« 鶯歌へ半日旅 part2 | トップページ | 四海遊龍の鍋貼 »

カプリチョーザの商業套餐

日本イタリアンの先駆け、「卡布里喬沙」へ行って来ました♪

「卡布里喬沙」って「カプリチョーザ」のことなんですが、

30年以上の歴史があるんですね~。 ある意味、日本の老店?

昨年、オープンしたばかりの頃にも行ったのですが、

ランチタイムにもセットメニューなどなく、

夜と同じ(日本と同じ)大皿メニューだけだったので、

少人数で行くにはちょっと不便、と思ってしまいご無沙汰。

でもまあ、それがカプリチョーザの特徴でもあるし、

インターネットで見た幹部の人の談話によると、

「台湾でたとえ受け入れられなかったとしても、

このやり方を変えるつもりはない」 と書いてあったので

その心意気アッパレ!と再び行かないまでも応援していました。

が、今回行ったところ、そのやり方は変わっていた・・・。

どうやら、平日のランチタイムはランチセットだけになったよう。

その心意気アッパレ、ではないけど、ある意味便利にはなった?

う~ん、評価すべきか評価せざるべきか、それが問題だ。


商業套餐は、本日のスープと、サラダ・パスタ・飲み物をそれぞれ

1つずつ選んで260元。プラス70元でデザートを付けられます。


本日のスープ、オニオンスープ。

_2_8

サラダとパン。私が選んだのはシーザーサラダ。

_1_10

メインのパスタは、「波隆納肉醤義大利麺」。

_4_9

スパゲッティ・ボロネーゼ。

麺はしこしこ、ソースも香りがよくておいしいです。

なんていうのかな、慣れ親しんだ日本のパスタって感じ。


友人が選んだ、「蕃茄香蒜義大利麺」。

_3_6

ナスとトマトのスパゲッティ。こちらもおいしそうでした。


スープ、サラダ、パスタともに、本格的イタリアンでないにしても

ジャパン・イタリアン(私が命名・・・)って感じで、ほっとします。

こだわりをなくしてしまうのはどうかな~とは思うけど、

1人260元でこういうセットを食べられる方が、私としては便利かも。


にほんブログ村 海外生活ブログへ←参加しています。ワンクリックしてください!!!


「カプリチョーザ 卡布里喬沙義大利食堂」

住所:台北市復興北路174号

電話番号:02-2719-9219

|

« 鶯歌へ半日旅 part2 | トップページ | 四海遊龍の鍋貼 »

⑩台北(西洋料理)」カテゴリの記事

コメント

カプリにランチセットが登場したなんて!!
平日ランチの我々主婦にとっては嬉しい限りです。
かれこれさかのぼる事10年ほど前…日本のカプリに一人で乗り込んだ私、もちろんお一人様メニューなど無く、あえなく店を出るハメに…しかも店員に促されるようにしてね(悲)
「うちにはお一人様メニューはありませんから!!」みたいな感じでね…

投稿: リーホイ | 2006年9月12日 (火) 09:05

やはりどこかのオーナーさんみたく、すんごいこだわりを通されちゃうより、経営方針を見直すってのもある意味正解ですよね!なんてったってお客様商売。客の立場にたたなきゃ、客は入らない。それがここ台湾では日本よりはるかにシビアだと思います。その柔軟さにアッパレ☆としときますかー!

投稿: 87 | 2006年9月12日 (火) 11:49

ジャパニーズ・イタリアンめっちゃおいしそうです。トロントではちょっと食べられません。
高くてなかなか手の出せない料理を、ランチにチーズナブルに食べられる方がいいに決まってますよね。店を応援します。

投稿: dobozupe | 2006年9月12日 (火) 13:07

はじめまして!
カプリチョーザ、私も大好きです。いいなあ、台北にはあるんだ。
私が住む所でも、最近やっとうどんパスタではないパスタをはじめて食べることが出来ました。本場のイタリアンは知らないけど、美味しかったです♪
ずっと昔は、私もカプリチョーザに行く時は大勢でいくようにしてたけど、最近お昼のランチもありますよ。神戸では・・。
お得なランチは嬉しいですよね!

投稿: 台北以外生活者 | 2006年9月12日 (火) 15:21

実は以前働いていた場所がカプチョの近くだったので、かなり前々から気になっていたのでした。
ランチセットがあるのですね??
それはいいことを聞きました。
私もだんな様もイタリアンが大好きなので、いつかは行ってみたいと思っていたのですが、この機会に行ってみようかな~と思います。
味は日本のカプチョと同じでしたか??
やっぱりちょっと台湾人向けにアレンジされてたりするのでしょうか??
かなり気になるところです。
情報ありがとうございます!!!

投稿: ろんろん | 2006年9月12日 (火) 18:54

カプリチョーザって、今はランチセットがあるんですか!
日本に居たときも知りませんでした・・・。
中華ばっかりの外食も飽きちゃうので
又行ってみたいと思います!

投稿: ami | 2006年9月12日 (火) 20:15

リーホイさま
そう、ランチセットが登場してたよー!
カプリチョーザの信念(大皿こだわり)もいいでけど、主婦にはランチセットの方がありがたいよね~。カプリでランチが260元っていうのはなかなかじゃない?
しかし、さすがリーホイさん☆10年も前(かなり若いとき)にカプリに1人で乗り込んでいたとは!今のあなたの行動力(?)のすごさはもうその頃から芽生え始めてたのネ!?

投稿: けんこう | 2006年9月12日 (火) 21:01

87母さま
そうね~。柔軟な姿勢にアッパレ!ということで合意☆
台湾はお店ができるのも早ければ、つぶれるのも本当に早いから、うかうかしてられないよね。店も客も。
ところで「どこかのオーナーさん」って誰だっけ?

投稿: けんこう | 2006年9月12日 (火) 21:05

dobozupeさま
ジャパニーズ・イタリアン、なかなかおいしかったです。
本当は「大盛料理を取り分けて食べる喜びを感じてもらいたい」というのが信念らしいですが、お客様に受け入れられる事を選択されたようです。
トロントにはおいしい西洋料理がたくさんあるのかと思っていました。台湾は中華はもちろんおいしいですが、リーズナブルにおいしい西洋料理を楽しめる店は本当に少ないです。そういう意味で貴重なお店です。


投稿: けんこう | 2006年9月12日 (火) 21:17

台北以外生活者さま
はじめまして!コメントありがとうございます♪
台湾の台北以外の地域にお住まいですか?
私も本場イタリアンの味は知らず、ジャパニーズ・イタリアンしか知らないのですが、台湾のパスタは麺がやわらかいものが多く(台湾の方の好みなんでしょうね~)なかなかなじめませんでしたが、最近どんどんおいしいお店が増えているような気がします。台北以外の地域にもどんどん増えるといいですね!
カプリチョーザのランチ、神戸ではあるんですね。そういえば談話では「"台湾では"創業当時の信念を・・・」だったかもしれません。大皿もいいんですけどね~。

投稿: けんこう | 2006年9月12日 (火) 21:27

ろんろんさま
「カプチョ」って略しかた、なんだかカワイイですね~☆
ランチなんですが、平日の昼だけなんですが、ご主人と行けそうですか?私も主人とも行ってみたいので、土日もやってほしいなぁ、と願っているのですが。
味は日本の店舗とまったく同じとはいかないかもしれませんが、台湾風ではなかったです。麺はアルデンテという風ではなく、モチモチした麺でした。(日本でもそうでしたっけ?)

投稿: けんこう | 2006年9月12日 (火) 21:34

amiさま
日本のカプリチョーザでランチがあるっていうのは、私も知らなかったのですが、台湾のカプリチョーザにはまちがいなくランチがありましたよ~♪平日だけですけどね。
台湾で食べるなら安くておいしい中華が一番だとは思うのですが、やっぱり洋食や和食も食べたくなってしまいますよね~。260元は台湾のランチとしては安くはないですが、なかなかおいしいので、ぜひ行ってみてください!

投稿: けんこう | 2006年9月12日 (火) 21:37

え~~!
ランチで260元もするんですか?た・・・・高っ!!
しゃぶしゃぶの食べ放題行けるじゃないですかぁ~
何かドキドキしちゃいました∑(-x-;)フー
そういえばこっちに来てロイヤルホストやスカイラークが高くて入ってません・・・。ファミレスのお手軽感が・・・・

投稿: ルゥ | 2006年9月13日 (水) 19:22

ルゥさま
その気持ち分かります・・・。日本ではお手軽なファミレスやファストフードもこちらではなんだか高級なものになってしまうので躊躇してしまいますよね~。
カプリチョーザの場合、ランチがまだなかったころは、パスタ(2~3人分)の単品が300元以上で、2人で行くとパスタとサラダ一皿ずつで、一人300元以上もかかったのです。なので、台湾カプリではこれでもお得なセットなのです。。。
私の場合、食べ放題は元がとれない(気がする)のであまり行かないんです~。台湾の方の食べる量には絶対にかないませんもん! 笑

投稿: けんこう | 2006年9月13日 (水) 19:41

どこかのオーナーさんは本気の質問?
超こだわりだけど冷凍しちゃうお店です~
赤なのにこだわりを大切にするよりカプリみたいな姿勢の方が
庶民派87母は好きです~

投稿: 87 | 2006年9月14日 (木) 00:04

87母さま
マジ質問でした・・・。
あのラオパンニャのことでしたか・・・。脳が私を守るために記憶を封印したのか?(ただの大ボケですね・・・)
そうだね~。カプリの方向転換の方が好感もてるね。
赤なのも、こだわりがあるのもいいけど、だからって冷凍して、しかもこだわりを捨てない(もう捨ててるのに)ってのはどうかね~って感じです。

投稿: けんこう | 2006年9月14日 (木) 14:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174057/11860209

この記事へのトラックバック一覧です: カプリチョーザの商業套餐:

« 鶯歌へ半日旅 part2 | トップページ | 四海遊龍の鍋貼 »