« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

肥前屋でうな重

先週末(先々週末だったか?)、ダンさんと一緒に、

安くてうまい噂の鰻のお店、「肥前屋」に行って来ました♪

「肥前屋」は、日本人駐在員の聖地(?)林森北路にあり、

オーナーも日本人ということで、日本人の間では有名なお店。

台湾に来てすぐの頃から、名前だけは聞いて知っていたのですが、

今までなかなか足を運ばなかったのは、超のつくビール党だから。

外食の時は絶対ビール!特に週末はのんびりと!

でも、メシものが一緒だとお腹にたまって量が飲めないし、

なにより確実に太るので、飲むときは飯食べない、コレが基本です。

話がそれましたが、そんなワケで週末の外食では、

今までメシものを避けてきたワタシですが、

なんだかむしょうに鰻が食べたくなってしまったので、

今日(ではないけど)のところは、まいっかということでLet's Go!


行ったのは土曜日の20時半ごろでしたが、

噂にたがわぬ人気で、店内は満席、大賑わい。

少し待って席に座ることができましたが、

4人テーブルをもう1組のカップルと半分こ。相席でした。

まずは、鰻重(小)×2。

Dscn0008_1

大は240元、小は140元ですが、

ご飯の量がけっこう多いので、女性なら小で充分だと思います。

隣を覗きみたところ、大は相当なボリュームでした。

感動の迫力を味わいたいなら、ぜひ大を。すごいです。

鰻はふっくらやわらかで、タレの甘辛さもちょうどよく、

ご飯も丼ものにほどよい水分量で、一言でいうと「おいしい!」。

店内中にただよう鰻のこうばしい香りが食欲をそそる~。

やっぱビールもいっとくか!

ということで、ビール1本と日本酒ワンカップもご注文~♪


ビールには揚げ物でしょ、カキフライ(120元)!

Dscn0010_1

台湾ではあまり見かけないふっくらとおおぶりのカキ。

日本からの輸入ものだそう。サックリトロリでおいしいです。

タルタルソースも日本のマヨネーズを使っています。

いや~ビールが進むわ~♪(また太るぞ・・・)


鰻屋さんに来たらこれも食べなきゃ、「鰻巻(80元)」。

Dscn0013_1

焼きたてアツアツのだし巻きに甘辛い鰻が。

ボリュームもたっぷり。これが80元って安すぎる!

だし巻き好きのダンさんも大満足♪


「サンマの塩焼き(90元)」もいっとく?てことで。

Dscn0016_1

普通の塩焼きですが、ちゃんと焼きたて。

お金のことばかりでなんですが、90元ですよ。90元。

林森北路で90元って、なんだか感動的だ~。

気付くとほとんどダンさんに食べられた後だったので、

味の方はよく覚えてません・・・。


とにかくリーズナブルで良心的。

お料理からも誠実さが伝わってきます。

ただ、人気店ゆえに混んでいるのと(多分予約はムリ)、

閉店が夜9時と早めなので、のんびりと飲むには不向きかも。

おいしかったし安かったし、多分また行くな。いやきっと。

Dscn0003_2

にほんブログ村 海外生活ブログへ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!


「肥前屋」

住所:中山北路一段121巷13号

電話番号:02-2562-8701

| | コメント (28) | トラックバック (0)

「いつも、ふたりで」

いきなりラブラブ~なタイトルで、

およよっ?と思われたかもしれませんが、

これは本のタイトルです。

Dscn0049

「いつも、ふたりで」は、ちょっと変わった料理本。

数年前の人間ドッグで、減量とカロリーチェックを

言い渡された夫(じーさん:69歳)。

「ローカロリーでも、マズイものはイヤ!」というわがままにこたえ、

毎日いろいろ工夫して食卓を用意する奥さん(ばーさん:69歳)。

そんな奥さんに感謝して試行錯誤の食卓を日記風に。

それが「いつも、ふたりで」というブログ。

そんな2人のブログが書籍化されたのがこの本です。


詳しいカロリーやレシピは書かれていないので、

初心者向けの料理本としてはそぐわないかもしれませんが、

じーさんを思うばーさんの気持ちが伝わってきて、

なんだか心をやさしくさせてくれます。

京都の山奥で暮らしているというお2人、

季節を感じさせるお料理が多く、たとえば、

春なら、ご近所さんさんからもらったえんどう豆で作ったスープ

夏なら、お庭でたくさんとれたナスのオイル漬け、にがうりのカレー

秋なら、風に吹かれて落ちてきた栗をつかった栗ご飯

冬なら、小さなキッチンストーブの上でコトコト炊かれたポトフ

などなど。日本の四季っていいなーなんてしみじみ思ってしまいます。

また、ローカロリーといえども、

和食ばかり野菜ばかりというワケではなく、

インドカレーあり、パエジャあり、ローストビーフありと国際色も豊か。

かと思えば、干し柿をつるしたり、たくあんを漬け込んだりと、

日本の伝統的な季節行事(?)もあったり。

この奥様、本当はいくつなの?本当に69歳なのでしょうか!?

「日本のじーさん、ばーさんはつくづくステキになったと実感」

と内館牧子さんが書かれていますが、同感!!!です。


さて、こんなステキな本をのんびり読みながらの今日のおめざは、

スタバのコーヒーとパン。(ちょっとサミシイ?)

Dscn5726

パニーニ風のパンの中に、チキンとたっぷりのチーズがとろり。

パンにはゴマがたっぷりで香ばしくなかなかおいしかったです。Dscn5730

にほんブログ村 海外生活ブログへ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!

| | コメント (16) | トラックバック (0)

老友記粥麺館

用事もなければ予定もない、のんびりとした1週間。

寂しいといえば寂しいけど、

台湾に来たばかりのころの寂しさとはやはり違う。

こういうのんびりも悪くない。還不錯だ。


しかしながら、当時、自分では気付いてなかったけど、

今思えばちょっと追い詰められていたようで、

ケーブルテレビが映らなくなって泣きだしてしまったことがあった。

(当時、ケーブルテレビはちょくちょく映らなくなった・・・)

日々することもなくテレビに生活の大半をゆだねていたワタシは、

「飲み食いせずに何時間耐えられるか!?」という耐久レースの

結果が出る瞬間にテレビが映らなくなって、なぜか泣いた。

番組は再放送で、すでに結果を知っていたのにも関わらず、だ。

しかも声をあげて泣いた。「わぁぁぁぁぁ」と泣いた(笑)

ビックリしたのはダンさんだ。おろおろおろおろ~(気の毒・・・)


と、まあそんな時期もあったんだよーということで(恥)

でも今は元気いっぱい!食欲いっぱい!体重増加!

というワケで、「老友記粥麺館」でひとりランチしてきました♪

Dscn0016

香港出身のシェフが作る広東粥やワンタン麺が絶品らしいこの店。

なかなか清潔でコギレイ↑なお店です。

Dscn0018 

この日いただいたのは「蠔油雲呑撈麺(100元)」。

おぉ、噂どおり汁がない!

Dscn0027

「撈麺」という、台湾ではあまり見かけないちぢれ麺は、

見た目よりも歯ごたえがあって、なんとも不思議な食感。

ゆで青菜と一緒にオイスターソースをからめていただくと、

とーってもおいしい!すごい好みの味です。はまりそう。

ワンタンは海老入りのこぶりのものが6コ。

Dscn0030

レンゲにちょうどおさまるほどよい大きさ。

ひとくちでペロリといけます。

が、写真のためあえてガブリと~。

Dscn0038

お肉、エビはぷりぷりで、味付けもいい塩梅。

このワンタン、かなりおいしいです!好きだっ!

うちの近くにあったらしょっちゅう行っちゃうだろうなぁ。

近くないけど時々行こうっと!

ラー油を少したらして食べても、いい感じです。

ビールニモアイソウ・・・♡♡♡

こんなおいしいものに出会えるなら、もう泣いてる暇なんてないっ!


にほんブログ村 海外生活ブログへ ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!

「老友記粥麺館」

住所:台北市敦化路一段232巷16号

→住所間違えていました。amiさん本当に申し訳ありません!

電話番号:02-2731-2269、02-2731-2265

☆スープありがお好みなら、鮮蝦雲呑麺をどうぞ!

| | コメント (30) | トラックバック (0)

SWEETS&SWEETSのロールケーキ

そのまんま東氏が宮崎県知事に当選されたようですね。

不祥事、離婚を乗り越えての当選、本当に嬉しいでしょうねー。

顔つきがコワイくらいにマジメになっていて、ちょっとビックリ。

しかし、今後しばらくは、ネットなどに「東」と出てくれば、

東山紀之でも東幹久でもなく、彼のことになっちゃうんですね。

元少年隊ファンとしてはちょっぴり悲しいなぁ。(世代がバレちゃう?)


さて、今日(ではないけど)のおやつは、

「sweets&sweets」のフルーツロールケーキ♪

Dscn5204

「sweets&sweets」は、新光三越やSOGO復興館に出店している

ロールケーキが看板商品のケーキ屋さんです。

以前から「ある」と認識してはいたのですが、

ロールケーキは「Piece of cake」と決めていたので、

今まで手を出さずにきました。

手を出して火傷(失敗)したくなかったし。

でも、「なかなかおいしいよ」との噂を聞いて浮気決行!

(浮気する男の人の気持ちってこんななの!?)

Dscn5201

イチゴ、チョコ、タロイモなど8種類。えっ、タロイモ!?

すごーく気になるけど、とりあえずタロイモはおいといて、

今日のところは「フルーツロールケーキ」にしておきました。

なかなかおいしそうでしょう!?

Dscn5224

お味の方は、

スポンジがふわふわしっとり、クリームとフルーツがたっぷりで、

噂どおり、かなりおいしいロールケーキです♪

独断と偏見で、「Piece of cake」と比較してみますと、

スポンジのふわふわ度 → Piece of cake

スポンジのしっとり度 → sweets&swwets

生クリームのフレッシュさ → Piece of cake

フルーツの多さ → sweets&swwets

また、「sweets&sweets」はデパートに出店しているので

買い求めやすいという利点がある反面、

1本売りしかしていないので、小家族向けではないという欠点も。

なかなか甲乙つけがたいところです。

個人的には「Piece of cake」の方がちょっと好きかなー。

お好みだと思います。

Dscn5234

「sweets&sweets」には、↑の紙皿やプラスティックのナイフも付き。

そういう点も便利です。(エコロジーに反していますが・・・)

Dscn5203

ショートケーキなどのケーキ類もなかなかおいしいそうです。

今度は勇気をだして、タロイモのロールケーキに浮気してみるかな。

にほんブログ村 海外生活ブログへ← 参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!

「sweets&swwets」

新光三越南西店、SOGO復興館などに出店しています。

| | コメント (22) | トラックバック (0)

SABATINIでランチ

(少し前のことですが・・・)

新しくオープンしたばかりのSOGO復興館11Fに出店した

イタリア料理「SABATINI」でランチしてきました~♪


「SABATINI」は100年の歴史をもつイタリアンレストラン。

日本にも何軒か出店していますが、台湾への出店はこれが初めて。

おいしいイタリアンが食べれるっ!?

と、オープンを心待ちにしていた在台日本人は少なくないはず。

ワタシもそんな1人。友人をさそって早速行って来ました。


「SABATINI」のランチは450元と650元の2種類。

450元の方は、前菜・パスタ・デザート・ドリンク、

650元の方は、前菜・パスタorピザ・肉or魚・デザート・ドリンクで、

パスタ、ピザ、肉、魚はそれぞれ2種類から選べます。

今日は、とりあえず450元の方にしときました。

(それでもやっぱり罪悪感を感じてしまうわ・・・)


まずは前菜。

Dscn0002

イタリアンハム、オムレツ、ナスのラタトゥイユなどの盛り合わせ。

思っていたより地味な見た目で、

正直言って「あれ?」って思ってしまったのですが、

食べてみればそれぞれちゃんとおいしかったです。


こちらはワタシが選んだパスタ。

Dscn0005

「自家製ソーセージ、生クリームで和えたペン型パスタ」

ペンネのゆで方が絶妙~!これぞアルデンテ!

なんですが、台湾のやわらかパスタになれてしまったのか、

正直言って、少しかたく感じてしまいました(笑)

濃厚生クリームのこってり目のソースが、

ペンネの穴によーく絡んで、とてもおいしかったです。


こちらは友人のパスタ。

Dscn0009

「スパゲッティ 菜園風」。

菜園風とあったので野菜たっぷりパスタを想像していたのですが、

トマトたっぷりのポモドーロでした。

もちろんとてもおいしいのですが、酸味がちょっと強めだったのと、

想像していたのと違っていたというので、少し残念。(by友人)

でもこの評価、「SABATINI」だからこそ、

期待も大きく評価も厳しくなっている、とご理解くださいマセ。

(100元のパスタにはこんなこと言いません!)

デザートは、

Dscn0010

ティラミスかと思いましたが、違いました。

コーヒー味のスポンジとクリームの組合せが甘すぎずいい感じ。

上にふわふわのメレンゲがたっぷり。焼色をつけてあります。

Dscn0012

こちらは、パンナコッタにフルーツソース。

Dscn0015

固まるか固まらないかぎりぎりの、やわらか~なパンナコッタ。

フルーツは多分洋梨だったと思います。(桃だったかも。)


夜のメニューは、現在は、950元、1350元、1700元の3種類。

開幕期間が過ぎたら、アラカルトメニューも始めるそう。

イタリアから持ってきたという窯で焼くピザにも興味あり。

ワインも500種類くらい準備されているそう。

今度は夜にゆっくりワイン片手にイタリアンを楽しみたいデス。

特別な夜にね!?

にほんブログ村 海外生活ブログへ ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!

「SABATINI」

住所:台北市忠孝東路三段300号 SOGO復興館11F

電話番号:02-8772-1237

| | コメント (24) | トラックバック (0)

北平都一處で巨大餃子

肩こり対策のためマクラを低くしたら、

鼻づまりで熟睡できなくなってしまった、鼻炎もちのけんこうです。

どっちをとるべきか・・・?


さて、最近忙しくて、ブログ更新がとどこおっています。

というか、取材(外食)自体があまりできておらず・・・。

少し前の話になってしまいますが、、

友人と一緒に「北平都一處」で巨大餃子を食べてきました~♪

Dscn5511

「北平」とは清時代の北京の呼び名で、

「北平都一處」という店名は、

「北平中のおいしいものが全て集まっている」という意味。

かなりの人気店らしく、ジャッキーチェンもこの店の常連なんだとか。


「塔連火焼(200元)」

Dscn5528

20センチ近くはあろうかというジャンボ焼き餃子。

もちもちとした厚めの皮はパリっと焼かれ、

中の餡はジューシーで肉汁があふれてきます。

とにかくボリュームがあり、食べ応えがあります。

どのくらい食べ応えがあるかというと、

餃子1本で350ml缶1本空けられそうなくらいです。

あっもちろんビールの、です。


「醤肉」(250元)&「焼餅」(30元)

Dscn5516

脂身の少ない豚もも肉を醤油ダレでじっくり煮込んだ「醤肉」を、

ごまの香りが芳ばしい「焼餅」にはさんでいただきます。

豚肉は油っぽさがばく、味付けも甘すぎず、

どちらかというと塩気の方がかつ味付け。

一般的な豚の角煮とは食感も味もぜんぜん違います。

Dscn5518

炭火で焼いたという「焼餅」は、ふかふか~という感じではなく、

思ったより重めで素朴な味わい。

他のお料理をはさんでいただいてもおいしいと思います。


正式な名前は忘れてしまいましたが、牛ダンゴ。

Dscn5522

塩コショウでいただきます。素朴な味です。

食べ切れなかったので打包して、

翌日、あんかけ風野菜炒めにいれていただきました。

酢豚の豚肉の替わりに使ってもおいしそうです。


全体的に飾らない味付けの北京料理で、

なんだか、逆に新鮮さを感じてしまいました。

ワタシたちが行った時は、日本人の客はワタシたちだけでしたが、

メニューには日本語もふってありました。



にほんブログ村 海外生活ブログへ ←参加しています。ワンクリックお願いします!!!

「北平都一虙」

住所:台北市仁愛路四段506号

電話番号:02-2729-7853、02-2720-6417

| | コメント (20) | トラックバック (0)

711の新企画とMOSのモーニング

昨日は、ココログがまたまたメンテナンスを行ったため、

コメントが入れられないなどご迷惑をおかけしました!


さて、ワタシ、別にセブンイレブンの広告塔ではないのですが・・・

またまた始まりました!77元お買い上げの方にプレゼントシリーズ。

今回は、スヌーピ~♪

Dscn0153

中身は、 こんな

Dscn0156

Dscn0160

D

Dscn0162

カード。

わかります?

Dscn0166

スリー

Dscn0168

ディー

Dscn0172

カード、です。

表には台湾の地方の名所が書かれていて、

裏に名刺サイズのカードが入れられるようになっています。

しかし、何に使うのか・・・?


Dscn0003_1

これ、香港の企業が中国で作って、

台湾のセブンイレブンが輸入したものらしい。

うーん、ビミョウな文章だ。

国際的には全て同じ国ってことになるのかもしれませんが、

台湾的には、中国、香港、台湾はちゃーんと区別されています。

有効期限10年というのもちょっと気になるなぁ。


話は変わって、モスバーガー。モーニングセットに初挑戦~♪

これ、いくらだと思います?

Dscn0006

コーヒーとカツサンドのセットで50元~。

昼間のセットに比べるとかなりお得だと思うんですがどうでしょう?

Dscn0007

たっぷりのキャベツにやわらかいカツがサンド。

パンはフレンチトースト風のトーストです。

Dscn0013

サンドイッチだけ買いに来る人が多いのか、

ハム、チキン、フィッシュ、トンカツサンドは、

あらかじめ作ってレジの横にたくさん準備されていました。

作りたてにこだわるモスにあるまじろ?

でも、味の方はなかなかおいしかったです。

カツはやわらか、量も適量~。


家にいると朝2度寝したり、昼寝したり、夕寝したりしてしまうので、

時間のある時は、モスバーガーでモーニング食べながら、

本読んだり、脳トレしたり、気が向いたら勉強するのもいいかなー。

にほんブログ村 海外生活ブログへ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!

| | コメント (26) | トラックバック (0)

泰亞南洋料理でランチ

台湾生活もはや1年半以上2年未満、

生活も食べる物もワンパターンになりがちで、

なんとなく行きづまっている感がある毎日ですが、

フンドシしめなおして、もっといろいろ食べなきゃね~。

中国語ももっとがんばらなくちゃ~.


と、そんなある日、

友人と一緒にタイ料理店の「泰亞南洋料理」でランチしました♪

Dscn5595

「泰亜南洋料理」は西華飯店の裏通りにあるお店。

こじんまりとした店がまえですが、

ランチ時などは近辺の上班族たちで大賑わい~。

この辺りはそんな知る人ぞ知る的なお店がたくさんあり、

通りを歩くと「ここ行ってみたい!」という店が目白押しなんです。

友人のオススメのタイ料理店でもあり、

いやが上にも期待が高まります。

久々においしいタイ料理がいただけそう!!!


この日は2人用のランチセットの中からAセットを。

まずは「雲南大薄片」。

Dscn5568

コリコリとした食感の豚肉(もしかして耳?)に、

香草、玉葱などがたっぷり入った酸味の強いソースをかけて

いただきまーす!お好みで香菜もトッピング。

体にいい系の味があまり好きでないワタシですが、

タイ料理やベトナム料理などは、野菜たっぷりなのに味わい深く、

自然に野菜をたくさん食べられるのが嬉しいです!


「椰汁炒鶏肉」。

Dscn5572

ココナッツミルクで煮込んだチキン。マイルド~♪

いろいろな味がまざった複雑な味わい。

Dscn5565

銀製の器にたっぷり入れてくれる白飯にかけていただくとGood!

本当に本当においしいんです!


「雲南醤茄香」。

Dscn5584

茄子と豚挽肉の炒めもの。

油なじみのいい茄子と豚肉は黄金の組合せや~!(彦麻呂風に)

これもご飯に合いますねー。

ご飯に合うものはビールにも合うって決まってます!


「清[火+敦]黄瓜湯」。

Dscn5590

しみじみと地味深い瓜のスープ。

やわらかく炊かれた瓜はやさしいお味。

あっさりとしているのに深い味わいです。


「タイ風ミルクティ」。

Dscn5569

2人用のセット以外にも、麺類などのランチメニューもあるようです。

お店の方も親切で、とても気持ちよくランチできました~♪


にほんブログ村 海外生活ブログへ ←参加しています。なにとぞポチッとワンクリックを!!!

「THAI FOOD 泰亜南洋料理」

住所:台北市復興北路313巷47号

電話番号:02-8712-7788

| | コメント (12) | トラックバック (0)

玄海でちょっと一杯

昨年のことですが、

友人とダンさんと3人で「寿司居酒屋 玄海」に行って来ました♪

玄海は、台湾初の回転寿司屋+居酒屋の複合店(らしい)

お寿司だけでなくお酒に合うメニューもあるとくれば、

こりゃあワタシのためにある店!?ってなワケです。

もちろんお寿司だけを楽しむ事もできますよー。

HPで確認したところ、

「日本の北から南の豊富なご当地料理を、旬の食材を使い、

お客様に四季を感じていただけるよう提供しています。

1つだけ申し訳ないことは、玄海では頑なに日本の味にこだわって

いるため、台湾人の好みに合うよう味を変えておりません。

当然、使用している多くの食材は日本から空輸しています。」

とのこと。なんだかすごい謳い文句だな・・・。


さて、前置きはこのくらいにして、何を食べたかというと、

まずは、「生しらすの軍艦巻き」。

Dscn5668

生しらすを台湾で食べられるなんて感激!

たっぷりのシラス、なかなか新鮮です、

シャリの味つけも違和感なし。

聞いたところによると、軍艦巻きに醤油をつけるときは、

醤油をつけたガリを刷毛がわりにしてつけるのがイキらしい。


我最愛的寿司、「うにの軍艦巻き」。

Dscn5669

濃厚なウニ、うまい!!!

あぁ、ウニだけでもいい~♡


続いて友人の好物、「しめ鯖」。

Dscn5671

あまりしめ鯖って感じではないかも。

でもなかなかおいしかったです。


そして、「ネギトロ軍艦」。

Dscn5681

こちらのネギトロは、ねぎ&トロ&山芋。

ある意味ネギトロ。ネギトロロ。

おいしいですが、別々でもいいかな?って気も。

でも山芋が大好きなのでGood!


最後に、「煮あなご」。

Dscn5673

とろっとろの煮アナゴ。

焼きをイメージしていたので、最初アレ?って思いましたが、

口に入れるとほろほろとくずれるほどやわらかい煮あなご、

なんとも言えずおいしいです!


続いて居酒屋メニュー。

こちらはホタテとキノコのバターソテー。

Dscn5675

衣をかぶったホタテがたっぷり。

キノコとバターってなんでこんなに合うんでしょう!

そしてビールにも合うのです。罪なヤツですなー。


食べかけの「だし巻き卵」。

Dscn5676

半分以上食べてしまってからパシャっ!

ダンさんの定番メニュ~♪


そして「もずく酢」。

Dscn5678

酸っぱいもの嫌いのダンさんが、なぜか独り占めしてたので、

味は不明です。


感想としては、全体的に「日本味」でおいしかったです。

お店の場所が、南京東路×松江路ということで、

近辺の日本人サラリーマンがターゲットなのかも。

お値段の方も、きちんとした金額は忘れてしまったのですが、

↑の料理&ビール2本で1500元くらいだったと思います。

林森の和食居酒屋に比べるとかなり安価。

個人的になかなか気にいったので、きっとまた行くと思います。


にほんブログ村 海外生活ブログへ ←参加しています。なにとぞポチッとワンクリックを!!!

「寿司居酒屋 玄海」

住所:台北市南京東路二段97号

電話番号:02-2581-5252

| | コメント (20) | トラックバック (0)

春水堂でタピオカドリンク

かなーり前のことですが、友人と一緒に「春水堂」へ~♪

ふと考えてみれば、超~有名な店なのに、この時が初めて。

逆に、同行の友人は春水堂フリークということで、

オーダーなどいろいろおまかせしちゃいました。


春水堂は、ご存知、珍珠[女+乃]茶(タピオカミルクティ)発祥のお店。

大きなタピオカがたっぷり入ったミルクティは、

今や、台湾だけではなく、日本や他の国でも大人気。

太いストローを吸うと、あまーいミルクティと一緒に、

タピオカがぶぶぶぶぶぶぶと入ってくるのが快感!ですよね~。

普段は加糖ドリンクをいっさい飲まないワタシですが、

タピオカミルクティだけはOK!

以前、迪化街で半生タイプのタピオカを買ってきて、

家で作ってみたことがあるのですが、

お砂糖控えめは全然おいしくありませんでした。

濃い目の紅茶にたっぷりのお砂糖とミルク、これが基本です。


さて、そんな春水堂でこの日オーダーしたのは、

タピオカミルクティではなく、観音[女+乃]茶withタピオカ。

_1_18

春水堂初心者のワタシは当然知らなかったのですが、

春水堂では、注文したい飲み物にタピオカが入っていない時は、

+15元でタピオカ入りにしてくれるそう。

↑のドリンクは友人お気に入りの組合せ。

紅茶にはない、ほんのりやさしい鉄観音茶の香りがGood!

こちらは、胚芽[女+乃]茶。

_3_13

胚芽のツブツブした感じが、クセになります。

↑のタピオカを少し入れてみましたが、こちらもおいしい!

ふむふむ、既存のものにこだわらず、

自分好みの物をさがせばいいのだなぁ。


夕ご飯時だったので、麺もいただきました。

Photo_24

あまりにも前のことで、麺の名前を失念してしまいましたが、

多分↑がジャージャー麺、↓は豚肉と葱の乾麺です。

_2_15 

どちらもなかなかおいしかったです。

けっこう遅くまで(確か24:00まで)営業しているので、

お食事に使うのもいいかもー。


日本人だと分かると日本語メニューを渡してくれますが、

日本語メニューには全ての商品が載っていないので、

中国語メニューももらって見比べながらオーダーするのが

いいかもしれません。価格はもちろん同じです。


また、こちらのオーダー方法は、

一度座ってメニューを見て、オーダー票に書き込んでから、

レジに行って先にお金を払うスタイルです。

オーダーしたものは座席までもって来てもらえます。


にほんブログ村 海外生活ブログへ ←参加しています。なにとぞご協力を!!!ポチッと。

「春水堂」

住所:台北市南京東路一段29号

電話番号:02-2521-3359

3

| | コメント (18) | トラックバック (0)

MOSで期間限定「千貝珍珠堡」

今や台湾に100店舗以上ある「MOS BURGER 摩斯漢堡」。

そこそこウマイものを食べたいんだけど、

そんなお金もないしー

かと言って小吃を食べに行く気力もなく、

でも家で冷凍チンご飯とかカップ麺はちょっとねー

って言う時、時々お世話になってます。

時々っていうか、けっこうちょくちょく。

100元ちょっとで「ほっとできる」ってのが、いい感じなんです。

日本のモスバーガーは、ちょっと不便な所にある、

どこかの店が撤退した跡地を安く買って(借りて)、

店舗を出すっていうのが経営方針(?)らしく、

すなわち駅前にはあまりないワケで、

日本にいるときはあまり食べる機会がなかったのですが、

台湾ではバンバン便利な所(デパートの中とか)にあるので、

使い勝手もかなりいいのです。


そんなワケで、今年初モスは、

Dscn0011

の、

Dscn0014

「千貝珍珠堡(ホタテ貝柱ライスバーガー)」、単品価格90元。

90元ってまあけっこう高いんですけど、やっぱりおいしかったー♪

いい感じに焼かれたライスでできたバーガー部分はサクモチ~、

貝柱がぎっしりつまったかきあげはボリュームたっぷり、

天つゆみたいな味のソースとのりが1枚、

まるでかきあげ丼みたいなお味です。

2個買って丼にいれてかっこみたいっ!!!


ついでなので、今まで撮りためたモスメニューをまとめてご紹介~♪

「海洋珍珠堡(70元)」、これもおいしかったなー。

__12

ライスバーガーは10元プラスで有機米のものにできます。


「摩斯吉士漢堡(70元)」、ダンさんのお気に入り~。

Dscn0004

バーガーがとじきってないあたりがいい感じ。

味は、「原味(オリジナル)」と「辣味(スパイシー)」から選べます。


「辣味吉利熱狗堡(65元)」、こちらもダンさんのお気に入り。

Dscn0008

「熱狗」とは「ホットドッグ」のこと・・・。ベタやなぁ。


「摩斯鱈魚堡(65元)」、たまに食べたくなる味。

__11

できたてサクサクのフィッシュフライにたっぷりたるたる。


バーガー類は+50元でAセット(ポテト&ドリンク付)にできます。

_1_41

あげたてサクサクのちょっとスパイシーな味付けのポテト。

コレを食べるとビールを飲みたくなるのは仕方がないというもんだ。

にほんブログ村 海外生活ブログへ ←健闘しています。ワンクリックお願いっ!!!


「MOS BURGER 摩斯漢堡」

http://www.mos.com.tw/

| | コメント (22) | トラックバック (1)

鼎泰豊で外帯ランチ

SOGO復興店の続きです。

お昼時に友人宅へおじゃまするということで、

「なんか食べられるもの買って行くよー」

と、「鼎泰豊」で小籠包を外帯(テイクアウト)♪

Dscn5847

平日の11時過ぎということでまだそんなに混雑もしておらず、

永康街の本店に比べるともしかして穴場かも!?

在台者のクセに鼎泰豊~?って思われるかもしれませんが、

皮の薄さと、肉汁の多さはやはりピカ一だと思うんですよ。

それに、お土産に適した店が他になかったの・・・。


テイクアウト用の箱、なかなかオシャレですよね~。

「鼎」、「泰」、「豊」ですねー。

Dscn5858

アレ?「鼎」、「泰」、「鼎」だ・・・。


小籠包と、

Dscn5859

野菜蒸餃子と、

Dscn5862

卵チャーハンで、

Dscn5864

290元でした。

開店プレゼントで、ウーロン茶葉をくれました。


Dscn0003

味の方は、外帯したので冷めてしまっていたのですが、

それでも破れない薄皮はさすが鼎泰豊。

それなりにおいしくいただくことができました♪

Dscn5848

いつか自分でも作ってみたいなぁ。


にほんブログ村 海外生活ブログへ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!

| | コメント (16) | トラックバック (0)

新SOGOでスフレ

昨年末にようやくオープンしたSOGO復興店に行って来ました♪

正式オープンは昨日1月5日ということで、台湾新幹線と同じ。

わざとオープンを遅らせて、台湾新幹線のオープンと合わせたの?

なーんちゃってー。


さて、これが新しいSOGO。通称、緑SOGO~♪

Dscn5839

場所は、忠孝東路と復興南路の交差点、

MRT忠孝復興駅に直結してるのが便利です。

Dscn5846

食系テナントとしては、鼎泰豊の3号店が入っているほか、

イタリアンのSABATINI、和食のえん、ロシア料理のSALT&BLEAD、

上海料理の點水樓など、気になる店もちらほら。


地下3階には、「C!TY' SUPER」が入っているのも、ポイント高し。

お値段は高いけど、「見ているだけで幸せ~♪」な品揃え。

余談ですが、最近、台湾で流れている「松青超市」のCMで、

日本人太太らしき人が、台湾のCMなのになぜか日本語で、

「わぁ!日本のものがいっぱーい!見ているだけで幸せ~♪」

って言ってますねー。あの太太の気持ち分かります!


さて、この日買ったのは、友人宅へのお土産、

「SAISON 四季」のスフレケーキを買いました♪

Dscn5856

スフレだけで10種類。1個65元です。

この日買ったのは、チョコレート、紅茶、マンゴー、キャラメル味。

Dscn5866

こちらが紅茶味。

スフレの下にはクリームブリュレが隠れています。

Dscn5868

スフレ部分はふんわりというよりはしっとり。

紅茶の香りがぷーんとして、甘さも控えめでいい感じです。

ブリュレ部分も、なめらかでバニラの香りがGood!

こちらはチョコレート味。

Dscn5872

甘さ控えめで、ちょっぴりビターなチョコレートスフレ。

どちらもおいしゅうございました~♪

友人曰く「台湾のケーキはどれを食べてもおいしくなった!」

確かに、最近おいしいケーキ屋さんがどんどん増えていて、

デパートなどでテキトーに選んでも、ほとんどハズレなし!

ありがたいことです~。


鼎泰豊がある地下2階はフードコートになっており、

櫻えびがたっぷりのったチャーハンが食べられる「大鵬灣膳坊」、

おいしいタンタン麺の店「熱烈一番拉麺」などがあります。

地下3階には、C!TY SUPERの他に、

LITTLE MERMAID BAKERY、チョコレートのROYCE、

いわしはんぺんの静岡さすぼし蒲鉾、青森手焼きせんべい、

芦屋シュークリームのTakatoraなど、日本人好みの店がいっぱい。

日本米が20種類以上ある米屋、日本酒の種類が豊富な酒屋も。


余談2ですが、シティスーパーって、C!TY SUPERなんですね~。


にほんブログ村 海外生活ブログへ←参加しています。ワンクリックお願いしまーす!!!

| | コメント (28) | トラックバック (0)

洪師父で牛肉麺

2007年台湾フード初めは、

「洪師父麺食棧」の紅焼花腱牛肉麺をいただきました~♪

湯麺はアツアツが命!なのですが、

お店で食べるほどやる気がなかったので、邪道ですがテイクアウトで。

新年早々なんなんですが、やらなきゃ!という気持ちと、

やる気が一致してないというか、空回りぎみというか~。

まぁ、簡単に言うと凹み気味です。理由はなし。

おっと、本題に戻ります。

これが「洪師父麺食棧」のお店。

Dscn5879

建国北路と長春路の交差点附近にあります。

噂によると、「洪師父麺食棧」は、2006年の牛肉麺節の際、

インターネット投票では「老董牛肉細麺店」と並びトップだったのに、

その後の専門家による審査で、上位からふるい落とされてしまった

といういわくつきのお店らしい。

個人的には、老董の牛肉麺は???だと思っているので、

専門家の評価の方が不正なんじゃないの?なーんてね。

そんなワケで、「紅燒花腱牛肉麺(110元)」。

麺は、家常麺、細麺、細粉、陽春麺の4種類から選べます。

今日は家常麺。

Dscn5883

レイクアウトの場合、スープと麺が別々にビニール袋に入れられ、

食べる時に自分で紙どんぶりにセットします。

スープはどんぶりに入りきらないくらい入れてくれるので、

お店で食べるよりもある意味お得~。

麺は太めでコシがあり、おばあちゃんがコネコネしたうどんみたい。

家常麺を選んで正解!ですね~。

スープは、スパイスと大蒜の香りがほどよく、

牛肉の味がガツーンとくる、コクのある味わい。

でも塩分はキツクないのが、台湾のスープのすごいところ。

油分が少なく、コクがあるのにアッサリ。とてもおいしいです♪

テイクアウトでこんなにおいしいんだから、

できたてアツアツをお店で食べてたらもっとおいしかっただろうなぁ。

と、賢明な皆様は先の写真で気付かれてました?

ワタシも写真を撮っているあたりから違和感を感じていたのですが、

牛肉麺なのに牛肉がない!?!?

Dscn5889

テイクアウトだから忘れられちゃった?

「紅燒花腱牛肉麺」なのに牛肉はないとか?

ネットで調べると、「紅燒花腱牛肉麺」はまちがいなく牛肉あり。

やっぱり忘れられたんだ!ありえなーい!しんじられなーい!

麺とスープはおいしかったけど、牛肉忘れるなんてひどい!

おいしかったのに残念だなぁ・・・。

と、紙どんぶりを片付けようとキッチンに行ってみると、

な、な、なーんと、ビニール袋のスープの底に、

牛肉がしずんでました・・・。大きいのが4個も・・・。

Dscn5895

忘れたのも、信じられないのも、ありえないのも

ワタシだったってワケね・・・。はぁぁぁ。

気を取り直して、牛肉のお味ですが、

厚みのある大きな牛肉が4個、

やわらかいのに、ほどよい噛みごたえで、Good!

個人的な意見ですが、スープ・麺・牛肉ともに、

老董よりもおいしいと思いました。

薄めのスープ、コシのない麺が好きな人は、

老董の方が好みかもしれませんが。

今度はお店の方で、できたてアツアツを、

牛肉がのった状態でいただきたいと思います・・・。

絶品と噂の「葱焼包」も食べてみたいなぁ。

にほんブログ村 海外生活ブログへ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!

「洪師父麺食棧」

住所:台北市建国北路二段72号

電話番号:02-2500-6850

| | コメント (16) | トラックバック (0)

Mr.BrownでニンテンドーDS

Happy New Year~♪ な気分だったのも元日だけ。

2日からは普通に仕事に行ったり(ダンさん)、

学校に行ったり(けんこう)しています。

朝からにぎやかに放送されている日本のお正月番組が

ちょっぴり悲しい・・・。

箱根駅伝、只今7区。順天堂大学が1位で通過~。


さてさて、そんなけんこうの今年最初のおでかけ。

「Mr.Brown 伯朗珈琲」でひとりランチしてきました~♪

語尾に「♪」をつけてみたけど、「ひとりランチ」って響きが

なんだか物悲しいわね・・・。

Mr.Brownは、台湾発のコーヒーチェーン店。

スターバックスやDante Coffeeに押され気味の感がありますが、

テーブルや椅子がゆったり、店内の雰囲気もいい感じなので、

根強いファンも多いよう。

無料無線LANが使用できるので、PCを開く人の姿もちらほら。

台湾では、「無料」の無線LAN環境のコーヒーショップは

実は意外に少ないので、そういう意味では貴重な店。

(※スタバ、ダンテ、マクドナルドは有料です。)


Mr.Brownでは、フード系を注文するとこんなものが渡されます。

Dscn5818

できあがると、激しくバイブレーション~。

システマティックで、中国語が分からない外国人には便利ですが、

その激しいゆれが、「はよ、とりにこい!」と言っているみたいで

ちょっぴりプレッシャー。「い、急いで取りにいかなきゃ!」

Dscn5822

チーズとハム(チキンだったかも?)のフレンチサンドとコーヒー。

お味の方もまあまあです。


さて、本日の主目的はフレンチサンドを食べることではなく、

無料無線LANを使えるMr.Brownで、これ↓を試すため~♪

Dscn5831

この「ニンテンドーDS.Lite」と「ブラウザー」、無線LAN環境があれば、

どこでも気軽にインターネットが楽しめる!というフレコミ。

「コレさえあればどこでもブログができるよ!」とダンさんにっこり♪

えっ?出先でブログ?

ワタシ、そこまでやる気あるブロガーじゃないんですけど・・・。

でもまあ、だまされた(?)つもりで試してみると、

Dscn5827

おぉ!「つれづれ」だ~。

Dscn5828

意外に速度もあるし、書き込みもできるし。

へぇぇぇ~、確かに便利かも。っていうかおもしろ~。

コーヒーショップでのんびり宿題したり、読書するのが好きなので、

こいつも持ってって、今度はブログ更新してみようかなーっと。

しばらくはMr.Brownひいきになりそうです。

コーヒーチケット買おうかなぁ。


にほんブログ村 海外生活ブログへ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!

| | コメント (22) | トラックバック (1)

痛恨のブログ初め

あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしお願いいたします。


さて、みなさまはどのような年越しをされましたでしょうか?

我が家は、101のカウントダウン花火を見ようと、

マンションの屋上に上って、その瞬間を待っていました。

新年を迎えたら乾杯しようと、ビール片手にスタンバイ♪

うーん、ワタシってば準備がいーい!

なんて思っていましたが、ファイヤ~寸前に気付きました。

な、なんと、カメラ持ってくるの忘れた~~!!!!!

台湾在住ブロガーとして・・・あぁ・・・ブロガーとして・・・・あぁ~~

5    4    3    2    1  (無情のカウントダウン)

Dscn5788

ファイヤ~~新年快楽~~101大爆発~~!

(TVBSさんのテレビ画像から拝借させていただきました・・・)

と、ブロガーとしては最悪の年越しになってしまいましたが、

今年も頑張って更新していきますので、よろしくお願いいたします♪


しかし、屋上からビール片手に360℃眺めていると、

101の他にも、誠品書店、台北ドームなどの花火も見られ、

なかなかすばらしかったですよ~。

街中であげられていた小規模な花火は個人的なもの?

アレは許可とってんでしょうか・・・?

にほんブログ村 海外生活ブログへ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!

Dscn5817

今年も飲むぞぅ!!!

| | コメント (32) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »