« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月

Grazieでパスタランチ

ふぅ、また暑くなっちゃいました。またまた出不精ぎみです・・・。

ダンさんが出張がちなのもあって、家の中でひとり時差ボケ状態。

昨日、私、ブログ更新してないんですね。

今週は毎日更新しているつもりだったのですが、1日抜けてる?

抜けてるのはお前の頭だー!!!と言われてしまいそうですね・・・。


と本題(?)です。

先週、イタリアンの「Grazie」に行って来ました。

ご一緒したのは、初めて会う方だったので超ドキドキ~!

お会いしてみると、とてもかわいくおっとりとした方で、

話もはずみ(というか私がしゃべりまくった・・・?)

とても楽しい時間を過ごすことができました♪

新しい出会いにカンパーイ!!!(飲んでないけど)


さて、「Grazie」は、台湾に10軒ほどあるイタリアンのチェーン店で、

今日行ったのは、南京東路×建国北路にある建国北路店。

林森の斦斦大衆百貨の中の店舗には何度か行きましたが、

建国北路店は初めて。同じ店とは思えないほど雰囲気も違うし、

それになんだか味も違ったように思います。

私は、建国北路店の方がおいしい!麺がアルデンテ!

と思いましたが、そんなことってあるのかしら・・・?


今日いただいたのは200元のランチセット。

ピザかパスタ、スープ、飲み物をそれぞれ1つずつ選べます。

同様のタイプで180元のセットもあります。

私が食べたのは定番カルボナーラ。

Grazie

いつもこれを食べてしまいます。

ダンさんがカルボナーラが好きなのもあって、

常においしいカルボナーラを捜し求めているのです。

なんていう麺だっけ?細めの平麺、タリエリーニ?

(メニューにはリングイネと書いてありましたが・・・)

ソースがよく絡んでおいしいです!

卵の味が濃厚です。麺も固めでいい感じ。


友人(勝手に友人呼ばわり)が食べてたボンゴレ・バジルソース。

831_grazie_6

こちらもおいしそう!盛りつけもキレイでいいですよね。

松の実や百合根なども入っててヘルシーです。


スープはミネストローネと、

Grazie_5

パイ包みのキノコクリームスープ。

Grazie_4

どちらも量がたっぷりです。味もGood!


この日は大雨だったので、河岸を変えるのがめんどうくさくて、

4時間くらいずーっとこの店に居座ってしまいましたが、

お店の人もさほど気にしてないようでのんびり過ごせます。

おいしいパスタと新しい友人との出会い。たのしい一時でした。


にほんブログ村 海外生活ブログへ ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!


「Cafe Grazie 義式屋拉爵餐廳 建国北路店」

住所:台北市建国北路一段75号

電話番号:02-2502-7790

| | コメント (12) | トラックバック (0)

樺慶四川菜餐丁でランチ

日曜日、ダンさんの友達2人と一緒に、

「樺慶四川菜餐廳」へランチしに行って来ました♪

このお店は、中山の新光三越のすぐ近くにあり、

ご一緒したお2人のオススメの四川料理店です。

台湾通(というか1人は台湾の方ですが)の彼らがすすめる店なら

きっとおいしいに違いない!と思ってましたが、

やっぱりおいしかった~。

「蒜泥白肉」

_2_4

四川料理の定番、ゆで豚バラ肉のニンニクソースがけ。

ニンニクがガツーンと効いたソースが強烈だけどおいしい!

脂いっぱいの豚バラ肉がまったく脂っぽくありません。

「ビ、ビールをくれ~~~!!!」

と叫びだしたい衝動をぐっとおさえ・・・。

なぜなら、この日メンバーのほとんど(私以外)が二日酔い状態。

そのため、「今日は酒なしで」と言うことになっていたのです。

フッ、これは拷問か?

「蝦仁鍋杷」

_1_7

おこげの車えびの甘酢あんかけ。

テーブルでおこげに餡をかけるとき、ジュワーッといい音が!

プリップリの大きなエビと、餡のしみたおこげがサイコー♪

文句なしにうまいよ~。エビ大好き!!!

「炸銀絲巻」

_3_4

中華パンの揚げたもの。これおいしいです!

中の写真をとるのを忘れてしまいましたが、なんていうんでしょう、

細い筋状のパン生地がうずまくようになっていて、

パンだけで食べてもおいしいんですが、

料理のタレなどをしみこませて食べると、これまたGood!

「翡翠干貝湯」

Photo_13

小姐さんがスープをかき回しているときに撮ってしまったので、

写真のスープも回っていますが・・・。

貝柱のいいお味!塩気もちょうどいい!

ところで、いつも疑問だったのですが、

この緑色の物体ってなんなんでしょう?ホウレンソウ?

「麻婆豆腐」

_5_1 

四川風の麻婆豆腐。山椒がピリリっ!

唐辛子の辛味もいい感じでニンニクもバッチリ効いてて、

ご飯にもビールにも合いそう!ビールないけどね・・・。

こちらの料理は全体的に味付けがしっかりしてて、

食べたという満足感があります。

「炒青菜」

_4_5

本日の青菜は空心菜。

日本にいるときは食べたことがなかった空心菜ですが、

台湾では炒青菜といえば空心菜は定番。

シャキシャキしたサイコー!

「豆酥雪魚」

_6_3

白身魚に豆そぼろのソースがかかっています。

この「豆酥」というソース、初めて食べましたが、

大豆とニンニクの歯ごたえが不思議で、

甘辛い味付けが淡白な白身魚によく合います。

ご飯にぶっかけて食べたい、感じです。


男同士の飲み会に女がノコノコ出て行くのもどうかなぁ、

と思って今までは参加を遠慮してたのですが、

こんなにおいしいものが食べられるなら、

これからはメシだけでも参加しようっかなー、なんて。

安心してダンさん、林森北路にまでは参加しないからさっ!


にほんブログ村 海外生活ブログへ ←参加しています。ワンクリックをお願いいたします!!!


「樺慶四川菜餐廳」

住所:台北市南京西路12巷5号

電話番号:02-2561-6549

| | コメント (16) | トラックバック (1)

中秋節の月餅

もうすぐ、台湾の3大節日の1つである「中秋節」。

日常の祝い事などでは旧暦を使う台湾では、

西暦上は毎年中秋節の日が違い、今年の中秋節は10月6日。

なので、「もうすぐ」と言ってもまだ1ヶ月以上あるワケなのですが、

台湾の街はもう「中秋節」の気配がプンプン。

台湾の中秋節と言えば、月餅となぜかバーベQですが、

デパートやコンビニなどでも月餅の予約をし始め、

スーパーに行けばバーベQの材料や目立つエリアにお引越し。

ということで、嫌でも「中秋節」を意識せずにいられないのだけど、

「中秋節」そのものがうちにもやって来た。

なんと、「月餅」の試食。

828_

ダンさんの会社でお客さんに配る月餅の試食品。

試食と言っても別に意見は求めらないので、

試食というよりは余ったのを配ってるだけかも。

「和風経典」ってところが日系企業らしさをあらわしてる?

昨年はスタバのだったし。(スタバは別に日本の会社じゃないけど)

と、それとは別にちゃんとした月餅も各社員の家庭に配られる。

昨年は、こんな金の2段重ね。

828_5_1

こんなの大きすぎて、食べきれるワケないじゃん!!!

ただでもらって文句を言うのはなんなんだけど、

実はまだ冷凍庫に昨年の月餅が残っているの・・・。

さすがにもう食べられないかなぁ?

よくタンスに入れて2年間着なかった服は捨てろ、

なんていう収納術を聞くけど、冷凍庫の場合は何年間?

あぁ、今年は小さくて高級なのをお願いしたいなぁ、

と思っていた時に見つけたのが、Haagen-Dazsのアイス月餅!

828_4

コレならすごく嬉しいんだけどなー、と思って、

ダンさんに「ねぇコレがいいんだけど~」とカワイク言ってみたら、

すげなく「ボクにはそんな権限はない」と言われてしまって悲しい・・・。

828_3

写真のは「七星伴月」というのセット。なんと1880元!!!

バラで売ってたら食べてみたいけどないみたい。

これって台湾(中華圏)限定だよね?

うーん、食べてみたい!絶対おいしいよ~!

誰か食べたことある方がいらしたらぜひ感想聞かせてくださーい!

にほんブログ村 海外生活ブログへ ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!

| | コメント (14) | トラックバック (0)

CHIFFONでシフォン

西華飯店の裏手にある「CHIFFON」で、友人とお茶してきました♪

店名の通り、おいしいシフォン・ケーキがうりの店です。

ここのシフォンはきめが細かくしっとりとおいしくて、値段も手ごろ。

テイクアウト用に薄く小さくスライスされたものが

1個32元とお手ごろで、ちょっとしたおみやげとしても、

自分のおやつとしてもとても便利。ちょくちょく買いに来てます。

この日いただいたのはチョコレート・シフォン。

「チョコレート・シフォン 60元」

Chiffon_1

この店のシフォンは、大きさが2種類で、

そして生クリームで覆われたものと、そうでないものがあります。

この日食べたのは、大きくて生クリームに覆われた方。

シフォン自体もしっとりとおいしいですが、

生クリームもあっさりとした甘さでミルクのいい香りがします。

チョコ味以外にも、抹茶・バニラ・バナナ・イチゴなどがあります。


友人が食べた「イチゴ・ショート」。

「イチゴ・ショートケーキ 60元」

Chiffon

こういう普通のイチゴ・ショート、台北ではあまり見かけません。

大きいイチゴがのっていて、おいしそう!

一口いただいたところ、スポンジがちょっとだけ固めですが、

生クリームがほどよい甘さでいい感じ。おいしかったです。


行ったのがお昼時だったので、店内はほぼ満席で、

ほとんどの人が、から揚げ+うどんのセットを食べていました。

シフォンのお店で唐揚げ???って感じですが、

見た感じ日本の鶏唐で、かなりおいしそうでした。

今度はランチもしてみたいです!


にほんブログ村 海外生活ブログへ ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!


「CHIFFON」

住所:台北市復興北路313巷36号

電話番号:02-2716-0138

| | コメント (14) | トラックバック (0)

冠京華で外帯

今週は、出産のため日本に帰国する友人とランチをしたり、

ステキな出会いがあったりと、寂しかったり嬉しかったりの

とても充実した1週間でした。

そして、ふとブログのカウントを見ると9978人!

もしかしてもしかすると今日のうちに10000人を超えるかも!?

ふぅ・・・(遠い目)。 暑い日も暑い日も、凹んで何もしたくない日も、

酔っ払ってゲロゲロだった日も、続けてきてよかったなぁ。

(まだ超えてないのにすでに陶酔気味の私)

というワケで、私にとってちょっとした記念日である今日は、

私が最もよく行ってる店、「冠京華」のことを書きたいと思います。

10000番目に見に来てくださった方、

コメント残していただけたら嬉しいです!


「冠京華」は永康街にある「群香品」の姉妹店で、

小籠包が100元とお手ごろ価格なのに、

味の方は本店にも劣らない、というありがたいお店。

そんなワケで、ちょくちょくお世話になっています。

この日は、「出かけるのメンドクサイ、でもツクリタクナイ・・・」

とワガママを言った私のために、

ダンさんが外帯しに行ってくれました♪ いつもアリガトウ!!!

「蝦仁焼賣 170元」

825_3 

いつも小籠包ばかりなので、今日は奮発してエビシューマイ。

825_1

すごい肉汁でしょ~!

日本のシューマイといえば、小ぶりで肉がぎゅっとつまってて、

グリーンピースが1粒のってるものがスタンダード(?)ですよね。

なので、台湾に来てシューマイを食べた時、

これはシューマイじゃないでしょ?小籠包の一種でしょ?

って思いました。薄い皮、中からあふれ出る肉汁、感動的でした。

「冠京華」のシューマイも、肉汁たっぷりで本当においしいです。

この店の点心はどれもハズレがないです。

「蝦仁蛋炒飯 90元」

825_4

実は、ここのチャーハンはすごくおいしい日と普通の日があり、

それもまたご愛嬌、と言った感じなのです(笑)

今日はテイクアウトしたせいもあって、パラパラ感が少し

おちてしまいましたが、それでも充分においしかったです。

「鮮肉大包 15元/個」

825_

夫婦そろって肉まん大好きなので、どこのお店でもよく食べます。

この店の肉まんはまあまあといったところ。

でも1個15元という安さはやっぱり魅力的だ~!

825_2

そうそう、「擔擔麺 60元」もちょっと変わってるけどおいしいです。


みなさま、今後とも頑張って更新して行きますので、

よろしく遊びにきてください!


にほんブログ村 海外生活ブログへ ←参加しています。ワンクリックお願いいたします。


「冠京華」

住所:台北市南京東路四段133巷4弄1号

電話番号:02-2712-3358

| | コメント (16) | トラックバック (0)

易牙妙手で魚丸湯

今日の台北はすごい雨でした~。

うかつにも傘を持たずに出かけていてひどい目にあいましたが、

暑がりの私にとっては、それでもいいから涼しくしてくれて

神さま、ありがとう!って感じの1日でした。


ということで、これまた今日行ったワケでないのですが、

(写真の取り込みがメンドウクサクテ・・・)

これまた暑くてたまらない日に、「易牙妙手魚丸店」に行きました。

なんと、弊ブログ最多の3回目の登場です。

こんななんてことない、どこにでもあるような小吃店なのですが、

823_

この店構え、値段、味、そして立地が私の中でビンゴ!

この日食べたのは、お気に入りの「乾麺」。

「乾麺 30元」

823_1

香菜、揚げタマネギ、そしてお好みでキムチ。それだけ。

まぜまぜしていただきまーす。

823_2

やっぱりうまーい!!!

酸味、辛さ、甘みがバランスよく麺にからんでます。

今日はなんだかちょっとツユダクぎみだけど、それもご愛嬌。

そして老師オススメの「魚丸湯」。本日初挑戦。

「魚丸湯 45元」

823_4 

正直いって、こんな小ぶりの碗に入ったスープが45元って

ちょっと高いんじゃ?と思ったのですが、フタをあけてみると、

ふっくらぷっくりとした大きな魚丸が4つ、なんともおいしそうです。

魚丸を割ってみると、中はこんな感じ。

823_3

私が今まで食べた魚丸は、ごりごりした食感のつみれだんごで、

おいしいはおいしいけど、特別な感動はなかったのですが、

この福州式の魚丸はふわふわのハンペンみたいで、

スープをたくさん吸い込んでいて、しかも中に甘辛いそぼろ。

うわ~、なんかはまりそうな気がするぞー。

なんで今まで食べてなかったんだ!!!(出不精だからでは・・・?)


しかし、鶏のスープって冷めにくくて、

というか台湾は暑いからさらに冷めにくいんだろうけど、

暑い中、いつまでもいつまでもスープがアツアツって・・・。

ありがたいんだかそうでないんだか。

やっぱり汗だく&口の中やけどの、福州魚丸湯デビューでした。


にほんブログ村 海外生活ブログへ ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!


「易牙妙手魚丸店」

住所:中山北路一段120巷1-1号

電話番号:02-2571-2862

☆魚丸は一斤140元でお持ち帰りできます。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

林東芳牛肉麺であつあつ牛肉麺

今日の台北は雨が降ったため、涼しく過ごしやすい1日でした。

なので、今日食べたわけではないのですが、

あつあつの牛肉麺のことなど書いてみようかと。

(やっと書く気になったのデス・・・)

とんでもなくアツクルシイある日、

八徳路の「林東芳牛肉麺」に牛肉麺を食べに行って来ました。

台北ナンバーワンとの呼び声も高いこの店、

どんなにすごい店かとおもいきや、屋台に毛の生えたような店。

818_

とにかくとんでもなく暑かったので、こんな開放的な店で、

あつあつの牛肉麺を食べることにかなり躊躇してしまいましたが、

勇気をだして(というか、小姐に「ここ座って」と言われてしまって・・・)

食べてみました。牛肉麺 120元。

818_1

結論から言いますと、すごくおいしかったのです~♪

写真がイマイチでそうは見えないかもしれませんが、

澄んだスープは牛肉麺特有の臭みがまったくなく、

麺もコシがあってほどよい茹で具合、

そしてなんと言っても、牛肉のやわらかさが絶妙~。

しかも厚切りが4枚も!!!

行ったのは午後3時過ぎと、食事時ではなかったのですが、

ひっきりなしにお客さんが入ってきます。さすが人気店です。

多くの方が半筋半肉麺(大:200元、小:170元)を

オーダーされていたので、次は半筋半肉麺を食べてみたいです。

しかし、ご飯を食べてこんなに汗をかいたのは初めてでした(笑)

涼しかったからもっとおいしく感じたかも?

それとも暑い時に熱いものを食べるからこそおいしいのか。

にほんブログ村 海外生活ブログへ ←参加しています。ワンクリックお願いいたします。

「林東芳牛肉麺」

住所:台北市八徳路2段274号

電話番号:02-2752-2556

| | コメント (20) | トラックバック (0)

大相撲台湾巡業と焼肉

台北ドームで、大相撲台湾巡業を見てきました~♪

大相撲の海外巡業は1993年以来13年ぶり、

台湾に来るのは戦後初めてだそう。

一部の力士が林森北路でのお楽しみの様子を、

台湾のマスコミに大げさ(嘘っぱち)に報道され、

怒り心頭なんていう笑い話(?)も報道もされていましたが、

うちのダンさんも、林森北路の「台南大胖但仔麺」で、

但仔麺と小吃を食べている高見盛と握手してもらったそうです。

しかし、なぜダンさんがそんな場所にいたのか。

誰かパパラッチしてくださいな。

_1_6

トーナメント式で行われた取り組みでは、

100%の真剣勝負とはいかないまでも、

観客を喜ばせる小技がいたるところにちりばめられており、

台湾人も日本人も大盛り上がりでした。

横綱 朝青龍と大関陣、そして高見盛は人気が高く、

中でも、おじいさんが台湾人だという千代大海の取組みの際には、

歓声もひときわ大きく、中国語のアナウンスも台湾語まじりで

お祭騒ぎといった感じでした。

日本では相撲を見に行ったことがなかったのに、

まさか台湾で見ることになるとは、なんだかとても不思議ですが、

行ってよかった。とてもおもしろかったです!

Photo_12

残念なのは、写真をとれなかったこと。

というのは、チケットに「カメラなど持込み禁止」と書いてあったので

素直にカメラを持っていかなかったのです。

が、荷物チェックもなければ、会場中でフラッシュぴかぴか。

2人に1人はカメラ持ってましたね・・・。

こんなところで変に日本人らしさを発揮してしまい、悔しくてなりません。


相撲観戦の後は、焼肉を食べに「牛角」へ。

焼肉ならまずは牛タン。 (と、メニューにも書いてあった)

_4_4

ネギをすくうスプーンがヨーグルトのスプーンみたいだなぁ、

と牛角にくるたび思う。今回もやはり思った。

_3_3 

ねぎタン塩の基本は方面焼き。

網の上にタンをのせ、さらにネギのみじん切りを。

ほどよきところでネギがこぼれないように包んで口へ。

そしてビールをゴクリッ。ふふふウマイ。


そしてロースおろしポン酢。

_7_1

カルビよりロース派の我が家。

でも、この店のロースは脂がまったく入ってなかったので、

肉!!!という感じ。おろしポン酢で食べるとあっさりあっさり。

この店のロースなら濃い目のタレの方が合うかも。


キムチはやっぱりはずせない。

_6_2

お肉の上にのせて一緒に食べてもおいしいの。


サンチュ&コチュジャン。

_5

カルビをオーダーしてないのになぜかたのんでしまった・・・。

何をつつんで食べようかしら。


そして今回のメイン「頂級肋眼牛排」。ただいま特別価格で250元。

_8_1

写真と違うじゃん・・・。

おいしいはおいしいのだけど、値段のワリには・・・、といった感じ。

塩とレモンで食べるのが本当なのだけど、

サンチュで包んでコチュジャンで食べた方が、おいしかったです。


今回初挑戦のカブリ。

_9_1

どこのお肉か不明ですが、豚さんのどこか。

コリコリしていて、豚トロみたいな感じ。

なんにせよ、焼肉とビールは合う合う。


しかし、外食続きでもうお金がない・・・。

週イチのお楽しみ外食はしばらくお休みです・・・。


にほんブログ村 海外生活ブログへ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!

