« 大来小館のしっとり魯肉飯 | トップページ | 百菓園で雪地冰淇淋 »

五燈奨の魯肉飯と豚脚

kiyoさん、外付け胃袋さんとご一緒した店第2弾。

三重市までタクシーで乗り付けました。魯肉飯と豚脚の「五燈奨」。

Dscn0040

たまたまこのお店に行ったことを台湾人の友人に伝えたら、

彼女の家が店の近くということが分かりビックリ。

おいしい魯肉飯と豚脚を食べるために三重市まで行ったことに、

彼女はワタシ以上にビックリしたようで、

「日本人がそんなに魯肉飯好きとは知りませんでした!」

と言われてしまいました~happy02

おいしいもののためならば!?

Dscn0041

店頭というか、歩道にはこんなコンロが!

台湾の店の前の歩道は、そのお店に使用権があるらしく、

お店の外で中華鍋が火にかけられているのも珍しくない光景。

台湾の歩道が段差ダンダンなのもそのせいなんですねー。

Dscn0042

お店に入ってすぐのところには、

使い込まれた大きなお鍋に、卵や豚足が、

グツグツと煮込まれていました。

Dscn0046

飴色に煮込まれた豚足はいいにおい~。

口に入れた時の味を想像して、ワクワクしてしまいます。

Dscn0045

テキパキとオーダーを受けたお姐さんたちが、

ガンガンガンと大きな包丁で食べやすい大きさに切って

というか叩き割ってくれます。迫力~。

Dscn0043

オーダーしたのはこの5品。

大人数(と言っても3人ですが)で行くと、

いろいろ食べられるのでいいですよねー。

普段はあまりオーダーしないようなものを食べて

開眼することができるのも嬉しい!

Dscn0050

まずは「魯肉飯(20元)」。

とにかくとろとろです!

お肉は脂身の多い部位ですが、長時間煮込まれているからか、

脂というよりはゼラチン。コラーゲンぷるぷる。

箸でかき混ぜると、濃い目の味付けのタレとともに

お肉がいーい感じに混じって、超美味~。

赤身の肉っぽい肉飯の方が好きだと思っていましたが、

このお店のはおいしかったなぁ。また食べたい!

Dscn0054

そして「魯蛋(10元)」。いい色でしょう?

甘辛いタレがしみこんでいて、とにかくうまい!

Dscn0055

そして「豚脚」。

見た目もグロイし苦手なかたも多いと思うのですが、

日本の一杯飲み屋などで食べる豚足とはまったく別物。

やわらかーく煮込まれているし、脂はほどよくぬけているし。

ワタシも以前は豚足が好きではありませんでしたが、

というより豚肉の脂身自体が好きではありませんでしたが、

台湾に来て、豚肉好きになりました。

食わず嫌いの人はぜひ!

Dscn0056

「金針貢丸湯」と「小菜(キャベツと四季豆)」もいただきました。

どれもおいしかったし、何よりも安い!!!

台北市内とは物価が違うなぁといった感じ。

ま、タクシー代使ってますが~。

Dscn0062

台北県にあるので、行くのは少し大変ですが、

その価値があるおいしいお店です。

市内に飽きたかたぜひ!豚脚もね~。

にほんブログ村 海外生活ブログへ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!

「五燈奨」

住所:三重市自強路一段119号

電話番号:02-2984-3029

|

« 大来小館のしっとり魯肉飯 | トップページ | 百菓園で雪地冰淇淋 »

⑦台北(中華・台湾料理・小吃) 」カテゴリの記事

コメント

親衛隊ですのに、時々一番乗りですみません。

引き続きありがとうございますー。
ここの豚足は美味しいですよね!
ここで食べて以来豚足ラヴです。
日本では白いのが出てくるのでなかなか食べられないんですが。
毛が生えてたりしますし。
そんな私でも豚足ラヴです。
わざわざ食べに行く価値、すごくあると思います。
バスでぷいっと行けるようになりたいなぁ。

最近はまってるおやつはチョコレートです。
この時期は期間限定でいろんなチョコが出ているので端から食べてます。
チョコを食べてプリングルスを1枚。
またチョコを食べてプリングルス。
無限ループ……

>外付け胃袋様
いっちばぁ~ん!ありがとうございます♪

ここの豚足とル肉飯はうまいですねー。
1年以上たった今でも、口がそのうまさを覚えてて、よだれがだら~っと。普段そんなに豚足やル肉飯は食べないのですが、ここのは、しょっちゅう食べたいうまさです。もうちょっと近かったらなぁ。

この時期の期間限定のチョコ系は、やばいっすよね~。
あー日本にいなくてよかった!←嘘
チョコポテトチョコポテチチョコポテチポテチ。魔の永久運動。
中高時代、これでプチ肥満になりました・・・。

投稿: 外付け胃袋 | 2008年11月22日 (土) 20:42

台湾縣だからちょっと遠いのですが、ここは何度か行き豚足が食べれるようになった店です。
車だと駐車できないし、捷運もまだ作ってる最中なので民權西路站からバスに乗り換えて・・・って面倒ですよね(だからタクシーw)
私はもともと脂身って受け付けないんですが、ここのだけは食べれます。
ただ豚足をオーダーする時「脂身が少ないとこ」って一言いって 脂ほどほどの赤肉よりの部分を切ってもらってますね。

>kiyomi , cさま
kiyomiさんが豚足ギライを克服されたお店だったんですねー。
この店もそうですが、おいしいと噂のお店で豚足を食べると、日本で豚足嫌いが嘘だったみたいに思えますよね~。
ワタシも豚肉の脂身は子供の頃から嫌いで、今でもしょうが焼きやロースカツの脂身は受け付けないのですが、ここの豚足はおいしくいただけました。
もうちょっと近かったらもっと行くんだけどなぁ。
kiyomiさんと同じく赤身よりの方がより好みです!

投稿: kiyomi , c | 2008年11月24日 (月) 04:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174057/43188415

この記事へのトラックバック一覧です: 五燈奨の魯肉飯と豚脚:

« 大来小館のしっとり魯肉飯 | トップページ | 百菓園で雪地冰淇淋 »