« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

JOLLY BREWERY+RESTAURATで地ビール

いよいよ年の瀬もおしせまってきましたね~。

台湾では旧暦でお正月をお祝いするため、

あまりお正月といった雰囲気ではないのですが、

明日からの3連休(たったの・・・)、

日本人として(けんこうとして?)は酒ざんまいで過ごす予定♪

お節料理もねー、酒に合いそうなものだけ作るのさー。


さて、少し前のことですが、日本交流協会のすぐ近くにある

「JOLLY BREWERY+RESTAURAT」で地ビールを飲んできました♪

Dscn5560

JOLLYのビールは麦だけで作られた純粋なビール。

いただけるのは、「Pale Ale」、「Stout」、「Weizen」、「Pilsener」、

「Vienna」、「Scotch Ale」の6種類で、どれも、S(250ml)90元、

M(400ml)130元、L(600ml)190元、LL(750ml)230元です。

いろいろなビールを少しずつ試したいという欲張りな人のために、

「JOLLY Beer Set」という、4種類のビールを100mlずついただける

お得なセットもあります。それがこれ↓130元。

Dscn5554_1

4種類が何なのかは、聞き取れなかったのでわかりません・・・。

1番黒いのが「Stout」だということは間違いないと思いますが。

オーダーの際に4種類、自分で選ぶこともできるようです。

お味の方は、さすが無添加の地ビール。フルーティ~。

どれも小麦の味がガツンとくるのに、でもフレッシュ。

やっぱりおいしいですね~~♪

さっぱりとした台湾ビールの味に慣れてしまっているので、

すごく濃く感じました。ビール好きの方にはオススメです!

ビールを使ったカクテルなども豊富です。

Dscn5551

この日は、中華をたらふく食べた後だったのでビールだけ、

お料理は何もいただかなかったのですが、

おいしいタイ料理もいただけるそうなので、

次回はタイ料理&地ビールを楽しみたいと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログへ ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!

「JOLLY BREWERY+RESTAURAT」

住所:台北市慶城街29号

電話番号:02-8712-9098

| | コメント (18) | トラックバック (0)

関東煮軽食堂

12月26日の夜、台湾南部で大きな地震がありました。

ご心配コメント等いただき、ありがとうございました!

南部では家具の下敷きになりなくなられた方や、

負傷者も多くでているようです・・・。

幸いにもワタシの住む台北には大きな被害はありませんでしたが、

マンションの耐震強度に不安が・・・。

震度2とは思えないほどゆれ、ミシミシキシキシという不吉な音、

そして壁の粉?かけら?みたいな物が一部落ちました。

このうち、大丈夫なのかなぁ・・・。


こんなときに不謹慎ですが・・・

「関東煮軽食堂」でおでんランチをしてきました。

関東煮とは、ごぞんじ、おでんのことです。

Dscn5734

このお店、もともとは敦化南路の誠品書店前のおでん屋台で、

好評につき、ついに店舗をもつことになったのだとか。


ランチのセットは、お好みのおでんを5種類、茶碗むし、小鉢、

うどんかご飯、デザートのしるこ(180元)。

おでんだねはかなり豊富です。

Dscn5742

日本語が話せる店員さんもいて、

ワタシたちが日本人だとわかると、

日本語で一所懸命にネタの説明してくれました~♪

とてもいい感じです。

こちらはワタシのセット。

Dscn5749

おでんは、大根、玉葱ばくだん、えび天、ロールキャベツ、

かにえびいかだんごをチョイス。

Dscn5752

そしてうどん。

うどんの汁はおでんの汁。なんだかおもしろい~

Dscn5751

お店の方から「日本人にはちょっと味が薄く感じられるかも・・・。

台湾では薄味ブームで塩気が濃いのが好まれないので・・・。」

と申し訳なさそうに言われてしまいましたが、

確かにちょっと薄めですが、よく煮えていておいしかったですよ~!

オススメの玉葱ばくだんは、大きめのおダンゴの中に、

刻み玉葱がしゃきしゃきでおもしろい組合せでした。

こちらは友人の。

Dscn5753

ハンペン、がんもどき、大根、いか捲き、だんご。

ご飯にはおでんの汁がかかってて、スープ茶漬け風。

3連だんごの中身は、明太子やかにの卵など。こんな感じ!

Dscn5762

食後のデザートのおしるこは、まぁ、まあまあ。

Dscn5765

店内には、こんなシブイバーカウンターもあり、

ビール、日本酒、焼酎、泡盛などもありました。

あ、昼なんで飲んでませんからねっ!

(ダンさん、ブログみてますから・・・)

Dscn5739

もちろん夜も営業していて、平日24時まで、週末深夜2時まで。

単品価格だと、おでんだねは30元か60元、全部で40種類くらい。

(毎日全部あるワケではないようです)

泡盛の「び 美」がボトルで1280元と、

五木大学に比べるとなんて良心的なんだ!!!

そんなワケで今度は夜に出没予定~。もち飲みまっせー。

にほんブログ村 海外生活ブログへ ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!

