« 霖園でマンゴーかき氷 | トップページ | 台北故事館でランチ »

台北駅前の鴉片粉圓

松岡農相首吊り自殺の報に、遅ればせながら驚いていたところ、

ZARDの坂井泉水さんも脳挫傷で亡くなられたことを知り、

少なからずショックを受けています。

松岡農相自殺についてはノーコメント。

ZARD坂井さんは、子宮頸ガンを患い闘病生活を送っていたそう。

手術をし、一時快方へ向かうものの、肺へ転移。

体調回復のためにと日課にしていた病院敷地内の散歩中、

階段の踊り場で、前日の雨により足を滑らせ転落、

後頭部を強打したことが要因となり、亡くなられたとのこと。

学生時代、OL時代と、曲をきいて励まされたり、

カラオケでは必ず誰かが彼女の曲を歌ったりと、

ワタシの青春時代を彩ってくれたアーティスト。

闘病生活半ばでの死、どんなに無念だったことか。

無責任にも自殺したどこかの大臣とは大違いだ。

おっと、ノーコメントのつもりが・・・。

心より、ご冥福をお祈りします。きっと忘れない。


こんな時にまで食べ物の話で恐縮ですが・・・

昨日に引き続き、夏のデザートを。

Dscn0019

「鴉片粉圓」は、本店が西門町にある粉圓の名店。

1973年に板橋市でスタートした老舗のお店です。

本店のある西門町は、ワタシにとって全くついでのない場所で、

おいしいという噂を聞いていても、

なかなか食べに出かける機会がありませんでした。

が、最近、台北駅前に新店舗がオープンした、との情報をキャッチ。

ついでもあって、ようやく口にすることができました。

Dscn0023_1

看板商品の「綜合紅豆冰(40元)」。

Dscn0016_3

氷の上に、ゆで小豆、タロ芋だんご、サツマイモだんご、

そして、名物の半透明色の大粒のタピオカがのっています。

お店で使う材料全て、台湾産の天然素材を使用し、

添加物は一切加えないという、まごころ製法だけあって、

自然なうまみ、甘みで、なんともほっとする味わいです。

20時間かけて作るというシロップ「鴉片膏」が絶品。

しばらく食べないでいると、鴉片(アヘン)中毒者のように、

禁断症状が起きてしまうそうな。

Dscn0018_3

台北駅前の店舗は、新光三越の並び、

懷寧街の入り口付近にあります。

場所柄か、隣のジューススタンドには予備校生らしき集団。

Dscn0025

夜はふけてきたけど、彼らの勉強はまだまだ続くのね。

負けないで!もう少し!ゴールは近づいてる!

にほんブログ村 海外生活ブログへ ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!

「鴉片粉圓」

住所:台北市忠孝西路一段72号

電話番号:02-2311-8310

|

« 霖園でマンゴーかき氷 | トップページ | 台北故事館でランチ »

⑧台北(カフェ&デザート)」カテゴリの記事

コメント

いやぁ~~私も驚きました。
ZARDの坂井さんが・・・。
昨日の夜24時間テレビの今年のマラソン走者が欽ちゃんだと発表されて驚いた翌日。
そのマラソンのテーマ曲としても親しまれている「負けないで」のZARDの坂井さんが・・・。
御冥福をお祈りします。

>senchanさま
PCを立ち上げて「現役閣僚自殺」の文字を見て、えっ!?と思ったら、脇に比較的小さく「ZARD坂井さん死去」の文字が・・・。
彼女の死を聞いて、若かりし頃のいろいろなことを思い出して、しばし浸ってしまいました。それだけ、彼女の曲は、ワタシの人生のさまざまなシーンで流れていたんだろうなぁ。

24時間テレビの今年のマラソン走者は欽ちゃんなんですね!
もう1つびっくりです!

投稿: senchan | 2007年5月28日 (月) 23:07

どんなに離れてても、心はそばにいるわ♪

けんこうさんの後を継いでみました。
私も驚きました。ZARDの坂井さんの訃報。「負けないで」は、当時
カラオケマイクの奪い合いになりましたよ。
記事に併記された彼女の本名を見て、そういえば松田聖子のいとこだったけね…なんてことまで思い出していたころ、某無責任大臣まで慶応大学病院へ搬送されたとか。芸能記者と政治記者が入り乱れた慶応大学病院。一般の患者さんも大変だったでしょうね…。
ところで、初めて見たThe台湾スイーツ!すごい豪華版ですねー。
20時間もかけてつくる鴉片膏をぜひ味わってみたいのですが、
具(?)が各種デンプンのようなので、食後のデザートとして
食べるのはちょっとツライかも?(え?大食らいの私が心配する
ことじゃない??)

>こももさま
本当に、今まで何回、そして何人の「負けないで」を聞いたことか~。カラオケの定番ソングですよね!この曲、男子(あえて男子と言ってみた!)も好きで、飲み会でリクエストとかされたっけなぁ、なんて(笑)
彼女、松田聖子のいとこでしたっけ?隠せば隠すほどプライベートを探られた、謎多きシンガーですよね。ご冥福を心よりお祈りいたします。

↑の台湾スィーツ、こももさんのおっしゃる通り、おいしいんですがデンプン質が多くてボリュームがあって、食べるタイミングが難しいんですよー。食後のデザートには重すぎて。
といいつつ、きっちり食べきってますが(笑)
この日は、この後、フライドポテト&ビール食べたなぁ。
あっ、またでんぷんだ!

投稿: こもも | 2007年5月28日 (月) 23:24

鴉片粉圓、復興南路の方にも支店ができていましたよ~。
本格的に?チェーン展開始めてから看板がさわやかで可愛くなりましたよね。
昔の駄菓子屋を彷彿とさせるような。
あと、提拉米蘇も復興南路にできていました。
どうしたんだ、復興南路!ってちょっと思いました。

>木野さま
復興南路に、鴉片粉圓と提拉米蘇が!
すばらしい情報ありがとうございます♪
提拉米蘇、今まではうちからは遠くてなかなか行けなかったから、ちょっと嬉しいなぁ。
鴉片粉圓は、加盟店募集もしてるみたいだし、そのうち「店によって味が違う!」なんてことになるかも?

投稿: 木野 | 2007年5月28日 (月) 23:31

そうですね。今日は慶応大学病院は大変でしたね。
1990年代、私は高校、大学時代、ZARDなしでは語れません。報道によると階段手すりには乗り越えた跡があるとのことで、もしかしたら自殺かもしれませんね。今後の報道を待ちましょう。
大臣自殺の方は、6通もの遺書が残されていたそうで、とりあえずその遺書の内容を見てみないとコメントできませんね。
今日の日本は他にも自殺などあり、何だか一日暗い気分ですので、せめて夜はずっとZARDを繰り返し聞いて元気をもらっているところです。。。涙。

>Qingzuiさま
ZARD坂井さん死去の報は、台湾の新聞にも載っていました。もちろん大臣自殺の報も・・・。
慶応大学病院は、報道陣がごったがえして大変だったんでしょうね。
学生時代、OL時代、彼女の歌は、参加したほとんどのカラオケで歌われていました。失恋しては「きっと忘れない」を歌い、飲み会では男性陣のリクエストに答え「負けないで」を。青春の思い出です。闘病生活の末の死、自殺であっても事故であっても、命をまっとうされたのでは、と。心よりご冥福をお祈りします。
大臣の方は!!!くそ~。
6通の遺書の内容が気になります。

投稿: Qing Zui | 2007年5月29日 (火) 01:15

日本のこの2つのニュースにはびっくりしてしまいました。ぼくも一応ZARD世代ですので、女性がZARDの歌を歌っているところをよく聞いてました。ともて残念です。
「綜合紅豆冰」もおいしそうですね。けんこうさんは甘いもの苦手でもこれは大丈夫でしたか。
自分的には、やはりフルーツが載っていてくれたほうがありがたく思います。日本の「シロクマ」のように。

>dobozupeさま
失恋してZARDの曲をなきながら歌ったことも、今ではいい思い出です。青春を彩ってくれた歌手がなくなるのは、こんなに喪失感があるものなんだなぁ、というのは悲しい発見ですね・・・。
甘い物は、お酒お飲むようになってから、あまり積極的に求めなくなっていますが、食べればやはりおいしいな、と思います。特に、素朴な台湾スィーツは甘すぎないので食べやすいです。
とは言え、ワタシもやはりフルーツトッピングの方が好きですねー。しろくま、なつかしい!

投稿: dobozupe | 2007年5月29日 (火) 03:10

現職大臣の方はあることあること情報が出てくると思うのでおいといて。
坂井さんはびっくりしました。ガンで闘病生活だった事も知りませんでしたから。もろ世代なので残念です。
ご冥福をお祈り致します。

でもってデザート!うひょひょ~
なんと三越のならびにできましたか?!
それはありがたい。
常宿のそばですから気軽に行けると思います。
かき氷や豆花や愛玉をおぼえてからちょっと縁遠くなっていたのでうれしいニュースですー。
台湾故事館は閉館したようですが、こちらには頑張っていただきたい!!

>外付け胃袋さま
どちらも本当にびっくりしました!
が、現職大臣については、あきれた・・・の一言。
坂井さんについては、本当に残念・・・の一言です。
ご冥福を心よりお祈りいたします。

そうなんです!三越並びにもオープンしたんです~。便利な場所なので、たくさんの人が気軽に食べられるようになりそうです。
そういえば、台湾故事館閉館したんですね。一度行ったきりですが、何かが幕を閉じるというのは、なんとも物悲しい気分です。
といいつつ、跡地は何になるのかな?なんて考えてしまうワタシです・・・☆

投稿: 外付け胃袋 | 2007年5月29日 (火) 07:15

ZARD、よく歌ったよね。TV見ていて90年代の曲が流れてくるとたまらなくなる。不安定で手探りで自分探ししていた時代に彼女の前向きな歌詞にずいぶん励まされたなぁ。
まぁくよくよしても仕方ない。がんばろう。

>ももさま
本当だねー。
ワタシは失恋して歌った「きっと忘れない」が一番思い出に残ってるけど、よくよく考えてみると、別れたのにきっと忘れない、ってのはサムイ?しかももうすっかり忘れてるし(笑)
闘病生活の末の死、事故だろうが自殺だろうが、人生まっとうだよね。がんばった彼女はエライ!

投稿: もも | 2007年5月29日 (火) 17:09

毎日暑い日が続いているので、やっぱりこういう冷たいものがほしくなる季節ですよね~
私も以前ここのお店、西門町のお店で食べた記憶がありますが、おいしかったです!!
また、食べに行きたいな~

台北駅前は予備校に通う学生がたくさんですよね~
もう少しで受験本番!がんばってほしいですね。

>ろんろんさま
毎日暑いですね。

このお店、最近チェーン展開していろいろなところに店舗を増やしているようです。値段もお手ごろだし、涼をとれるし、おいしいし、すばらしいスィーツですよねー。
お互い、がんばって夏をのりきりましょう!

受験生の皆さんも、がんばれ!

投稿: ろんろん | 2007年5月29日 (火) 20:00

おはようございます、けんこう様

私もZARDの曲を聴くと、青春時代の思い出が溢れます。
「負けないで」が中学時代の部活開始に構内に流れる音楽だったので。
確か、その年春の選抜の行進曲でもあったような。
闘病後、まさにこれからの訃報、本当に残念です。

かき氷~!!おいしそう!!
私、芋系とQQが大好きなんですよ~。
西門のお店は、以前友人達と激安ツアーで訪台した時、ホテルが麒麟だったので、
みんなで行って以来、なかなか行けてません。
台北駅前ならば、便利ですよね。
食べに行きたいですぅ。

>いけこさま
こんにちわ。
若干(?)年の差のあるワタシたちですが、ZARDが青春の歌と言う点で共通点があるとは!彼女の歌が、広い世代に愛されていた証拠ですね~。本当に残念です。

もう1つの共通点「酒をたしなむ」いけこさんは、QQ系イモ系もイケル口だったんですねー。やさしい甘みで、甘党の人もそうでない人も、きっと好きになる味ですよね。
台北駅と、便利な場所に支店ができたので、今度来台されたときに行けるといいですねー。

投稿: いけこ | 2007年5月30日 (水) 09:21

おいしそう^0^ ちょっとよだれがでました。
あ~、食べたいなぁ。
私は、日本に住んでいます。
今年は、宝宝が生まれるので台湾には、いけそうにないですが、来年は行くぞーと気合をいれています。
ろんろんさんのブログは、私にとってすごく勉強になります。美味しそうなものばかりで、見ているだけで幸せ気分になります。
台北では、西門町の近くにある、ちょっと小汚い国軍英雄館にいつも宿泊しているので、これはいってみないとリストに入れさしていただきました。

>ココさま
ココさんは日本にお住まいなんですねー。
しかも、今年ご出産とはおめでたい!
無事ご出産され、3人(?)でいろいろ見たり食べたりできる日が、早く来るといいですねー。
↑の店、きっと本店の方がおいしいと思うので、ぜひ西門店でめしあがってみてください。たったの40元で満腹!のボリュームなので、ダザートなら2人で1皿で十分だと思います。

投稿: ココ | 2007年5月30日 (水) 09:43

二人の死の余波がずいぶん起こっている日本です。
国会もしばらく落ち着かないでしょう・・・
鴉片粉圓はしばらく遠ざかっていたので、
懐寧街に出来たのはめちゃくちゃ朗報です♪♪
次回も台北駅近くに宿泊かな~。

>kiyoさま
ZARD坂井さんの死はひたすら悲しい・・・。
が、大臣の方は、なんというか、日本人でいるのが恥ずかしくなるような・・・。
鴉片粉圓、台北駅前なら、どこかのついでに行きやすいですよねー。宿に近いならなおさらです!
芋ダンゴ2種、タピオカ、小豆がのって40元!
今度は愛玉も食べてみたいです~

投稿: kiyo | 2007年5月30日 (水) 22:05

ZARD世代の私にとって、坂井さんの死はショックでした。接待からほろ酔い帰宅した夫に教えたら、一気に酔いが醒めていました。夫婦でシンミリした夜。。そして昨日から、気付くと「負けないで」やら「good bye my loneliness」を所構わず口ずさんでいる自分がいます。カラオケで歌っていた頃が懐かしいです。

さて粉圓。実は未だ食べたことがない私。
台北駅なら学校帰りにも行けるし、便利ですね。このボリュームならお昼ゴハン代わりになるかも!?
芋系が苦手な私ですが、写真を見たら俄然食べたくなりました♪

>bananaさま
本当に、ワタシも今もショックで・・・。同じく酔っ払って帰ってきた夫に言うと、ものすごくビックリしていました。が、あまりの酔っ払いようで、酔いが冷めることはありませんでした・・・。
これまたbananaさんと同じく、お風呂に入っているとき、トイレに入っているとき、何げにZARDの歌を口ずさんでいます。

粉圓はボリュームがあるので、昼食代わりにもきっといいと思います。ワタシもお芋はそう好きな方ではありませんが、お芋!って感じはしないので、きっとbananaさんも大丈夫じゃないかと思います。ぜひ試試看!

投稿: banana | 2007年5月30日 (水) 23:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174057/15208155

この記事へのトラックバック一覧です: 台北駅前の鴉片粉圓:

« 霖園でマンゴーかき氷 | トップページ | 台北故事館でランチ »