« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

獅子頭!?の極厚ハンバーガー

まだ台北です。暇です。

台北から高雄の引っ越しは1日ではムリということで、

本日業者による梱包、明日発送・移動・受取。

現在、ダンボールに囲まれ、することなし。

PC包んでしまわなくてよかった~。

で、今日からまた急に寒くなった台北。

予報では最低気温8度!!!うへ~。

でも、日本の予報では12度って言ってました。

どちらにしても寒いですが。

靴下を1足しか残さずに荷造りしてしまったので、

今日は靴下なしで過さなければ!

か、今日も明日も同じ靴下をはくか!

と、話は変わって、先日友人が差し入れてくれた、

中山運動中心の近くにある「AN Burger」のハンバーガー。

とにかくすごかったです!

1127_024

何がすごかったって、

ハンバーグパテの厚さというか、大きさがすごかった!

「パテ」という表現は適切じゃないかも?ダンゴ?

「獅子頭(白菜などと巨大肉団子が煮込まれた料理)」という

上海料理の巨大肉ダンゴみたいなものが、

パンの間にごろんと鎮座。どてんと鎮座。

1127_027

ガブリといくとこんな感じ。

外見からも「厚いハンバーグだなぁ」と思ってましたが、

かぶりついてさらにビックリ!

1127_031

大きさだけでなく、味の方もgood

ビーフ100%のハンバーガーはパサパサになりがちですが

そんなことはなく、牛食べてる!って感じのギューギュー感。

表面に焼き固めたあと、オーブンで焼いているのかな?

とってもおいしかったです!

テイクアウトしてきれくれた友人いわく、

お店の方たちもすごく感じがよかったそうです。

「牛肉起司漢堡」ポテトとドリンク付で160元です。

yahoo奇摩で「AN Burger」で検索すると、

お店の紹介をしている台湾人のブログがたくさんヒットしますが、

「雙層牛肉培根漢堡(240元)」や「豪華三層漢堡(300元)」

は驚愕のボリュームです。顎はずれそう!

ハンバーガー好きのダンさんに、

「自分だけズルイよ!!!」と言われたことだし、

今度台北に遊びに来たら、お店で食べてみたいです。

Aちゃん、寒い中、子連れで大変なのに、

おいしいハンバーガを買いに行ってくれてありがとう!

それでは今度こそサヨナラ!

次回は高雄にて!

にほんブログ村 海外生活ブログへ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!

「AN Burger」

住所:台北市中山北路二段36巷17号

電話番号:02-2100-2862

| | コメント (6) | トラックバック (1)

涙でしょっぱいぜ 涼麺&鶏蛋麺線

思ったよりも早く片付いてしまったので更新です。

もっと忙しい方が、ヘンにしんみりしなくて良かったのかも。

急に寂しさが襲ってきてしまいました。

もともとセンチメンタルなたちで、

台北に来て初めて買ったスリッパを捨てる時も、

「今までありがとう。バイバイ」なんてつぶやいてしまうワタシ。

ここ数週間、友達やお世話になった人と、

1人ずつ、最後の(ではないと信じたいが)別れをすませてきて、

今日またお世話になった人との別れがあり。

ついにあふれだしてきてしまいました。

夕飯の涼麺&鶏蛋麺線がしょっぱいぜ・・・。

1127_051

名前は忘れてしまったのだけど(後日書き足します)

光複北路×延壽街の交差点付近にある小吃店。

特別愛想がいいわけでないけど、外国人と分かると、

ちょっと恥ずかしげに対応してくれるラオパンがいい感じなの。

ここの涼麺、タレがおいしいです。

今の季節だと、気温が低いからか、

初めから日本人好みの冷たさで、急速冷蔵の必要なし。

給食のソフト麺みたいな炒麺も何気にうまいんだよなぁ。

いつかまた食べられるかな?

にほんブログ村 海外生活ブログへ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

じゃがりこ天国!!!

台北からのUpはとりあえずこれが最後かも。

引越し業者が荷物を詰めてくれることになっているとはいえ、

本当に本当にまだ何もしていないので、

さすがにあせり始めています。

貴重品は携帯してー、重要書類や下着類は自分でつめてー、

最後まで使うものをよけてー、すぐに使うものも別の箱にしてー、

冷蔵庫を整理してー、ゴミ捨ててー。

これ1日で本当にやれるの?うーん。やばいかも~。


さて、そんなわけで取り急ぎ(?)更新を。

じゃがりこが好き好き好き~と公言し続けてきたおかげで、

いろいろな方からいただく機会が増えました。

台湾ではなぜか売っていないので、本当にありがたいです。

じゃがりこ長者状態~heart04

715_054

九州限定の明太子味や、関西限定のねぎ焼味。

どちらもなんとツマミーな!!!

小袋なので、小腹が空いた時には1袋、

中腹が空いた時には2袋、大腹が空いた時には3袋と

腹の空き具合にあわせて食べられるのも便利~。

107_105

補給部隊2等兵の外付け胃袋さんからの救援物資。第1弾。

じゃがりこ×10=じゃがりこ天国~。

818_006

期間限定のバジル味とシーフード味も!

定番のがやっぱりおいしいでしょ?と思ってたけど、

バジル味、かなり好きな味でした。おいしかった!


そして第2弾。

じゃがりこ×?=やっぱりじゃがりこ天国~。

1124_014

今度は、バーベキュー味とグラタン味が!

バーベキュー味はビールにあいますねー。


たくさんの救援物資、ありがとうございました!

台湾にいながらにして、じゃがりこに困らない生活。

じゃがりこかみ締めながら、幸せもかみ締めました。

会長、外付け2等兵を、そろそろ1等兵にどうでしょ?

にほんブログ村 海外生活ブログへ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!

| | コメント (7) | トラックバック (0)

初めての米ガオ

うひゃ~。あと36分しかない、がけっぷち!!!

あせればあせるほどミスタイプ。間に合うか!?

さて、なかなか気軽に外出できないため、

友達に家に遊びに来てもらうことが増えたのですが、

おかげで、コレ初めて食べた!というものに出会ったり、

そうそうコレ好きなの!と思い出したり、

そういう機会が増えました。ありがたいことじゃ~。

これもそんな一つ。初めて食べた「米〔米+羔〕」。

1124_009

南部出身のローカルフードということで、

台北ではあまり見かけない?

気になりつつも今まで食べる機会がありませんでしたが、

台湾人朋友が、高雄に行くワタシへのはなむけに、

お気に入りの店のを買ってきてくれました。感謝!

ご飯の上に、甘く煮付けたそぼろ肉がのっており、

一見、魯肉飯によく似ていますが、

ご飯はフツウのご飯ではなくもち米のおこわ、

お肉も、赤身の多い部位を使っているのかあっさり。

酢漬けのような大根と人参の漬物と、

ゆでた落花生がトッピングされていました。

魯肉飯とはまた一味違ったおいしさ。

タレのしみこんだもち米がうまい!

日本人のワタシに気遣って、

友人が「不要」してくれたので、トッピングされてませんが、

一般的には、肉鬆というお肉の甘いデンブがのっています。

実は、肉鬆は全然平気なので、

今度は肉鬆トッピングのを食べてみたいです。

高雄の夜市に行けば食べられるのかな?

にほんブログ村 海外生活ブログへ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

天罎の極太豚足

台北を離れることだしと、写真の整理をしてみたら、

ちょうどUpできそうな店が、引越しまでの日数分!

ということで始めた連続Upですが、少々息切れしております。

しかも途中で気づいたんですが、写真整理後、

引越しまでに食べたものはどうするの?ってこと。

もしかして意味ないんじゃ!?

でもここまできたら何とか頑張りたい。

なんだか意地になってるけんこうです。

続くかなー?

さて、豚足つながりで、今日は「天罎」。

一昨日の「五燈奨」とはまた違った豚足が食べられるお店です。

A

行ったのが前過ぎて、記憶があいまいな部分が多いですが・・・。

「天罎」は、医食同源+中国古来の調理法や器具をつかった

素材の味を活かした味付けが特長のお店。

土鍋や↓の窯などを使って、時間をかけてじっくり火を通せば、

素材からおいしさが引き出されるんだそう。

B

この日いただいた「臘味金瓜盅」もそんな料理の1つ。

丸ごとのカボチャの中に、もち米、香腸、たっぷりの栗を

つめて3~4時間もかけて蒸しあげた「臘味金瓜盅」は、

かぼちゃが柔らかで、じんわりやさしいお味。

下に敷いてある龍鬚菜の緑とカボチャの黄色が色鮮やか~。

ハロウィン快楽~!

