« 王記府城肉粽の魚丸湯 | トップページ | JUSCO 佳世客 »

日本旅行記 伊豆・伊東編

まずは懺悔から。

禁酒、3日で挫折・・・。

ちょっといっぱいのつもりで飲んで~ いつのまにやら3杯目~♪

もう太く短く生きることにします。

中日を応援してる事に変わりはないからねー。VIVA中日!


閑話休題、日本旅行記に戻ります。


お墓参りをすませ、寿司を食べた後は、宿へ向けてドライブ。

帰省者や観光客とは違うルートだったからか、

渋滞にもまったく巻き込まれず順調順調~。

この日の宿は伊豆の民宿。

旅の計画を立てたのが日本に来る直前になってからで、

しかも日本もちょうど連休ということで、宿はどこもいっぱい。

やっととれたのがここ「温泉民宿 船長」。

2_23

う~ん、いかにも船長な感じだ・・・。

ま、建物はともかく、伊勢海老付きの船盛が食べられるようだし、

ワタシはうまい酒と肴があればそれで満足さ。

しかもこの民宿、堤防沿いに建てられているので、

景観もこの通り。すばらし~!

2_22

海が本当に目の目にどどーん。ざぶーん。

2_24

さ、ひとっ風呂浴びて、とことん飲むで~!

と、張り切って中へ入ると・・・中はなんていうか・・・

築35年木造アパート(トイレ付き)、風呂は共同みたいな。

コンクリートうちっぱなしの廊下、埃っぽい部屋には蚊がブーン、

そしてトイレの水を流すと、なぜか羽アリが流れてくるのです。

うーん、台湾で虫には慣れているけど、ちょっとキツイかも~。

でも伊勢海老だしねー、と気を取り直して、海の見える露天風呂へ。


しかしこの風呂がまたひどかった(らしい)。

この時間帯、露天風呂は男性使用。

男女別の内風呂もあるのですが、ダンさんは露天風呂へ。

露天風呂には・・・羽アリが数百匹! 湯船にプカプカ~ピチピチ~

ダンさんは素っ裸のまま、しばし呆然と立ち尽くしたそうな・・・。

羽アリと格闘すること数十分。

結局湯船につかることができなかったダンさんは宿の人に相談。

やりとりした結果、宿はキャンセルさせてもらうことになりました。

しょんぼりするダンさん。

1人タダ風呂に入ってサッパリしたワタシ。

「もしかして宿がとれないかもしれない・・・」と心配するダンさん。

「じゃあ、車の中で寝る~?」となんだかワクワクしているワタシ。

そんな気にするなよダンサン。

夫婦2人、こんな風にいきあたりばったりの旅っていうのも、

悪くないじゃん? なんとかなるさ~♪


伊東まで移動し、適当なホテルに直接「部屋空いてませんか?」

を繰り返しましたが、本当に空いてない!

もう面倒くさいから車の中でいいよ~な気分になっていた時、

こじんまりとしたした宿を発見。ようやく宿が決まりました。

どうみても元ラブホ(もしかして今も?)な作りだけど、

オーナーが気さくでいい感じ。料金もすごく安いし、

宿代の差額でいいもの食べるぞ~ということで、

オーナーおすすめの飲み屋へ車で連れて行ってもらいました。


先般の強風・大雨で漁に出られなかったということで、

伊勢海老などは食べられなかったのですが、

初ブリの刺身。(食べかけ)


2

まだ脂はのりきっていないけど、新鮮でプリプリしてて、

刺身の角がピーンとたっています。もちろんウマイです。


地鶏のパリパリ焼き。(食べかけ)

2_1_2

皮目をパリパリ、中はジューシーな地鶏焼き。

たっぷりの青ネギと、お酢の効いた醤油ソースが、

鶏肉をさっぱりと食べさせてくれませす。

唐辛子のねりがらし(名前忘れた・・・)をつけて食べると

お酒にあうあうあうあう~♪

ちなみにこの日は、名酒「赤城山」。もちろんヒヤでね。

さっぱりとした飲み口が、キケンな感じ。いい酒は水のようなのだ。


具沢山のトンペイ。(食べかけ)

2_2

トンペイというと、もっと平べったくて、

薄い小麦粉の皮に豚などの具がはさまれてるイメージでしたが

こちらのは厚めの豚肉が全面にのったボリュームあるもので。

う~ん、ビールに合う!(ビールも飲みました・・・)


いかの丸ごと焼き。

2_3

ワタもそのまま、本当にまるごと焼き。

新鮮なので生臭さまったくなし。

青ネギとショウガをたっぷりのせ、こぼさないように口に運び、

赤城山と一緒にいただく。まさに至福じゃ。


ふぅ、やっぱり酒は命の源だね。

ホテルに戻ってもう1杯!

(続く)

にほんブログ村 海外生活ブログへ ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!

|

« 王記府城肉粽の魚丸湯 | トップページ | JUSCO 佳世客 »

⑫日本一時帰国」カテゴリの記事

コメント

いい感じに旅行記が続いていますね~。
しかし、今の日本で羽アリ続出の宿があるとは…。
またしても「我が家じゃなくて良かった…」などと不謹慎な感想を…。(スマン!!だんさん)
(食べかけ)にかなり期待をし、イカももちろん(食べかけ)よね~
なんて勝手に思っていたら違うのね…カクって感じでした(笑)
こうなったらとことん飲んで健康診断に望んでくれ!!
普段の生活をしてナンボの検診です!!
そして私はコレステロール値に引っかかったのサ…。

投稿: リーホイ | 2006年10月16日 (月) 13:47

さすがダンさんですね、主張のできる男!!
やっぱり言うこと言わないとダメですね~
とにかくおいしいモノ(お酒つき)が食べられてよかったですね。イかがおいしそー!

投稿: 87 | 2006年10月16日 (月) 15:49

民宿船長・・・名前もすごいな・・・、台湾を思い起こさせるところが・・・す、すみません、笑ってしまいました。(。・艸・)
でも宿が見つかってよかったです!しかもこんなおいしそうなものにありつけたなんて♪なんだか楽しそう!!続き期待してます!

投稿: kaori☆ | 2006年10月16日 (月) 16:26

リーホイさま
ダンさんは風呂場で羽アリと戦いながら、ワタシが大丈夫か心配してくれてたらしいんだけど、女風呂は没有問題だったので、私はのんびりただ風呂いただきました(笑) しかも実はワタシ、ゴキはダメだけど、それ以外の虫はけっこう大丈夫なんだよねー。田舎育ちだから。
旅も健康診断もいきあたりばったり、なんとかなるさ~の精神で行ってきまーす。
ちなみにイカの丸焼きだけは食べる前に気付いたのさ☆

投稿: けんこう | 2006年10月16日 (月) 16:51

87母さま
私が風呂からあがってくるとゲンナリしたダンさんの姿。でも改めて宿がとれるか心配でキャンセルしかねている様子だったので、私が「キャンセルすればいいじゃん。」と後押ししてみた。(自分で言わないもんだからキラクなもん。ひどい妻である。)
87母はイカエビ系好きだねー。
イカのワタまで食べたのは久しぶり。日本酒によう合いました♪

投稿: けんこう | 2006年10月16日 (月) 16:57

kaori☆さま
そう!なんだか台湾っぽいなーって私も思いました(笑)
虫がいっぱいってところも台湾っぽいでしょ?なんで日本に帰ってまで虫・・・値段も高いのに虫・・・って感じ。
まぁいざとなれば車の中で寝てもいいかなーって思ってたので、おいしい酒とつまみにありつけて本当にうれしかったです!

投稿: けんこう | 2006年10月16日 (月) 17:04

いやぁ~~、大変でしたね!そんな宿・・・私も文句言うなぁ~。
2年位前に老神温泉行った時に、露天風呂に「カマドウマ」が数匹いただけで、露天風呂から退散しました。虫は嫌です~~。例の四川料理屋(三越の裏手のね)でゴッキー見つけたときも、おばさんに「ザンラン~~~!!」(これってゴッキーって意味でしたよね?)って騒ぎましたから。

投稿: senchan | 2006年10月16日 (月) 21:57

senchanさま
えぇ!大変でした(笑)
1泊3000円とかなら文句言わずガマンするところですが、2人で2万5千円と安くなかったので、別に駅で顔洗って車で寝てもいいやって感じでした。
senchanさん、虫お嫌いなんですねー。じゃあ台湾の虫事情、ちょっとキツイんじゃ?
ワタシは最近ジャンランが出ても、小さければ見ないフリできるようになりました。(といいつつ、視線釘付けなんですけどね・・・)ちなみにゴキブリは[虫+章][虫+郎]でZhang langです。

投稿: けんこう | 2006年10月17日 (火) 00:41

はい、だからどうしても高目で新しめの宿になってしまうんです。ゴキブリが出た!って話時々お聞きしますからね。
Zhang Langですね。一つ賢くなりました・・・。

投稿: senchan | 2006年10月17日 (火) 13:24

senchanさま
分かります~。その気持ち。
普段は仕方ないと諦めていますが、その分どこか旅行に出かけたときぐらいはとにかく清潔で新目の宿に泊まりたい、というのがワタシの本音です。
台湾の人は「h」を発音しないので、Zhang lang=Zang lang(ザンラン)となります。senchanさんの発音で正しいと思います。

投稿: けんこう | 2006年10月17日 (火) 18:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174057/12291590

この記事へのトラックバック一覧です: 日本旅行記 伊豆・伊東編:

« 王記府城肉粽の魚丸湯 | トップページ | JUSCO 佳世客 »