「牛角」

住所:台北市中山北路二段32-1号

電話番号:02-2567-0202

| | コメント (16) | トラックバック (0)

お客さん「塩」でいきますか?

焼き鳥屋のオヤジがビール片手に、

「お客さん 塩でいきますか? タレもオススメですよ。」

と聞いてきたので、「じゃあ塩で」ということで、

「焼鳥 お客さん「塩」でいきますか味 39元」

_2_5

_1_5

ベビースターシリーズのスナック菓子。

薄焼きのせんべい型で食べやすそう。

ベビースターはおいしいんだけど、

食べた後床にポロポロ落ちるし、食べにくいしね。

Photo_11

しかし、なんでわざわざ台湾のセブンイレブンで、

こんなシャレにはしったような菓子売り出すのかなぁ(苦笑)

となかなか手がでなかったのだけど、コレがなかなかうまいです。

焼き鳥を塩でいったときの味、ちゃんとします。不思議にも。

「お客さん「タレ」うまいですよ味」もあります。


「烤洋芋棒 20元か25元」

819_1_1

ジャガイモのポッキー(?)みたいな感じのスナック。

ジャガイモの味がちゃんとします。

819__1

量が少ないのがちょっとなんなんだけど、

考え方によっては食べきりサイズでちょうどいいのかも。

イモ好きのかたにはオススメです。

にほんブログ村 海外生活ブログへ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!

| | コメント (16) | トラックバック (0)

鶯歌へ半日旅

もう1ヶ月近く前のことなんですが、

友人と一緒に鶯歌に遊びに行って来ました♪

気軽に「台北駅で9時ねー」なんて約束しちゃったんですが、

実は私、火車に乗るのは2度目、しかも台北駅は初めて、

友人はなんと火車に乗るのも初めて、

もちろん2人とも鶯歌に行くのは初めてと、

初めてづくしの旅なのであります。2人とも在台1年以上・・・(苦笑)

そんなわけでよく分からないのですが、

窓口で買った2人分の往復チケット代がなぜか169元。

往復割引だとしても2で割り切れないのはなぜ???

よくわからないままに旅がスタートです。

819_8

チケットは台北駅で往復チケットで買った場合、

「逆行」が「台北→鶯歌」、「順行」が「鶯歌→台北」です。

なんだか分かりにくいですが、「逆行」がくだり、「順行」がのぼり

ということのようです。(かえって分かりにくくしてしまった?)

車両の届かないところで立待っていた上、

アナウンスを聞き逃し(中国語は耳に入ってこない・・・)

あやうく乗り遅れるところだった私たち。

車掌さんに「早く乗れ!早く乗れ!」と怒られてしまいました。

台北駅から火車に乗って30分と、

おしゃべりしているとあっという間についてしまう鶯歌ですが、

火車に乗って10分もすると、窓の外の景色が、

台北の街中からは考えられないような、のどかな景色に変わります。

田舎生まれの田舎育ちの私にはなんだか懐かしくもある景色です。

まずは、「台北県立鶯歌陶磁博物館」へ。

819_

もっとショボイ建物を想像していたので、意外に立派でビックリ!

外観だけでなく中の展示物もなかなかちゃんとしたものでした。

入り口のカウンターで日本語の音声ガイドも借りられます。

私たちは、有料と聞いて「なら、いらない」と借りなかったので、

展示物の説明文(中国語)はあまり理解できませんでした。

それでも3階建ての館内はなかなか見がいがあります。

入館料は大人100元ですが、私たちはお茶付き135元のチケットを。

819_1

セットの基本はコーヒ-とトーストですが、

飲み物は交渉次第でアイスティなどにも変えてくれます。

トーストにはよく分からないものが塗られていました。

友人曰く、梅マヨネーズだということです・・・。

一休みの後、本日のお目当て「老街」へ。

819_3_1

これまた意外にもキレイに整備されていました。(たびたび失礼・・・)

819_4 

陶器を売るお店はたくさんありますが、

ちゃんと窯を持っていて自分の所で作ったものだけ売っている店と、

どう見ても日本や他国から輸入したB級品を安く仕入れ売る店と

玉石混交状態でした。

「鶯歌」の名を借りた不誠実な商売を目の当たりにし、

なんとなく気分が沈み気味の中、たどりついたのがこの店。

819_7

青磁を売るお店なのですが、繊細な色調が一目で気に入って

一気に気分が高揚。↓購入してしまいました~。

819_2

普段は39元ショップ御用達なので、なんだか緊張しちゃって、

実はまだ1回しか使ったことがありません・・・。

お昼は老街にある「老街驛站」で。

レストランの奥では陶芸教室も行われているようでした。

「牛肉乾伴麺 120元」

819_5_1

伴麺の方は正直言って・・・。麺がやわらかすぎる~。

「香酥鶏排飯 150元」

819_6

香酥鶏排飯はなかなかおいしかったです。

台湾の揚げ物はどこで食べてもあまりハズレがなくおいしいです。

麺は。。。まぁ多くは語るまい。

鶯歌は台北から半日で行って帰って来ることができ、

気軽に遊びに行けるということがわかったので、

またブラリと青磁買いに行きたいなぁ。

にほんブログ村 海外生活ブログへ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!

「安達窯」

住所:台北県鶯歌鎮尖山埔路71号

電話番号:02-2670-7440

☆老街に他にも2件あります。

「老街驛站」

住所:台北県鶯歌鎮尖山埔路48号

電話番号:02-2679-2144

| | コメント (14) | トラックバック (0)

Tic-Tac-Toeのジェラート

あるサイトの掲示板に、「安くておいしかった」と書き込まれていた

イタリアンジェラートの店「Tic-Tac-Toe」に行って来ました♪

と言っても、うちから近かったので、

「行って来ました」というよりは「ブラブラ行ってみた」というか。

こんなところに本当にジェラートの店なんかあるんだろうか、

と疑心暗鬼でしたが、こんな店でした。

816_tictactoe

なんだかパッと見、ジェラート屋には見えないこの店。

看板を見ると分かるかもしれませんが、

「Tic-Tac-Toe」とは小学生の頃によくやった「○×ゲーム」のこと。

まずは紙に「井」と書き、2人かわりばんこに升目に○×を書き込み、

3個○か×を並べられた方が勝ち、という単純なあのゲーム。

なんと「Tic-Tac-Toe」という立派な名前があったんですね~。

816_tictactoe_3

店頭には、フランボワーズ、マンゴー、スイカ、メロン、

パイナップルなど6種類くらいしか並んでませんでしたが、

見えないところにいろいろしまってあるようで、

気のいいご主人がいろいろ試食させてくれました。

常時かどうかは分かりませんが、全部で40種類くらいあるようです。

どれもおいしかったですが、初めからマンゴーと決めていたので、

やはりマンゴーにしました。(だったら試食するなって感じね。)