F

こちらは「圓蹄加細麺」。

リンゴと一緒に5~6時間も煮込んで作るという豚足は、

リンゴに含まれる成分のおかげもあってトロトロぷるんぷるん♪

豚足という感じも、脂身という感じもしないので、

豚足はちょっと・・・という方でもきっと抵抗ないはず。

D

どちらも要予約のお料理。お値段も安くはありません。

が、滋味深く、体にいいことしたなーと満足できるお味。

予約のいらないお料理や、お手ごろのランチもあるので、

たまには体にいいことしてみるか?という時に、ぜひどうぞ!

にほんブログ村 海外生活ブログへ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!

「天罎」

住所:台北市四維路14巷5号

電話番号:電話番号 02-2705ー3308

| | コメント (6) | トラックバック (0)

百菓園で雪地冰淇淋

kiyoさん外付け胃袋さんとご一緒した店第3弾。

マンゴーなど台湾フルーツ好きにはたまらない店「百菓園」。

いただいたのは「雪地冰淇淋」。

Dscn0023

甘酸っぱいシロップ(梅?)がかかった氷の上に、

マンゴーだけでなく、スイカ、メロン、ブドウなどたっぷりフルーツ、

そして、さらにその上にマンゴーシャーベット!

おいしさをテンコもりにしたみたいな大満足デザートheart04

土芒果のアイスも食べたかったのですが、

もっと早い時期にしかないとのことで残念!

せめてドライマンゴーだけでもと思ったのですがそちらもなく・・・。

リベンジしないまま高雄に行くことになるなんて!!!

ふん。バビューンって来ますわ。バビューンって。

Dscn0027

nikoさん、そういえばこの時も、

お店の前にお店の車が停まってなかったんでした~coldsweats01

このお店、平日の朝は7時から営業とのこと。

夜が遅い分、朝はゆっくりめの台湾では貴重なお店。

立ち寄ってから空港へ行くのに良さそうです!

しかし、この日は食べた食べた~。

今回Upした3店の他にも、騒豆花、姜太太包子店、

三重三和夜市、春水堂など多数。食べた食べた~。

またいつかチーム食い倒れに参加させてくださいネ!

にほんブログ村 海外生活ブログへ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!

「百菓園」

住所:台北市敦化南路一段100巷7弄2号

電話番号:02-2772-2010

| | コメント (5) | トラックバック (0)

五燈奨の魯肉飯と豚脚

kiyoさん、外付け胃袋さんとご一緒した店第2弾。

三重市までタクシーで乗り付けました。魯肉飯と豚脚の「五燈奨」。

Dscn0040

たまたまこのお店に行ったことを台湾人の友人に伝えたら、

彼女の家が店の近くということが分かりビックリ。

おいしい魯肉飯と豚脚を食べるために三重市まで行ったことに、

彼女はワタシ以上にビックリしたようで、

「日本人がそんなに魯肉飯好きとは知りませんでした!」

と言われてしまいました~happy02

おいしいもののためならば!?

Dscn0041

店頭というか、歩道にはこんなコンロが!

台湾の店の前の歩道は、そのお店に使用権があるらしく、

お店の外で中華鍋が火にかけられているのも珍しくない光景。

台湾の歩道が段差ダンダンなのもそのせいなんですねー。

Dscn0042

お店に入ってすぐのところには、

使い込まれた大きなお鍋に、卵や豚足が、

グツグツと煮込まれていました。

Dscn0046

飴色に煮込まれた豚足はいいにおい~。

口に入れた時の味を想像して、ワクワクしてしまいます。

Dscn0045

テキパキとオーダーを受けたお姐さんたちが、

ガンガンガンと大きな包丁で食べやすい大きさに切って

というか叩き割ってくれます。迫力~。

Dscn0043

オーダーしたのはこの5品。

大人数(と言っても3人ですが)で行くと、

いろいろ食べられるのでいいですよねー。

普段はあまりオーダーしないようなものを食べて

開眼することができるのも嬉しい!

Dscn0050

まずは「魯肉飯(20元)」。

とにかくとろとろです!

お肉は脂身の多い部位ですが、長時間煮込まれているからか、

脂というよりはゼラチン。コラーゲンぷるぷる。

箸でかき混ぜると、濃い目の味付けのタレとともに

お肉がいーい感じに混じって、超美味~。

赤身の肉っぽい肉飯の方が好きだと思っていましたが、

このお店のはおいしかったなぁ。また食べたい!

Dscn0054

そして「魯蛋(10元)」。いい色でしょう?

甘辛いタレがしみこんでいて、とにかくうまい!

Dscn0055

そして「豚脚」。

見た目もグロイし苦手なかたも多いと思うのですが、

日本の一杯飲み屋などで食べる豚足とはまったく別物。

やわらかーく煮込まれているし、脂はほどよくぬけているし。

ワタシも以前は豚足が好きではありませんでしたが、

というより豚肉の脂身自体が好きではありませんでしたが、

台湾に来て、豚肉好きになりました。

食わず嫌いの人はぜひ!

Dscn0056

「金針貢丸湯」と「小菜(キャベツと四季豆)」もいただきました。

どれもおいしかったし、何よりも安い!!!

台北市内とは物価が違うなぁといった感じ。

ま、タクシー代使ってますが~。

Dscn0062

台北県にあるので、行くのは少し大変ですが、

その価値があるおいしいお店です。

市内に飽きたかたぜひ!豚脚もね~。

にほんブログ村 海外生活ブログへ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!

「五燈奨」

住所:三重市自強路一段119号

電話番号:02-2984-3029

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大来小館のしっとり魯肉飯

お天気の話ばかりですが、今日の台北、久しぶりにいいお天気。

気温の方も、少しずつ上がってくるようでほっ。

お天気に合わせるように、ワタシの気持ちもすっきり。

昨日は、コメントをたくさんありがとうございました!

ブログを続けていく元気をいただきました。

高雄での初志は「高雄にバビューンと行きたくなった!」

と思ってもらえるような高雄を紹介するということで~。

ぼちぼち頑張ります。

さて、もう1年以上前のことですが、

kiyoさん外付け胃袋さんとご一緒した「大來小館」。

kiyoさんがUpされてからUpしようと思っているうちに

タイミングを逃してしまい、今更のUpになってしまいましたが、

永康街のはずれにある、台湾料理のお店です。

看板にも「平價」と書いてあるとおり、

「青葉」や「斦葉」のように接待で使うような台湾料理店ではなく、

ローカルな台湾の味を楽しめる庶民的なお店です。

Dscn0021

店構えがなんとなく八代亜紀を思い出させるのはなんででしょう?

トラックっぽいから?

お酒はぬるめの燗がいい?

いえいえ、冷でお願いします~。

でもとりあえずビールで!

Dscn0005_2

お店にうかがった時は、ちょうど「魯肉飯節」で、

外国人が選ぶおいしい魯肉飯賞(?)をとったということで、

トロフィーやお祝いの花が飾られていました。

Dscn0009

kiyoさん、外付けさんが前々日に行った際には、

ちょうどその「魯肉飯節の」表彰式だったとかでお店が休業。

そのリベンジとなったこの日のオーダーは、

何が何でもたのまなきゃ!の「魯肉飯(30元)」。

Dscn0012

脂身があまり多くない部位を使っているのか、

お肉の食感がちゃんとある魯肉飯(でもしっとり!)で、

八角などのスパイス類も気にならない程度。

日本のそぼろご飯を思わせるような優しい味つけなので、

食べやすくておいしいです!

角度を変えてもう1枚notes

Dscn0011

小菜は定番の「海帯(30元)」。なんかいつもコレを食べてしまいます。

ビミョウに健康志向?笑

ギザギザバサミで切られているのは、

味を馴染みやすくするためなのかな?

