« 丁記蚵仔麺線 | トップページ | 「手紙」 東野圭吾 »

亜坤珈琲店 Ya Kun Kaya Toast

昨日は竹中直人と、今日は陣内孝則といい感じになった

ところで目が醒めたけんこうです。

たかおとじゃなくて、なんで直人と孝則なんでしょう?

人の深層心理って疑問・・・。


天然色ごはんでdeartenさんが紹介されていた、

シンガポールの朝食で有名な伽耶トーストのお店、

「亜坤珈琲店 Ya Kun Kaya Toast」に行って来ました。

現在、台湾には7店舗、台北市内には5店舗展開しています。

Dscn5057

伽耶トーストとは、伽耶ジャムとたっぷりのバターをサンドした

シンガポールの定番朝ごはん。

伽耶ジャムは、卵、ココナッツミルク、パンダンリーフ、

砂糖で作られているそう。これ↓がその伽耶ジャム。

Dscn5059

伽耶トーストのセット。80元。

Dscn5063

伽耶トースト、ゆで卵、練乳入りのコーヒー。

卵は、かたゆで(全熟)・半熟から選ぶことができます。

Dscn5064

前情報があったにもかかわらず、やはりちょっとビックリしてしまった

超厚切りのバター。パンが薄いだけにものすごく厚く見えます。

というか、本当に厚いです。

甘いジャムと厚切りバター、うへ~と思われるかもしれませんが、

意外にも油っぽくも甘すぎもせず、やさしいいい味です。

甘いものあまり好きじゃないですが、コレはけっこう好きだなぁ。

なんだかなつかしい味です。

Dscn5061

同じセットが、朝の10時までなら60元で食べられるようです。

昼間の80元のセットには、フレンチトーストやチーズトーストなどの

セットもあります。

Dscn5056

にほんブログ村 海外生活ブログへ ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!

「亜坤珈琲店 Ya Kun Kaya Toast」

住所:台北市南京東路四段178号

電話番号:02-2578-9323

|

« 丁記蚵仔麺線 | トップページ | 「手紙」 東野圭吾 »

⑤コンビニ&ファストフード」カテゴリの記事

コメント

早速行ってきたのね~先を越されたわ…。
私も行きたかったの~。
でも「厚切りバター」がかなり気になる所なんだけど、大丈夫みたいだね。
そして練乳入りコーヒーかぁ…。
ジャムも体験したことの無い感じなので買ってみようかな??

投稿: リーホイ | 2006年12月 5日 (火) 09:14

お久しぶりです。ご無沙汰しております。
先日、無事台湾へ帰ってきましたので、またまたこれからお邪魔させていただきますね~

さて、今回ご紹介のお店、かなり気になります。
台北市内にそんなにたくさんの店舗があるのなら、ぜひぜひいって食べてみたいな~と思います。
写真で見るからにとてもおいしそう!!
お店の雰囲気もなんだか台湾っぽくないところがいいですね~

投稿: ろんろん | 2006年12月 7日 (木) 20:44

カヤジャムってこちらでも有名ですがまだ食したことがないです。
練乳入りのコーヒーもあるようですがまだ飲んだことがありません。
ゆで卵付きってニッポンのモーニングセットと同じ感覚ですね

投稿: longstay8 | 2006年12月 7日 (木) 20:56

台湾には近隣の国々のいろんな料理がありますね~
伽耶トーストって初めて知りました。
ココナッツを使ったジャムなんて暑い国、シンガポールらしくていいですね~、すごく興味あります!
バター&甘いものって相性いいですよね~
バター&メイプルシロップのホットケーキもそうだけど、バターどらやきもおいしいし。

投稿: kiyo | 2006年12月 7日 (木) 22:05

リーホイさま
今日はどうも!
&ブログのこと心配してくれてありがと!
「亜坤」、行ってきたよー。
値段も手ごろなのでぜひ試して感想聞かせて~。
バターは厚切りなんだけど、真ん中にしか入ってないから、カロリー的にはセーフだと思うの。味はバタートーストに蜂蜜かけた感じで、なんだかなつかしいやさしい味。
練乳入りコーヒーはまあ、練乳じゃなくてもいいかなぁ、と。次回いった時は「不要加練乳」のつもりです。

投稿: けんこう | 2006年12月 7日 (木) 22:13

ろんろんさま
お久しぶりです!ご無事でなによりです!
こちらこそ今後ともよろしくお願いしますねー。
トルコ旅行記、楽しみです~♪
「亜坤」は内湖、三越信義A11館、長安西路などにもあります。一見普通のコーヒーショップなんですが、実はシンガポールの朝食屋(パン系のみ)さん。コーヒー1杯35元~と値段も手ごろです。噂によると、長安西路店の方はかなりディープな雰囲気なんだそうです。
http://www.yakun.com.tw

投稿: けんこう | 2006年12月 7日 (木) 22:26

longstay8さま
やはりマレーシアとシンガポールは食文化が似てるのですね。
カヤジャムは、特にクセのない味で、バターと一緒にトーストサンドにすると、蜂蜜みたいにやさしいなつかしい味わいでした。
練乳入りのコーヒーはあまり練乳って感じがしませんでした。ミルク・砂糖入りのコーヒーがキライでなければ、こちらも大丈夫だと思います。お試しになったらぜひ教えてくださいね!
そういえば、日本のモーニングセットみたいですね。こういうシンプルなもの、意外に台湾には少ないかもしれません。新鮮です。

投稿: けんこう | 2006年12月 7日 (木) 22:47

kiyoさま
台湾にはいろいろな国の方が住んでいるし、それに台湾の方は外国文化&食に興味津々なので、こんなにさまざまな国の料理がきばらず(外国のもの=高いということなく)存在してるんでしょうねー。
「伽耶トースト」、私も始めて知りました。ココナッツを使っているということですが、あまりココナッツの味はしないような。やさしくクセのない味です。
子供の頃よく食べたバター&はちみつトーストみたいな味。kiyoさんのおっしゃるとおり、バター&甘いものの相性ってバツグンですよね~!

投稿: けんこう | 2006年12月 7日 (木) 22:54

イノッチに脇から手を通され、背中ををがっちりホールドされた状態で、ぐるんぐるん振り回してもらって、ワーイ♪と無邪気に大よろこびした夢を見た、こももです。

伽耶ジャムってこんな材料からできているんですね!!
香港では食パンに伽耶ジャムをはさみ、玉子をつけて大量の油で揚げ焼きしたものを「フレンチトースト」と呼んでいます。さらにバターとメイプルシロップをつけて食べるのです。厚切りバターとジャムに負けないくらい高カロリーでしょ。
80元のセットのフレンチトーストもそんな感じなのかなぁ??

投稿: こもも | 2006年12月 7日 (木) 22:55

こももさま
なんてステキな夢なんでしょう!!!イノッチ好き♡
ワタシなんて、竹中直人に「ねぇ、本当に奥さんいないの~?」ともたれかかりながら聞いてしまいました・・・。自分がコワイワ。
香港にも伽耶トーストあるんですね~。
今ちらしを見直したら、台湾のフレンチトーストもそんな感じに見えます。でもメイプルシロップなんてシャレたものはかかってないかような。ジャム、卵、大量の油、バター、メイプルシロップ・・・香港のフレンチトースト、すごい!でもすごい興味ある~。とりあえず台湾のフレンチトーストから試してみまーす!

投稿: けんこう | 2006年12月 7日 (木) 23:09

先日2回目を行って来ましたー。
今回はフレンチトーストセット。卵は半熟。
フレンチトーストは塩味なのでジャムの甘さが引き立っておいしかったよ。
でもジャムの量が少なすぎー。もっとくれー。って感じでした。
卵は半熟の方はお醤油かけるとまさに温泉卵!ウマー!
お腹は大丈夫でした(元々頑丈なのですが)。
なのでけんこうさんも次回は半熟にレッツトライ。

投稿: dearten | 2006年12月 8日 (金) 10:27

deartenさま
コメ&トラックバックありがとうございます!
2回目は半熟卵に挑戦されたんですね~。
好みだけでいえば、私も絶対に半熟が好きなので、次回は半熟にトライしてみます。今回は「全熟」「半熟」という聞き慣れない単語に、???になってしまったので、次こそは自信まんまんに「半熟!と言ってやります☆
フレンチトーストもおいしそうですねー。
あまり甘党でないのでこちらの方が好きかも。
このジャム、やさしい味で気に入りました!

投稿: けんこう | 2006年12月 8日 (金) 20:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174057/12938863

この記事へのトラックバック一覧です: 亜坤珈琲店 Ya Kun Kaya Toast:

» Ya Kun Kaya Toast [天然色ごはん]
Ya Kun Kaya Toast カヤトーストとは、卵、ココナッツミルク、パンダンリーフ、砂糖で作ったカヤジャムとバターをサンドしたトーストのこと。そのトーストと卵にミルクティーはシンガポールではポピュラーな朝ごはん。 ------------------------------ おいしいロールケーキを食べた後、またもおいしいものへはしごしました^^; だって近くにあるんだもん。行かなきゃ損でしょ? それにずーっと食べたかったし。 台北にはいくつか店舗があってあって... [続きを読む]

受信: 2006年12月 8日 (金) 10:30

« 丁記蚵仔麺線 | トップページ | 「手紙」 東野圭吾 »