« 小腹が空いたので「乾麺」 | トップページ | 早餐店で火腿蛋餅 »

老菫牛肉細粉麺店のカレー牛肉麺

昨年の「台北牛肉麺節」以来、どんどん支店を増やしている

「老菫牛肉細粉麺店」に行って来ました。

創立1950年の老舗で、「台北牛肉麺節」の第3位、

渡辺満里奈も「こってりしてるのに油っぽくない」と言ったとか

言わなかったとか、とくればおいしいに違いないんでしょうが、

反面、クチコミでは「イマイチ」「店員の感じが悪かった」などの

悪評もチラホラ。

こりゃあ、いっちょ自分の舌で試すしかないな、ということで

林森北路のマクドナルド裏の南京店に行ってみました。

でも正直言って、

売れてるからってどんどんチェーン展開するような店とか、

表の看板に「牛肉はるさめ麺屋」などと日本語を使うような店は、

なんだか「う~ん」って感じのあまのじゃくの私。

おっと先入観はなしなし。

_d_5

オーダーしたのは邪道にも「カレー牛肉麺」。

いや、この店おすすめのオリジナルメニューらしいんです。

「カレー牛肉麺 130元」

_b_5

香りはいいぞー。カレーの香りはプンプン。

日本ではやりのスープカレーみたいな感じか?

のっているのは、ゴロゴロの牛肉ではなく、

しゃぶしゃぶみたいなスライス牛肉。

_c_3

正直に言います。味がないです・・・。

カレーの香りはするんだけど、味がない・・・。

牛肉はやわらかくておいしいんですが、麺も普通だなぁ。

別にまずくはないんだけど、おいしくもないなぁ。

まざってないのかもと思ってかき混ぜてみても一緒。

仕方ないので、テーブルにあるったけの調味料(酸菜・酢

・醤油・胡椒)をかけてみたら、けっこうおいしくなった♪

でもまぁ、今日は邪道の「カレー牛肉麺」だったので、

王道の「紅焼牛肉麺」か「清潡牛肉麺」などはおいしいのかも。

「上品満漢牛肉麺」という、牛筋・牛肚・牛腱・牛雑がのった紅焼や、

「牛肉捲餅」「牛肉餡餅」なども、試してみたいです。

しかし「牛雑」ってなんだろ?

にほんブログ村 海外生活ブログへ←参加してます。ご協力のワンクリックお願いいたします!

「老菫牛肉細粉麺店 南京店」

住所:林森北路159巷2号

電話番号:2531-8888

|

« 小腹が空いたので「乾麺」 | トップページ | 早餐店で火腿蛋餅 »

③牛肉麺」カテゴリの記事

コメント

初めまして
いつも楽しく拝見してます。

「牛雑」って私もよくわからないままにしてたので
ネットで調べてみたら、
「ハチノス」とか「ホルモン」とかいろんな意見がありました。
結局は「牛の内臓系」すべてを含むような気がしますが、
いまだに確認できてません。
ウィキペディアにちょこっと解説がありました。
http://zh.wikipedia.org/wiki/%E7%89%9B%E9%9B%9C

わかったら教えてくださいm(_ _)m

投稿: アキラ | 2006年6月16日 (金) 08:58

有名店の味がイマイチで、残念でしたね。
台湾式のカレーって、ちょっと薄い感じがしますよね。
牛肉麺に入れて、更に薄くなっちゃったのかな?
やっぱり、チェーン展開していない昔ながらの牛肉麺が一番ですね。

牛雑って、私もモツのことだと思っていました。本当のことがわかったらおしえてくださ~い。

投稿: 豆花 | 2006年6月16日 (金) 09:35

見た目カレーだけど味がない。
うん、まさに台湾のカレーですねえ^^
麺はおいしそうに見えるのですがどうでしたか?
私も怪しいフォントの日本語がかかれたお店って
イマイチ信用できないというか、避けちゃいます。
堂々と漢字オンリーでやっていただきたいですね。
やっぱ牛肉麺は永康街で!
ケータイのこともあることですし(笑)。

投稿: dearten | 2006年6月16日 (金) 10:24

アキラさま
初めまして。コメントありがとうございます!!!
「牛雑」のこと調べていただいたんですねー。スミマセン。
私もアキラさんからコメントいただいた後、少しネットで調べてみましたが、やはり牛の内臓のハチノス(胃のどれか)のようですね。「牛肚」も牛の胃のどれかのようです。日本人にとって内臓はあまりなじみがないので、なんだか区別がつきませんね(汗)
食べたらまた詳しく報告します!
これからもよろしくお願いします♪

投稿: けんこう | 2006年6月16日 (金) 11:52

豆花さま
うーん、こんなこともあるかな、ということで(笑)
でもマズイというワケではなくて、ウスイという感じ。スープも麺もおいしいのだと思うのですが、日本のカレーうどんなどを想像してると、スパイスは効いているけど、とろみもなく味を感じませんでした。でもきっと食文化の違いなのでしょうね~。
「牛雑」は牛の4つある胃のうちの1つのようです。食べることがあったらまた詳しくUPしますね!

投稿: けんこう | 2006年6月16日 (金) 11:57

deartenさま
うーん、スパイスはぴりぴりくるんですが、他はなんの味もしなかったんです。これが台湾のカレーなんですか!?でもお酢とか高菜漬けを入れるとまあまあだったので、スープ自体はおいしいんだと思うんですが。
麺は、普通の細麺です。コシはつよくないですが、ゆですぎということもない、THE・普通。
やっぱ永康牛肉麺館ですね。携帯の借りもあるし・・・。

投稿: けんこう | 2006年6月16日 (金) 12:04

牛雑はハチノスで、牛肚はミノとセンマイのことをいうんだって。牛の胃袋は4つあるでしょ?ハチノス・ミノ・センマイ・ギアラがそれぞれ何番目だか忘れたけど(知ってる?)全て胃袋には違いないみたい。(例のあのお仕事で調べたのよ~!結構大変だった←愚痴)87母も売れてるからってチェーン展開とかするような店、好きじゃないです・・・でも牛肉餡餅大好物なので試してみたいです!

投稿: 87 | 2006年6月16日 (金) 12:37

87さま
おーーーー!明快な回答ありがとう。そうだったのか。全て胃袋ね。87母詳しいじゃなーい!(って例のお仕事で調べたのね・・・。ご苦労さんです。)
ミノ、センマイ、ハチノス、ギアラの順に第一~第四の胃みたいね。(→今調べたのよ) 日本人にとって牛の内臓はほんの数年前まで捨てるもの(ほうるもん=ホルモン)だったから、内臓系って食べるのも知識もまだまだだよねー。さすが中華は歴史が長い。
この店は、牛肉捲餅70元、牛肉餡餅35元、葱油餅30元、小籠湯包70元など、牛肉麺以外のものが充実してて値段もそこそこです。

投稿: けんこう | 2006年6月16日 (金) 21:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174057/10543579

この記事へのトラックバック一覧です: 老菫牛肉細粉麺店のカレー牛肉麺:

« 小腹が空いたので「乾麺」 | トップページ | 早餐店で火腿蛋餅 »