いつも気になるんですが、理由は不明です。

Dscn0014

「炒青菜(80元)」もたのみました。

旅行中はビタミンが不足しがちですもんね~。

台湾の大概の小吃店にはこの「炒青菜」や

「〔湯+火〕青菜」というゆで青菜がメニューにあることが多いので、

メインの麺や飯類のほかに1品たのむとヘルシーです。

しかし、この野菜がなんだったか思い出せない~。

ター菜?空心菜のもう少し穴の大きい感じのシャキシャキ野菜です。

Dscn0016

シジミ汁ならぬハマグリ汁「蛤仔湯(100元)」。

マナカナちゃん大きくなったよねー。

ショウガが効いていて五臓六腑が温まる感じ。

台湾のお店は冷房がギンギンのことが多いですが、

汁物をいただくと、冷えた内蔵手足がホカホカに。

Dscn0018

このお店、小吃店とあなどるなかれ。

なんとメニューは100種類以上。

気軽に食べられる湯、飯、麺などのメニューも充実していますが、

海鮮や肉料理、時価ですがカラスミなどもあり、

店構えは気さくですが、

いわゆる小吃店と台湾料理店の間くらいの感じ。

台湾小吃を食べたいけど気さく過ぎる店構えに入る勇気がない方、

青葉や斦葉はおいしいけどちょっと高いかな?と思っている方

などにオススメのお店です。独断と偏見ですが・・・。

にほんブログ村 海外生活ブログへ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!

「大来小館」

住所:台北市麗水街13巷2号

電話番号:02-2356-7899

| | コメント (5) | トラックバック (0)

別れの菜包~

今日も寒いです。足元がひえひえ~。

夏よりも冬の方が好きなので、寒いのは別にイヤじゃないんですが、

ひんやりとした空気を頬に受けると、何だかしんみりしてしまいます。

2005年の4月1日に台北に来て、泣いたり笑ったり。

その約1年後、このブログを始めました。

ワタシが来た3年半前には、台北はすでに日本人が暮らすのに

何不自由ない便利な街でした。

5~6年以上前に来た人は、皆一様に、

「それ以前はもっと大変だった!」と言います。

確かに5~6年前に台北に旅行で来たことがあるのですが、

故宮博物館へ行くのにバスに乗った時、

そのバスが古い薄汚れたバスで、しかも床に穴が空いていて、

「こんなバスに乗って大丈夫なの?ラチられない?」

なんて思ったものです。無知でした。スミマセン。

でも、そういう意味では、ワタシはラッキーだったのかも。

とはいえ、それでも暮らし始めの頃は、

言葉も分からないし、いろいろイヤな思いも怖い思いもしました。

それ以上に、仕事を辞め台北に来たものの、

何にもすることがなく、友達もいなくて、1人で外に出る勇気もなく、

テレビばかり見て過ごす生活のがツラかった。

退屈だったので、日本では仕事以外でほとんど使うことが

なかったPCもさわり始め、初めてブログなるものが、

流行り始めていることを知りました。

当時はまだ、台湾在住でブログをやっている人はそう多くなく、

誰かと話をすると、だいたい見ているブログがかぶったり。

ブログをやっている人は、なんだか特別に見えました。

おいしいものをいっぱい食べて、お友達もたくさんいて、

毎日が楽しそうで、自分とは違う存在といった感じ。

凹んだ時など、そんな楽しそうな様子を見ると

「どうして自分の生活はこんなに楽しくないんだろう・・・」

とむなしくなったりもしました。

今思えば、そんな楽しそうに見えた人たちも、

楽しい思いばかりしていたわけでないだろうことが、

当たり前にわかるのですが、当時のワタシは、

「自分だけどうしてこんなにダメなんだろう・・・」とばかり

思っていたものです。

そして、1年後、ようやく少ないながらも友人ができ、

へたくそながらも何とか中国語らしきものが話せるようになり、

外でご飯を食べたりお茶したり、そんな機会が増えました。

で、ブログを始めました。

特別じゃない飾らないありのままの台北生活を書こう、と。

できれば、台湾生活を始めたばかりの人が見て、

「なーんだ1年暮らしていてもこの程度なのね~。

ならワタシもできそう!」と思えるような。

実際ワタシの生活はその程度でしたし・・・。

いつの間にかそんな初志も忘れて、

アレ食べたコレ食べた、アレ飲んだいっぱい飲んだ

なんてことばかり書くブログになってしまいましたが、

ブログのおかげで、いろいろな人と交流でき、

刺激も受け、楽しいブログ生活でした。

と、なんだかブログやめまーす!

みたいな前フリになってしまいましたが、そうではなく、

実は、今月末で、台北を離れることになりました。

本帰国決定!!!

というのは嘘で、なんと、

高雄に異動!!!

です。

いつか台北を離れる時は、日本へ本帰国か、

別の国への転勤だろうと思っていたのに、なんて中途半端な~。

最近は、新規開拓もほとんどできていないし、

すでにOBブロガーな感なので、

今後ブログを続けようかどうか迷いましたが、

やっぱり、高雄でもぼちぼちと続けようと思っています。

今まで以上にぼちぼちとになるかもしれませんが、

これからもよろしくお願いいたします!

そんなワケで先日の菜包の断面ショー。

1120_011

むちむちの包子の中にぎっちりつまった餡。

キャベツ、人参、シイタケ、春雨など、

1120_014

1個で大満足のホカホカの朝ごはん♪

1120_018

なんとこのお店、高雄に支店があるんですよ。むふふ。

高雄でも食べたいと思います。

台北での残り1週間も頑張って食べます!? 

にほんブログ村 海外生活ブログへ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!

| | コメント (19) | トラックバック (0)

nikoさんとしゅきあんもち♪

一気に冷え込みました。今日の台北。

我が家は一応全室フローリングなのですが、

日本でいうフローリングとは違い、

元はタイルか何かで、その上にうすーい板(のようなもの)を

敷いただけなので、ものすごく底冷えします。

北海道の人が「東京の冬の方が寒い」というように、

北陸育ちのワタシも「台北の冬の方が寒い」と感じてしまいます。

この床、しかも硬いんですよねー。

皿落としたら割れる率98%。

一度、オレンジジュースの入ったプラスチックボトルも割りました。

片づけが大変でしたcrying

さて、こんなに寒くなる前のこと、

niko Bee!!のnikoさんがうちに遊びに来てくれました。

こんな離れまで足を運ばせた上に、「ランチ一緒しましょう!」と

「朱記餡餅粥店」でいろいろ買って来て下さいました♪

ありがとう!すみません!ありがとう!

822_021

「朱記餡餅」、通称「しゅきあんもち」。

「餡」の発音を何度聞いても忘れてしまうんですよね~。「シェン」?

日本人の間では「しゅきあんもち」の方が通りがいいかもですが。

822_022

↑「牛肉捲餅」は、牛肉と葱と胡瓜を、

香ばしく焼いた皮で巻いた、北方の定番メニュー。

皮がなんともいえずウマイんですよ~。

822_023

↓「北方鷄絲涼麺」は、初めていただきましたが、

まずトッピングされている具が豪華!

鶏肉、ハム、キュウリ、モヤシがのっています。

麺がまた独特。幅広で真っ白。米粉で作られているのかな?

食感が、なんというか、うどんとウイロウの間くらいのもちもち感。

おもしろおいしい食感です!

822_024

↑看板商品の「牛肉餡餅」。ぎゅうにくあんもち。

もちもちの皮の中に、肉汁たっぷりの牛肉餡がぎっちり。

かむとじゅわ~っと肉汁があふれ出てきます。

何度食べても、やっぱりおいしいなぁ。

そして、何度食べても、やっぱりビール飲みたくなっちゃうなぁ。

822_029

↑久々に食べました。「酸辣湯」。

朱記餡餅の酸辣湯は初めてでしたが、

酸味やうまみのバランスがいい!おいしい!

豚肉、豆腐、タケノコ、キクラゲ、人参、モヤシなど具もたっぷり。

その辺で買うのとはやっぱり一味違いますねー。うまい!

久々にお会いしたのに(から?)おしゃべりがとまらず。

多分5分の4くらい1人でしゃべってました。nikoさんお許しを~。

おいしく楽しい時間をありがとうございました。ぜひまた!

チキンラーメンは5袋ともワタシの胃に収まりましたnoodle

ごちそうさまでした!

にほんブログ村 海外生活ブログへ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!