816_tictactoe_2

店内でも食べれますが、私たちはお持ち帰りに。

大きめのカップ(明治スーパーカップくらい)に、

これでもか!と入れてくれます。どこまでも気のいいご主人です。

ふたが閉まり切りませんでした。

こちらはフランボワーズ。

816_tictactoe_1

ジェラートとはイタリア語のアイスクリームのことですが、

一般的にジェラートと呼ばれるものは乳脂肪分が少なめで、

素材そのものの味をいかしさっぱりと食べられるようです。

このお店のジェラートもあっさりしていて、

量はかなり多目でしたが、さらっと全部いただけました。

どちらも1個45元です。

ハーゲンダッツやMovenpicは高くて量も少ないので、

私個人的には、この店のジェラートで充分満足♪

今度はまとめ買いして冷蔵庫に入れておこうかなっと。

毎日暑いしね~。今度は試食させてもらったティラミス味にしよっ。

にほんブログ村 海外生活ブログへ ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!


「Tic-Tac-Toe」

住所:台北市健康路16号

電話番号:02-2546-6052

☆南京東路と健康路の交差点から

   健康路(皇都ホテルと點水樓の間)に入ってすぐの右側。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

飲んだ後には麺をちゅるっと

飲んで~飲んで~飲まれて~飲んで~

飲んで~飲みつぶれて眠るまで~飲んで~♪

(河島英五 「酒と涙と男と女より」って誰も知らない?)

の眠る前に、やっぱ飲んだ後のシメに麺を食べなきゃね、

ということで、「福哥擔仔麺」で擔仔麺ツルっといただきました。

アレッ?すでにシメに沖縄そば食べてたじゃん!?

とツッコまれる前に自らツッコミいれちゃいますが、

噂に聞いたところによるとですね、

酔っ払った私が、「ブゴウ(足りねー)!」って言ったらしいんです。

あんましおぼえてません・・・。


「福哥擔仔麺」とはこんな店。

816_

林森北路にあって、早朝の4時まで営業している台湾料理の店。

メニューはなく、客が店先のショーウインドゥを見て、

食べたい物をオーダーするそうです。


酔っ払っていたのに、「福哥擔仔麺」の写真があるのはなぜ?

ブロガーの血がそうさせたのか!?おそるべし私っ!

ダンさんはかなりビックリしたそうです・・・。


「擔仔麺 40元」

816_1

えー、記憶をたどりますと、麺はやわらかめで、

真ん中にお碗型にボコッと固めてあって、汁の中でほぐしてたべます。

魯肉、チャーシュー(?)、エビがのっています。

「エビが度小月よりおっきーい!」と言ったような気がします。

チャーシューがなんのチャーシューか分かりませんでした。

なかなかおいしかったです。

あっさりしてるし、ちょっと少な目の量もちょうどいい。

飲んだ後に擔仔麺っていいかも。


にほんブログ村 海外生活ブログへ←参加しています。なにとぞワンクリックをお願いします!


「福哥擔仔麺」

住所:台北市南京東路一段132巷37号

電話番号:02-2542-0020


忘れてしまいたいことや どうしようもない寂しさに

包まれたときに男は 酒を飲むのでしょう

飲んで飲んで 飲まれて飲んで

飲んで飲みつぶれて眠るまで飲んで

やがて男は 静かに眠るのでしょう


忘れてしまいたいことや どうしようもない悲しさに

包まれたときに女は 泪見せるのでしょう

泣いて泣いて ひとり泣いて

泣いて泣きつかれて眠るまで泣いて

やがて女は 静かに眠るのでしょう


またひとつ女の方が 偉く思えてきた

またひとつ男のずるさが 見えてきた

オレは男 泣きとおすなんてできないよ

今夜も酒をあおって 眠ってしまうのさ

オレは男 泪はみせられないもの


飲んで飲んで 飲まれて飲んで

飲んで飲みつぶれて眠るまで飲んで

やがて男は 静かに眠るのでしょう

| | コメント (9) | トラックバック (0)

美ら島で沖縄そば

先週土曜日、ダンさんと沖縄料理を食べに行って来ました♪

この日は飲む!と何日も前から心に決めていたので、

酒をおいしく飲むためにはどの店に行くべきか迷いに迷い、

七条通りにある「美ら島」に行くことにしました。

沖縄料理大好きなんです~。

初めての店だし、出発直前までどうしようか迷っていたのですが、

ふとテレビを見ると、料理東西軍(どっちの料理ショー)の

「沖縄そば VS 讃岐うどん」で沖縄そばが勝利していたので

私の中でも勝利してしまった、というワケ。


お店は昨年できたばかりだとかで、外観もなかなかオシャレ。

シーサー君がお出迎えしてくれます。

815_3

とりあえずの「オリオンビール」と泡盛「かりゆし」ボトル。

815_5

「かりゆし」というのは「めでたい(吉利)」という意味だそう。

焼酎はあまり好きじゃないのですが、泡盛だけは別。

昨年沖縄に旅行した時に、初めてちゃんと飲んで、

すごく好きになってしまったのです。

そんな泡盛にピッタリのおつまみ(お料理?)たち。

「豆腐よう 80元」

815_7

豆腐を発酵させてチーズ状にしたもの。酒糟のような味。

2cm角くらいの大きさで、とても小さいのですが、

パクパク食べるものではなく、なめるようにして食べます。

塩辛などと同じく、いかにもな酒のツマミです。

「沖縄もずく 150元」

815_6

あまりもずくを食べないので、

沖縄もずくと普通のもずくとの違いがよく分かりませんが、

お酢が普通のお酢に比べてツーンとしてなくて、

とても食べやすかったです。

「ふわふわ玉子あんかけ 220元」

815_1

ダンさんの居酒屋定番メニュー。沖縄料理には関係ないけど。

卵料理がすごく好きみたいで、なんだかいつも食べている。

うちメシの時は、基本的に卵は1人1日1個までと

私が勝手に決めているので、あまり卵料理は登場しないのです。

だからきっと外メシの時にたのんじゃうんだろうなぁ。

名前どおり、ふわふわの玉子でした。

「やわらかラフテー 230元」

815_

写真では小さそうに見えますが、実はけっこう大きいです。

皿が大きすぎるのです。

これまた名前どおり、とてもやわらかいラフテー。

豚肉の脂身って、昔はあまり好きじゃなかったけど、

丁寧に処理し、じっくりと煮込んだ豚肉が、

こんなに美味しいんだと気付けて本当によかったなぁ、

と食べるたびに思います。

「あーさ山芋天ぷら 220元」 

815_2

「あーさ」と呼ばれる海藻の天ぷら。衣は山芋のすりおろしたもの。

なので、サックリ天ぷらではなくて、もっちり天ぷら。

とてもおいしいです。もっといっぱい食べたい。

お塩もちゃんとしたお塩でいいお味です。塩でも飲める。


シメに沖縄ソバをいただきましたが、酔っ払ってて写真はナシです。

泡盛はやはり効きます。でも次の日残りません。


全体的にちょっと高いなぁ、とは思うのだけど、

どれもなかなかおいしかったし、また行きたいなぁ。


にほんブログ村 海外生活ブログへ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!


「美ら島」

住所:中山北路一段121巷1-2号

電話番号:02-2536-8597

☆日本語通じます。日本語メニューもあり。

| | コメント (20) | トラックバック (0)

私のコンビニ&スーパー食

ちょっと酔っ払ってます。うぃ~。

なので、今日の外食(週に1回の!)はまた次回UPするとして、

(写真とりこむ余力なし・・・)

私のひとりコンビニ飯をご紹介♪

スーパーカップ「旨炊きしお」 55元。

812_1_1

なんと台湾のコンビニでも売ってるのですよ。スーパーカップ。

デパートやスーパーだと定価75元なのに、

セブンイレブンだとなぜか55元。不思議~。

普通のカップラだとちょっと足りないけど、1.5倍だとちょうどいい。

この1.5倍が発売されたばかりのころ、

男子たちはみんなコレを食べていた。男子ってなんだかなつかし~。

セブンでは他に、豚骨、濃く味噌もあり。

普通にうまい。味が濃い。汁にご飯いれてみたりして。


そしてなにげに気に入っている「きのこ御飯いなり」。京都直送!

812_2

って書いてあるけど、そんなわけないですよね~。

京都の(?)おいなりさんの中にきのこご飯が入ってる、らしい。

1個25元は高いかな?って思うけど、意外とおなかにたまります。

ホントに京都の人には、油揚げがちょっとだけ油っぽいかも。

でもけっこうウマイ。


そして、「台湾小吃 蚵仔煎」 味のポテチ。

82_3

正直言って、蚵仔煎の味はしないし、

日本人の口に合うかな~?って感じの味なんだけど、

遊び心で1回いかがですか?ポテト自体はいい感じ。

「蚵仔煎」を知ってる日本人へのお土産にするのもオモロイかも。

普通味と辣味があります。ウェルカムで2袋35元くらい。

私はあんまり好きでないけど・・・じゃあ紹介するなって?


にほんブログ村 海外生活ブログへ←参加しています。ワンクリックお願いします!!!

| | コメント (15) | トラックバック (1)

中式のカップヌードル

普段、台湾で食べる和食について、

なーんちゃって日式だとかなんだとか、

いつも文句ばっか言ってる私たち(私だけ?)ですが、

日本もやっちゃってますね~。

なーんちゃって中式カップヌードルを微風で発見!

その名も「CHINA」。プッ。

811_china

「TOBANJAN」って。プフフッ。

さっそく食べて見ました。お湯を注いで3分。

811_china_2

も待たずに食べれます。

カップヌードルは1分半で食べ始めれるんです。

その方がアルデンテでうまいんです。

日本人なら麺はやっぱり固めでいこうよ。あれCHINAに反してる?


お味の方はといいますと、

811_china_3

この間の台湾ラーメン(これもなんちゃって?)みたいに辛過ぎず、

「CHINA」なのになんだか日本を思いだす。

カップヌードルおなじみの卵玉(?)とチンゲンサイ、

そしてなぜかジャガイモ。

スープはコク醤油+TOBANJANピリ辛。いいお味。

台湾人が食べたら「しょっぱい」っていうかも。

あぁ、日本の冷し中華と中華丼が食べたくなっちゃった。

和製中華が食べたい!

台湾製の和製中華の冷し中華でも食べに行くか。


「旨味オイスター醤油」もあります。

811_china_1

昨日、微風広場(Breeze center)で49元。(定価65元)

日本のカップラがいろいろ安くなっているようです。

にほんブログ村 海外生活ブログへ←参加しています。ワンクリックお願いします!!!

| | コメント (16) | トラックバック (0)

Piace of cakeでランチ

先日、ロールケーキを食べに行った「Piace of cake」に、

今度はランチしに行って来ました~♪

どうやらはまってしまったみたい。

「あの店の麺がおいしかった、この店のケーキがおいしかった」

といろいろ書いてますが、何度も足を運びたくなる店、

実際に運んでしまう店、というのはそんなに多くないのです。


今回は、軽食+ケーキ+ドリンク240元というセットを食べました。

軽食はクロワッサンサンド、ドリア、ピザなどから選べますが、

私はマッシュルームのドリアを。

810_piece_of_cake

友人が食べたのは「トマトとチキンのドリア」。

写真どっちがどっちか分からなくなってしまった・・・。

810_piece_of_cake_4

見た目もかわらしいけど、味もなかなかでした。

違和感のないドリア、というか。おいしいかったです。


ロールケーキは、念願の抹茶を!

810_piece_of_cake_2

オーダーした時は、まだ焼きあがってなかったみたいで、

違うケーキをたのんだのですが、ドリアを食べてる最中に、

「抹茶ケーキできましたが、変えますか?」

と、小姐が聞きにきてくれました~。この心遣いがウレシイ!

ここのケーキは11時焼きあがり(初め)ですが、

私調べによると(不確かですが・・・)、まず先にできあがるのは、

レモンチーズ・フルーツ・キャラメルマキアートで、

その後、抹茶・プリン・チョコレート・ヨーグルトなどが

できあがるようです。

抹茶を食べたい人はゆっくりめの時間に行ってください。

でも、遅く行き過ぎると売り切れだったという情報もアリ。


友人はフルーツ・ロールケーキを。

810_piece_of_cake_3

抹茶もフルーツもやっぱりおいしかったです。

クリームももちろんおいしいんですが、

やっぱりスポンジがフワフワしっとりで激ウマ♪

もっと大きくしてくれないかな~。1個じゃ足りないよ~。


食後のドリンク。これはピーチ・ティ。

810_piece_of_cake_1

スプーン、変な向きにささってるように見えますが、

これカップにかけてあるんです。

アルファベットの「N」の両はじをぐーって引っ張ったような形。

便利?なんだろうけど、なんだか違和感。

「やあ!」って挨拶されてるみたいな・・・。カワイイですけど。

にほんブログ村 海外生活ブログへ

「Piace of cake」

住所:台北市南京西路64巷9弄19号

電話番号:02-2559-7981

| | コメント (10) | トラックバック (0)

温州大餛飩でワンタン麺

暑い中、ひとりさびしく、

「温州大餛飩」でワンタン麺を食べました。

最近、ひとりメシが多いなぁ・・・。

それでもやはり腹は減るのだ~。夏バテも関係なし!

しかしブログの記事も過去ネタが多くなってしまってます・・・。


ご存知、餛飩=ワンタンなんですが、

ワンタンって漢字も難しければ、発音も難しいの~。

だからなんとなく食べる機会が少ない。大好きなんだけど。

たしか、ピンイン記号で書くと「wun2 dun4」。

wu(e)n du(e)n ウゥエン ドゥエン みたいな発音。

台北の街中どこにでもあるようなこんな店。

今日行ったのは、林森北路近くの台北国際大飯店の並び。

_2_3

中もあるのに、作るのはなぜか歩道ぞい。

テイクアウトに便利だからかな。

今日食べたのはエビのワンタン麺。ちょっと高級。

「蝦肉餛飩麺 65元」

Photo_10

写真はおいしそうじゃないけど、やっぱりおいしい♪

細めの白麺、あっさりめのスープ、たっぷりの海苔とネギ。

そして大きく平べったいワンタンが3つ。

_1_4

エビはそこそこプリプリ。

_3_2

店頭ではオネエサンたちが一所懸命ワンタンを包んでました。

平たく包んだ後で、丸くまるめるようです。

ゆでてるとまた平たく戻るのになぜ丸めるのかな?

その方がおいしくゆでられるのかな?

_4_3

「冬至湯圓 夏至餛飩」っていうのは何か名言なの?

個人的にはどちらも冬至の方が・・・。うまいけど暑いっ!


ゆでるまえのテイクアウトもあります。

蝦肉 150元/15個

菜肉 120元/16個

鮮肉 100元/20個

値段か個数かそろえればいいのに、って思うのはA型だから?

変な値段設定だなぁ。

にほんブログ村 海外生活ブログへ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!

| | コメント (15) | トラックバック (0)

○黄de控肉便當

先日、肉ガン飯を食べてとーってもおいしかった、

晴光市場近くの「○黄」の「控肉便當」を食べました♪

黄色い○の中に赤字で「黄」と書いてある店。

詳細は相変わらず不明。スミマセン

この店の肉ガン飯を食べて以来、「ガン」にはまりまくりの私ですが、

聞くところによると、魯肉飯や鶏肉飯もおいしいらしいので、

暑い中行列に並びました。マジ暑いっ。

「○黄(写真の使いまわしゆえ夜)」

66_c

最後まで何を食べるか悩んでいたのですが、前の上班族が、

オーダーしたものがなんだかすごくおいしそうに見えたので、

まねして言ってみました。「コンロウビェンダーン」。

「控肉弁当 65元」

87__1

写真はあまりおいしそうに撮れてませんが、おいしかったです♪

お肉が柔らかそうに見えませんが、やわらかかったです♪

数種類のおかずの中から好きなものを2つ選べます。

今日は揚豆腐の煮たのと、キノコの炒め物にしました。

後ろに行列ができているので、悩んでられないの・・・。

あせって指差し「ジャガ、ジャガ」言うだけ。

でもさすが行列の店だけあって、何食べてもハズレなしです。


食後のデザートは、めずらしく中華菓子。

87_1

友達が、その友達の家で食べておいしかったというピーナッツ餅。

普段あんまり中華菓子を食べない(イメージの)友達が、

オススメというので、ちょっと意外&期待大。

「ピーナッツ餅 15元(多分)」

87_

ふわふわのおもちに、ぴーなっつ!!!っていう感じの

餡がつまってて、とてもおいしかったです。

洋菓子ばかりでなく、中華菓子も食べなきゃね。

せっかく台湾に住んでるんだから、と思った中華づくしの1日。


にほんブログ村 海外生活ブログへ ←参加しています。ワンクリックどうぞよろしく!!!


「○黄」

住所:不明(晴光市場の双城街側の出口附近)

電話番号:不明


「雅式食品有限会社 錦西店」

住所:台北市錦西街27~29号

電話番号:02-2571-7778、02-2521-9673

| | コメント (8) | トラックバック (0)

モスでナンタコス

ドンタコスったらドンタコス、ドンタコスったらドンタコス♪

という、湖池屋ドンタコスのCMソングが聞こえてきそうな、

モスバーガーの夏の限定商品「ナンタコス」を食べました。

86_

ナン生地の上に、タコミートとレタス・トマトなどの野菜がたっぷり。

具がこぼれ落ちてきそうになるのを、少々行儀悪いですが、

口で受け止めます。なかなかおいしいです。


マックは国によってメニューが違うのですが、

モスはかたくなに日本と同じメニュー。

ドリンク類も炭酸飲料ばかりのマックとは違い、

牛乳など比較的ヘルシーなものがあるのがいいです。

ナンタコスは単品75元で、今日はプラス50元で、

ドリンク・ポテトのAセット。

揚げたてのスパイシーポテトもウマイの!


関係ないけど、私、ポテトチップスは湖池屋派なんです。

台湾ではコンビニで湖池屋のポテチが買えるのがうれしい。

ポリンキーも久々に食べたいなぁ。

ポリンキー ポリンキー おいしさの秘密はね・・・

教えてあげないよ、ジャン。

http://youtube.com/watch?v=2MDPNKceNuI&search=%E3%83%89%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%B3%E3%82%B9

↑冒頭のドンタコスの歌が聴けます。

にほんブログ村 海外生活ブログへ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!

| | コメント (14) | トラックバック (0)

京鼎小館の小籠包

夜の外食は週に1回まで、というのが我が家のなんとなくルール。

だから、その貴重な1回は、できれば週末にゆっくり酒付きで、

というのも我が家(私)のなんとなくルールなんだけど、

よりにもよって休肝日である昨日、貴重な外食と相成りました。

残念無念でございます・・・。


やらなければならない仕事(?)みたいものがありまして、

でもどうしてもやる気がしなくてのばしのばしにした結果、

やらなければならないこともやり終わらず、ご飯も作れず、

こんなことになったワケで。まさに自業自得なんですけど。

ビールなしで「京鼎小館」で小籠包とは・・・。無念だ・・・。


「小籠包 140元」

85_2

台湾に住むようになって初めて食べた小籠包が

ここ「京鼎小館」の小籠包。

旅行で台湾に来た時に「鼎泰豊」のは食べたことがあったけど、

「京鼎小館」のを食べた時、衝撃的においしくて感動。

それ以来、私の小籠包の基準は「京鼎小館」。

皮がうすく肉汁がたっぷり。いくつでも食べられるのです。

こんなにうまい小籠包にビールなしとは・・・。

「ビール飲まずに小籠包食べるのって初めてだねー。」

とか、なにげにビールを飲みたい事をアピールしてみたが、

ダンさんはなにげに頑なでした・・・。うぅ休肝日めっ!

「排骨蛋炒飯 140元」

85_4

ここのチャーハンもうまいのです。パラパラ~。

上にのっている排骨もカラリと揚がっていてなかなか。

あぁビール・・・。

「鮮肉大包 60元/2個」

85_3_1

肉まんもおいしかったです。

皮が軽めなので、けっこう食べたあとでしたがペロリンチョ。

しつこいですがビールが飲みたいです!


21時閉店で20時45分くらいに滑り込んだのですが、

店内はほぼ満席。小菜がすべて売り切れ、という人気店。

次は休肝日でない日に行きたいもんです。


ということで、今日はこれから飯炊きです。

にほんブログ村 海外生活ブログへ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!

「京鼎小館」

住所:台北市敦化北路155巷13号

電話番号:02-2546-7711

| | コメント (16) | トラックバック (0)

Que Pasaでランチ

復興北路&民生東路の裏通りにある地中海料理の店、

「Que Pasa」でランチをしてきました♪

このエリアにはオシャレなお店がたくさんあって、

歩くたびに「今度はここに行ってみたい!」と思う店があります。

「Que Pasa」もそんな店の1つ。

それに、あるブログで「ベルサイユ宮殿みたい」と評されていて、

すごく気になっていたのです。


外観も地中海風(多分)でステキですが、中もいい感じ。

83_que_pasa_2

お酒がいっぱい並んでる。ウフフ。

83_que_pasa_1

ワインもいっぱい!でも今日はランチなんだよね~。

83_que_pasa

そんなワケでおとなしくランチ。

私が選んだのは、「チキンのジェノベーゼスパゲッティ」。

田園緑醤鶏肉義太利麺 240元

83_que_pasa_6

友人は「スズキのチーズリゾット」を。

紅椒海鱸魚起司[火+局]飯 240元

83_que_pasa_7

どちらもなかなかおいしかったです。

スパゲッティの麺が少しやわらかめだったのが少し残念。


+70元でドリンク・デザート付のセットにしました。

スープは付いてないはずだったのですが、

なぜかでてきてラッキー。この日はクラムチャウダーでした。

83_que_pasa_5

83_que_pasa_8

83_que_pasa_11

+120元でTapas Bar・ドリンク・デザート付のセットにもできます。

83_que_pasa_9

Tapas Barとはたしかスペインの小皿料理で、

バルでお酒を飲むときのおつまみにあたるものですが、

この店でいうTapas Barとはそんな雰囲気をイメージした

お料理、サラダ、フルーツ、デザートのビュッフェのようです。

83_que_pasa_10

Tapas Bar・スープ・ドリンク・デザートで280元というセットも。


この日は台湾オバサマ方のお食事会みたいのがあって、

なんだかザワザワ(←ウソ、すごいうるさかった・・・)してたので、

今度また静かな時に行ってみたいです。夜とか。ワインとか。

にほんブログ村 海外生活ブログへ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!

「Que Pasa」

住所:復興北路313巷32号

電話番号:2719-2600

| | コメント (10) | トラックバック (0)

梅子餐廳で台湾料理

あまりにも有名な台湾料理店、「梅子餐廰」に行って来ました♪

この日は、日本でとてもお世話になったM氏が来台されたので、

M氏、ダンさん、私の日本人3人と、日本語ペラペラの台湾人1人

合わせて4人で台湾料理を食べることになったのですが、

梅子のようなちゃんとした(?)台湾料理を食べるのは久しぶり。

日本人に「ウメコ」という愛称で呼ばれているこのお店、

日本人が勝手にそんな呼び方をしているのかと思ったら、

なんと、お店の看板にも「UMEKO」と書いてありました(笑)

日本語も普通に通じるみたいだし、林森北路だし、

実はこういう店に対してちょっと偏見があったのですが、

やはりそれなりにちゃんとおいしかったです。さすが老舗です。

82_

台湾料理の定番、「菜甫蛋(切干大根のオムレツ)」や

「魯肉(豚の角煮)」。あとは名前分かりませんが、

内臓を煮たのとか、ハマグリの炒め物など。

82_1

そうそう。カラスミも食べました。

こういう塩分の濃い乾き物(?)って酒に合うなぁ。

他のお料理は、全体的にあっさりとやさしい味付けでした。


そういえば、台北●ビによると、こちらが本店というか本家で、

南京東路三段にある店は関係ない店、ということでしたが、

同行した台湾人によると南京東路のウメコの方が本家だそう。

さて真相はどうなんでしょうか。

まぁ、おいしければどっちでもかまわないですよね。


窓の外をながめると、日本人のオヤジ様と台湾人の小姐が

ご同伴の様子。う~ん、さすが林森北路、五木大学です。

にほんブログ村 海外生活ブログへ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!

「梅子餐廰」

住所:林森北路107巷1号

電話番号:2521-1405

| | コメント (8) | トラックバック (0)

Piace of cakeのロールケーキ

なかなか食べられないシリーズ第3段(と言っても今回で終わりだけど)、

「Piece of Cake」のロールケーキを食べました♪

Dscn2861

友達が、「ここのケーキの生クリームはすごくおいしい」

と言っていたので、ずーっと食べたい!!!と思っていました。

でも、この店は火曜日が定休日で、

私がケーキを買いたい(友人宅訪問など)と思う日や、

中山エリアに用事があって来る日は、なぜかいつも火曜日。

そんなワケでなかなか食べられなかったのだけど、

やっとやっと食べることができました~。


この日は友達の家に10時半にオジャマすることになっていたので、

はりきって10時半ごろ(アレ?)お店に買いに行きました。

そしたら、店は10時スタートだけど、ケーキは11時スタート・・・。

どうしようか迷ったけど、どーしても食べたかったので、

遅刻覚悟で(って、買いに行った時点ですでに遅刻だ・・・)、

11時過ぎまでお店で待ちました。(友よ、マジすまん・・・)

でも、待ったかいあって(待たせたかいあって・・・)、

焼きたて作りたてフワフワのロールケーキを買えました♪

水果原味捲(フルーツ・ロールケーキ) 70元

Dscn2878

焦糖瑪奇朶捲(キャラメルマキアート・ロールケーキ) 70元

Dscn2874

どちらもすごーく!おいしかったです~♪

スポンジケーキはキメが細かくてしっとりフワフワ。

クリームは、2種類ずつ使っているようで、

中央はどちらも生クリームで、すごくいいミルクの香りがします。

そして、ロールの巻き始めは、フルーツの方はチーズクリーム、

キャラメルマキアートの方は、キャラメルマキアートのクリームと、

なかなか凝った作り。本当においしかったです!


店内で食べる場合は、 好きなドリンクとケーキのセットが140元。

ドリンク類はハーブティが10種類以上と充実、

もちろんコーヒーや紅茶などいろいろあります。

また、好きな軽食、ドリンク、ケーキを選ぶランチセットは240元。

軽食はクロワッサンサンド、ピザ、ドリアなどから選べます。

ロールケーキはフルーツ、抹茶、チョコ、キャラメルマキアートなど

全部で8種類あります。


Dscn2863


にほんブログ村 海外生活ブログへ←参加しています。ワンクリックお願いいたします!!!


「Piace of cake」

住所:南京西路64巷9弄19号

電話番号:2559-7981

| | コメント (14) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »