« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

太田で焼き肉

4連休の初日。

ゴロゴロしながらテレビを見ていたら、

いきなり室内に肉の焼けるにおいが。

新しい家は高層階、しかも前の家に比べれば機密性も○

なのに、焼肉、肉の焼けるにおいがプンプンとは、これいかに?

においの発信源をさがしてクンクンすると、

どうやらマンションの中庭でやっていたBBQのにおいが、

ぐんぐんのぼって、風呂場の小さな窓から入りこんできたみたい。

そういえばエレベータに「BBQグループ表」が貼ってあったっけ。

引っ越して来たばかりで、BBQには参加しないことにしてたんだけど、

このにおい嗅いで、肉食べずにおられるか!貧血だし!

ということで、まだお腹がへってないというダンさんを引きずって、

林森北路にある「太田日式焼肉」へお肉をいただきに行きました♪

Dscn1149

「太田日式焼肉」に行くのは今回が初めて。

午前2時まで営業しているのがポイントです。

しかも午後10時以降入店の場合、20%オフになるみたい。

(ワタシたちは会計間違えられたけど・・・)

七輪で炭火焼するタイプの焼き肉屋さんです。


まずは「並タン塩(120元)」。

Dscn1145

薄いっ!笑

焼けすぎないよう注意して、片面焼きでいただきます。

テーブルにネギの刻んだのが山盛りにおいてあるので、

お好みで使えば、葱タン塩になります。


続いて「上ロース(200元)」。

Dscn1151

赤身のお肉、大きめの角切りです。

炭火の上でコロコロ転がしながら、全面をキレイにやいて、

中はレアでいただきます。

ほどほどに柔らかく、かつ、肉を食べてる!って感じ。


そして「上カルビ(220元)」。

Dscn1148

たった4枚?と思ったら、下にもかくされていて、

けっこう枚数があります。この日一番のうまさでした。

赤身の方が体にいいって分かっているんです。

でも、サシの入った、肉汁したたるお肉がやっぱり好きなの!

もう一皿おかわりしてしまいました。ごっつぁんです。


しーかたがないので、「レバー(100元)」。

Dscn1153

値段のわりに山盛りで。

証明が暗かったのに、なぜかこの写真だけ鮮明ですが、

これダメでした・・・。

体のため!って思っても食べれないほどクサイ。

下処理不十分なのか、新鮮でないのか。


サイドメニューで「和風サラダ(100元)」。

Dscn1155

100元と思えないほど大盛。コーンとワカメもたっぷり。

残ったコーンを一粒ずつ拾って食べるのが好きなんです~。

ラーメンのレンゲで、コーン用の穴のあいてるレンゲありますよね?

あれ、すばらしい発明だと思うんですが・・・

ワタシのコーン魂には反するんですよー。

何度もレンゲでスープをさらいつつ、一粒残さずコーンを拾う。

これぞコーン魂♪

で、この日もひろいました。みみっちくいつまでも。


で、必ずたのむ「キムチ(40元)」。

Dscn1144

ほどよい酸味と辛味でした。

韓国人の冬場のビタミン源。万能にうまい!


最後にビビンバを食べましたが、写真なし。

この石焼きビビンバ、店員が一度テーブルに持ってきてから、

通路の台の上でまぜまぜしてくれていたのですが、

その最中に、他の客から声をかけられたら、

すっかりビビンバ忘れてしまったみたいで、

すぐ近くにあるのにいつまでも放置されたままのビビンバ。

しーかたがないので、ダンさんがとりに行って勝手に食べました。

こんなことは日常茶飯事、すでに腹もたたないのですが、

ビビンバをまぜまぜするのも客のためにやってることなのに、

呼ばれたからと途中で別の客の所に行くのも疑問だし、

その後ですっかり忘れてしまうってのもね。

他の店員も、放置されっぱなしのビビンバを気にしないし。

太田だけど、やはりここは台湾だな、と思った焼き肉でした。

まぁ、また行くけど。


そういえば、この店、外帯?外送?があるみたいで、

近くの飲み屋に、焼いたお肉などがお弁当状で運ばれていきました。

にほんブログ村 海外生活ブログへ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!

「太田日式焼肉」

住所:台北市林森北路119巷5号(七條)

電話番号:02-2562-9449

| | コメント (5) | トラックバック (0)

中秋節快楽!

中秋節快楽!

皆様お月見してらっしゃるでしょうか?

我が家の窓からは、真ん丸いお月様がキレイに見えております。


ご存知、台湾の中秋節といえば、月餅・文旦・焼き肉。

我が家は御多分にもれず、

月餅、

Dscn1119

文旦、

Dscn1174

焼き肉で、

Dscn1149

中秋節気分を味わいました。

月餅は会社からいただいたもの。

今年は糖村のものでした。「意外に」気が利いてるなぁ。

文旦は語学交換の友達からもらったもの。

大きさが3個それぞれでかなり違うのは、

どれがおいしいか分からなかったので、

いろいろな形のものをもってきてくれたとのこと。感謝!

焼き肉は「太田」で。

初めて行きましたが、上カルビうまかったです(詳しくは後日)。

のんびり、かつ、食べまくった中秋節。

最近忙しかったダンさんも、体を休められたようでよかった。

こういう連休も悪くないなぁの、台湾3年目の中秋節でした。

食べまくったものは、後日公開予定です。

にほんブログ村 海外生活ブログへ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!

| | コメント (6) | トラックバック (1)

聚寶徳で90元小籠包

4連休2日目なのにブログ更新。

さみしき台北居残り組みけんこうです。

アタックチャーァァァンス!!!

見ながらの更新です。ふっ

そんな連休初日、ダンさんと一緒に、

国父紀念館近くにある「聚寶徳上海湯包」に初挑戦。

休みなのに昼から出かけるなんて久しぶりだなぁ~。

まずは「聚寶蝦蛋飯 90元」。

Dscn1126

店名の「聚寶」がついている看板チャーハンです。

パラパラの蛋チャーハンの上に、

白菜などの野菜とエビを炒めたものがのっています。

エビや野菜がたっぷりなのは嬉しいのですが、

これらから出た水分が、せっかくパラパラのチャーハンを

少しだけ水っぽくしているのが残念。お味はいい塩梅です。

90元という値段もいい感じ。

続いて「聚寶大雲呑麺 75元」。

Dscn1127

またまた店名の「聚寶」のついたものを選んでしまいました。

このワンタン麺、うまかったです。

名前に偽りなし、本当に大きなワンタンが3つ。

中にはたっぷりのお肉とエビが入っています。

食べ応え十分、そして皮がぷりぷりでおいしいワンタンです。

しかも、麺もうまい!コシのある平打ち麺はしこしこ~

さっぱり目のスープは、お好みで調味料を足すと、

味の違いを楽しめます。

オススメは半分食べたら醤油+辣醤。

そして真打「聚寶小籠湯包 90元」。

Dscn1130

まさしくこの店の看板中の看板料理。

写真で分かるでしょうか?

皮がものすごーーーーく薄いんです。ビックリしました。

貧血だと分かった時と同じくらい!

鼎泰豊や京鼎小館の皮より更に薄いです。中身が透けてみえます。

なのに、中のお肉はかなりしっかりしていて、肉汁もたっぷり。

Dscn1132_2

小籠包は好みの分かれるところなので、

どこが一番とは簡単に決められないですが、

90元という値段でこの味のクオリティはすごい!

感動した!!!といつかの総理大臣みたいに叫んでしまいました。

Dscn1122

小籠湯包は、オーダーが入ってから包み、蒸しあげるので、

時間は少しかかりますが、ぜーんぜん問題なし。

これだけおいしければ文句はありません。

小菜でもつまんで待ってればいいですよね?

Dscn1124

ペニンシュラや高記で修行したというご主人の作る粉物はサイコー。

値段がお手ごろなのもあって、満足度は100%です。

「桂花芝麻小包」は3個単位でオーダーできるそうなので、

次回は甘い系も試してみたいと思います。

久々に、初めて台湾で小籠包を食べた時のような感動を得ました。

にほんブログ村 海外生活ブログへ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!

「聚寶徳上海湯包」

住所:台北市光復南路290巷45号

電話番号:02-2731-1049

| | コメント (6) | トラックバック (0)

Vegas Vegasでベガス気分

貧血(ぎみ)になってしまったけんこうです・・・。

血液検査の結果を医者から伝えられて、

嘘!!!って思いました。

だって、すっごい血の気が多いんですもん。ワタシ。

不謹慎ですが、

子供のころ朝礼の時にフラッと倒れる友人を見て、

カッコイイ!って思ってました。

同様にメガネをかけている友人にも。

いつの間にか貧血(ぎみ)にも近眼にもなってしまいましたが、

当たり前ですが、ぜーんぜんカッコよくありませんね。反省。

明日からの4連休、せめて焼き肉やステーキでも食べて、

増血につとめたいと思います。久々ローリーズに行きたいなぁ。


少し前のことですが、南京東路×中山北路交差点付近の

「Vegas Vegas」というお店で、友人とランチしてきました。

ずっとランチ友だった友人は、この秋から労働を開始。

昼休みに、久々にのんびり(早口で?)おしゃべりできました。

ストレスたまってるだろうけどガンバレ!!!

で、「Vegas Vegas」。

この店は、1年ほど前に春水堂のならびにできた店ですが、

台湾では欧米系のお店はハズすことが多いので、

しばらく様子を見ていました。

昼間はそうお客が入っている様子がないので、

「つぶれるかな?」なんて、失礼なこと思ってましたが、

夜はけっこう繁盛しているようで、いい感じに続いているよう。

お店は、店名からも分かるように、ラスベガスを意識。

内装もそんな感じで、ダーツやルーレットなど壁にかかっています。

多分、夜は酒を飲んで遊べるのではないかと思います。(未確認)

お料理のメニューは、アメリカ・メキシコ・イタリアをミックスした感じ。

いただいたのは、「ドイツソーセージのタコス190元」。

Dscn0880

パリッとした歯ごたえが嬉しいドイツ式のソーセージが2本

どどーんと巻かれたタコスとポテト。

Dscn0883

ソーセージはちゃんと甘くないやつです。

ポテトはサラダに換えることもできます。

写真で見るとこじんまりしてみえますが、けっこうボリューム満点。

ポテトは小麦粉を軽くまぶしてあげてあるようで、

ポテトくささがなく甘みがあり、子供も好きそうな味。

でも、ビールにも合いそう~~♪

こちらは友人の「ハンバーガー160元」。

Dscn0875

同じくポテト付き、ボリューム満点。

細身の友人は食べきるのが大変そうでした。

どちらも、食後にドリンクが付きます。

なかなかおいしかったので、また行きたいなぁ。

ピリ辛のハンバーグライスがおいしいらしいので、

今度はそれを食べてみたいです。

にほんブログ村 海外生活ブログへ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!

「Vegas Vegas」

住所:台北市南京東路一段19号

電話番号:02-2541-6788

| | コメント (8) | トラックバック (0)

値上がりの京鼎小館

引越しは何かと物入りです。

ケチなので「新しい家なんだから○○新調しよう!」

なんて考えはなく、何でも新しい家に持ってってまた使いますが、

やっぱりいろいろ物入りです・・・。

台所が整うまで外食が続いたりするのもその1つ。

まあこの外食に伴う出費は仕方ないにしても、

外食が続くと便秘になるのがツライ。

便秘中って、お腹がもわ~っとしているので、

おいしいものもおいしく感じないんだよな~。

食と睡眠には並々ならぬ執着心をもっているワタシにとって、

引越しに伴う一番の弊害は、きっとこれです。


さて、そんな中、IKEAに買物に行ったついでに、

ひさびさに「京鼎小館」に行ってきました。

「京鼎小館」は、最近大幅に値上げしたらしいのですが、

果たしてどのくらい値上げしたのか自分の目でチェック~。

といいつつ、値段控えてくるの忘れました。ゴメンナサイ・・・。

まずは「小菜」、多分50元。

Dscn0967

ついつい選んでしまう「豆干とにぼしの甘辛煮」。

甘辛い味付けにピリっと唐辛子がきいててうまい。

カルシウムが補給できるのも嬉しいです。

「空芯菜の炒め物」、多分180元。

Dscn0970

けっこういい値段ですが、

スーパーで買う2~3束くらいの量があります。

ビタミン補給~。薄味でおいしいです。

真打の「小籠包」、160元。

Dscn0969

10元値上げされてます?

相変わらずおいしかったですが、160元だと、

「鼎泰豊」の価格とさほど変わらなくなってしまうのが残念。

おいしいのに安めってのがポイントだったからなぁ。

つゆだくで、冷めてもおいしいのはさすが、と言ったところ。

「細切り豚肉とザーサイの汁麺」、価格は忘れました。

全部で450元だったので60元?それはないかな?

もしかしたら小菜の料金が加算されてないかもしれません・・・

であれば、110元。うん、そんな感じ。

Dscn0971

かなりあっさりめの味付けです。

具は、青菜(小白菜)、ザーサイ、豚肉。

ザーサイ好きなので、これまたついついオーダーしてしまうメニュー。

個人的にはもう少し塩が聞いてる方が好きですが、

同行した義母は「あっさりしてておいしい!」とのことでした。

価格はあがってもやはり安心の味。

店内も相変わらずほぼ満席でした。

で、ビールを飲んでいたのは日本人だけでした。

にほんブログ村 海外生活ブログへ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!

「京鼎小館」

住所:台北市敦化北路155巷13号

電話番号:02-2546-7711

| | コメント (6) | トラックバック (0)

最後の冠京華

久々の更新です。

実は引越しをしまして、1週間ほどバタバタしていました。

ようやく家も片付き、ネットもつながり、

新しい家で惰眠を貪れるようになりました。

コメントバック等遅くなり、すみませんでした。


で、やっと落ち着いたと思ったら、

明日、台湾北部は台風の影響で不上班不上課。

サラリーマンも学生もみーんなお休みです。

天気図で見ると、かなり北にそれているし、

外の様子も静かなので、休みになるなんてビックリ!

引っ越したばかりで、冷蔵庫が空なのが心配~。

今日買物に行っとくべきだったと反省しきりです・・・。

台湾北部に在住の皆様、ケガなどしないようお気をつけて!


で、家の場所が変わってしまうということは、

今後食べに行くお店も自然変わってしまうということで。

もしかしてもう行くことないかも?と、引越し前に、

最後になじみの「冠京華」に行ってきました。1人昼飯です。

いつものタンタン麺。

Dscn0959

濃厚なゴマだれを絡めて食べる汁なし麺。

麺はコシのない白麺なんですが、

これをモゴモゴいただくのが大好き、でした(涙)

そして酸辣湯。

Dscn0963

酸味のバランスがよく、具の量も適量。

豚の血が入っているのに生臭さが一切ありません。

好きな味、でした(涙)

たまには遠出して食べに行きたいと思います。

引越しって嬉しいけど、ちょっと寂しいですね・・・。

にほんブログ村 海外生活ブログへ ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!

「冠京華」

住所:台北市南京東路四段133巷4弄1号

電話番号:02-2712-3358

| | コメント (9) | トラックバック (0)

早起きして柳家涼麺

毎月10日はマンションの管理費の支払い期限。

管理人さんに手渡し、というのは認められていないので、

毎月10日ごろ、銀行まで振込みに出かけます。

ということで、今日も出かけてきました。

んが、10日は公共料金などさまざまな支払期限のようで、

銀行は大混雑!番号札をとると30人待ち~~。

1時間は覚悟したその時、いつも親切にしてくれる

警備&案内のおじさんが、割り込みさせてくれました~♪

って、喜んでいいんかい!?

今ひとつよく分からないのですが、

そうやら1番窓口は、大口の企業関係の窓口のようで、

1000元の札束をいくつも持ってる人たちを対応しているよう。

まったくもって大口でないワタシなどお呼びでないはず。

仲良しだから?日本人だから?かわいいから?(←おいっ!)

理由も分からず「いいからいいから」とおじさんに促がされ、

待ち時間なしで処理してもらうことができました。

嬉しいけど、うしろめたいわぁ。。。

日本じゃこんなことありえないだろうな。。。


さて、以前ちらっと紹介した、朝4時開店8時閉店、

土日は6時過ぎには売り切れてしまう涼麺屋さんを

おぼえてらっしゃるでしょうか?

早起きして行ったにもかかわらず、すでに売り切れで、

食べられなかった「柳家涼家」。

けっこうすぐにリベンジしに行ってきました~。

4時起きで・・・。

Dscn9834

5時ごろお店についたらこんな感じ。

朝靄の中、店先には、できあがりを待つお客さんがズラリ、

店内はもちろん満席です。

ワタシは、「涼麺(中)50元」と「三合一湯 55元」をテイクアウト。

が、待つわ待つわ。

しかもその間、ラオパンの「××はダレの~?」とか、

オクサンの「それは店内でだからまだ作らないで~」とか、

お客さんの「それってワタシのじゃないの?」とか、

さまざまなセリフがすっごい早い中国語(台湾語?)で

とびかっており、何を言っているのか理解し切れないワタシは

そのたびドキドキおどおどしながら待ちました。苦痛でした。

Dscn9846

で、30分以上待ってテイクアウトした涼麺。

Dscn9849

自家製だという麺はけっこう固めで、そこそこ冷やされています。

具はキュウリだけですが、ゴマタレが絶妙。

コクのあるタレです。ニンニクがっつーん効いています。

ニンニクが苦手な方は、少なめにしてもらった方がいいかも。

中だと朝食にはちょっと多いかも。

女性なら小サイズ45元で十分だと思います。

スープは「三合一湯」。

Dscn9856

キノコの貢丸と卵が入った味噌スープです。

かつおぶしでだしをとり、味付けは味噌なので、

日本の味噌汁に近い味がしまうが、

やはり味噌スープと言うのが適当。

荒削りの鰹節がスープにたくさん浮いていて、

だしがかなり強く効いており、味噌はマイルド。

ニンニクがっつーんの涼麺に、やさしい味の味噌スープが

いいバランスです。

Dscn9864

どちらもおいしかったですが、4時起きはもう無理かも・・・。

ローカルなやりとり&早起き希望の方は、一度ぜひ!

にほんブログ村 海外生活ブログへ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!

「柳家涼麺」

住所:台北市光復南路21-1号

電話番号:02-2763-4573

| | コメント (8) | トラックバック (0)

CRYSTAL SPOONでタイ料理

昨夜、というか今朝未明、大きな地震がありました。

震源地は宜蘭沖、マグニチュードは6.6。

台北では震度3でしたが、マンションが古いからか、

寝てたのに飛び起きるほどにゆれました。

マンションがヘーンな感じにゆれたのです。

今住んでいる部屋は、過去の地震の影響か、

壁に無数のひびが入っています。

店子が変わる時に、上から白い塗装をして隠すようですが、

時間がたつにつれて、そのひびは浮かび上がってきて、

なんかイヤーな感じ(壊れそ~な感じ)をかもし出しています。

で、今朝ゆれた時は、そのひびがゆれるたびに

広がるというか、大きくなるというか。みしみしいうし。

こりゃ、大きくゆれたら壊れるな、と感じずにいられませんでした。

でも、1つだけいいことが!

たてつけの悪かったドアがたてつけよくなりました♪

一度ゆれてゆがんだドア枠が、再度ゆれて直ったみたい?


さて、先日友人と緑SOGOにある「CRYSTAL SPOON」で

タイ料理を食べてきました。

先日、と言っても、かなり先日ですが・・・。

お得ということで、1人580元のコース料理を。

2名からオーダーすることができます。(写真は3人分)

Dscn0826

写真1枚しかないのですが、

お料理は、エビ,イカ,貝などが海鮮たっぷりのタイ風サラダ、

エビの存在感ばっちりのエビすり身揚げ、

青菜の炒め物、チキンのサテ(タイ料理だとサテとは呼ばない?)、

チキンのグリーンカレー、白身魚の清蒸(写真なし)の6種類。

白いご飯は食べ放題で、食後にデザートがつきます。

お料理は、食べられないものがあったり、

グリーンカレーはセットに含まれてなかったのですが、

どうしてもグリーンカレーが食べたかったので、

交渉してコースの中の料理1品をカレーに変えてもらいました。

価格次第ですが、かなり柔軟に対応してくれるようです。

Dscn0824

この日、緑SOGOの正面玄関付近では、

Men's UNOコンテストのリハーサルが行われていました。

普通っぽいカッコイイ男の子たちがいっぱいでした。

ウォーキングなどぎこちなくて、なんともかわいかった~!

って、「かわいい」とか「子」とか言ってるワタシ、

かなり、やばやばオバさんですかね・・・?

にほんブログ村 海外生活ブログへ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!

「CRYSTAL SPOON」

住所:台北市忠孝東路三段300号10F

| | コメント (10) | トラックバック (0)

長寿三好庵でうどん

部屋の整理をしてて、

ついついマンガ雑誌のバックナンバーを、

読み返し始めてしまったけんこうです・・・。

始めた、というか、ここ数日ずーっとマンガマンガ。

さすがに、2年分読破するのは大変だなぁ。

って、全部読むつもりかい!?

部屋片付かね~。


つい先日、友人と一緒に「長寿三好庵」で夕飯一緒してきました♪

「長寿三好庵」は、ポカポカ日本家族でも紹介された事がある、

世界でも珍しい(もちろん日本以外で)、

手打ちのそばやうどんが食べられるお店です。

日本以外の国で、手打ちのそばやうどんが珍しいのは、

技術だけの問題ではなく、粉や水の問題が大きいそう。

蕎麦は栽培されている国が少ないため、

どうしても日本から輸入しなければならずコストがかかるし、

水は軟水でないとそばが打てないため、

硬水の国で供給するのが難しいのだそうです。

じゃあ、台湾はそばを供給しやすい国なのか?というと、

実は、台湾では蕎麦は栽培されておらず、水は硬水。

そういう意味では、台湾はそばに適していない国なのですが、

以前、台湾に駐在員として赴任していたご主人が、

当時、台湾でおいしいおそばがたべられないことが残念で、

その後、一念発起脱サラし、台湾でそば屋を始めたそう。

家族もその思いに賛同し、今では息子さんもお店に協力。

家族みんなで、おいしいそばのために頑張っているのだとか。

ちなみに「長寿三好庵」で使っている蕎麦粉は北海道産、

水はミネラルウォーターを使っているそうです。

前置きが長くなってしまいましたが、いただいたのはコレ!

ミニうどんとミニフライのセット。

え~~うどん!?って思います?

ワタシもそう思いますが、うどん気分だったんで・・・。そばは次回。

Dscn0870

うどんはミニと言ってもそこそこ量があって、女性には十分な量。

だしの効いたつゆと、コシのある麺がいい感じ。

つゆは、決して薄くありません。むしろ濃い目。

(と、感じるあたりが、タイワンナイズされてる?)

醤油くささは感じませんでした。薄口醤油だからかな?

セットのミニフライ。

Dscn0864_2

フライは、アジ、カキ、もう1つ何かから2つ選べます。

もう1つ何かかは忘れました。カジキだったかなぁ。

こちらもミニといいつつ、けっこうなボリューム。

ご飯とエノキの味噌汁、香の物つきです。

フライはさくっと揚がってておいしかったです。カキも大きい!

同様のミニミニセット(250元)は、トンカツ、コロッケもあります。

そば・うどん、熱・冷が選べます。


メニューは麺だけでなくつまみになるような物も豊富なので、

ちょっと飲んだとそばをずずっとすするのもいいかも。

サービス料をとられないのも気に入りました!

なのに、お茶は何回でも入れに来てくれるの~♪

日本の雑誌や新聞もありました。

にほんブログ村 海外生活ブログへ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!

「長寿三好庵」

住所:台北市南京東路三段256巷20弄1号

電話番号:02-2542-7125

| | コメント (10) | トラックバック (0)

梁記嘉義鶏肉飯で魯・鶏肉飯

またか!!!

農林水産大臣はのろわれているのか!?

と、思ってしまうほど不祥事連続攻撃~。

もしかして次も?と、ヘンに期待してしまう不届きなけんこうです。

後任を引き受ける人はどっきどきでしょうね~。

本当に清廉潔白な政治家は日本にいるのか?


さて、久々の更新は「梁記嘉義鶏肉飯」。

kiyoさんのブログで紹介されているのを見て行って来ました♪

久々のほやほやネタです。

看板商品の「鶏肉飯(小)30元」。

Dscn0847

脂身の少ない鶏むね肉を蒸して細くさいたものを白飯の上にのせ、

揚げ玉葱の風味のきいた醤油ダレを上からかけてあります。

鶏肉飯の本場「嘉義」では七面鳥を使うそうですが、

台北に出店しているお店のほとんどがニワトリのお肉を使用。

「梁記嘉義鶏肉飯」でのものも、ニワトリの肉を使っています。

Dscn0858_2

お味の方は、今まで食べた中で1番おいしい鶏肉飯でした。

鶏肉飯のお肉って、脂身の少ない部分を使っているからか、

どうしてもパサパサポソポソしているものが多いのですが、

こちらのお店のものは、いーい感じにしっとり。

タレの塩梅もほどよくこってりほどよくあっさり。

鶏肉飯っておいしんだなぁ、開眼。

1人で行ったのですが、もう1杯。「魯肉飯(小)25元」。

Dscn0852

タクアンがのっていない魯肉飯って初めてかも!?

ある意味、新鮮な驚きを感じてしまいました。

豚バラ肉と思われるお肉は大きめで、お肉の存在感があります。

当然、脂身の部分はやわらかく煮込まれていて、

脂くささなどは感じず、意外とあっさりとしています。

タレは甘辛でバランスがよいです。

Dscn0855

お店に入ったとたん、

「魯肉飯?鶏肉飯?どっちにするの?」と威勢良くきかれたり、

席についたとたん、

「スープは何にするの?」ときかれたり、

お店のおばちゃんたちに迫力があって圧倒されますが、

台湾らしくていいお店。お味もおいしく満足でした。

先月の台風の影響で、青菜の価格が上がっているからか、

入り口の選べるお料理に、青菜を使っているものがありませんでした。

青菜が食べたいよう~。

にほんブログ村 海外生活ブログへ ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!

「梁記嘉義鶏肉飯」

住所:台北市松江路90巷19号

電話番号:02-2563-4671

| | コメント (12) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »