« アツアツの胡椒餅 | トップページ | 龍縁で魯肉飯 »

ここに地終わり海始まる

安藤美姫選手が、GPシリーズ第1戦スケートアメリカで

優勝したということで、TVでは朝からその話題でもちきりです。

彼女がトリノオリンピック代表に選出された時は、正直言って、

いくら選考基準どおりだと言っても、

人気先行で実力不十分の選手を選んでしまったのでは?

と、無責任にも思いました。

安藤選手の演技を見るようになったのが、

彼女が調子を崩し始めた後だったから、というのもあるかも。

みんながいうようにかわいいともキラキラしているとも思えず、

人気の理由がいまいちピンとこなかったのだけど、

今日、彼女の演技を見て、彼女を美しいと思いました。

私のようなフィギュアスケートをよく分かっていない民衆に

持ち上げられたり落とされたりして、

天国も地獄も味わっただろう安藤選手の復活。

なんだか考えさせられてしまいました。


唐突なんですが、私の一番の趣味は実は読書なんです。

いえ、食べ歩きでも酒でもないんですよ~。一応ね・・・。

海外で暮らすものにとって、日本の本は高級品。

日本にいたときみたいに、年間100冊、みたいな読み方は

もったいなくてできませんが、今もほそぼそと読み続けています。

今まで食べ物ばかり紹介してましたが、

気にいってる本についても今後書いていきたいなぁ、と。


そんなワケで、宮本輝氏「ここに地終わり海始まる」。

Dscn4067

「先の見えない療養生活を送り続ける女主人公の元に、

1枚のハガキが届く。

主人公は差出人にまったく心当たりがないのだが、

それ以降、主人公の病状は奇跡的に回復していく。

そのハガキにはポルトガルのロカ岬の消印が。」

うーん、うまく書けないな。

これじゃあ、おもしろそうに思えないだろうけど・・・。

18年という療養生活を終え1人生活して行く主人公の未来は

決して順風満帆というわけではないけど、

強さも弱さも合わせもつ彼女がしなやかに生きていく様子に、

10年ほど前に読んで、感銘を受け、

私もがんばるきっかけになった本。

宮本輝氏の書く小説は、再生の物語、と評した人がいるけど、

読むたびに、読者である私も再生させてくれます。


ポルトガルのロカ岬は、ヨーロッパ最西端の地。

2_7

まさに「ここに地終わり 海始まる」場所。

あまり気に入って、新婚旅行もポルトガルへ。

結婚はある意味、再スタートだから。ちょうどよかったかな。

Photo_29

ロカ岬をのぞいても、ポルトガルはおすすめの場所です。

にほんブログ村 海外生活ブログへ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!

|

« アツアツの胡椒餅 | トップページ | 龍縁で魯肉飯 »

⑬.本&DVD 」カテゴリの記事

コメント

「ミキティ」なんて呼び方をされるようになって、アイドルティ扱いを受けている彼女は見ていて痛々しかったですよね…。トリノでもショートプログラムの途中で、もう演技を放棄してしまっている感が見え見えで、なんて根性がないんだろうって正直思いました。
でも、そんな風に落ちたところから、きっちりはい上がったのですから、根性がないどころかすごい根性の持ち主だったのですね。そんな人をまたアイドル扱いでつぶしてしまわないよう、周囲の理解を願わずにはいられないです。

ポルトガルの写真素敵ですねー。ポルトガルというと私的には沢木耕太郎の「深夜特急」に出てくるザグレスという土地なのですが、けんこうさんは行かれましたか?

投稿: こもも | 2006年10月30日 (月) 22:45

ロカ岬、なんだかもの寂しさを感じますね。
なんだかイロイロ考えさせられそうです。
ワタシ本ってほとんど読まないのですが、
読んでみたくなりました♪

天国と地獄を味わった安藤選手は、きっと強くなったんでしょう。
ダメになっちゃう人もいる中で、見事に復活をとげた安藤さん、応援したいですね!

投稿: kiyo | 2006年10月30日 (月) 22:46

お久しぶりです☆
宮本輝さんの本、私も好きでよく読んでいますが、この本はまだ読んでません。けんこうさんのレビューで読みたくなったよー。
ポルトガルも、次に行ってみたい候補地になりました。
いいなぁ。私たちは新婚旅行がなかったので、その代わりに?イギリス国内であちこち行きましたが、今度チャンスを見つけて行ってみたいです!!

投稿: lan-k | 2006年10月31日 (火) 00:08

安藤美姫選手がGPシリーズ第1戦スケートアメリカで優勝したと聞いて、正直びっくりしました。トリノの時は、まったくやる気を感じられなくて、この子は芸能界に進んでいくのだろうと思っていました。トリノの時は心も体も準備不足で、どうしようもなかったのでしょうか。今回の優勝で根性があると見直しました。今回の彼女の演技を見ていませんが、ぶっちぎりの優勝だったことを考えると、きっとけんこうさんが言われるようにすばらしいものだったのでしょう。
海外にいると日本語の本が高価で、読みたい本がすぐに読めないのが難点です。「ここに地終わり 海始まる」いつか読んでみたいです。

投稿: dobozupe | 2006年10月31日 (火) 01:16

実は私も読書好き…なんです。
活字から得られる事はた~くさんあると思っています。
宮本輝の本は良いみたいですね。
「ここに~」の本が読み終えた本であったらけんこうさんにお借りしたいわ。
借りるって所が海外生活者っぽいけど、仕方ないよね…。
なんだか今回のブログはけんこうさんの新たな一面(知的な?!)を見せていただいた様でした。

投稿: リーホイ | 2006年10月31日 (火) 08:04

こももさま
まったくもって同感です!トリノの時は、他にもいい選手がいるのに、本調子でない安藤選手が選出され、なのにマスコミがいつまでも「ミキティ優勝!」みたいなことばかり言っているのが腹立たしく、彼女がショートプログラムで気合のこもってない(と私には映った)演技をしたときは本当にがっかりしました。今回の復活は驚き&感動でした。今度は浅田真央ちゃんがマスコミの餌食にされなければいいと願うばかりです。
ザグレスは行ってないんです~。時間がなくリスボン周辺しかいけませんでした。今ガイドブックを見たらこちらも大陸の南西端。大航海時代のロマンを感じさせる場所ですねー。次回はきっと!

投稿: けんこう | 2006年10月31日 (火) 09:33

kiyoさま
先日は楽しい時間をありがとうございました!14回目、楽しみにしてますよ~♪
ロカ岬は大航海時代のロマンを感じさせる場所です。大陸のはじっこ、大海原にこぎいだすスタート地点。私にとってはなんだかやる気と勇気を思い出させてくれる場所です。
安藤選手、いい顔してました。ずっと順風満帆だったら得られなかった何かを得られたのかな。
今後も活躍して私たちを感動させてほしいです。

投稿: けんこう | 2006年10月31日 (火) 09:39

lan-kさま
お久しぶりです~。ごぶさたしてしまってゴメンナサイ!
宮本輝の本、lan-kさんもお好きでしたか♪私はこの小説にはまって、宮本輝作品を読みあさりました(笑)個人的にはやっぱりこれが一番!凹んでいるとき、迷っているときに読むとなんだか勇気がもらえる気がします。
イギリスのあちこち、なんてうらやましいな~。私も少しだけイギリスの田舎の方を旅したことがありますが、いつかもっとゆっくりまわりたいと思っています。ポルトガルもオススメですよ!派手ではないけど素朴でいいですよ。

投稿: けんこう | 2006年10月31日 (火) 09:47

以前、新婚旅行のお話を伺ったとき
この本のこと話してくださいましたよね?
改めて素敵だなーって思いました。
なんかこの場所も新婚旅行にぴったりな感じ。
うちは最近、また話が浮上し
ちょっとだけ前進?したけど
ただ「安い!」って理由で行く場所決めそう・・
なんかけんこうさんご夫婦はロマンチックだなー。

投稿: 87 | 2006年10月31日 (火) 13:01

洋書はよくバーゲンとかで安くなっていて日本で買うよりお得になってますが、日本の本は高いですよね~~!!
紀伊国屋でよく立ち読みしてる私です・・・。
一年で100冊ってスゴイ!!尊敬しちゃいます☆

投稿: ルゥ | 2006年10月31日 (火) 14:43

dobozupeさま
トリノの後、私も安藤選手はもう引退して芸能界でやっていくんだろうなーと思っていました。でもスケートできちんとした結果を残さずに芸能界に行っても大変だろうな、とも思っていました。
だから今回の復活は驚き、そして感動しました。私は単純なのですぐに感動し自分もがんばらねば!と思ってしまうタイプなのです。今はやる気に満ちています(笑)
海外に住んでいると読みたいと思った時にすぐ読めないので、読書好きにはつらいところです。機会があったら「ここに地終わり・・・」も読んでいただけたら嬉しいです。

投稿: けんこう | 2006年10月31日 (火) 22:38

リーホイさま
知的なんて恥ずかしいわぁ。ありがとう~。
ダンナからは「グルメブログとしてはどうなのか?」なんて言われちゃったんですけど。グルメブログ!?
リーホイさんも読書好きだったよねー。
もちろんお貸ししますとも!好きなジャンルとかあれば言って。安い単行本ばっかりだけど、日本からもけっこう持ってきてるから。
会社の福利厚生利用すればいいのに。私は読みたい本はだいたい会社に頼んでます。
そういえば、借りっぱなしのマンガ、ゴメン!

投稿: けんこう | 2006年10月31日 (火) 22:44

87母さま
海があれてるあたりも新婚生活のスタートにぴったりでしょ?波は荒いぜ油断するな、みたいな?
新婚旅行の話、再浮上したようでよかった!
「安い!」は重要でしょ~。最重要!!!
うちの場合、私は若干ロマンティックな気分にひたってましたが、ダンナは距離(マイル)が決めてだったようです・・・。すごく遠いのよ~ポルトガルって。

投稿: けんこう | 2006年10月31日 (火) 22:48

はじめまして!いつも楽しく見させてもらってます。主人が台北勤務でして...しばらく日本.台湾と離れて生活しておりましたが この度台北で一緒に暮らすことになりました。けんこうさんは日本を離れる時 家具などはどうされましたか?海外への引越しで いろいろわからないことだらけです

投稿: ちぇろりん | 2006年10月31日 (火) 22:51

ルゥさま
洋書ですか~。ムリだ~(涙)
紀伊国屋は今日まで1割引でしたよねー。
もともと5割増しくらいだから、1割引でもなかなか手が出ませんけど・・・。台湾の本屋は立ち読み&座り読みOKなのがありがたい!
台湾に来る前は東京に住んでいたので、通勤電車の中だけで3日に1冊くらいは読みきれるほどだったんです。だからあまり役にたつ本は読んでないんですけど・・・。

投稿: けんこう | 2006年10月31日 (火) 22:58

ちぇろりんさま
いつもありがとうございます!
へなちょこ在住者で恥ずかしいですが・・・。

私たちが台北で借りているマンションは基本的な家具、電化製品が備え付けられているので、ほとんど日本に置いてきました。
電化製品は長期間使わないと使えなくなると聞いていたので全て処分。(人によっては親兄弟友人に売る、リサイクル業者に売る)
家具類は、引越し会社(ヤマト運輸)の倉庫に預けてきました。我が家の場合、費用は会社負担です。
小さい電化製品(ポット、掃除機、PC)などは、日本と台湾の電圧差が少なく、日本のものが台湾でも使えるため、持ってきて今も使っています。

会社によって、赴任先に送る送料負担の限度が異なると思いますが、もしも無限であればなんでも持ってきてもいいかも?私たちもソファー持ってくればよかったね、などと話しています。

何かあればまた遠慮なく聞いてください。
メールいただいても大丈夫ですよ。
いろいろ不安もあると思いますが、台湾はなかなかいいところです。

投稿: けんこう | 2006年10月31日 (火) 23:12

こんばんは!

実は、みっちゃんも読書は好き!なんです。
でも、こちらでは1.5倍ぐらいするので「ハズレだったらイヤだなー」なんて思って、なかなか買えずにいる状態。

ぜひぜひ、本の紹介をお願いします。季節は「読書の秋」ですもんね!

投稿: みっちゃん | 2006年11月 1日 (水) 00:37

こんにちは
亀田製菓以来のコメントです。
私も宮本輝の小説が好きですが、「ここに~」は
ず~っと気になりつつもまだ読んだことがない本です。子供が幼稚園に行きはじめて、時間ができたので、読んでみようかな。こちらでは高いので、やっぱり日本に行く機会があるときに買わなくちゃ。
私は読んだ本の内容をおそるべき早さで忘れてしまうのですが、でも読むのが好きなので、これからも本についてのお話しよろしくお願いしま~す!

投稿: kame | 2006年11月 1日 (水) 13:06

みっちゃんさま
ダイビングだけでなく読書まで!
みっちゃんさんの趣味って多様ですね~。
ワタシはうちの中にばかりいるのでみっちゃんさんを見習いたいです。
台湾に住んでいるとハズすのが恐くてなかなか新しいジャンルに挑戦できませんよねー。
今後1.2週に1回、本やDVDなどの紹介もしていきたいと思ってます。みっちゃんさんもお気に入りの本などあったらぜひブログで紹介してください!

投稿: けんこう | 2006年11月 1日 (水) 19:02

kameさま
お久しぶりです!コメントありがとうございます。
亀田製菓のチーズせんべい無くなっちゃいましたね~。気にいっていたのに大ショック!です。最近ポタポタ焼きが売ってますネ。
お子さんが昼間幼稚園に行かれて、今までにない時間の過ごし方ができますね♪本を1冊持ってコーヒーショップでのんびり、なんていうのも読書の秋にぴったりですよね!
これからもちょくちょく本の紹介をしていくつもりなので、kameさんの参考になると嬉しいです。


投稿: けんこう | 2006年11月 1日 (水) 19:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174057/12490742

この記事へのトラックバック一覧です: ここに地終わり海始まる:

« アツアツの胡椒餅 | トップページ | 龍縁で魯肉飯 »