「朱記餡餅粥店 新光三越南西店」

住所:台北市南京西路12号B1

電話番号:02-2568-2868

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ガブリガブリ&倉木麻衣が気に入った(らしい)パン

急に涼しく秋らしくなった台北ですが、

水曜日からもっと寒くなるらしいですねー。

台北の冬は、冬と言っても10℃を下回る日が、

数日あるかないなんですが、

家が夏用にできているし、暖房ないし、

冬でも空調が効いているしで、

ワタシにとっては、北陸の冬よりキツく感じます。底冷え~。

毎年凍死者がでるしね。

さて、先日Upしたがぶりがぶりがぶりがぶりの最後に、

「さっそくテリヤキバーガーでも買いに行くか~」と〆ましたが、

本当に本当に買いに行きました。雨の中。ダンさんが。

「え~イヤだよ。雨降ってるよ!」

「ダメ!だってブログに行くって書いちゃったもん!」

「『行くか~』って書いてあるじゃない。自分で行ってよ!」

「じゃあ書き足すから『ダンさんが』って」

「そういうことじゃなくて~」

という攻防の果てに、買って来てくれました。

モスのテリヤキバーガー。

118_057_3

日本から取寄せているというテリヤキソースはやっぱり美味~。

ニュージーランド産のビーフパテもうまい!レタスふんだん!

惜しむらくは、日本から取寄せてるから?

テリヤキソースがちと少なめ。もっとツユだくでお願い!

と思ってたら、今週末食べたらツユだくになってました☆

モスの神様、願いを聞き届けてくださってありがとう!

1110_011

こちらは、マックの新製品「田園培根雙牛堡」。

日本名にするとベーコンレタスダブルバーガーでしょうか?

ビーフパテが2枚、ベーコン、いつもより多めのお野菜。

惜しむらくは、TVCMではズッキーニに見えたものが、

実際に食べたらキュウリのデカイだったこと。

別にキュウリでもいいんですがネ。

さてさて、話は変わって、こちらは倉木麻衣さんが

台北にコンサートに来た際に食べて気に入った(らしい)パン。

1030_009

「法蘭司蛋〔米+羔〕」の「天使蛋〔米+羔〕」のチョコ味。

卵の黄身を使っていないので、高蛋白、低コレステロールで、

メタボの人にオススメのパンで、

きめの細かいふわふわの食感がオススメのパンです。

といいつつ、チョコ味買ってちゃ意味ないだろって感じですが。

1個25元とお手ごろだし、ヘンに甘くないので、食べやすいです。

1030_014

いつか倉木麻衣さんに会う機会があったら、

本当にお気に入りなのか聞いてみたいです。

そんな機会はないでしょうが・・・。

にほんブログ村 海外生活ブログへ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!

「法蘭司蛋〔米+羔〕」

住所:台北市敦化北路155巷5号

電話番号:02-2718-5678

※建国北路2段151巷30号に本店が、伊通街32号に伊街店あり。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

雲門cafeでお茶

ふとTVをつけたら、タイが、国の方策で、

アニメやHipHopなど国内の活動を推進し、

活躍の場を世界に広げられるよう助力している、

というような内容の情報番組をやっていました。

確か、韓国も国をあげて、映画などの方面で、

そのように働きかけていると聞いたことがあるけど、

日本はどうなのかな?

さて、少し前ですが、1人で出かけた際に、

健康路と光復北路の交差点付近にある

「雲門cafe」でランチしました。

1025_012

「雲門cafe」は、林懐民氏が率いる台湾のダンス集団、

雲門舞集(Cloud gate Dance Theatre of Taiwan)」が経営するCafe。

「雲門、劇場、夢想、溝通」がコンセプトとあって、

高い天井、大きな窓、広々とした店内はのびのびとした雰囲気。

窓から眺める秋の景色も、とてもいい感じです。

1025_013

サンドイッチとカフェラテ。150元くらい。

パンなど特別なわけではありませんが、

オーダーが入ってからパンや卵を焼いて作ってくれるので、

作りたての温かさだし、レタスもたっぷりでおいしかったです。

1025_017

「雲門集団」は、中国語の老師が大好きで、

レッスンの時にどんなにすばらしいダンスカンパニーなのか

何度も熱弁してくれたので、そのcafeでお茶していると、

その時の老師の顔が思い出されて、なんだかほのぼの。

世界的に有名なダンスカンパニーということなので、

機会を作って、1度は舞台を見に行ってみたいと思います。

中国の能書や気のコンセプトにインスパイアされたという

林懐民氏の振り付けは、芸術センスのないワタシには

ちょっと難しそうだけどネ。

にほんブログ村 海外生活ブログへ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!

「雲門cafe」

住所:台北市健康路156号

電話番号:02-6600-1212

※館前店 館前路12号12F 02-2381-9866

| | コメント (1) | トラックバック (0)

絶品!六張犁饅頭店の菜包

なんかだるいです。耳で測ると37.5℃!やった!

でも脇で測ると35.8℃・・・。

多分元気なけんこうです。チクショ~。

さて、元気に更新いっとこー!

最近お気に入りの朝食、「六張犁饅頭店」の菜包。

116_051

知合いの台湾人太太が差入れてくれて以来、はまってしまい、

彼女から教えてもらった、蒸し器がなくても、

鍋を使っておいしく包子や饅頭が蒸せる方法で、

朝食に、ちょくちょくいただいています。

朝食が、チンしたご飯だけとか、解凍して焼いたトーストだけだと、

ちょっと味気ないけど、この菜包ならこれだけでもOK。

しまった!こんなにちょくちょく食べているのに、断面写真がない!

せっかくおいしいのに~。後日Upします。

包子の中身は、キャベツがメインでハルサメなど、

肉は使ってないのに、コクがあって、ちょうどいい塩加減。

肉包子を食べたのと変わらない満足感があります。

1個13元で朝から幸せ~♪

ちなみに、「包子」とは中に餡が入っているもの、

「饅頭」とは中に餡がはいっていないものだそう。

日本とは逆ですねー。

他の饅頭や包子も試してみたいです。

おっ!高雄に支店があるぞ!

にほんブログ村 海外生活ブログへ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!

六張犁饅頭店

住所:台北市崇徳街97号

電話番号:02-2738-2899・2735-3776

| | コメント (5) | トラックバック (0)

府城古早味手工布丁

前ふりネタがさーっぱり思いつきません。

yahooやlivedoorのトップニュースも見たんだけど~。

なんで、そのままドン!

ある日のこと、ダンさんがお土産に買ってきてくれた

府城古早味手工烤布丁」を食べました♪

107_035

「府城」とは、台湾の旧首都である台南の別称で、

このプリンはその名の通り、台南に店舗のある、

台湾ではけっこうで、ネットなどでも取寄せができます。

なので、「今日、出張で台南に行ったの?」と聞いたところ、

「いや、高雄のオフィスにいたら行商に来たんだよ」とのこと。

「それって・・・ホンモノ?」

「毎日エリアを決めて、オフィス街に売り歩いてるんだってさー」

「ふーん・・・(あやしいなぁ)」

味の方は、シンプルですが、卵の味がちゃんとする、

ちゃんとしたプリンで、おいしかったです。

流行のとろける系じゃないですが、

お子様ランチとかについてきた懐かしいプリンの味。

こういうプリンもけっこう好きなんです。

卵と牛乳で作りました!っていう味。

で、前から1つ気になっていたんですが、

プラスチックの容器に入っているのに焼プリンというのは

いったいどうやって作るんでしょうか?

焼いても溶けない耐熱プラスチックなの?

世の中知らないことだらけです。

にほんブログ村 海外生活ブログへ←参加しています。気が向いたらワンクリックお願いいたします!!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

AMIGOのLUNCH BOX

メキシコ料理のカテゴリーは西洋料理?それともエスニック?

南アメリカ大陸にあるし、とりあえず西洋料理でいっときます。

と、ここまで書いて、南アメリカ大陸という単語にちょっと違和感。

誰がつけたかわからないけど、なんだか傲慢な感じが~。

子供の頃は、外国=アメリカ、外国人=アメリカ人だと

思ってたから、習った時に何も疑問も感じなかったけど。

今はどういう経緯でそうなったのか?

世界基準なのか?など気になる気になる。後で調べよ。

ある日の、AMIGOからの差し入れのランチボックスは、

「米格墨西哥飲食文化 Amigo-Around Mexico」。

89_060

ブリトーが2種類、シーフードとチキン。

ディップも、豆をすりつぶしたチリコンカンのようなものと、

ヨーグルト&アボガドの2種類。

大きなブリトーに隠れて見えませんが、

スパイシーなフライドポテトもたっぷり入っています。

久しぶりのメキシコ料理だし、

ボリュームたっぷりだわ、うまいわで、ガツガツ食べてしまいました。

「えっ、もう全部食べちゃったの?」とAMIGOに驚かれるほどに・・・。

豆のディップつけて食べたチキンのが特においしかったー。

トルティーヤやナチョスもかなりおいしいらしいので、

できれば夜も行きたいのだけど、さすがにムリだし、

99元のタコスのランチボックスもあるみたいなので、

今度はそれいってみようっと!

にほんブログ村 海外生活ブログへ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!

AMIGO

住所:台北市光復南路280巷28号

電話番号:02-2771-1188・2239

※復興北路202号(02-2515-6633・4519)に復興店もあります。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

松江路の竹里館で幸せランチ♪

友遠方より来たりて、「竹里館」でランチした。

「主人が『けんこうさんとおいしいものを食べておいで』と言って

お小遣いをくれたので、ここはワタシがおごります」

と、遠方から来た友におごってもらってしまった。

遠くから遊びに来てくれた年下の友人にお金を払わせるなど、

台湾人が知ったら極刑を言い渡されそうだけど、

方便なのか、本当にそうなのか、そう言ってくれた時の顔が、

キラリいい表情だったのでお言葉に甘えることに。

彼女は、ほんの数週間前に結婚式をあげたばかり。

「主人」かぁ。奥さんになったんだなぁ。

若いのに、しなやかで、驚くほど気配りのできる彼女を、

ワタシは密かに尊敬している。

彼女がどんな家庭を築くのか楽しみ。

いただいたのは、茶葉料理で有名な「竹里館」の

松江路にできた「禅風茶趣」の「茶禅套餐」。

107_069

店内は、ビジネス街とは思えないほど落ち着いた趣き。

新しきできたばかりのお店なのに、

使いこまれた味のある家具がいい味を出しています。

日本から来た出張者をランチに連れて行くのによさそう!

一応、ビールなどもあったし。(←食べ終わってから気付いた・・・)

107_065

まずはジャスミンティでリラックスし、本日のサラダを。

丸ごとのトマトをくりぬいたものの中に、リンゴのサラダ。

さっぱりとした味のやわらかチャーシューも添えられていました。

柑橘系のさっぱりドレッシングで。

107_072

続いて、エビの龍井茶炒め。茶葉がいい香り~。

ビールに合いそうだな、と密かに思いつつ。

107_075

一緒にいただいたのは、お茶風味の花酢。

なんの花かは分かりませんが、こちらもいい香り。

お酢もきつすぎず、おいしくいただけます。

こういうお酒あるよな?なんだっけなぁ?思い出せない。

思い出せないのを放っておくようになるとボケると、

誰かに言われたことがあるが、とりあえず放っておこう。

107_076

メインは2種類から選べます。

↑雲南紅茶のスペアリブ

↓牛ヒレステーキ プーアール茶甘酢ソース

107_088

どちらもお肉がやわらかく、

お茶の風味が利いていておいしかったですが、

スペアリブのが私好み。

ぜーーーーーったい酒に合うもん。

107_082

↑季節のスープと↓本日のご飯

骨付き肉のスープだけどすっきりあっさり。

菱の実など体に良さそうなものがゴロゴロ入っていて、

滋味深いんだけどクセもなくおいしい。

おいしいスープをいただくといつも思います。

どこの国のお料理もス-プが華だなと。

ご飯は、落花生とゴボウの炊き込み。あっさりとした醤油味。

最近、台湾のゴボウに開眼。←開眼が多いが・・・

以前デパートで買ったのが、パサパサで枝みたいで、

それ以来ご無沙汰だったのだけど、市場で買ったら、

太くてしっとりしてて。

食卓に豚汁とキンピラゴボウが頻繁に登場するようになりました。

ご飯にゴボウのいい味がでていて美味。家でも試したいな。

107_080

最後にウーロン茶とお菓子。

この頃には、もう腹ポコでした。

107_089

お腹もいっぱい、気持ちもいっぱいのいいランチでした。 

お幸せに!

にほんブログ村 海外生活ブログへ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!

「禅風茶趣」

住所:台北市松江路182号2F

電話番号:02-2567-8977・7877

| | コメント (4) | トラックバック (1)

寒くても仙草!

ここ数日、急に秋らしくなった台湾ですが、

寒さに負けずに、仙草を!

と言っても、食べたのは暖かい日だったのですが~。

最近、街角にたくさん見かけるようになった仙草の店。

マック、モス、ミスド、ダンキン、銀だこなどのファストフード、

PAUL、MAISON KAYSERなどの高級パン屋、

ロイホ、スカイラーク、大戸屋などのファミレス、

LAWRY'S、RUTH'S CHRISなどの米ステーキ系、

7-ELEVEN、ファミマ、OKマートなどのコンビニ、

外国から飲食店がこれだけ参入してきて、

どんどんどんどん増えていても、

それでも、台湾の伝統スィーツである仙草の店もまた、

こんなに増えているというのが、台湾のおもしろいところ。

新旧問わず、食に対して貪欲なのかな?

なんにしてもありがたいことですが~。

こちらは「三角埔仙草」の「総合仙草冰」。

1020_107

そして、こちらは「鮮芋仙」の「鮮芋仙招牌 加芋頭」。

115_012

どちらもおいしく甲乙つけがたいところ。

実のところ、仙草をそう食べなれていないので、

どちらがうまい!と語れるほど、

よく分からないというのが本音なんですが~。

とりあえず、比較してみますと、

まず値段。

「三角埔仙草」の「総合仙草冰」は45元、

「鮮芋仙」の「鮮芋仙招牌 加芋頭」は50元+10元。

「鮮芋仙」の方が少し高いですが、

その分、ボリュームもあります。

食後のデザートだと食べきれないくらいにボリューミ~。

味は、うーん、うまく言えないですが、

「三角埔仙草」の方が伝統的で、「鮮芋仙」の方が現代的?

20時間かけて作るという「三角埔仙草」の仙草は、

シンプルだけど食感もきめこまかく、自然な甘み。

「鮮芋仙」の方は、仙草もおいしいけど、

その下の仙草味の少し苦味のある氷「仙草冰沙」がうまい!

お昼を食べている間、冷蔵庫に入れておいたのですが、

このシャーベット状の氷のおかげで、

30分ほど後に食べた時にも、

買ってきた時みたいに、水っぽくなってなくてgood

また、どちらにもトッピングされている芋圓は、

「三角埔仙草」の方が固めでQQ、

「鮮芋仙」の方三角埔仙草」がやわらかい感じです。

友人オススメの「芋頭」は、「鮮芋仙」の方にしかないようです。

「ふーん、イモねぇ~」と、さほど期待しないで食べたのですが、

これがおいしかった!今更、芋頭に開眼です!

表現がヘタで、おいしさをうまく表現できませんでしたが、

食べ比べて、お気に入りを見つけていただけたらと思います。

どちらの店にも、これからの季節にぴったりの、

アツアツメニューも充実しているようです。

温かい仙草は「三角埔仙草」にしかないようですが。 

にほんブログ村 海外生活ブログへ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!

「三角埔仙草 復興微風店」

住所:台北市復興南路一段23号

電話番号:JP +81 227773691 Call

鮮芋仙 台北民生店 

住所:台北市民生東路四段66号

電話番号:JP +81 227161818 Call

| | コメント (8) | トラックバック (0)

ハレの日のPAUL

ふとTVのチャンネルを台湾のニュースチャンネルに合わせると、

ちょうど放送されていたのが、中国大陸のコピー商品問題。

台湾もそのヘンちょっとどうかな?という感じもあるのですが、

中国大陸では、台湾なんかとは比べ物にならないほど、

世界中のありとあらゆるブランドがコピーされており、

しかも堂々と看板をかかげ商売しているようで、へー。

それに対しての街角インタビューで、

台湾人がもらした「很大陸」という感想が印象的でした。

「大陸」が形容詞みたいにして使われているんですね!

さしづめ「大陸っぽーい」ってな感じでしょうか。

ちなみにワタシが気になった、コピーブランドは、

「PUMA」のコピー「TUNA」です。マークはfish


さて、話は変わって、最近話題の「PAUL」。

ハレの日というワケでもなかったけど、

どうしても1回食べたてみたかったので、

近所に住んでいるという友人に買ってきてもらいました。

友人曰く「別にいいけど。高いよ?」

107_116

↑↓はテイクアウト用のサンドイッチのセット(265元)。

サンドイッチは6種類ありますが、

いただいたのは、「郷野農荘 Le Villageois」。

ハム、ゆで卵、トマト、レタスのオーソドックスなサンドです。

飲み物は、本日のスープ、紅茶、コーヒーなどから選べます。

今回は、本日のスープ。キノコのポタージュでした。

107_109

シンプルですが、実はけっこうボリュームがあります。

パンの味が濃い!というのが印象。

小麦の味がプンプンします。

まちがいなく、パンだよ~heart04

ハムも、本当のハムだよ~heart04

キノコのポタージュのキノコもしいたけじゃないし~heart04

とろみも片栗粉じゃないし~heart04

って、天下のPAUL様相手に、

そんなレベルの低い褒め方じゃいかんですね・・・。

107_124

↑チョコたっぷりのサクサクパン、↓レモンのパイ

名前も値段も分かりませんが、

どちらも、とてもとてもおいしかったです。

特にチョコのが超好み!

こういうキーンと甘いパンを、コーヒーと一緒に食べる幸せ~。

甘いものはちゃんと甘くないと!

107_126

↓クロワッサンとクルミパン。

108_009

クロワッサンが焦げているのは、PAULのせいではありません。

ワタシのせいです・・・。せっかくのクロワッサンがぁ!!!

それでも十分においしかったです。

良質のバターがたっぷり!なのにさっくり!

ささくれだった心に、バターがしみこんでいく~。

おいしいものって、ホント、幸せですよね~。

気持ちが豊かになります。

ちょっと、いや、かなり贅沢な価格だとは思うのですが、

ハレの日、いや、クサクサした雨の日にこそ、

キヨブタ気分でいただくのもいいかも?

の贅沢ランチでした。

にほんブログ村 海外生活ブログへ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

創業65年老店の炒麺

あら、今日も雨だ~。

気温も下がって、ようやく秋らしくなりました。

とはいえ、日本人なら、外では長袖シャツ1枚、

中ではまだ半袖でもいいかな?という感じなのですが、

台湾の方々、ファッションなのか本当に寒いのか、

コートやレザージャケット、ニットにストール、タイツにブーツなど、

秋通り越して、冬まっしぐら。ネコまっしぐら。

近所だからいーやと、内着の半袖シャツ&短パンで、

コンビニまで牛乳を買いに行ったら、

何この人!頭おかしいんじゃないの!?って顔されてしまいました。

さて、ある日のこと、友人がおいしい炒麺を持って、

遊びに来てくれました。

台湾のマスコミにはたびたび登場するらしい

創業65年の老店「南村小吃店 小凱悦」の炒麺です。

1020_045

太目の手打ち麺がもちもちQQでおいしい!

味付けは、日本の焼うどん(しょうゆ味)みたいな、

なんだかほっとする味です。おかあさーん!!!

一緒に遊びに来てくれた1歳4ヶ月の娘ちゃんも、

うまうまちゅるちゅると食べていました。これがかわいいの~。

滷味もおいしかった!こちらは濃い目の味付け。

卵、昆布、豆干、薄揚げみたいなののミックス。

この名前の分からない、薄上げと麩と厚揚げを

あわせたみたいなのがおいしかった!

お店は101の近くということなので、

近くまで行ったら、お店でアツアツを食べてみたいなぁ~。

にほんブログ村 海外生活ブログへ←参加しています。連続更新に息切れ寸前。

ワンクリックお願いいたします!!!

「南村小吃店 小凱悦」

住所:台北市莊敬路423巷8弄14號

電話番号:02-2720-7388・2729-8691

| | コメント (4) | トラックバック (0)

雨の日のPIZZA HUT 外送

あら今日も雨ねぇ。

台風でもないのに、こんなにずっと雨が降っているの、珍しいなぁ。

買い物に行きたいけど、雨の中出かけるのはおっくう。

でも、冷蔵庫の中にめぼしい食料がない。

そんな時にはPizzaHutwine

最近、TVでCMされている、「超Q感比薩」299元。

値段が安いので、平日のお昼によく一人で食べています。

余った分は、一切れずつラップして冷凍。

自然解凍して、オーブントースターで2~3分あぶれば、

温めなおしでもそれなりにgood

1030_022

PizzaHutは、基本、

テイクアウトなら買大送大(←大サイズ1個買うと大サイズ1個プレ)

デリバリーなら買大送小(←大サイズ1個買うと小サイズ1個プレ)

だからか、けっこういいお値段。

大サイズだと、520元~720元と、

ちょっといい店で外食するよりもかかってしまうので、

いくらデリバリーしてくれるとはいえ、

なんとなく二の足をふむことが多かったんだけど。

この超Q感比薩は、「送小」がないかわりに、

4種類の味が一律299元と、お手ごろ価格。

問題は、デリバリーが300元からなのよねー。

PizzaHutもさすがに考えたわね。

コーラ40元とかポテト60元を追加オーダーしなきゃ、です。

メニューにビールとかワインがあれば、

そんなの没有問題なんだけどネ。

113_084

これもなかなかいいなぁ、と思ったのが、

「1人獨楽楽」という1人用のプチサイズピザ。

味は8種類で、79元~99元。

台湾のPizzaHutには、ハーフ&ハーフとか、

なんたら4とかがないので、大サイズオーダーすると、

ひたすら同じ味を食べなきゃいけないけど、

これだと、いろいろ食べれてお得な感じ。しないです?

+30元で、「Cheese 龍捲風餅皮」

(=ピザの周囲にチーズが入った巻き巻きがついている)

にもできます。

ちょっと手の位置が上過ぎたんで、ピザが小さく見えますが、

だいたい手のひらサイズです。

Photo

でも、電話でオーダーするのって勇気がいる・・・という方、

ネットでもオーダーすることができます。入力が面倒ですが。

30分以後の時間を指定してオーダーできますが、

PCの時計が日本時間の方、要注意!

1時間30分先しか入力できません・・・ガーン!!!

情報がPizzahutに届くと、確認の電話がかかってきます。

超~早口でオーダーを確認されますが、

分からなくても、アハーンウフーンハオハオトイトイ

と言って電話を切れば大丈scissors

そのかわり、違ったものが届いても怒っちゃやーよ。

そんなしゃらくせーことやってられっか!って方は、

電話でオーダーどうぞ!

まず、テイクウアウトかデリバリーか聞かれます。

「我要外送ウォーヤオワイソン」と答えます。

次に、電話番号を聞かれます。

で、初回なら住所と名前も聞かれます。

2回目以降ならデータが登録されているので、

「つれづれなるままに にお住まいの、けんこうさんですね?」

「對對ドイドイ」と答えます。

その際に名乗る名前ですが、

日本人としては普通の名前でも、台湾人には馴染みない二字姓。

発音が今一つなのもあって、なかなか通じません。

ので、なんなら偽名もOK!

台湾人の姓を名乗っちゃうのもいいですが、台湾人だと思われて、

相手が早口になってしまったらイヤなので、

佐藤、鈴木、田中などは台湾人もよく知っている名字とか、

あるいは芸能人の名字なんかもいいと思います。

「我姓濱崎。ビンチーブゥのビンチー」とかいいかも。

で、オーダーは?と聞かれたら、

自分が発音できるものをオーダーしましょう。

ヘンチクリンな名前がついていることが多いので、

発音、けっこう難ししいです。たのめるの限られてしまいます。

英語でもOKだけどネ。

もうオーダーは終わり?と、「結束了ma?ジエスーラマ?」とか

「點好了ma?ディエンハオラマ?」とか聞かれるので、

「對對ドイドイ」と答えれば完了です。

http://www.pizzahut.com.tw/

さあ、オーダーが終わったら、30分以内に、

近くのセブンイレブンにビールとワインを買いに行ってちょうだい!

デリバリーたのんでおいて、外に出るんじゃ意味ないって?

そうね。意味ないかもねー。

でも、ビールなしで食べるピザの方が、もっと意味がないからねぇ。

あ!もう1つ要注意!

一番デリバリーしてもらいたい、台風休みの時は、

PizzahutもDominoも宅配してません!

にほんブログ村 海外生活ブログへ←珍しく1週間連続で更新!と頑張ってるので、ワンクリックお願い!!!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

がぶりがぶりがぶりがぶり!

あら、急に大雨!

買い物に出かけようと思ってたのになぁ。

今日また友人が一人日本に本帰国したので、涙雨?

この国の人じゃないのに、この国に住んでいるワタシたち。

なんというか、中途半端な存在で、

時々、不安な気持ちになることがあります。

実家はもう帰る場所じゃないし、日本に持ち家はないし。

特に雨の日とか、友達が帰っちゃったりするとねー。

どこが帰る場所なんだろう?とか、

終の棲家はどこなんだろう?とか思っちゃったり。

ま、暗い話は置いといて、ガブリとね。

友人が差し入れてくれた「割包」。通称台湾バーガー?

ふわふわの饅頭の中に、長時間煮込んだ豚肉をはさんだもの。

731_065

写真は「石家割包」のものですが、

はさむ豚肉は、〔火+空〕肉という脂身の多い部分、

赤肉という脂身の少ない部分、その両方の3種類から選べます。

酸菜、ピーナッツの粉、香菜などがいいアクセントで、

意外にさっぱりといただけます。

言うまでもないことですが、ビールにも合います。

731_070

そういえば、これを差し入れてくれた友人も、

少し前に帰っちゃったなぁ。彼女もビール好きだったなぁ。

さて、こちらは西洋のバーガー。

107_028

普段、ハンバーガと言えば、マックやモスなのですが、

たまにはナイフとフォークで食べるのも食べてみたいなと思い、

最近(というほど最近でもないけど)微風広場のDEAN&DELUCAの奥の

イートインスペースが拡大し、増えたメニューの中に、

ハンバーガがあったので食べてみました。確か250元くらい。

107_029_2

ボリュームたっぷりで、かぶりつくのはちょっと難しい感じ。

こりゃあ、ナイフとフォークが必要ね!

と、ナイフでハンバーガを切ろうとしたのだけど、切れませーん★

カトラリーの手入れ悪すぎ・・・。

いくら力を入れても、ひいてもおしても切れない!

崩さないように、かつ、力を入れているので、

途中で腕が痛くなってしまいました。最後は面倒でかぶりついたさ。

味は、パンもしっかりしているし、ハンバーグも肉肉しく、

レタスなど野菜もたっぷりで、おいしかったと思うのですが、

なんせ、切れなかった!という記憶の方が鮮明で~。

台湾のナイフ&フォークを使うようなレストランに行くと、

手入れが悪いのか、切れ味が悪いことが多く、

引きちぎるようにして切らなければならないことが多いのが残念。

日々のオープン前の準備に、カトラリーの手入れという項目も

いれていただきたく。余計なお世話ですが。

さて、こちらは、台湾の西洋バーガー。←なんのこっちゃ。

「西式」と掲げられた朝食屋で食べられるバーガーです。

Dscn1294

ふわふわのバンズ、というよりコッペパンのようなパンに、

ベーコン、卵、チーズなど好みの具材をはさんでもらいます。

1個30元くらいなんですが、これがウマイ!

Dscn1298

これと一緒に豆乳なんかの朝ごはんもステキね。

出勤前の上班族(サラリーマン)がバイクで立ち寄って、

買っていく姿をよく見かけます。

そして最後にモスバーガー。

910_006

いつもお世話になってます。夫婦ともども。

台湾新幹線の各駅に店舗があるので、

ダンさんはしょっちゅう食べているみたい。

ワタシは「摩斯漢堡 辣味 A套餐」をよく食べます。

A套餐はポテトとドリンク付。ドリンクは30元までなので、

30元以上のドリンクを頼みたい場合は差額を払えばOKです。

ワタシはその差額を惜しんで、いつも30元の牛乳を。

と、これを書こうと、台湾モスのHPを開いたら、

なーんと!!!「蜜汁牛肉堡=てりやきバーガー」が新上市~♪

と感動したら、HPにも「11月3日感動新登場」と書かれてた!笑

とりあえず期間限定のようなので、皆さん食べましょう!

で、定番にしていただきましょう!

ちなみにまわしもんじゃないですが、

モスカードなるものがあって、

1000元チャージすると、2点紅利がもらえて、

1点ごとに、モスフィッシュや焼肉ライスバーガーなど

数種類から選んで交換できる特典があるそう。

詳しくはこちらhttp://www.mos.com.tw/about5-2.htm

さて、そろそろお昼だ。

さっそくテリヤキバーガーでも買いに行くか~。

にほんブログ村 海外生活ブログへ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!

| | コメント (4) | トラックバック (1)

銀だことミスドの新商品!

「101の銀だこがなくなってた!!!」

1ヵ月ほど前のダンさんのセリフです。

仕事から帰って来て、開口一番のセリフがこれってどうよ。

この日、ダンさんは、世界貿易センターで行われた、

展示会の手伝いに行っていたのですが、

何日も前から「ランチは101のフードコートで銀だこだな」

と思っていたそう。

が、店舗撤退!

午後からは、とーんとやる気がでなかったそうな。おいおい。

「で、何食べたの?」

「なんかよく分からない麺食べたよ。100元もしたんだよ!」

銀だこはもっとすると思うんですが・・・。

やさしい妻は、翌日、ネットで検索。銀だこ銀だこ~

「SOGOにも出店してるよ。今度歯医者帰りにでも買ってきたら?」

と、ダンさんにメール。

すると、即返信あり。

「歯医者じゃないけど今日買ってく。」

で、買ってきてくれたのがコレでした。

焼きそば&たこ焼のセット。150元くらい?

914_013

へー、銀だこ焼きそばも売り出したんだー。台湾だけかな?

と、またまた検索してみると、日本では、

「下町焼きそば銀ちゃん」なる、銀だこ系列の店があり、

「ソース焼きそば玉子入り 680円」で販売されている模様。

へー。

たこ焼はいつもどおりおいしかったですが、

焼きそばは正直今一つでした。

祭りの屋台で、作り置きしておいて、

はじっこがパリパリになってしまったソース焼きそばといった感じ。


で、歯医者の日。

またまたメールが。「銀だこ買って帰るネ」。

で、買ってきてくれたのがコレ。

1014_061

たこ焼の上に、マヨタマがたっぷり。

へー。こんなの売り出したんだ。台湾だけかな?

と、またまた検索してみると、日本では、

「コクヒヨコンビてりたまマヨネーズ600円」で販売されている模様。

へー、悪くないね。マヨネーズ甘くないし。

余った玉子でもう1本飲めるわ。

って、コーラですよ!コーラ!←嘘


こちらは友人差し入れのミスドの新商品。

「巧克力芙巧」と「草苺芙巧」。

1020_115

「芙」という文字から、シュークリームの皮をイメージしていたら、

もちもちしっとりとしたポンデリングのような生地。

でも重くないので、2個ともペロリといただきました。

その前に、肉ガンと芋圓とポテサラも食べてたんだけど。

うーん。ま、いっか。

台湾のミスドも、最近、日本のミスドと同様の、

スクラッチで出た点数を集めると景品と交換を始めたよう。

台湾に来た当初「なんでないんだろうねー」と

友人と言っていたのですが、てこ入れかな?

店舗が増えて、行列することはなくなったけど、

日本人には強い見方の、銀だことミスド。

ホント、台湾ってありがたいです。どもども。

にほんブログ村 海外生活ブログへ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!

銀だこhttp://www.gindaco.com/top.html

ミスドhttp://www.misterdonut.com.tw/

| | コメント (6) | トラックバック (0)

セブンの和風漢堡肉便當643kcal

遅ればせながら、各ブログで好評の、

セブンのハンバーグ弁当をいただきました!

2段弁当の、上段はデミソースのハンバーグ、

クリームソースのかかったペンネ、ポテトなど。

下段は白米にごま塩かけて♪

噂どおり、なかなかにそそられる外観。

75元、643kcalと値段もカロリーもいい感じ。

1030_031

お味の方はといいますと、

「うひゃ~うまーーーい!!!」

というワケではありませんが、

「75元でこの味ならかなりいいでしょ!?」

といったところ。

「日式」と看板をかかげておきながら「???」なお味で、

そのくせ定食250元とかいう店よりも、ずーっと好感がもてます。

「イ★イのお弁当君ミートボール♪」のCMでおなじみの

石★食品のチキンハンバーグによく似た味です。

でも、原材料にチキンは表示されてないの。ホント?

白いご飯もおいしかったです!しっとりもっちり。寿司米だから?

意外に思われるかもしれませんが、

ワタシ、おにぎりやパンは買ったことがありましたが、

実はお弁当を買ったのは初めて。

「へーおいしいんだー」というのが正直な感想。

物価高で、麺とスープをたのんだら75元じゃおさまらない昨今、

どこにでもあるセブンイレブンでこの味が食べれるなら、

忙しい時とか便利だと思います。

新都里の料理長監修のこのお弁当シリーズ、

ハンバーグ、黒酢チキンに続いてしょうが焼きも新上市。

たまにはこんなんもいいかも?のお弁当でした。

にほんブログ村 海外生活ブログへ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

佳徳〔米+羔〕餅の緑豆

またまた続きで、南京東路五段付近の店、3軒目です。

パイナップルケーキの有名店、ご存知「佳德糕餅」。

2006、7年と「台北鳳梨酥文化節」で金賞奨をとったのもあってか、

この近辺を歩いていると、この店の赤い袋を提げている人を

よく見かけます。特に、中秋節などお祝いごとの前には、

あっまた!あっまた!といった感じ。

817_022

あまり縁のないエリアと思われていますが、

MRT駅から遠いにしても、バスで行くならかなり便利。

台北駅付近からなら、307、604、

円環やMRT中山駅付近からなら、46、306で1本。

本数の多いバスなので、あまり待たずに乗れると思います。

817_026

先日、前から食べてみたかった「緑豆黄」にトライ。

出産前は、甘いものは自分で買ってまで食べたい派では

なかったのですが、最近は、辛党のまま甘党かけもち。

ガンガン買って、ガンガン食べてます。

818_059

「緑豆黄」は、その名の通り、緑豆のこし餡をねって固めたもの。

しっとりきめこまかい餡は、見た目の古臭さ(←失礼!)から

想像もできない、洗練された味。さらさら溶けます。

ブラックコーヒーと一緒にリラックマ。

「緑豆黄」は要冷蔵で、お土産には向かないかもしれませんが、

「パイナップルケーキ」も「緑豆黄」もバラ売りしているので、

買いたいだけ、食べたいだけ買えるのも便利。

こちらの「パイナップルケーキ」、味のバリエーションも多く、

好きなものを好きな数だけ化粧箱に入れることもできます。

赤ちゃんグッズ、酢醤麺、焼き菓子&パン、パイナップルケーキと

なかなかバラエティ豊かなこのエリア。気が向いたらどうぞ!

にほんブログ村 海外生活ブログへ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!

「佳德糕餅」

住所:台北市南京東路5段88号

電話番号:          02-8787-8186       

| | コメント (3) | トラックバック (1)

LA FOURVIERE 芙麗葉

昨日の続きで、南京東路五段付近の店、2軒目です。

ネットや雑誌でよく紹介されている「LA FOURVIERE 芙麗葉」。

フランスの製菓学校を卒業したパティシエが作る、

パンやケーキが評判のお店です。

1030_051

昨日紹介した「酢醤麺大王」のある光復北路11巷を

東に5分ほど行ったところにあります。

マンションビルの1Fで、看板など大きくないため、

遠目からでは分からないかもしれません。

1030_053

お願いして、店内も撮らせていただきました。

広くないですが、シンプルでシャレた内装。

1テーブルだけ、イートインスペースがありますが、

お店のはじっこにちょこんとテーブルあるという雰囲気なので、

実質、テイクアウトのみと考えたほうが良さそうです。

1030_054

お食事パン中心で、バゲッド、エピ、くるみやレーズン入のもの、

ブリオッシュ、クロワッサン、フォカッチャなどもありました。

1030_055

ケーキは10種類ほどで、1個100元ほど。

タルト、ムース、ミルフィーユなど、どれもおいしそうでした。

1030_057

手荷物が多く、生ケーキは買え(持て)ない状況だったので、

焼き菓子2種類、カヌレとマドレーヌを買いました。

カヌレは4個入り160元、マドレーヌは7個入り100元。

マドレーヌは食べてないので分かりませんが、

カヌレはしっとりもっちりでおいしかったです!

一人で全部食べてしまいそうな勢いだったのですが、

なんとか理性でダンさんに半分残しましたが、これが正解。

ダンさんは初めてカヌレを食べたそうで、

「これ、なんてお菓子?おいしい!」とかなり好評でした。

1031_012

パンも2種類、クロワッサンとブドウパンを。

クロワッサンは40元、ブドウパンは65元です。

簡単にブドウパンと書きましたが、

正式名には「夏多内白酒葡萄麺包」。

白ワインのシャルドネで漬け込んだ干葡萄を使ったパンで、

シンプルだけど、ほんのり白ワインの風味の効いていて、

こちらも、とてもおいしかったです。

1031_014

「MAISON KAISER」や「PAUL」は、クロワッサン1個80元とかで、

庶民はハレの日くらいしか食べることができませんが、

こちらのお店では、もう少しお手ごろ価格で、

十分においしいパンが楽しめるのでは?と思います。

もちろん、決して「安い」とは言いませんが。

3軒目はまた明日。タブン。 

にほんブログ村 海外生活ブログへ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!

「LA FOURVIERE 芙麗葉」

住所:台北市光復北路11巷97号

電話番号:02-2742-3816

| | コメント (2) | トラックバック (0)

酢醤麺大王 光復店

なんだか久しぶりの更新になってしまいました。

一度休むと、ずるずる休んじゃうんだよなぁ。いかんいかん。

さて、好評につき(←嘘)、ついでにシリーズ第2弾、

「南京東路五段付近」をお送りいたします。

この辺「ついでがなくって~」とよく言われるエリア。

ワタシも以前はあまり来ることがなかったのですが、

3歳以下の子供グッズを多く扱う「〔女+乃〕娃的店」という店が、

この南京東路五段にあるため、ちょくちょく行くようになり、

ついではないか?ついではないか?といろいろ探しておりました。

で、見つけたついでが現在3軒。

1軒目は「酢醤麺大王光復店」。名前の通り「酢醤麺」のお店です。

1030_036

いただいたのはもちろん「酢醤麺」。

「酢醤麺」と「炸醤麺」の違いって何?と思って調べたのですが、

「酢」と「炸」の発音が似ているからのようで、

中国のどこかでは、「雑醤麺」ということもあるそうです。

1030_041

お味の方は、ほどよい弾力のある中太麺がgood

干豆、椎茸の入った肉味噌も濃厚でうまうま。

その味噌が、替え玉していくらいにたーっぷりかかっています。

写真上は見えませんが、シャキシャキのもやしもかくれており、

濃厚な味噌を絡めてたべると、ちょうどよくあっさりこってり。

1030_043

もう一品が、「石家魚丸湯」。

一目見て、なーんだゴリゴリの魚丸かぁ・・・

なんて思ったのですが、前言(?)撤回。

ふわふわハンペンみたいな魚丸ではないですが、

ほどよい食感がこれまたgoodでして。

中には、餡がおいおい!というほどつまっていて、

かぶりつくと肉汁ぴゅーっです。

餡に椎茸などの野菜が使われているのも珍しいです。

1030_049 

まだオーダーしていないので味は分からないのですが、

「魚丸骨仔肉湯」も気になるところ。

普通の魚丸湯は30元ですが、こちらは50元。

骨の周りの一番おいしいところだけを魚丸にしたものなんだとか。

1030_050

数軒隣に、2007年の牛肉麺節で賞をとったお店もあったし、

南京東路五段から66巷に入って、光復北路11巷までの間にも、

いつもにぎわっている自助餐や、小吃の店もたくさんあり、

ローカル好きの人にはたまらんエリアでは?と思います。

2軒目、3軒目はまた明日。タブン。

にほんブログ村 海外生活ブログへ ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!

「酢醬麵大王 光復店」

住所:台北市光復北路11巷54号

電話番号:JP +81 227483963 Call

「〔女+乃〕娃的店」

住所:台北市南京東路五段64号地下1F

電話番号:02ー2760-2111・8787-4636

※中和市中山路二段269号地下1F

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »