い安いうまい♪
厚いのも寒いのも、虫さんも苦手だから、花見の時以外は外でご飯を食べることってほとんどないのだけど、車のある生活になったし、これかたは弁当作ったり、おいしいものを外帯したりして、愛河やキレイな公園などでランチできたらなかと画策中です。

もうすぐ年末。
年末は何食べよう?

投稿: non | 2008年12月24日 (水) 14:37

こんにちは、けんこう様

愛河沿いのお写真、晴れやかですね~。
餅米を蒸したモノだったのですね!!
手間がかかっています~。
でんぶたっぷりが、益々台湾っぽいですわ。

夢時代も、三鳳も記事が古くって。
あんまりご参考にならないかもしれません。
ごめんなさい~。

追伸:うっかりして件名無しのメールを送ってしまいました。本日、改めて再送致しました。
本当に失礼致しました。

>いけこさま
おはようございます。
もうすぐお正月ですね!
なーんて、昨日までクリスマスクリスマス言ってたのに、節操なさすぎ?笑
12月はクリスマスで、1月は正月で、2月は節分で、3月はお雛様で・・・。酒が飲める飲めるぞ~酒が飲めるぞ~♪

ちょっと間違いがあったのでまた訂正しますが、米ガオはもち米を使った中華ピラフと言った感じでしょうか。お米と具材を油で炒めて、そのあと炊き(蒸し)上げます。その際に、「筒仔」という道具を使っているのが、米ガオの特徴のようです。
手間がかかっているのに25元!
台湾のファストフード侮れません。

高雄の冬はさわやかです。毎日青空。
台北や北陸の冬は湿気が多くて雨ばかり。空の色もどんよりしているのに比べ、過ごしやすいです。

追伸:メールありがとうございます。今日返信しますねー。

投稿: いけこ | 2008年12月24日 (水) 16:14

☆* ╱╲*╱╲∵∴
∴*╱╳+▲☆聖誕鈴聲響起
╱╱ ◢◣+* ∴ (\ /)
╱ +◢█◣∵∴ ( ^ ^ )
☆ ◢██◣* ☆(_(__)*∵
___▂▂█▂▂__∵**∴。∴
聖 誕 節 * * ☆祝 聖誕節快樂

クリスマスはどんな美味しいディナーですか?
報告楽しみにしています。
私はケーキもなしで、ちょっと寂しいです@@

>せんさま
クリスマスも終わって、次はお正月ですねー。
おせちやお雑煮は食べてもいいのかな?

ワタシは、ふと気付くとクリスマス3日前で、プレゼントどころかクリスマスらしいディナーを作る材料すらなく、ケンタッキー&ワインで簡単にすませました。
娘は、いつもはお風呂の後に強制的に(?)寝かしつけられますが、クリスマスの夜ということで特別にディナーに参加。
昨年のクリスマスは入院中で、病院で1人、無事に生まれてくるかどうか不安に思っていたので、こんな略式のクリスマスでも、そろって迎えられることに幸せを感じました。
せんさんも来年は3人のクリスマスですね!
来年はケーキをいっぱい食べてくださいね~。

投稿: せん | 2008年12月24日 (水) 16:18

私もけんこうさんと同じく「食」が大事です~(笑)
字の雰囲気からいってももっとさっぱりめの食事かと思ったら見た目ちょっと恋ですね。
でも、私はこういうの大好きです!!おいしそう~

>花茶さま
食・・・住・・・・・・・・・・・・・・・・・・衣 ぐらいなんです。
花茶さんは、それ以外もちゃんと楽しんでらっしゃるようなので大丈夫!
(って、何が大丈夫なんでしょう?笑)

米ガオ、見た目よりもこってりしてなかったです。
ル肉飯よりもあっさりしているように感じます。
おいしかったです!

投稿: 花茶 | 2008年12月24日 (水) 19:38

平安夜快楽!
旧市街の方はこのお店も含めて、いくつか老店があったと記憶しています。とりわけ美味しい!ってわけではありませんが、一度全部回られてみるといいですよ。
油飯との違い、拝見してなるほど!と思いました。言われてみれば確かに似てますね。けんこうさんのおかげで今後は他の人に説明できそうです。

>Qingzuiさま
遅くなりましたが・・・平安夜快楽!
この「平安夜快楽」という表現、初めてしりました。
「メリークリスマス」という意味でいいのでしょうか?
クリスマスイブ限定?

ガイドブックなどでオススメの小吃店は、やはり旧市街の方にかたまっているようですね。今度は、車をちゃんと停めて、食べ歩いてみたいです。

米ガオと油飯の違い、次回訂正文をのせますが、間違ってました。すみません。両方ともピラフ(もち米と具材を油で炒めて炊く(蒸す))。ちまきの中身とあわせて、ご飯部分自体には大きな違いはないような・・・?
いろいろ食べて、自分なりの結論を見つけたいと思います。
食べなきゃ~~。

投稿: Qing Zui | 2008年12月24日 (水) 23:02

私も食が最優先のヒトです。
こちらのお店、行ってきました。ここのお米の蒸しあがり具合がいい感じ。四神湯もなかなか美味しかったです。
魯肉飯との違い、私もイマイチちゃんと分かってませんでした。勉強になりました。

魯肉飯ですが・・・苓雅夜市の南豊魯肉飯も美味しかったですよ。お弁当ならごろんと大きなお肉ものって、卵もつけて50元でした。偶然入ったのですが、後から調べたらガイドブックにも載っているようなお店でした。

なんだか、こちらへ来てから炭水化物過多です~

>ねこまたぎさま
ねこまたぎさんも食優先ですか~。
ワタシは、食>住>>>>>>衣 って感じです☆

こちらのお店、もち米の蒸し具合がサラリとしていて食べやすいですよねー。見た目よりも油っぽくなく、あっさりがっつり食べられます。
四神湯も飲みたかったのですが、夫にたのむのを忘れてしまい・・・。次回リベンジです!

次回Upの際訂正しますが、米ガオと油飯の違い、間違っていました。
魯肉飯との違いは、大丈夫だと思います。
米ガオのご飯はもち米のピラフ、魯肉飯のご飯は白米。
大きなお肉はゴロンとのっている魯肉飯は、南部式。
台北ではひき肉の醤油だれのみがスタンダードです。

苓雅夜市の南豊魯肉飯、有名ですよね。
行ってみたいと思ってました。ますます食べたい!
台湾の小吃、炭水化物モノが多いですよね~。
でも意外に太らないのが不思議。

投稿: ねこまたぎ | 2008年12月25日 (木) 01:37

高雄墾丁Walkerのくだりを読んで、
”そうか、けんこうさん墾丁の近くになったのか!”といまさらビックリしてしまいました。
夏になるのが楽しみですねぇ。

全体的に茶色いですが(笑)、おいしそう。
川の景色もいいのに、蝿さんとは・・。
せっかくなのに、残念だったね~。

ちなみに私も衣は最後。 穴が開いてても大丈夫よ。
隠れてりゃいいのよ、隠れてりゃ。(爆)

>こちさま
なーんと、こちさんも穴があいててもいい派?←どんな派だ・・・
家の中なら隠れてなくてもOKですよね?
えっ、だめ?

そうなんですよ~。
墾丁の近くになっちゃったんですよ~。
平日は相変わらず家の中にばかりこもっているので、台北なんだか高雄なんだか日本なんだか、どこでもそう変わらない生活をしているので、時々「あっ、高雄だったんだっけ?」と思ったりします。

茶色いものっておいしいですよねー。
茶色い炭水化物、なんか太りそう?

投稿: こち | 2008年12月25日 (木) 08:21

メリークリスマス!
おいしそうですね~。
やっぱりまだまだ暑いんですか?虫さんがやってくるとは・・・
見てたら台湾ごはん、食べたくなってきましたhappy02

>あじさい
一日遅れですが・・・メリークリスマス!!!

高雄は暑いというほどではないですが暖かいです。
寒い日の最低気温が15度くらい。日中は25度近くあります。
湿度も低く、空も真っ青。気持ちがいいですs。

虫ですが、夏よりも少し涼しくなってきた頃の方が多です。
お弁当のふたを開けたとたん、ぶぶーんとどこからともなくあらわれビックリでした・・・。


投稿: あじさい | 2008年12月25日 (木) 21:47

まだ間に合うかな?
メーリークリスマス!
たこ焼きだって、家族が幸せでけんこうなら良いじゃないですか。
幸せってもんでげすよ。
手作り手ごねハンバーグついちゃうなんてご主人さまも幸せですねー。

米糕のアップありがとうございます。
リクエストが多くてすみませんです。
あんまり反省してませんが。
もち米を炒めてから蒸すんですねー。
ちまきを連想してしまいました。
でも、さらっと食べられるんですね?
メタボラヴにはたまらない感じがします。
食べたいです、猛烈に。

>外付け胃袋様
遅くなりましたが・・・メリークリスマス!
で、もうすぐ、あけましておめでとう!

ですねー。
家族そろって健康で、タコヤキ食べて、ビールも飲んで。
昨年は病院で1人不安だったので、ホント幸せなことです。

米糕、おいしかったです。
炒めたお米を蒸してつくるわりにはサッパリとしていて、茶色い見た目のわりには濃い味ではありません。
お米もモチモチというほどモチモチしていなくて意外やサラリと。
ちまきの中身と、作り方の差はあまりないですが、できあがりは、ちまきに比べてねっとりしていません。
写真は米糕ダブルですがペロリと。
もう1軒行きたい店があるので、行ったらまたUpしますねー。

投稿: 外付け胃袋 | 2008年12月25日 (木) 23:11

米糕、私も大好きです!!!!!
台南で、食べたものが忘れられず・・・・
わざわざ、それを食べに台南に寄ったこともw
お腹にたまるというか、ガッツリ系ですが、
美味いんですよね!

色々、高雄開拓もされているようで、
今年も楽しみにしています!

>treeさま
treeさんも米糕お好きなんですね!
食べるために台南に立ち寄るほどにはまったお店、今度教えてくださいねー。
ご飯ものはお腹にたまるので、いろいろ食べ歩きたい人には向かないかも?と思うんですが、たまっても食べてみていただきたい!
ル肉飯とはまた違ったおいしさですよね~。

高雄にもいろいろおいしいものがありそうです。
先日、本屋で高雄小吃100選なる本を発見。
食べ歩きたい熱がふつふつ沸騰しています☆

投稿: tree | 2009年1月 2日 (金) 17:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174057/43513450

この記事へのトラックバック一覧です: 米[米+羔]城のミーガオ:

« TEN屋のお好み焼きとDAN屋のたこ焼き | トップページ | 焼肉飯も50元 »