« ちょっとLOHASな生活? | トップページ | LORD STOW'S BAKERYのエッグタルト »

台湾高鐡で鶏&豚の駅弁

高雄までばびゅーんとワンタンを食べに行ってきました。

というのは嘘で、用事があったので

台湾新幹線に乗って高雄に行ってきました。

子連れで長時間のお出かけをするのは、

台湾に戻ってきた時以来だったので、かなりドキドキ。

泣かさないため、ぐずらせないため、

朝起きる時間から、授乳する時間・場所など

何日も前から計画を立て、シミュレーションしてLet's Go!

娘は、往復の新幹線の中では大人しくしていましたが、

いつもと環境が違うからか、暑かったからか、

眠ることができずにイライラしていたようで、

用事の間中、顔を真っ赤にして泣きっぱなし。

デパートの授乳室でミルクを飲ませた後に、

ちょっとブラブラしてお茶しよ~なんて言っていたのですが、

大人は水1滴飲む時間がありませんでした・・・。

そんなわけで、大人2人が大急ぎでかっこんだ駅弁。

向かって右が豚、左が鶏、各120元です。

半分ずつ分けて食べました。

929_047

冷たい弁当なんか食えるか!!!

が信条の台湾人に合わせてか、

弁当の車内販売は、保温ケースみたいなのに入れて、

できるだけ冷めないにして売られていました。

929_052

ブロッコリー、カラーピーマンなどで彩りにも気を配ってあり、

卵焼きやキンピラゴボウなど日本風のおかずもあり。

なんとなく日本のお弁当を意識しているのかな?

台湾新幹線の車輌も日本製なのもあって、

座席に座ってお弁当を食べていると日本にいるように錯覚。

唯一違うのは、お弁当などのゴミを集めに、

定期的にお姉さんがまわってきてくれるところ。

なかなかステキなサービスだと思うんですがどうでしょう?

あ、もう1つ違うのは、

台湾の方々の子供(&子連れの人)に対するやさしさ。

大人2人分しかチケットを買っていなかったので、

当然座席も2席しか使えないのですが、

お願いしていないのに座席を譲ってくださったり、

それどころかあやしてくださったり。

外出中いたるところで、やさしくしてもらって、

本当に感謝感謝のショートトリップでした。

改札を通らずに、ホームに直行できるエレベータも便利!

にほんブログ村 海外生活ブログへ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!

|

« ちょっとLOHASな生活? | トップページ | LORD STOW'S BAKERYのエッグタルト »

⑦台北(中華・台湾料理・小吃) 」カテゴリの記事

コメント

やっぱり台湾はあったかいごはんなんですねぇ。
日本に来た台湾人が冷たいお弁当にびっくりしたとか。
高鉄は本当に日本の新幹線気分になりますよね。
車窓はやっぱり南国なんですけど(笑)

>あじさいさま
中華系の人は、冷たいご飯やおかずを好まないようです。
加熱文化だからか?油を多く使うからか?
日本のお弁当は冷たくてもおいしく食べられるようにできてると言っても、でも冷たいのはね・・・と言われます(笑)

そう!台湾高鉄は本当に、車窓を見なければ、日本の新幹線に乗ってると錯覚しそうですよね!
トイレのドアなんかも同じだし~。

投稿: あじさい | 2008年10月 4日 (土) 09:57

ゴミを集めに来てくれるのは良いですねぇ。
それは日本でも始めたら良いと思います。
座席の変なところに押し込まれちゃうより良いですよね。
で、高雄遠征お疲れ様でした。
初めての旅行ってところですか。
それはシュミレーション大切ですよねぇ。
出発前はしばらく心配で眠れない夜だったんじゃないかと想像しちゃいました。
そのうち慣れますよー。
台湾の方は優しいですし、バンバン遠征しちゃいましょー。

で、ワンタンは?

>外付け胃袋様
いいでしょ?
しかも、いかにもゴミ集めてまーす!って感じではなく、キレイなお姉さんがファスナー付の大きなバッグみたいなので集めてくれるので、車内のリラックスした雰囲気が壊れないんです。
日本の新幹線のアイスクリーム売りのお姉さんみたいな感じです。

高雄へのショートトリップは、うーん、疲れましたね。
スケジューリングが甘かった!
子供も暑さと疲れでイライラしていたみたいで、かわいそうなことをしました。
台湾の方のやさしさに救われました~。

ワンタンは次回のお楽しみです・・・。

投稿: 外付け胃袋 | 2008年10月 4日 (土) 17:48

確かに、中華に慣れると日本料理の冷たい煮物など食べたくなくなります。料理は熱鋳物をいただきたい! ちょっと台湾人化かな?ご馳走様です!

>minさま
冷たいものを食べたくない台湾人の思いは徹底していて、冷たいお弁当を食べさせるわけにいかないと、昼時、お母さんが子供の学校に作りたてor買いたてのお弁当を届けることが多いそうです。
また、お弁当の保温器なるものが学校に備え付けられているんだとか。

日本のお弁当は冷たくてもおいしいと思うんですが、もしかしたら、子供のころの、お弁当=運動会や遠足の特別な思い出につながるから、おいしく感じてしまうのかな?とも思います。

投稿: min | 2008年10月 4日 (土) 17:49

こんばんはー!
高雄までの遠征、おつかれさまでした!!!
さぞや神経をお使いだったでしょう。
でも!!周りの方々は気にしてませんよ~!!
すんごく優しいですもんね。
その優しさが自然にパッと行動に表せる行動力の
方々ですよね。
これからも楽しいお出かけ、ちょくちょく出来たら
いいですね。
ワタシが次回遊びに行った時、買い物とか…心配か!
やはりダンさんが一緒でないとね!

冷たいもの嫌い、ですよね!
以前、学生がコンビニで菓子パンをチンしてもらってたのを見た時に「さすがー」と思いました(笑)
出来たてのものが1番は、よ~く解るんですが。

>nikoさま
大変でした・・・笑
しかし、台湾の方は本当にやさしいです。というか子供好き!
そして、nikoさんのおっしゃる通り、その優しさを自然にぱっと行動にうつせるんですよねー。すごくステキだと思います。

冷たいもの、本当にキライですよねー。
コンビニのおにぎりもチンだし、子供のお弁当もお母さんたちが昼ごろに温かいのをデリバリーするのが普通だそうです。

いつかnikoさんと外出ご一緒したいです~。
そして勇気を出して、外でお茶を!!!

投稿: niko | 2008年10月 5日 (日) 21:06

小さな子供に対する優しさの質が、日本とアジアの他の国では
違いますよね。絶対的に大切にされている感じが、台湾も香港も
強いように思えます。日本も優しくしてくださる方はたくさん
いらっしゃいますが…。
温かい駅弁って、いいですねー。彩りもきれいで、お肉もやわらか
そう。とっても美味しそう~♪
ごみ集め、JRも導入すればもっとリサイクルの効率が上がると
思うけど…。でも、きっと人件費がどーのって問題になっちゃ
うんでしょうね…。

>こももさま
台湾では子供はみんなの宝物!というように可愛がってくださいます。
台湾の方は表現もストレートだし、驚くのは、若い男の子も子供好きなこと。日本ではありえないなーと思います。
年配の方に対する態度も同様のような気がします。

ゴミ集め、日本の新幹線でもできるといいんですがねー。
放置されたり、テキトーにゴミ箱に突っ込まれるよりずっといいと思うんですが、人件費、高そうですね・・・。

投稿: こもも | 2008年10月 8日 (水) 12:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174057/42669915

この記事へのトラックバック一覧です: 台湾高鐡で鶏&豚の駅弁:

« ちょっとLOHASな生活? | トップページ | LORD STOW'S BAKERYのエッグタルト »