「關東煮輕食堂」

住所:台北市忠孝東路四段216巷27弄11号

電話番号:02-2778-8019

| | コメント (16) | トラックバック (0)

糖朝でランチセット

メリークリスマス♪♪♪

週末3連ちゃんで飲み過ぎてしまったので、

クリスマス本番は酒なしケーキなしで過ごしているけんこうです~。


さて、先週のことですが、微風広場に新しくできた「糖朝」に

友人と一緒にランチに行ってきました♪

Dscn5599

「糖朝」と言えば、言わずと知れた香港の名店。

日本にも高島屋を中心に出店してますよね~。

台湾では、忠孝店に続き、この微風店が第2号店。

昨年オープンしてあっという間にクローズしてしまった店には

行ったことがあるのですが、その時はあたりが悪かったのか、

サービスがいまいち良くなかったように記憶していて、

「糖朝」に行くのはこの日が2度目。

結論から言うと、微風店のサービスはすごく感じがよかったです。

もちろん言うまでもなく味はGood!


この日いただいたのは、ご飯ものと糖水のランチセット220元。

あんかけご飯、炒飯など10種類のご飯ものの中から1つ、

豆花、杏仁しるこ、胡麻しるこなど10種類のデザートの中から1つ、

選ぶことができます。

こちらはワタシが選んだ「揚州炒飯」。

Dscn5633

ちゃんとした店で炒飯を食べたのは久しぶりでしたが、

パラリとしたご飯、プリプリの海老、上品な味付け、

本当においしいな~~♪

こちらは友人が選んだ「滑蛋蝦仁飯」。

Dscn5630

卵と海老のあんかけチャーハンです。

大きくプリプリな海老がごろごろたくさんで、

海老好きにはたまらんばい~~♡

あっさりしてるのに、絶妙の塩梅で、これはマジうまい!

糖朝の名はダテではないのだなぁ、と感心しきり。


こちらはワタシが選んだ糖水、「純正鮮杏仁露」。

Dscn5636

糖水とは、食後にいただくデザートスープのことで、

中国伝統の食習慣。油っぽい中華料理をいただいた後の糖水は、

胃腸がほっと落ち着くのだとか。

糖水というだけあって、中におもちなどは入っておらず、

「純正鮮杏仁露」の名の通り、温かい杏仁ミルクそのまま。

甘みは強くなく、たしかにほっと落ち着く味です。なるほどね~

こちらは友人の糖水、「手生磨胡麻糊」。

Dscn5642

こちらももちなどは入っておらず、胡麻しるこオンリー。

甘みはやはり強くないのですが、

しるこだけこれだけたくさん飲むのは日本人にはきついかな。


せっかく糖朝に来たので、ご飯ものだけってワケにはね~

ということで、海老蒸し餃子と春巻もいただきました♪

Dscn5628

どちらも本当においしゅうございました。

とにかく海老がプリプリで~~♪

Dscn5629

先にも書きましたが、店員さんたちのサービスも本当によく、

気持ちよくランチできました。

ランチは平日の11時半~17時。

場所も便利だし、また行こうっと!

にほんブログ村 海外生活ブログへ ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!

「糖朝」

住所:微風広場GF

電話番号:02-8772-0970

| | コメント (24) | トラックバック (1)

BALSAMO D'OROのケーキセット

メリークリスマスイブ!

ですが、お酒の量がいつもよりちょっとだけ多いのをのぞけば、

いつもどおり、の~んびり週末の我が家。

さて、今夜はなにを飲もうかなっと。


ということで、クリスマスだけど多分ケーキは食べないので、

かなり前に行ったケーキ屋さん「BALSAMO D'ORO」を紹介して

ケーキ食べたつもりになっちゃおう、と。

_9_7

最近、台北にはぞくぞくとおいしいケーキ屋さんができていますが、

「BALSAMO D'ORO」は、オープンしてすでに6~7年、

公園に面した静かな住宅街にあります。

そんなに目立つ作りではないのですが、お店の中はほぼ満席。

お客さんたちは、PCを開いたり、本を読んだり、

思い思いの時間をのんびりと過ごしているよう。


お店のウリはチーズケーキとアップルパイ。

チーズケーキはスタンダードなニューヨークチーズケーキの他に、

ブルーベリー、キャラメルクルミ、ラムレーズンなど10種類ほど。

ドリンクとセットで145元です。

_7_13

たくさんあるチーズケーキの中から、

なぜか「栗子蛋黄起司」を選んでしまったワタシ。

栗子=マロン、蛋黄=卵の黄身ということで、

_5_17

なんだか中華菓子みたいなチーズケーキ。

チーズケーキ自体はとてもおいしいので、

スタンダードなものを選んでおけばよかったなぁ、と後悔。

次回はラムレーズンチーズケーキが食べたいなぁ。

_4_26

こちらは友人のアップルパイ。

_8_7

サクサクの生地に自然な甘みのリンゴ。

とてもやさしい味で、チーズケーキよりこちらの方がオススメ!

今の季節ならあたたかい紅茶と一緒にのーんびりいただきたい。

ドリンクとセットで155元。

_6_16

さーて、ケーキも食べた(つもりだ)し、

そろそろお酒の準備しなきゃね~!


にほんブログ村 海外生活ブログへ ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!

「BALSAMO D'ORO 孚羅起司蛋糕」

住所:台北市龍江路281巷21号

電話番号:02-2503-8456

 

| | コメント (22) | トラックバック (0)

○黄のガンでほっかほか

台湾を南国だと思ってる方、間違いですよ~。

台湾の冬はけっこう寒いんです。

湿度が高いためかじっとりとした寒さ。さ、さぶい。

しかも一般的な賃貸マンションは床がタイルで、

暖房器具もついていないので、そりゃあもう冷え冷え~。

昨年は毛布をかぶって耐えきったのですが、もう耐えられん!!!

ってことで、本日我が家に暖房器具がやってきました~~♪

あたたかいよぅ。ラブ・温風~♡

これはますます出不精の予感・・・。ま、冬眠ってことで。


そんなワケで、もないけど、少し前に食べた○黄のガン。

ガン=[火+庚]は、寒い時にぴったり!なんですよ~。

とろりとしたスープがいつまでもアツアツハフハフ♪

こちらはkiyoさんの肉[火+庚]飯。たしか40元。

_1_40

簡単に言うと、雑炊?おじや?みたいなものなのですが、

お肉もたっぷり、スープもいいお味なので、

意外にボリュームを感じることができます。

ご飯ではなく、麺やビーフンを入れることもできます。

こちらはワタシが食べた花枝肉[火+庚]。多分45元。

_2_32

いかのすりみだんごがたっぷりぷりぷり。

タケノコや卵なども入っていました。

お肉のガンとはまた風味が違って、コチラの方があっさり。

海鮮が大好きなので、あればいかの方を食べたくなってしまいます。

エビのもあるはずなんですが、見たことないなぁ。

こちらは[湯+火]青菜。

__10

台湾の小吃店になら、だいたいあるこのゆで青菜。

何かと油を多用しがちな中華料理の中にあって、

さっぱりと野菜をたくさん食べられるのでオススメ!

あぁ、ガンの味を思いだすだけで体がポカポカ~。

うそ、暖房がついてるからでーす☆


にほんブログ村 海外生活ブログへ ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!


「○黄」

住所:台北市雙城街15号-12 の近く

電話番号:不明

| | コメント (16) | トラックバック (1)

JUST Pastaでチーズハンバーグ

Taipei Walkerで紹介されていたパスタと洋食の店「JUST Pasta」に、

友人を誘って行って来ました♪

忠孝東路から大安路に入ってすぐ左手にあります。

中山店に続き、10月6日にオープンしたばかりの2号店です。

雑誌によると、「秘訣就在麺條Q實弾牙不柔燗」、

すなわち「秘訣は、麺がアルデンテなこと」らしい。

期待していいのか!?


オーダーしたのは、チーズハンバーグのセットと、

マッシュルームクリームソーススパゲッティのセット。

セットには、スープ、パン、ドリンクがつきます。

Dscn5250

セットのスープはポタージュスープ。

なかなかおいしいスープでした。ななめの器もかわいい!

Dscn5255

パンはガーリックトースト。

ワインでも飲みたくなっちゃうなぁ。

Dscn5259

チーズハンバーグにはご飯とフライドポテトが。

ソースはカレー、トマト、ホワイトソースから選べます。

単品で180元、セットなら210元です。

味の方は、いい意味で普通においしいハンバーグです!

お肉もしっかりとしているし、ソースもいいお味です。

これで180元ならOK~。

ハンバーグ好きのダンさんを今度連れてきてあげようっと!

Dscn5262

問題はマッシュルームクリームソーススパゲッティ・・・。

少なくとも、「麺條Q實弾牙不柔燗」ではなかったです。

単品で135元、セットなら195元という価格から考えると、

ワタシ的には、アウトとセーフの境といったところか?

というワケで、雑誌記事は信用しすぎるな、ということで☆

スパゲッティは不快な深いな。

にほんブログ村 海外生活ブログへ ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!

「JUST Pasta 大安店」

住所:台北市大安路一段83巷2号

電話番号:02-8772-5667

☆中山の新光三越の裏に中山店あり。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

蘿蔔園健康麺食館

毎日雨。なのに傘を忘れて毎日濡れてしまう~。

濡れた体で冷房(空調?)の効いたバス、寒いです・・・。


少し前ですが、友人宅で外帯ランチ!

確かこの日も雨だった~。

大根の葉っぱを練りこんだ麺の「蘿蔔園健康麺食館」。

蘿蔔とは中国語で大根のこと。

ちなみに紅蘿蔔とは人参のこと。

Dscn5465

ランチのはずなのに写真が暗いのは、帰りに撮ったから。

さんざんしゃべった後なので、外は真っ暗~。

なのに、いつもしゃべり足りない的感覚なのは、

ワタシがおしゃべりすぎるから?

「麻醤麺 35元」

Dscn5433

大根の葉っぱの麺の上にたっぷりのもやしとネギ。

麻醤(=ゴマダレ)がいい感じにコクがあって、

でもたっぷり野菜であっさり。定番だけどやっぱりおいしい~♪

大根麺は特に青臭い感じもなく、でも栄養価は高いのでGood!

「酢醤麺 35元」

Dscn5435

麻醤麺と見た目変わんないじゃん、の酢醤麺。

初めて食べました。というか、初めて「酢醤麺」の文字を見ました。

豆干や肉を甘辛く煮詰めたタレがかかっています。

これまたたっぷりのもやしとネギがトッピング。

「酢」の味は感じないのですが、豆干などの具がある分、

麻醤麺よりちょっとお得な感じ。

「紅油鮮蝦抄手 55元」

Dscn5438

四川の定番小吃「抄手」とはワンタンのこと。これはエビワンタン。

ワンタンの中にエビが丸ごと1個でちょっと贅沢感。

ピリカラのラー油ベースのソースでいただきます。

やっぱりもやしとネギがたっぷり。

あまり辛くなかったので、辛いのが好きな人は、

ラー油を多目に入れてもらったほうがいいかも。

「招牌ワンタン湯 50元」

Dscn5441

あっさりスープの中にぷりぷりに大きなワンタンが4~5個。

具は岩のりと小白菜がたっぷり。

岩のりのいい香りがぷ~ん。コレ、家でも応用できそう!

中華のスープってなんでこんなにおいしいんでしょう~。

あっさりしてるのに滋味深い。身も心もほっとする味♪

Dscn5463

お店は、晴光市場近く、雙城街にあります。○黄の2軒隣。

昼も夜も大勢の人で賑わっていました。


にほんブログ村 海外生活ブログへ ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!

「蘿蔔園健康麺食館」

住所:台北市雙城街15号-12

電話番号:02-2592-5338

| | コメント (14) | トラックバック (1)

「大統領のクリスマスツリー」 鷺沢萌

もうすぐクリスマス。

クリスマスの季節になると、なんとなく読み返したくなる本、

それが、鷺沢萌さんの「大統領のクリスマスツリー」。

この10年、何度も引越しを繰り返し、

しかも今は台湾に住んでいる事を考えると、

この1冊の単行本がずっと私のそばにあることが、

なんだかとても不思議にも思えます。

Dscn4049

「これがね、大統領のクリスマスツリー」

治貴のその言葉は今でも香子の耳の底に残っている―

アメリカ合衆国の首都ワシントンで出会い、

一緒に暮らし始めた治貴と香子。

いくつもの夢を次々と現実にし、2人は幸せをつかんでいく。

物語は、ワシントンの街をドライブしながら、

香子がそんな過去を回想することですすめられていく。


結論としては、ドライブの終わりが2人の終わり、

2人の歴史、クリスマスは終わってしまいます。

だけど、大切なのは結論ではなく、2人が紡いできた歴史、

香子の治貴への深い愛情、そしてケリのつけ方。

静かな語り口ながら、ぐいぐい引き付けられてしまいます。

そして考えます。「自分ならこんな別れ方ができるだろうか?」

考える暇もなく否!なんですけどね~。

「ワタシたちの11年ってなんだったの!?」とか、

「あなたのためにオシャレもしないで働いてきたのよ!」とか、

恩着せがましい事をいっちゃうんだろうな、ワタシなら。

本当はそんなこと言いたいんじゃないのに・・・。

文中で、香子が自分に言い聞かせる言葉として出てくる、

「心を強くしなければならない。つよい心とこわい心は違うのだ。」

という言葉は、私自身にも言い聞かせたい言葉です。

ワタシの心はずっとかたいままのような気がするからです。


作者の鷺沢萌さんは数年前自ら命をたたれました。

彼女のクリスマスも終わってしまったのでしょうか・・・。

彼女の作品がもう読めないことが残念でなりません。

にほんブログ村 海外生活ブログへ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!

☆この小説原作の同名映画がありますが、ストーリーは異なります。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

富覇王でトンソク~

毎日雨、しかも寒いよ~。

こりゃあ、週末は家でだらだらに決定だわ。

ま、いつもどおりなんですが・・・。


先日、トンソクで有名な「富覇王」に行ってきました♪

kiyo的網誌で紹介されてるのを見て気になっていたところ、

語学交換友達のK小姐さんからもオススメされて、

こりゃあ行っとかないとね!ということでLet's try!

台湾に来る前は、普通の肉以外のレロレロムチムチ部分って、

食わずギライだったのですが、食べてみるとまぁ不思議!

なかなかおいしいじゃない~♪コラーゲンタップリだし♪

と開眼。台湾に来てから食べられるようになったもの多々あり。


これがその「富覇王」。

Dscn5405_1

お店に行ったのは3時ごろだったのですが、行列ができてます。

さすが人気店です!店員さんも手際いい~

Dscn5406_1

店頭ではトンソクがグツグツ煮込まれていました。

Dscn5407_1

もちろんイートインもできますが、ワタシはテイクアウトのお弁当を。

トンソクは、脚の下の方から、脚蹄、中段、腿庫の3種類。

まだまだ初心者なので、お肉部分の多い「腿庫」を選ぶつもりが、

何と呼ぶのか忘れてテンパってしまい、

メニュー見せて!とお願いすればよかったのに、

思わず脚をポンポンと叩いてしまいました・・・。オバサン苦笑い。

しかも、なぜかふくらはぎを叩いてしまっていたので、「中断」に~。

でもまあ、「腿庫」は開店後しばらく経つと売りきれてしまうという

噂なので、もしかしたらこの時すでになかったのかも。

「中段」が残ってただけラッキーだったのかも。


ということで、「中段」のお弁当with煮卵、90元。

Dscn5410_1

すっごいボリュームです。

思わず量りにのせてみると、なんと700g!

大食い選手権みたいになってます☆

Dscn5413_1

やわらか~く煮込まれていて、トロトロムチムチのトンソク。

箸を入れると、骨がすっと簡単にはずれます。

甘辛い味付けがよく染み込んでいて、

白いご飯になんともよく合います。

「トンソクはちょっと~・・・」と思ってる方も食べてみれば、

「アレ?意外にいけるじゃん?」って思うはず。

特に妙齢の女性のオススメです!美肌~♡

Dscn5414_1

こちらは油豆腐。よく味がしみていておいしいです!

Dscn5417_1

煮卵とたっぷりのメンマ。どちらもしっかりとしたお味。

Dscn5402_1

庶民的な四平街の通り。

お昼時にはサラリ-マンやOLで賑わいます。

Dscn5404_1

次こそは、腿の部分食べなきゃ~。


にほんブログ村 海外生活ブログへ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!

「富覇王」

住所:台北市南京東路二段115弄20号

電話番号:02-2507-1918

☆中断=腿扣、腿庫=腿節とも呼ぶようです。

分からなくなったらジェスチャーでOK!

| | コメント (24) | トラックバック (1)

15區法式烘焙

のんびり台湾ライフで木野さんが紹介されていた、

オープンしたばかりの「15區法式烘焙」に行って来ました♪

木野さんが紹介されるスイーツは、どれもこれもおいしいんです~。

今回もアタリだな、と確信しつつGoGo!

お店は西華飯店の1本裏通り、竹里館のすぐ近く、

オレンジ色がかわいいこんな店。

Dscn5419

12月9日にオープンしたばかりということで、

お花がたくさんかざってありました。

Dscn5422

この日はあいにくの雨、入り口でちょっとモタついていると、

お店の方がドアを開け、傘を受け取って中へうながしてくれました。

とても感じのいい店員さんばかり。

オーナーは日本で日本人の元で修行したということで、

日本語もかなりおじょうず。

その日本人というのはなんと「サダハル・アオキ」だそう。

ワタシが写真を撮らせてもらっていたら「ライト強くしましょうか?」

と聞いてくれるたりと、オーナーもやさしい方でした。

ケーキもこの通り、どれもこれもおいしそう♪

Dscn5426

あぁ、迷う~。

Dscn5427

木野さんのブログで、マカロンが1個45元と紹介されていたので、

「45元もするマカロンってどんなだろ?」としげしげと眺めてたら、

「試食しますか?」とまるごと1つ試させてくれました。

Dscn5425

サクサクとした生地、ほどよい甘さのクリームがGood!

1個まるごと試食させてもらって買わないってわけにも・・・

と、ヘーゼルナッツ、抹茶、チョコレートの3種類ご購入~。

あっ、もちろん、おいしかったからこそ買ったんですよ☆

Dscn5449

ケーキはこちら3種類を。

モンブラン、ホワイトチョコのムース、フルーツタルトです。

ホワイトチョコのムースは、ちょうどいい甘さのムースの上に、

イチゴなど4種類のベリーとフランボワーズのジャムが。

フランボワーズのジャムがちょっと甘めですが、

フレッシュフルーツもたっぷりのっているのでいいバランス。

フルーツタルトは、タルト生地がサクサク。かなりいい感じ♪

硬くてフォークがささらない、もしくは、フォークをさすとこなごな

タルトって食べにくいってイメージがあったのですが、

こちらのタルトはしっかりしているのにほどよくやわらかく、

とてもおいしいです。甘さも控えめです。

たっぷりのベリーとマカロンが1個。なんだかお得な感じ~。

Dscn5430

フィナンシェなど焼菓子も10種類以上ありました。

Dscn5432

オレンジ色の包装もかわいい!

Dscn5471

マカロン1個と焼菓子1個サービスしてくれました~♪

コーヒーと一緒にいただこーっと!

「マカロンなら毛糸洗いに自信がもてます~♪」(byダンさん)

Dscn5431

イートインもできるそうですが、メニューはまだできてないそうです。

朝10時半からやってるし、オーナー&店員さんは親切だし、

ケーキはおいしいしで、ステキなお店でした。

メニューができたころに、今度は下午茶に行こうっと!

にほんブログ村 海外生活ブログへ ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!

「15區法式烘焙

住所:台北市民生東路三段113巷6弄11号

電話番号:02-2545-6760

☆ケーキは100元前後/個です。

| | コメント (23) | トラックバック (2)

微風でラーメン購入149元!

しょぼい、というかビンボーくさいネタでも申し訳ないんですが・・・。

微風でラーメン購入、なんと149元!!!

「元祖 熊本ラーメン こだいこ」

Dscn5392

「博多 一幸舎」

Dscn5396

ただし、賞味期限が2007.1.3までなんですが。

微風ではしょっちゅう日本の地方物産店みたいなのを

やっていますが、その際の目玉の一つはご当地ラーメン。

最近は、地元の人気店がプロデュースしたラーメンが増え、

お店で食べるのに遜色のない(ちょっと大げさ)ラーメンが、

家でも楽しめるようになったのは嬉しい限り。

でも、台湾で買うと、4食450元というのが相場。(byワタシ調べ)

ダンさんもワタシもかなり麺食いなので、おいしければ450元でも

買いたいところだけど、ちょっと高いかな~というのも本音。

それがね、あぁ、本当にビンボ~くさいんですが、

物産展からしばらくたち、ラーメンの賞味期限1ヶ月きったあたりで、

ラーメンの値段、ぐーんと下がります。

すぐに腐らない物だから、微風さん、仕入れすぎるのかな?

その恩恵(?)をこうむって、定価450元を149元で買える喜び!

ここまで値を下げるところが、なんとも台湾らしい。

特に九州の物産展「後」は狙い目です。

台湾の方はトンコツラーメンが好きなので、種類も豊富なの~。

「こだいこ」、「一幸舎」ともに、ネット検索すると情報がぞくぞく

でてくるようなお店。お得感倍増~。VIVA専業主婦!?

月曜日行った時はまだたくさんありました~。

微風に行く用事がある人は、ぜひお仲間になりましょう!

ビンボくさっ!仲間に~♪

イメージ映像①「翔太」

510_a

イメージ映像②「どさんこ」

523_b

イメージ映像③「一番拉麺」

1017_jusco_9_1


にほんブログ村 海外生活ブログへ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!

※微風とは、台湾のデパート「微風広場」のこと。地下2階のスーパーは、

日本食材が豊富で、日本人奥様御用達(?)スーパーです。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

老鄧擔擔麺でタンタン麺

先日、「香江茶餐廰」で「廣州炒麺」を食べた時に、

友人と「この店もなんか気になるよね~?」と意見が一致した

「老鄧擔擔麺」でタンタン麺を食べてきました♪

高級店と小吃店の間、そこそこいいめのお店?と思ったら、

Dscn5267

なんとも庶民的なお店でした~。タンタン麺50元。

Dscn5271 

ワンタンスープとセットで100元。

Dscn5275

日本で食べるタンタン麺と違って、汁なしのタンタン麺。

ネギ、ピーナッツ粉、辣醤をからめて食べます。

「小辣」を選んだのに、けっこう辛い~。

大きさは「小」なのですが、量もたっぷりで食べがいがあります。

麺はやわらかめですが、こういう汁なしのタンタン麺に限っては、

やわらかめの麺の方が合う、と個人的に思うので、

賛否両論分かれるかもしれませんが、私はけっこう好きです。

辛ウマ~!


ワンタンスープも、セットのスープとは思えないほど、たっぷり。

スープはあっさりさっぱりで、

ころっとした中ぶりのワンタンが5~6個。

プリプリしていて、こちらもなかなかおいしいです!

ジャージャー麺など他の麺のセットもあったので、

こちらもぜひ試してみたいです。


お箸の裏の説明書きによると、

初代は四川慶安の方で、お店は「百年老店」なのだそうです。

お店の名刺にも「正宗=ちゃんとした店」と書かれています。


このお店のある通りは、他にも気になるお店がたくさん。

また遠征しなきゃ~。


にほんブログ村 海外生活ブログへ ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!

「老鄧擔擔麺」

住所:延吉街137巷17号

電話番号:02-2779-0128

| | コメント (16) | トラックバック (1)

漢陽館でアンニョハセヨ~♪

鏡の前であっかんべーしてみたら、

いつもは赤々としている目の下の部分が白いっ!

こりゃあ貧血だ、こりゃあ肉食べなきゃ、ということで、

仕事帰りのダンさんとIKEAで待ち合わせて、

韓国料理「漢陽館」で焼肉たーべほーだい♪

(※食べ放題のお店ではありません。ワタシ勝手に食べ放題。)

焼肉も嬉しいけど、外で待ち合わせてディナー(?)なんて、

百万年ぶりぐらいなもんで、浮かれ気分でロックンロール♪


これが漢陽館。門構えが韓国っぽいでしょう?

Dscn5372

味の方も、かなり本格的な韓国焼肉、との噂。

前からずーっと行きたい行きたいと思っていたんだけど、

値段がちょっと高め、との噂もあり、

小市民には敷居が高いか!?と思ったりもしたのだけど、

なんせこの日はナスボー支給日だったので、

思い切って行ってしまいました~☆


お店に入ると「アンニョンハセヨ~」で迎えてくれます。

ふふふ、気分が盛り上がってきてます。

注文をすますと、テーブルの上に所狭しと並べられるキムチたち。

あぁ、韓国風~。

Dscn5340

サンチュとネギもね。(サンチュではなくサラダ菜だった気もする・・・)

Dscn5342

これが今日のお目当て、カルビちゃん。

なんておいしそうなの! アンニョンハセヨ~♪

Dscn5344

1人前(2塊)500元。注文は2人前~です。

くるくるに捲いてあるお肉を、鉄板の上に広げて並べて、)

Dscn5354

しばし待つ。待ちきれないけど待つしかないの。

Dscn5357

裏っ返して、ハサミでジョキジョキ。う~ん、韓国風~。

Dscn5359

お肉、むっちゃ柔らかい!

うまい!!!しか出てこないよ~。うまい!!!

サンチュ(サラダ菜?)でキムチやネギと一緒に捲いて食べたり、

Dscn5363

ごま油&塩で食べたり、辛いタレで食べたり。

何もつけなくても、甘めのいい下味がついているのでマジウマイ!

こちらはプルコギ、250元。

Dscn5365

牛、豚、鶏肉から選べます。これ↑は牛。

こちらはチヂミ、200元。

Dscn5369

かなり厚めでボリューム満点。サクサクです。

チヂミは食べきれずに打包(テイクアウト)して、

ワタシのつまみになりました。

プルコギもチヂミもおいしいですが、やっぱりカルビ最高!

カルビ4人前でも良かったかも~。

しばらく焼肉はここね!ということで夫婦の意見一致。

ワタシの目の下が赤々とする日も近い。

我が家の財布が赤くなる日も近い、かも・・・。

にほんブログ村 海外生活ブログへ ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!

「漢陽館」

住所:台北市南京東路三段303巷3弄4号

電話番号:02-2546-7181

| | コメント (26) | トラックバック (0)

星野のどら焼き

中国語が全く分からない状態で台湾に来てはや1年半。

「ニーハオ」すら恥ずかしくてスムーズに口からでない頃から

語学交換を通して仲良くしてくれているK小姐が、

台中の「星野」のドラ焼きをくれました♪


「星野」は、神奈川県にある老舗の和菓子店「ほし野」から

暖簾わけした、台中で大人気のお店。

どのくらい人気かって、1日10,000個作っても足りないくらい、

電話で注文しても1ヵ月半も待たないと届かないくらい、らしい。

そんな「大排長龍=大行列」の店、それが「星野」。

台湾では、インターネットの普及にともなって、

地方のおいしいお菓子などが広範囲にクチコミで広がり、

それを友達と同僚たちとお取り寄せするのが流行っているらしい。

今回は、それをワタシにもおすそ分けしてくれたそう。

K小姐、いつもいろいろ気遣ってくれて、ありがとう!


オリジナル味と抹茶味。

Dscn5191

オリジナルの方は、生クリームと小豆餡、

抹茶の方は、抹茶クリームと小豆餡です。

どちらも甘すぎず、すっきりとした味。

しっとりとした皮、自然な味わいの餡がいい感じ。

どちらもおいしいですが、個人的にはオリジナルが好きかな。

Dscn5199

なかなか出番のなかった、鶯歌で買ったお皿も満足げ。

ホームページから注文ができます。

にほんブログ村 海外生活ブログへ ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!

星野銅鑼燒

住所:台中市中区公益路132号

電話番号:04-2326-6098

| | コメント (16) | トラックバック (1)

「手紙」 東野圭吾

ココログがここ2~3日メンテナンスを行っていたようで、

コメントが入らなかったりと、ご迷惑をおかけしました。

**************************************************

最近、読書ざんまいの日々を送っています。

「読書の秋」とは誰が言いだしたことかは分かりませんが、

確かに秋になると本を読みたくなるから不思議。

熱いコーヒーと甘いお菓子、そして小説。

それでけですごーく幸せ。安上がりなワタシ。


さて、1番最近読んだのは、東野圭吾氏の「手紙」。

今年11月、山田孝之氏主演で映画化された原作本です。

Photo_41

両親のいない、2人きりの兄弟の兄・剛志が強盗殺人の罪を犯す。

弟の大学進学の費用を得るために、1人暮らしの老婦人の家に

忍び込み、結果としてその老婦人を殺してしまう。兄は服役する。

その兄から、弟・直貴のもとに毎月1度手紙が届く。

しかし、直貴が幸せをつかもうとするたびに、

「強盗殺人犯の弟」という差別が彼の前に立ちはだかる。

反面、「不幸な」彼を気遣い同情する逆差別も・・・。


これを読んでどう思いますか?

「罪を犯したのは兄であって弟を差別するのは不当だ。」

「いかなる理由があれども、人を差別することは悪である。」

そう思うのではないかと思います。

時には、差別に対し憤り、嫌悪し、自分は決して差別する側に

まわることはありえないことだ、と思うかもしれません。

でも果たして私たちの中にある思いはそれだけでしょうか。

ならばなぜ、この世の中には差別があるのでしょう?

この小説を読み進めるうちに、何度も自らを省みてしまいます。

現実を、自分の内面を直視しろとせまってくるのです。


小説中で、ある人物が直貴に対してこう言います。

「差別はね、当然なんだよ。犯罪者へそれに近い人間を排除する

というのは、しごくまっとうな行為なんだ。

我々は君の事を差別しなきゃならないんだ。

自分が罪を犯せば、家族をも苦しめることになる。

全ての犯罪者にそう思い知らせるためにもね。」

冷酷にさえ思えるこのセリフを、小説を読む前と読み終わった後で、

違った風に受け止める自分がいます。

にほんブログ村 海外生活ブログへ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!

| | コメント (18) | トラックバック (0)

亜坤珈琲店 Ya Kun Kaya Toast

昨日は竹中直人と、今日は陣内孝則といい感じになった

ところで目が醒めたけんこうです。

たかおとじゃなくて、なんで直人と孝則なんでしょう?

人の深層心理って疑問・・・。


天然色ごはんでdeartenさんが紹介されていた、

シンガポールの朝食で有名な伽耶トーストのお店、

「亜坤珈琲店 Ya Kun Kaya Toast」に行って来ました。

現在、台湾には7店舗、台北市内には5店舗展開しています。

Dscn5057

伽耶トーストとは、伽耶ジャムとたっぷりのバターをサンドした

シンガポールの定番朝ごはん。

伽耶ジャムは、卵、ココナッツミルク、パンダンリーフ、

砂糖で作られているそう。これ↓がその伽耶ジャム。

Dscn5059

伽耶トーストのセット。80元。

Dscn5063

伽耶トースト、ゆで卵、練乳入りのコーヒー。

卵は、かたゆで(全熟)・半熟から選ぶことができます。

Dscn5064

前情報があったにもかかわらず、やはりちょっとビックリしてしまった

超厚切りのバター。パンが薄いだけにものすごく厚く見えます。

というか、本当に厚いです。

甘いジャムと厚切りバター、うへ~と思われるかもしれませんが、

意外にも油っぽくも甘すぎもせず、やさしいいい味です。

甘いものあまり好きじゃないですが、コレはけっこう好きだなぁ。

なんだかなつかしい味です。

Dscn5061

同じセットが、朝の10時までなら60元で食べられるようです。

昼間の80元のセットには、フレンチトーストやチーズトーストなどの

セットもあります。

Dscn5056

にほんブログ村 海外生活ブログへ ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!

「亜坤珈琲店 Ya Kun Kaya Toast」

住所:台北市南京東路四段178号

電話番号:02-2578-9323

| | コメント (12) | トラックバック (1)

丁記蚵仔麺線

日本の芸能界は、結婚&離婚ラッシュだったそうで。

大沢たかおさんと広瀬香美さんも離婚されたとか。

それって、うちも危機じゃん!

と言って、ダンさんに冷たい視線を向けられたけんこうです。

大沢たかお、ラブ~♡


ということで、おみやげが帰ってきました♪

Dscn5110

もとい、おみやげを持ってダンさんが帰ってきました♪

経験から、あまり細かいリクエストをしてもムリだろうな~と、

「コンビニで新商品っぽいものいろいろ買ってきて」

とだけ言っておいたら、↑な感じ。

日本のカップラ&お菓子おいしそう~。

しばらく楽しめそうです。


台湾は2~3日前から急に冷え込みました。

なんか温かいもの食べたいなぁ、ということで「丁記蚵仔麺線」。

123_2

微風広場の復興北路側の入り口、向かって左3軒隣にあります。

おそろしく庶民的な外観のお店で、

今までなかなか買う勇気がでなかったので、今回が初挑戦。

歩道に向かってキッチン(?)、その奥に食べるスペース。

123_1

中で食べる勇気はまだ持てなかったので、テイクアウト。

微風広場が近いので、フードコートで食べるてもいいかも。

麺線(大)55元。

123_3

じっくり煮込まれた麺線はとろ~り。

醤油ベースのやさしい味は日本人の味覚にも合います。

香菜、ニンニク、辣醤などはお好みで。

とてもやさしいクセのない味なので、

個人的には、香菜を入れた方が味がしまるような気がします

ほんの1年前までは香菜がキライだったのに、

今はないと物足りなくなってしまった。慣れってコワイ。

こちらの麺線には、こぶりのカキと、

123_4

やわらかく煮込まれた大腸がたっぷり。

123_

カキと大腸のいいダシがスープにしみだしています。

内臓系も昔はダメだったんだけど、今はOK~。

子供の頃、若い頃、日本にいた頃とは味覚が変わってきてます。

いろんな物が食べられるようになって、人生の楽しみも拡大。

にほんブログ村 海外生活ブログへ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!

| | コメント (20) | トラックバック (0)

ダンさんの手みやげ準備

友人アテンドを無事(?)終えほっとしたのも束の間、

彼女たちを追いかけるように、ダンさんも日本へ出張~~。

みんな一気にいなくなると寂しいじゃん・・・。

とまあ、感傷にひたっている時間もなく、バタバタと出張準備。

ためにためたアイロンをまとめがけし、

そしてお土産を買いだしにでかけました♪


定番ですが「李製餅家」のパイナップルケーキ。

Dscn4990

24個×3箱。中華菓子は重い~。

24個入りで260元と良心的な値段設定がウレシイ!

ちょっとレトロなパッケージもなかなか趣きあります。


買いだしと言っても頼まれていたのはコレだけだったので、

続いては、ご飯の買いだしのため「微風広場」へ。

友人アテンドの間、家事を一切放棄していたので、

ダンさんの好物でも作って機嫌をとろうという企み。

月に2~3回は登場する「ハンバーグ」。

今日はダブルハンバーグ、チーズ&目玉焼きトッピングで、

ご機嫌とりとり。写真は恥ずかしいのでなし。


買いだしを終え、ほっと一息ついていると、ダンさんから電話が。

ダ:「もう買いだし行っちゃった?」

け:「今帰った来たところだけど・・・(ヤな予感)。」

ダ:「そっかー、じゃあ自分で行くしかないか・・・?」

「?」のあたりにワタシに行ってほしそうな雰囲気がぷんぷん・・・

け:「わかったよ。で、何?」

ダ:「干えび、なんだよね~。」

ワタシにこれから迪化街に行けと!? 遠いじゃーん。

えぇ、行くわよ。行きますとも。行きましたとも!


で迪化街。

_1_38

「迪化街」は漢方や乾物などの問屋街。

50年前は銀座?六本木?みたいな場所だったそうだけど、

今はなんだかなつかしい雰囲気を漂わせています。

Photo_40

これは最近話題の縁結びの神様、らしい。

_3_29

これがリクエストの干エビ。

Dscn4983

300gで90元。

台湾では1斤=600gが単位、↑は半斤。

炒めものやスープに入れるとおいしいんですよね~。


買い物を終え、ぶらぶら歩いていると、

花の細工茶を見つけました。

Dscn4976

なんと1個10元!すごい安い!

友人アテンドしたばかり、他店の値段を明確に憶えていたのですが、

DFSでは5個650元、新純香さんでは5個220元だったものが、

迪化街なら1個10元、5個で50元!

1個おまけしてもらったので、6個で50元!

DFSや新純香さんのものは缶入りだし、

もちろん質の差もあると思うのですが、あまりの安さに驚愕。

さっそく家で入れてみました。

Dscn5076

花の広がり方など、やはり新純香さんのものには劣りますが、

自分で楽しむならこれで充分。

100℃のお湯を注いで3分ほどが飲みごろです。

200mlのポットで3回ぐらい入れられます。ベースはジャスミン。

こちらが購入したお店。

左から2番目のオニイサンがおまけしてくれた人。

Dscn4969

ダンさんはまもなく帰ってきます。

またハンバーグでも作るかな~。けんこうの1つおぼえ・・・。


にほんブログ村 海外生活ブログへ ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!

「李製餅家」

住所:林森北路156号

電話番号:02-2537-2074

「湖廣薬剤公司」

行き方:南京西路から迪化街一段へ入り、直進すると左手。

永楽市場、永昌街、縁結びの宮の対面ら辺。

| | コメント (22) | トラックバック (1)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »